運営者 Bitlet 姉妹サービス
2184件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-29 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月29日−05号 行政監査は一般行政事務、つまり市の組織、職員の配置、事務処理手続、行政運営等、幅広く監査の対象としており、これは市の部局もそうですが、教育委員会、それぞれの学校、小学校、中学校、幼稚園、保育園を本当にきめ細かに監査をしていました。  そういった意味では、監査委員の1年間の苦労、それから監査事務局の職員、今は3人体制でありますが、本当に頭の下がる思いであります。 もっと読む
2018-06-25 別府市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日) ○11番(荒金卓雄君) 早期にそういう発達障がいというのを把握した上で、実際に就学年齢が来て小学校、中学校と進学していく上で、保護者にとってはやはり一番心配な時期になってくるわけです。  この、同じく支援法の第8条には、「発達障害児がその障害の状態に応じ、十分な教育を受けられるようにするため、適切な教育的支援、支援体制の整備その他必要な措置を講ずるものとする」と、こういう条文があります。   もっと読む
2018-06-11 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月11日−01号 大分県においては、厳しい財政状況の中、独自財源による小学校1・2年生、中学校1年生の30人以下学級の定数措置が行われています。自治体が見通しを持って安定的に教職員を配置するためには、国段階での国庫負担に裏づけされた定数改善計画の策定が必要です。  一方、2017年度大分県には11人以上の複式学級が40あり、そのうち14人の学級が7に上っていました。 もっと読む
2018-03-20 別府市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月20日) いずれの年度におきましても、中学校が高い割合となっております。 ○17番(平野文活君) 全国調査では、小学校が33%、中学校が57%に対して、別府市の調査では、いずれも10%台と。随分開きがあるわけですね。別府市のこの数字が、少し控えめの数字が出ているのではないかなという感じがちょっとしております。いずれにしても今後の取り組みが必要だというふうに思います。   もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) なぜならば、資料をいただきました、ここにありますけれども、今、別府の7校の中学校それから小学校、それから個人的にいろんな野球をされている方、子どもを含めてね。グラウンドが足りなくて困っています。財政のために教育施設を普通財産まで変更して貸す理由があったのかな、こう思いますよ。今答弁で、何か後々使える方法は見つかるまでというような答弁がありました。5年ですよ。 もっと読む
2018-03-16 別府市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日) 今後の計画といたしましては、小学校は平成30年度から平成32年度にかけて、中学校は平成31年度から平成32年度にかけて、体育館と教室棟などへのさらなる洋式トイレの設置を計画し、各階の男女のトイレに1カ所は洋式トイレの設置を目指したいと考えております。 ○13番(萩野忠好君) 一番やっぱり別府市で進んでいるのは、学校関係と思いますね。   もっと読む
2018-03-12 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号 私の高校の同級生、中学校の同級生をはじめ、周りの者すべてが青年団に入団していたからで、戸惑いもなく入団したわけでございます。青年団活動では交通安全等の奉仕活動、青年祭、ダンスパーティー、あるときは映画を上映したり、また、私は直入町ですが、当時は直入町の町有林を町長さんと団長が契約をしまして、町有林の下刈りを請け負うという益金活動等も行ってまいりました。 もっと読む
2018-03-09 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−03号 竹田市では本年度の2月末現在で、小学校では96世帯、130名、中学校では67世帯、73名の方が受給をされています。その就学援助の補助対象は、学用品費、通学用品費、通学費、校外活動費、修学旅行費、給食費、PTA会費、新入学児童生徒学用品費等があります。これらは4月以降、1学期、2学期、3学期に分けて支給しております。ご質問の入学前支給についてです。 もっと読む
2018-03-06 別府市議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 6日) ○11番(荒金卓雄君) やっぱり少子化というのが、こういうところにも出ているのでしょうけれども、それでも子ども・子育てをしっかりやっていくというのも地方創生でうたわれていますし、未就学児までの完全無料化と小学校・中学校の現時点での入院の無償化でありますけれども、これをさらに広げていっていただきたいということを申し上げて、この項を終了いたします。   もっと読む
