運営者 Bitlet 姉妹サービス
959件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-29 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月29日−05号 委員から、ゼロから2分の1という幅がある中で、豊後大野市はなぜゼロなのかとの質疑があり、執行部からは、国と歩調を合わせて中小企業の振興を図って地方にまで恩恵をもたらしたいという思いがある。また、各種補助金の優先採択というものがあるが、税率をゼロにするということで、事業者が各種補助金に応募した際に優先採択されるとの答弁がありました。   もっと読む
2018-03-23 豊後大野市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月23日−05号 次に、第17号議案 豊後大野市中小企業・小規模企業活性化基本条例の制定についてであります。   もっと読む
2018-03-06 別府市議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 6日) その中で導入促進基本計画のある市町村において、中小企業者が市町村計画に合致する労働生産性年平均3%以上向上するような先端設備の導入計画の認定を受け、旧設備に対し年平均で一定の生産性が向上する場合に、向上するような機械等の設置ですね、導入する場合に償却資産にかかる固定資産税の課税標準額を3年間ゼロから2分の1にする制度というふうなものが提案されております。 もっと読む
2018-01-26 大分市議会 平成30年経済環境常任委員会( 1月26日) それでは、本委員会における報告事項といたしまして、大分城址公園仮想天守イルミネーション関連イベントについて、さらに、保護者のための中小企業研究セミナー・情報交換会についての2点御用意をしております。担当課長より説明させていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○今山委員長   それでは、大分城址公園仮想天守イルミネーション関連イベントについて、報告を受けます。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 特に合計特殊出生率は、大分県の平均が1.65で、伸び率全国第1位で、別府市の合計特殊出生率は1.34と、大分県の平均より0.31低いようですが、この数値を比較しますと、一概には言えませんが、別府市は、子ども・子育て支援の環境がまだ低いのではないかと考えられますし、特に中小企業で働く労働者の賃金や労働条件などの労働環境が、ほかの市町村に比較するとまだまだ低いのではないかと察するところでございます。   もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 特に合計特殊出生率は、大分県の平均が1.65で、伸び率全国第1位で、別府市の合計特殊出生率は1.34と、大分県の平均より0.31低いようですが、この数値を比較しますと、一概には言えませんが、別府市は、子ども・子育て支援の環境がまだ低いのではないかと考えられますし、特に中小企業で働く労働者の賃金や労働条件などの労働環境が、ほかの市町村に比較するとまだまだ低いのではないかと察するところでございます。   もっと読む
2017-12-12 津久見市議会 平成29年第 4回定例会(第2号12月12日) また、被災した中小企業者の事業復興等に係る資金需要に対応できるよう低金利な融資を実施したことなどが大きな要因だと考えております。  しかしながら、個々の住宅などを見てみますと、まだまだ完全復旧とはいかず、これからというところも多くあるのが現状でございます。   もっと読む
2017-12-12 臼杵市議会 平成29年 12月 定例会-12月12日−02号 商工業、観光産業の振興施策につきましては、引き続き大分県や臼杵商工会議所、野津町商工会、臼杵市観光情報協会などの関係機関と連携を図りながら、市内中小企業の持続可能な経営基盤の強化を図り、市民の方々の安定した雇用の場づくりにつなげてまいりたいと考えています。   もっと読む
2017-12-06 大分市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月 6日) 下田市の市長は、若者の流出を抑えるためにも、地域の経済が活性化するにも、最低賃金を引き上げてほしい、市内の主な働き場所は旅館やホテル、最賃の引き上げを中小企業、小規模事業者の支援とセットでやってほしい、こういう話をされたと私は聞いております。もっともなことだと思います。   もっと読む
2017-10-19 臼杵市議会 平成29年 10月 臨時会-10月19日−01号 商工費では、被災された中小企業者への支援として、製造機器等の復旧に係る経費や会社敷地内に流入した土砂等の除去経費の一部を補助する経費を新たに計上しております。  観光費では、今回の災害による観光施設、飲食店の被害が少ないにもかかわらず、観光客の減少といった風評被害が生じていることから、「臼杵は元気に営業している」ことをアピールするため、復興イベントの開催等に関する経費を計上しております。   もっと読む
