2778件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

国東市議会 2021-06-17 06月17日-02号

利用者の予約を集約して運行する乗合交通手段であるデマンド型交通、最近、話題となっている自家用自動車を用いて有償で運送する自家用有償旅客運送、また、同じように自家用自動車を用いますが無償で運送するいわゆる無償ボランティア輸送など、また実施主体としましても市町村が行うもの、市町村事業者に委託するもの、NPO法人等が行うもの、全国でさまざまな取り組みが行われております。

国東市議会 2020-12-16 12月16日-04号

まず、事業ですけども、この事業主体大分県のほうになります。それから、補助割合をちょっとお知らせをいたしますと、国が55%、県が27.5%、市が10%、参入企業のほうが7.5%というふうになっております。 先ほど、議員のご質問にありました業者さんがそこに来て自分ところで造成するんではないかということでございますが、あれだけ既にもう山林化しておりますと、かなり造成に経費がかかります。

豊後大野市議会 2020-09-30 09月30日-05号

定義規定がありませんから、仮に運動団体などが、差別があったと行政機関に持ち込んだとき、行政機関法律に照らして、いや、それは部落差別ではないと、主体的に判断することができません。 この定義に関わって、国会での審議では、法律提案者が、部落差別の存在を肌で分かっているなどと述べるだけで、何をもって部落差別とし、差別がどのように存在するのかを具体的に示せませんでした。

中津市議会 2020-09-28 09月28日-07号

ポスターのところは何もありませんけれども、中津福澤先生の出身というか、町でありますので、人権主体にして、福澤諭吉先生をどんと表面に出して、中津市議会という形で啓発のポスターを作ったらどうかなと思います。以上です。 ○議長山影智一)  大塚議員。 ◎20番(大塚正俊)  先ほど古江議員からあった、どこに相談しますかということ、市のホームページなり市の広報を見ても、どこにも書いていないのです。

大分市議会 2020-09-25 令和 2年第3回定例会(第6号 9月25日)

9、まちづくりについては、都市計画マスタープラン策定を所管し、関係部局指導的立場である都市計画部主体となって、大分らしい文化歴史を生かした一貫性のあるまちづくりを進めること。また、中心市街地まちづくりに関しては、より分かりやすく方向性を示し、JR大分駅の北側南側バランスを考え、市民意見を十分に反映させながら進めること。  

大分市議会 2020-09-24 令和 2年決算審査特別委員会( 9月24日 全体会)

まちづくりについては都市計画マスタープラン策定を所管し、関係部局指導的立場である都市計画部主体となって大分らしい文化歴史を生かした一貫性のあるまちづくりを進めること、また中心市街地まちづくりに関しては、より分かりやすく方向性を示しJR大分駅の北側南側バランスを考え、市民意見を十分に反映させながら進めること。  以上で建設分科会長報告を終わります。

大分市議会 2020-09-18 令和 2年決算審査特別委員会( 9月18日 建設分科会)

まちづくりについては、都市計画マスタープラン策定を所管し、関係部局指導的立場である都市計画部主体となって、一貫性のあるまちづくりを進めること。  また、中心市街地まちづくりに関しては、より分かりやすく方向性を示し、JR大分駅の北側南側バランスを考え、市民意見を十分に反映させながら進めること。  他の分科会に関連する要望事項については上がっておりませんので、以上2つになります。

別府市議会 2020-09-18 令和 2年第3回定例会(第5号 9月18日)

やっぱり私は、最良の方法は県が別府市に無償移管する、それも条件、持参金をつけてでも県は別府市に移管をして、広く県民のために活用してもらう、その主体別府市民である。こういう基本的な考えに立脚して今後市長に努力してほしいな、こう思うものであります。  今日は、高齢者の問題や障がい者の問題の現状を質問しました。

別府市議会 2020-09-17 令和 2年第3回定例会(第4号 9月17日)

また必要な本等を見つけてもらうのに手伝ってもらうというようなことが主体で、あとはこれ、今、別府市の図書館利用案内というのがありますけれども、この中でもそういう本の貸し借り以外にはレファレンスサービスですとか複写サービス、こういうのが主体といいますか、表に見えるわけですけれども、今おっしゃった地方創生をする上で「知の拠点」というようなとか、また「政策形成拠点」という言い方をされました。

