731件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇佐市議会 2019-05-10 2019年05月10日 令和元年第2回臨時会〔資料〕

和気伸哉 議員 ○宇佐市社会教育委員会委員(一人)  和気伸哉 議員 ○宇佐市公民館運営審議会委員(一人)  和気伸哉 議員 ○宇佐市公民館整備計画等検討委員会委員(一人)  和気伸哉 議員 ○宇佐市青少年健全育成市民会議役員(二人)  衛藤博幸 議員   和気伸哉 議員 ○宇佐市民図書館協議会委員(一人)  和気伸哉 議員 ○宇佐市農業再生協議会委員(一人)  多田羅純一 議員 ○宇佐市中小企業振興資金推進委員会委員

宇佐市議会 2019-03-19 2019年03月19日 平成31年第1回定例会(第6号) 本文

一つは、四百兆円を超える内部留保をため込み、笑いに笑いがとまらないほどぼろもうけをしている大企業優遇税制の見直しで四兆円、二つには、中小企業を除き、法人税率を安倍政権前の税率に戻せば二兆円、株で大もうけしている大株主に、ヨーロッパ並みの三〇%の税率をかければ一兆二千億円、むだな大型公共事業や、五年間に二十七兆四千八百億円もの兵器の爆買いと大軍拡に費やす税金を見直せば、約十七兆円の財源が生まれます。

大分市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4号 3月13日)

このような中、市内の中小企業とクリエイターを結びつけ、よりデザイン性の高い商品づくりの支援などに取り組むクリエイティブ産業育成事業や、野津原地域での道の駅の登録申請をしております交流拠点の整備事業などにおいて、地方創生推進交付金を活用しながら、地方創生の推進に向けて取り組んでいるところでございます。  

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

大分市のものづくり産業を支える中小企業を支援することは非常に大切で、おおいたものづくりガイドブックの存在は、中小企業の皆様の追い風となり、目標となることと思います。  そこで、お伺いいたします。  1点目に、今回掲載された企業はどのように選定をされたのでしょうか。  2点目に、1社1社取材や配付をしていく中で、掲載された企業の皆様からの感想などがあればお聞かせください。  

大分市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号 3月11日)

市内の中小企業を支える、根底に支える中小零細の業者をぜひ守る方向で支援をしていただきたいと私は思うわけであります。  そこで、最後に、私ども日本共産党は、消費税増税に頼らない財政再建の提案をしておりますので、これについて最後、財務部長に答弁をお願いしたいと思います。  増税するなら、空前の大もうけを手にしている富裕層と大企業への優遇税制にこそメスを入れるべきであります。

大分市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1号 3月 5日)

そして、これらの施策を充実する上で基盤となる強い地域経済を実現するため、中小企業の販路開拓、人材育成などに対する支援を新設、拡充したほか、設備投資や新規雇用に対する企業立地助成金を拡充し、県と連携して、将来的に市場の拡大が見込まれる医療やロボット、半導体関連の成長産業を初めとする幅広い分野の産業集積を進めてまいりました。

宇佐市議会 2019-02-19 2019年02月19日 平成31年第1回定例会(第1号) 本文

次に労働費についてですが、人材のUIターンに向け、市内企業見学バスツアーや企業合同面接会を継続するとともに、新たに女性再就職支援事業や高校生の地元就職活動に向けた資格取得支援事業及び高校生市内企業見学バスツアー造成に取り組み、中小企業の人材確保とあわせて高度技術化を支援したします。  

宇佐市議会 2018-12-19 2018年12月19日 平成30年第4回定例会(第7号) 本文

最新の経済センサスの統計資料では、従業員四人以上の宇佐市の中小企業の労働者の給与総額は、ピーク時は二〇〇九年、二百七億二千八百六十万円だったのが、二〇一七年は百六十三億一千三百四十七万円と、なんと四十四億一千五百十三万円の減となっております。一人当たりに換算しますと、年額で約九十七万六千円、月額で約八万二千円も大幅に減額となっております。  

別府市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第6号12月13日)

まず1つのパターンは、給与収入が年間400万円、4人家族で子どもが2人という場合の別府の国保税と協会けんぽ、協会けんぽというのは、中小企業で働く皆さんが加入している健康保険ですね、そして市職員共済の場合、幾らの保険料になるのか、まずお答え願いたいと思います。 ○保険年金課長(猪股正彦君) お答えします。  

大分市議会 2018-12-12 平成30年経済環境常任委員会(12月12日)

近年、人口減少による国内市場の縮小が予測される中、大分市中小企業振興基本条例及び第2次大分市商工業振興計画に基づき、海外での販路開拓にチャレンジする中小企業を支援してまいりました。  今回訪問したベトナムは、国民の平均年齢が30.4歳と若く、優秀な人材が多い国として知られており、製造業やIT企業の生産拠点として、日本企業だけでなく、さまざまな国の企業が進出しております。  

別府市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4号12月11日)

別府市といたしましても、ラグビーワールドカップの受け入れ態勢整備も含めまして、キャッシュレス化の推進は重要な課題だと認識しておりますので、キャッシュレス化に伴う中小企業者、小規模事業者への支援等につきましては、大分県や商工会議所等関係機関と連携いたしまして取り組んでまいりたいと考えております。 ○8番(森山義治君) 詳しく説明をありがとうございます。

宇佐市議会 2018-12-07 2018年12月07日 平成30年第4回定例会(第5号) 本文

◯十四番(用松律夫君)いかに困窮者が払いたくても払えない国保税になっているかということが浮き彫りになったわけですけども、中小企業で組織されている協会けんぽの比較で見ていきたいと思うんですけども、御承知のように協会けんぽは、所得割のみで、しかも事業者との折半ということで、およそ国保税の二分の一の負担で済むわけであります。  

宇佐市議会 2018-12-06 2018年12月06日 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

│      ┃ ┃      │三、経済政策・景気対策について      │      ┃ ┃      │ (1)中小企業の事業承継支援に加え、個人  │      ┃ ┃      │  事業主についても税制改正などにより  │      ┃ ┃      │  事業承継支援が拡大していく方向であ  │      ┃ ┃      │  る。

宇佐市議会 2018-11-27 2018年11月27日 平成30年第4回定例会(第1号) 本文

国保加入者の一人当たり平均保険税は、政府の試算でも、中小企業の労働者が加入する協会けんぽの一・三倍、大企業の労働者が加入する組合健保の一・七倍という水準です。同じ年収、家族構成の世帯が、国保加入だと保険税は実に二倍以上の格差が生じています。  この二十五年間に、一人当たりの国保税が六万五千円から九万四千円に引き上がった結果です。

大分市議会 2018-09-27 平成30年決算審査特別委員会( 9月27日 全体会)

中小企業や農林水産業における後継者不足や担い手不足、現場での人手不足が大きな課題となっていることから、その課題解決に向けた取り組みを行うこと。  以上で経済環境分科会長報告を終わります。 ○二宮委員長   以上で各分科会長の報告を終わります。  これより各分科会長の報告に対する質疑、意見をお受けします。  

大分市議会 2018-09-25 平成30年決算審査特別委員会( 9月25日 経済環境分科会)

中小企業や農林水産業における後継者不足や担い手不足、現場での人手不足が大きな課題となっていることから、その課題解決に向けた取り組みを行うこと」。 ○今山分科会長   委員の皆さんから意見等はありませんか。  〔「なし」の声〕 ○今山分科会長   それでは、分科会長案のとおりでよろしいでしょうか。  〔「異議なし」の声〕 ○今山分科会長   それでは、そのようにいたします。