2018-02-01 大分市議会 平成30年建設常任委員会( 2月 1日) それから、下水道部で、鶴崎中学校前付近のグラウンドも発注しております。 ○永松委員   おおむねいつぐらいをめどに完成ですか。 ○朝野土木建築部次長兼道路建設課長   年度内の完成を目途としています。 ○永松委員   はい、わかりました。 ○足立委員長   ほかにありませんか。 もっと読む
2018-01-22 大分市議会 平成30年文教常任委員会( 1月22日) 「私が住んでいる場所から中学校の正門が見える。午前10時過ぎに教師が喫煙のために正門まで出てくる。生徒の目の届く場所で喫煙をすることは困る。教師に尋ねたら、喫煙場所がないとの回答だった。義務教育の教師について、喫煙者を採用しない、もしくは、校長先生の努力で喫煙を止めさせるようにしたらどうかと思う。喫煙室を設置すればよいのだろうけれども予算の関係上難しいと思う」。   もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) 続きまして、児童健全育成に要する経費及び保育所入所に要する経費では、放課後児童クラブの支援員及び保育士の経験年数に応じ、それぞれの処遇改善を図るための追加額等を計上、また、就学援助奨励に要する経費では、平成30年度の小学校・中学校の新入学児童・生徒に対する学用品費の支給を、これまでの7月支給から入学前の3月支給に前倒しするための追加額等を、さらに、関係各課から計上された、マイナンバー整備に伴うシステム もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) 続きまして、児童健全育成に要する経費及び保育所入所に要する経費では、放課後児童クラブの支援員及び保育士の経験年数に応じ、それぞれの処遇改善を図るための追加額等を計上、また、就学援助奨励に要する経費では、平成30年度の小学校・中学校の新入学児童・生徒に対する学用品費の支給を、これまでの7月支給から入学前の3月支給に前倒しするための追加額等を、さらに、関係各課から計上された、マイナンバー整備に伴うシステム もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) 別府市では、人口減少、少子高齢化等による将来を見据え、中学校区単位の自治会等が連携して地域課題に取り組み、この事業を通じて中規模多機能自治を目指していくという答弁がありました。 もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) 別府市では、人口減少、少子高齢化等による将来を見据え、中学校区単位の自治会等が連携して地域課題に取り組み、この事業を通じて中規模多機能自治を目指していくという答弁がありました。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 今回、公立中学校の制服の取り組み状況を調べた公正取引委員会が、価格を安くするため、学校の取り組みについて今回提言をまとめております。制服メーカーや指定販売店に任せるのではなく、学校側は積極的にこの選定にかかわることを求めておると思います。公取の提言は、全国の教育委員会に送付されたと聞いておりますけれども、教育委員会には届いておりますか。 ○学校教育課長(姫野 悟君) お答えいたします。   もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 今回、公立中学校の制服の取り組み状況を調べた公正取引委員会が、価格を安くするため、学校の取り組みについて今回提言をまとめております。制服メーカーや指定販売店に任せるのではなく、学校側は積極的にこの選定にかかわることを求めておると思います。公取の提言は、全国の教育委員会に送付されたと聞いておりますけれども、教育委員会には届いておりますか。 ○学校教育課長(姫野 悟君) お答えいたします。   もっと読む
2017-12-14 大分市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月14日 次に、一般議案の議第100号、大分市立小学校設置条例及び大分市立中学校設置条例の一部改正についてであります。これは、字の区域及びその名称の変更に伴い規定の整備をしようとするものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。  次に、議第102号、大分市いじめ問題第三者調査委員会条例の一部改正についてであります。   もっと読む
2017-12-14 臼杵市議会 平成29年 12月 定例会-12月14日−04号 まず、その1点目として、閉校した臼杵市立豊洋中学校のこれからの活用についてということでお聞きします。  豊洋中学校は、1952年に佐志生・下ノ江村組合立豊洋中学校として開校され、66年間で4,327名の卒業生を送り出しています。 もっと読む
2017-12-13 津久見市議会 平成29年第 4回定例会(第3号12月13日) 中学校2校については、今年度は、予定されていません。  しかし、常に校長会議・教頭会議においては、不審者対応については、必ず議題とし、注意喚起を行っています。また、不審者情報についての迅速な情報共有に努めており、幹部交番等関係機関とも連携を図っております。  以上でございます。 ○議長(黒田浩之議員)  森脇千恵美議員。 ○8番(森脇千恵美議員)  御答弁、ありがとうございました。   もっと読む