中津市議会 2020-09-17 09月17日-06号

埋立事業は、大分主体道路改良事業であり、工事予定内容については、大分県から聞き取りを行いましてお答えいたします。 埋立ての目的は、都市計画道路宮永角木線市施工区間の終点から県道中津高田線までを接続する道路改良事業を行うために埋立てを行うものです。 次に、埋立て範囲の設定の根拠ですが、都市計画による決定ルートに従い、道路用地等に必要な埋立てを行うこととしています。 

大分市議会 2020-09-16 令和 2年決算審査特別委員会( 9月16日 文教分科会)

2つ目は、大分いじめ防止子どもサミットを開催し、いじめを許さない学校づくりに向けた取組発表意見交流を通して、児童生徒自らがいじめの問題を主体的に考え、その防止に対する意識の高揚と、いじめ未然防止に向けた取組推進を図ることであり、事務事業実施期間平成30年からでございます。  

大分市議会 2020-09-16 令和 2年決算審査特別委員会( 9月16日 総務分科会)

平成24年度に制定された大分まちづくり自治基本条例におきまして、都市内分権実現に向けた取組推進するものとすると定められおり、これを具現化するため、地域を代表する組織であるまちづくり協議会一定の権限、財源を付与することで、地域課題地域自らが主体的に解決できるよう、本事業推進に取り組む必要があると考えております。  

津久見市議会 2020-09-16 令和 2年第 3回定例会(第3号 9月16日)

行政が単独で主体的にやるだけではなく、やはり企業地域、また住民一人一人の責任ある行動というものがこれから試されるのではないかなと思っております。  目標13から17に関しては、気候変動海洋資源生物多様性などグローバルな問題です。世界平和、パートナーシップで目標達成に関しては、企業、人々の協力を呼びかけているという内容でございます。  

別府市議会 2020-09-16 令和 2年第3回定例会(第3号 9月16日)

そして、福祉相談や休日対応など、今後増加する市民ニーズに対応するため、行政分野における窓口事業市民活動支援事業等を包括する施設機能の統合・集約化も視野に検討し、施設の総量を圧縮しつつ、公共交通を含む都市政策との連携も図りながら、住民主体地域拠点を適正に配置します」、このようにうたわれております。  

津久見市議会 2020-09-15 令和 2年第 3回定例会(第2号 9月15日)

その中に、優良果樹園の承継ということで、果樹産地協議会農地再生協議会が津久見市にありますけれども、これは事業主体となり、3年間10アール当たり10万円を上限に中間管理をして、4年目に新規就農者に貸し出す制度であります。この農地バンク機能強化が計画的な基盤整備事業につながってくることだと思っております。  それから鳥獣被害対策についてでございます。  

大分市議会 2020-09-14 令和 2年総務常任委員会( 9月14日)

また、市民主体まちづくりに重要な役割を担うことが期待されるNPO法人市民活動団体などが、それぞれの活動を通して地域貢献できるよう、地域と各団体、学生との連携を図るネットワークづくりの場となっております。  このイベントに参加する団体は、30団体を予定しており、参加する団体の有志が実行委員として企画及び運営に参画しております。  

大分市議会 2020-09-11 令和 2年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 9月11日)

外部評価に当たっていだたく委員会は、私的諮問機関という位置づけでございますので、あくまで御意見参考にするという形で、行政評価主体としてはあくまで市ということになります。内部評価からいただいた外部評価意見参考にしたトータル的な評価結果として、どのように予算へ反映していくかということで、より効率的な行政評価を目指しているところでございます。

大分市議会 2020-09-11 令和 2年経済環境常任委員会( 9月11日)

幸環境対策課長   大分市が主体となって6市で建設を予定している新環境センターにつきまして、事業計画段階環境保全のために配慮しなければならない事項について検討を行った結果をまとめた計画段階環境配慮書が提出されました。  この配慮書に対しまして、大分環境審議会からの答申を受け、大分環境影響評価条例に基づき、大分市長意見大分県知事に提出したところです。