862件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-07-12 令和元年総務常任委員会( 7月12日)

この人たちに同じルールで、同じスケールで説明ができるようにしておかないと、要らぬ心配や要らぬ不安を与えてしまう。ですから、早目早目に、当然最適化が大切なことなのだけど、最適化を図ることと同時に平準化をするためには、こういう基本的な考え方で施設管理をしますというところを打ち出しておかないと、私はいけないと思うのだが、その辺のところをどう思いますか。

大分市議会 2019-07-11 令和元年建設常任委員会( 7月11日)

市民参加イベントといたしましては、クリテリウム市民自転車パレードと、小学生向けに自転車ルールマナーや楽しさを知ってもらうためのウィーラースクールinOITAを開催します。  その他の取り組みといたしましては、大会前日の8月9日金曜日にはレンブラントホテルにおきまして大会公式レセプションを開催することとしております。建設常任委員会の委員の皆様にも御出席いただきたいと考えております。

大分市議会 2019-07-11 令和元年総務常任委員会( 7月11日)

岡本国保年金課長   平成27年度以前平成27年度以降につきましては、厚生労働省の限度額引き上げのルールが変更になっております。社会保険、いわゆる被用者保険ルールは、最高の保険料を払う人たちが、1.5%から0.5%以内というルールが決められておりまして、それに合うように標準報酬月額を見直すということになっております。  

大分市議会 2019-07-11 令和元年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 7月11日)

○平松子ども企画課長   例えば、感染症でも国からマニュアルが出ておりまして、それに基づいてそれぞれの関係機関は動いておるわけでございますけれども、現場として、それをどういうふうに形にしていくかという部分では、それぞれ他都市でも、こういう指示をというふうなルールがあるようには聞いております。

大分市議会 2019-07-10 令和元年厚生常任委員会( 7月10日)

さっき仲道委員が言った、どっちが大事かということは感情論であって、やっぱりルールにのっとってきちんとした上で、審査しないといけません。議会基本条例に抵触しないのであれば、もうそのままで。 ○仲道委員   解説にある解釈に抵触する、抵触しない、という言葉はちょっとおかしいですね。 ○三浦委員   ちょっとおかしいです。 ○仲道委員   理念に反するのか、反しないのかでしょうか。

大分市議会 2019-07-09 令和元年第2回定例会(第7号 7月 9日)

ただいま、議長の運営等に落ち度はないのではないかというようなことでありますけれども、議長は当市議会代表する人物であり、そのような人物が、慣例とはいえ議会ルールを破ったことで、多くの議員の信頼を失った。信用できない議長では、議会運営に支障があるのではなかろうかと、そういう思いで提出をさせていただきました。 ○副議長(宮邉和弘) ほかにありませんか。      

大分市議会 2019-07-08 令和元年第2回定例会(第6号 7月 8日)

政府交通安全緊急対策でも、高齢者の移動支援として、公共交通機関の利便性を向上、タクシー相乗りの全国導入に向けたルールの整備とあることからも、全国的にも緊急の課題であることは明らかでありますし、先ほどの部長の答弁からも、ラストワンマイルといいますか、そうしたところの交通機関交通手段というのが重要であるという答弁からも、そのような認識がうかがえます。  

大分市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第4号 7月 4日)

そこで、質問しますが、価格保障所得補償を初め多様な担い手の支援、食料主権保障する貿易ルールの確立を国に求めていくべきであります。本市としても、耕作放棄地対策や担い手育成など独自施策を強めていくべきと考えます。見解を求めます。  次に、自治体再編について質問をいたします。  平成の大合併で住民の声が行政議会に届きにくくなったとの声が広がり、自治体地域の疲弊が広がりました。

大分市議会 2019-07-02 令和元年第2回定例会(第2号 7月 2日)

このような想定のもと、市民外国人居住者とのトラブル発生を防ぐ、そのためにはそれぞれの国や地域文化、風習の違いを認め合う多文化共生社会の構築と、一方では、我が国の習慣や市民としてのルール等への理解促進が必要と考えるところです。  そこで、お伺いしますが、今後、在留外国人が増加することを念頭に、そのための対策、施策等について、市としての基本的な考え方をお聞かせください。  

津久見市議会 2019-06-20 令和元年第 2回定例会(第2号 6月20日)

本市はこれまでも、総務省からの助言等を遵守し、ルールに反することなく取り組んできましたので何ら問題はありませんが、全国の4自治体が指定から外れたことは御承知のとおりです。  今後は、全国の自治体が返礼割合などを遵守することで、これまでほかの自治体に寄附金を納めていた方が、本市に関心を持っていただける機会になるとも考えています。

津久見市議会 2019-06-13 令和元年第 2回定例会(第1号 6月13日)

交通ルール。」の取り組みについて啓発活動を行いました。  5月12日には、在京大分県人会総会が東京で開催され、副市長が出席いたしました。  5月13日には、鹿児島市鹿児島県市町村社会基盤整備推進協議会及び鹿児島県主催による「土砂災害防止の集い2019」が開催され、「平成29年台風第18号災害を経験して」と題し、豪雨災害を踏まえた教訓について講演を行いました。  

別府市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第6号 3月19日)

本年1月4日に校長会議を開催いたしまして、携行品による児童生徒への負担軽減について協議したところでございまして、市全体で確認したことは、各学校児童生徒の状況や教科等の指導方針に従い、置いて帰ってよい荷物を決めること、その際、学級間や学年間で差が生じないようルールづくりをすることでございます。

別府市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5号 3月18日)

○11番(荒金卓雄君) では、ここで改めて、いわゆる西暦と和暦の使い方の議論といいますか、ルールの議論がいろいろされます。例えば私たち、自分の誕生日また家族誕生日、これはどうでしょう。ほぼ和暦で、私なんかは昭和32年何月何日生まれというのですし、子どものほうのそういう日付平成何年というので把握しております。

大分市議会 2019-03-14 平成31年総務常任委員会( 3月14日)

まず1点目でございますが、公的年金制度の持続可能性を高め、将来世代の給付水準の確保などを図るため、平成28年12月14日に、公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律、いわゆる年金改革法が成立し、年金額の改定ルールの見直しなどがなされたところでございます。  次に、2点目の年金支給回数についてでございますが、現在、年6回偶数月に支給しているところでございます。

大分市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4号 3月13日)

1時間目は、体育館で甲斐選手と子供たちがともに体を動かし、力を合わせて1つのことを達成する喜びや、ルールを守ることの大切さを学び、2時間目は、教室で甲斐選手がプロ野球選手になるまでの紆余曲折を黒板で図に示しながら、夢を持つことのすばらしさ、それに向かって努力することの大切さ、失敗や挫折に負けない心の強さ等を伝え、その話をもとに自分の将来について考える時間でありました。  

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

先般文部科学省は、小中学校への携帯電話スマートフォンの持ち込みを認める方向で検討する方針を明らかにし、原則禁止平成21年1月の文科省通知を見直し、児童生徒の所持率の高まりとあわせて、災害時の連絡手段としての機能を認識し、持ち込みのルールづくりも含めて検討が必要との新聞報道がありました。  

津久見市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(第2号 3月11日)

契約にはさまざまなルールがあり、そうした知識がないまま、安易に契約を交わすとトラブルに巻き込まれる可能性があります。社会経験に乏しく、保護がなくなったばかりの成年を狙い撃ちにする悪質な業者もいます。  そうした消費者トラブルに遭わないためには、未成年のうちから契約に関する知識学び、さまざまなルールを知った上で、その契約が必要かどうかをよく検討する力を身につけておくことが重要です。