409件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津市議会 2020-06-17 06月17日-02号

一方、今年4月には、与党公明党の石田政調会長が、高齢者に限定した先進安全装置の購入支援を考えていく必要があるということで、国の2020年度の概算要求に必要経費の計上を目指すと、こういったことを発言されたとの報道がございました。 以上のように、全国的な状況を踏まえつつ、国、県等の動向を今後も注視してまいりたいと考えています。以上です。 ○議長(山影智一)  千木良議員

津久見市議会 2019-12-18 令和元年第 4回定例会(第3号12月18日)

現在、国のほうでは、全国的に企業版ふるさと納税の取り組みが進んでいないことから、税制控除の特例期間を国の次期総合戦略に合わせ、令和2年度から6年度までの5年間の延長、税制控除割合を3割から6割に引き上げるなどの優遇措置を盛り込んだ、令和2年度税制改正大綱を、与党が今月12日に与党が決定しました。これらの制度は、令和2年度から適用される見込みとなっており、企業側のメリットは増大すると思われます。  

大分市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第2号12月 5日)

これは、昨日、参議院委員会与党の強行採決の末、通過いたしました。今後、本会議に採決は移りますが、私は冒頭にこの採決、強く抗議したいと考えております。共同会派代表して、国民民主党の横沢議員、今すぐ矛盾に満ちた給特法の抜本的見直しをと反対討論をしたように、多くの問題が指摘をされております。  

大分市議会 2019-09-11 令和元年厚生常任委員会( 9月11日)

わかる範囲でいいので、どうして与党は動かないのでしょうか。 ○永田障害福祉課長   済みません、わかりません。 ○田島委員長   ほかにございますか。 ○宮邉委員   この手話、もしくはろう者に対する認知や、それから施策等を含めて、大分市福祉行政としては、今、不十分な状態にあるという認識はおありですか。

大分市議会 2019-07-08 令和元年第2回定例会(第6号 7月 8日)

政府与党の中からも最低賃金の引き上げ、もっと引き上げろと。しかも、東京大分も同じ水準にすべきだというような提言も出ておりますし、野党のほうからも、今回の選挙で統一の見解として最低賃金の引き上げを強く要望しているところではありますが、私はこの自治体としての主体性発揮が必要ではないかというふうに考えております。  それはなぜかといいますと、審議会での決定ですね。

大分市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第4号 7月 4日)

これまで増税を推進してきた政府与党の内部からも財界からも学者からも懸念の声が上がっております。  そこで、質問しますが、消費税は低所得者ほど負担の重い最悪の不公平税制であり、10%増税が、今後、景気悪化の引き金となるとの懸念が広がっております。市長はどのような認識をお持ちでしょうか、見解を求めます。  次に、暮らしに希望を、3つの提案についてであります。  

宇佐市議会 2019-06-28 2019年06月28日 令和元年第3回定例会(第7号) 本文

このような中で与党幹部からも、国民を崖っぷちに連れていくわけにはいかない、増税延期も選択肢という声が出ています。  この三十年間、社会保障は削減のオンパレードでした。また、財政再建のために消費税増税が必要だと政府や財界は言いますが、消費税を導入した一九八九年と直近の二〇一八年を比べても、国の税収は五十四兆九千億円とほとんど変わっていません。

宇佐市議会 2019-06-17 2019年06月17日 令和元年第3回定例会(第4号) 本文

現実の政治でも、共産党与党京都府伊根町では、小中学校の給食費、修学旅行費、教材費を無償化しています。  一点目はこれぐらいにして、二点目は省き、三点目へと進みたいと思います。  三点目、五月二十九日の大分合同新聞に、広がる学校給食の無償化という記事が載っていました。この新聞です。リード文だけ紹介します。  小中学校の給食を無償化する動きが広がっている。

豊後大野市議会 2019-03-20 03月20日-05号

全国知事会、全国市長会、全国町村会なども、国保の定率国庫負担の増額を政府に要望し続けており、2014年には、公費を1兆円投入して、協会けんぽ並み負担率にすることを政府与党に求めました。 国保税が協会けんぽなどの被用者保険と比べて、なぜ著しく高いのか。それは、国保にしかない世帯平等割、個人均等割という算定方式があるからです。

大分市議会 2019-03-15 平成31年経済環境常任委員会( 3月15日)

そして、今回のプレミアム付商品券についても、政府与党内でも異論がいろいろ出てきているということもありますし、ポイント還元、先ほど私、勘違いしましたけど、ポイント還元のキャッシュレスの関係、こういうのも含めて、7割ぐらいがこれに反対しているわけです。個人情報保護に反するのではないかと。

大分市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第2号12月 6日)

また、今臨時国会では、環太平洋連携協定――TPPを上回るように、酪農品などへの関税を下げ、日本農業に重大な打撃を与える日欧経済連携協定――EPAの承認案と戦略パートナーシップ協定――SPAの承認案が、与党などの賛成多数で可決したことは、国民生活にさらに深刻な影響を与えるものであります。  

中津市議会 2018-10-03 10月03日-08号

この法律は、与党議員にも反論がくすぶる中、異例のスピード承認で、マスコミの報道もほとんどなく、多くの農家・市民も知らないままに廃止が決まってしまいました。なぜなのでしょうか。 また、種子法廃止とセットで農業競争力強化支援法が成立しています。戦略物資である種子・種苗について、国は国家戦略、知的戦略として民間活力を最大限に活用し開発、供給体制を構築するとしています。 

中津市議会 2018-06-27 06月27日-07号

◎8番(松葉民雄)  私も今回こういう調査を与党としても取り組んでいることを知りまして、具体的にはちょっと私自身も細かいところまで調べることができていませんが、今新聞等でもずっとこの報道が出ているように、今までこの問題となっている対策として、例えば、亡くなると住民票の付票を抹消するのを5年から150年にとか、要は亡くなった後に、そのものがないと調べることができない、そういういろんな不備、不備というのか

大分市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第2号 6月15日)

安倍内閣が今国会成立を狙う働き方改革一括法案が、4月22日の衆議院本会議で審議入りし、5月31日衆議院本会議で、与党などの賛成多数で本法案の強行採決が行われました。命にかかわる本法案を強引に通すことは許されませんし、強行採決に強く抗議をするものであります。しかも、調査データ捏造撤回、財界が一番求めていた裁量労働制の拡大は本案から削除する事態に追い込まれております。  

大分市議会 2018-03-14 平成30年第1回定例会(第4号 3月14日)

しかし、政府与党は、エネルギー基本計画において、今後も発電電力のおよそ2割を原発で賄うと掲げ、再稼働路線にしがみついています。万一、原発を再稼働すれば、計算上、わずか6年で原発の使用済み核燃料プールは全て満杯になり、原発を動かせば出る核のごみも、処理方法はありません。無責任きわまりない再稼働路線は、完全に行き詰まっています。  

豊後大野市議会 2018-03-06 03月06日-03号

日経新聞の記事によると、本年1月30日に、政府与党・自民党の総務部会が合併特例債の期限を5年間延長することを承認し、通常国会での成立を目指すと伝えております。政治は水ものですから、正式に決まるまでは何とも言いがたいですが、これまでの流れからすると、ほぼ成立するのではないかと思われます。ぜひバランスのとれた新図書館、資料館になるように建物の形状、広さ、コスト等再度検討していただきたいと思います。