2017-10-19 臼杵市議会 平成29年 10月 臨時会-10月19日−01号 商工費では、被災された中小企業者への支援として、製造機器等の復旧に係る経費や会社敷地内に流入した土砂等の除去経費の一部を補助する経費を新たに計上しております。  観光費では、今回の災害による観光施設、飲食店の被害が少ないにもかかわらず、観光客の減少といった風評被害が生じていることから、「臼杵は元気に営業している」ことをアピールするため、復興イベントの開催等に関する経費を計上しております。   もっと読む
2017-09-28 豊後大野市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月28日−06号 これを中小企業で働く方が多く加入する協会けんぽ大分と比較すると、その年額は24万1,128円でありますから、豊後大野市の国民健康保険は協会けんぽ大分よりも2倍以上高くなっています。  国民健康保険は、その保険税に事業主負担がありません。これを補うはずの国庫負担が、1984年(昭和59年)には50%であったものが、どんどん引き下げられてきました。 もっと読む
2017-09-27 大分市議会 平成29年第3回定例会(第6号 9月27日) 企業立地促進助成金交付事業は、地元中小企業優先の施策として抜本的に見直すこと。中小零細業者の仕事おこしを推進する住宅リフォーム助成制度を早期に実施すること。農林水産業の担い手確保と後継者育成、各種施策を後押しすることを求めます。  5、暮らし・福祉優先の財源確保についてです。  不要不急の大型事業、大企業優遇の支出や、市民・職員犠牲の行財政改革は見直すこと。 もっと読む
2017-09-26 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月26日 全体会) 本分科会は、新たな担い手確保・育成支援事業、中小企業販路拡大応援事業、フィルムコミッション事業の3事務事業が評価対象となりましたことから、執行部から説明を受ける中、事務事業評価を行いました。  事務事業評価結果につきましては、お手元に配付の分科会評価結果のとおりであります。   もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) また、別府市内の中小企業の中で労働協約を締結している企業は何社あるのか、お尋ねします。 ○産業政策課長(花田伸一君) お答えいたします。  別速杵国東地区ライフサポートセンターにおける相談業務につきましては、別府市にも事業報告をいただいておりますが、昨年度の相談件数は37件で、別府市内の相談数が全体の78%を占めております。 もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) また、別府市内の中小企業の中で労働協約を締結している企業は何社あるのか、お尋ねします。 ○産業政策課長(花田伸一君) お答えいたします。  別速杵国東地区ライフサポートセンターにおける相談業務につきましては、別府市にも事業報告をいただいておりますが、昨年度の相談件数は37件で、別府市内の相談数が全体の78%を占めております。 もっと読む
2017-09-22 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月22日 経済環境分科会) 次に、中小企業販路拡大応援事業について、書記に読み上げさせます。 ○書記   中小企業販路拡大応援事業の分科会評価結果を読み上げます。  「本事業は、本市の中小企業の競争力強化のため、見本市への出展や出展後のバイヤーとの商談を支援することで、販路拡大を図り、中小企業の活性化につなげることを目的としている。   もっと読む
2017-09-20 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月20日 経済環境分科会) ○岩崎委員   そのような強化はぜひ必要であると思いますが、中小企業に手厚くということが必要であると思いますので、そもそもどうなのかという問題意識を表明させていただきたいと思います。 ○戸田商工労働観光部長   中小企業は非常に重要だと認識しております。 もっと読む
2017-09-14 大分市議会 平成29年経済環境常任委員会( 9月14日) ○末綱創業経営支援課長   大分市企業立地促進条例に基づきまして支出しておりますが、その要件といたしましては、設備投資額と新規雇用従業員数があり、大企業と中小企業では、金額、人数に違いがあり、同じルールで助成されるといったことではございません。 もっと読む
2017-09-08 大分市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月 8日) 平成27年の第3回定例会でも、クラウドファンディングは、不特定多数から少額ずつ資金を集めることなど、資金調達の方法としてだけでなく、地方に活力を呼び込み、中小企業を応援する手法としても有効であると考えられることから、今後、その活用法について、他都市の状況を把握する中、研究していきたいと考えているということでした。   もっと読む