31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大分市議会 2019-09-12 令和元年建設常任委員会( 9月12日)

出場チームは、香港マレーシアフィリピンの3カ国5チームの海外チームを含む18チームを招聘いたしております。  5ページをお願いいたします。  8月10日に開催いたしましたUCIおおいたいこいの道クリテリウムでは、チームブリヂストンサイクリングの今村選手が優勝し、6ページをお願いいたします。

大分市議会 2019-07-10 令和元年経済環境常任委員会( 7月10日)

マレーシアは6%の消費税をゼロにして世界的な不況を今乗り越えているわけで、日本だけ5兆円も国民にかぶせて、大分市民にも多大な影響が出ているということになりますので、増税しないのが一番の景気対策だと思います。  そして、このプレミアム付商品券そのものも過去、前回のを見ても予算措置の3分の1以下の効果しかないということはもうこれは発表されています。

大分市議会 2019-03-18 平成31年経済環境常任委員会( 3月18日)

まだチリペルーノルウェーマレーシアの4カ国については、まだ国内手続の状況が整っていないというところにおきましては、今後注視されます。  先日の新聞にもありましたけれども、一番注視するのは、台湾あるいはタイ、コロンビア、こういった国々が今後このTPPへの参加希望されているというところにおいて、今後すごく気になるところではございます。  

大分市議会 2019-03-14 平成31年厚生常任委員会( 3月14日)

参加チームにつきましては、タイ、台湾ラオスマレーシア日本代表九州選抜の予定となっております。入場料はないと聞いております。 ○田島委員長   委員の皆さんで、今の報告に対しまして質問、意見等はございますか。 ○斉藤委員   市役所ふれあい市場の件になります。とても好評なのですが、もうちょっと周知の場所を庁舎内につくっていただけないかと思います。

別府市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4号12月11日)

また、平成26年度以降取り組みを始めた東南アジア地域では、マレーシアインドネシアフィリピンベトナム等が著しい伸びを示しており、今後も継続してアプローチしてまいります。  このような情報発信と並行して観光案内所の充実を中心とする旅のストレスを解消する受け入れ環境整備を進めてまいります。

大分市議会 2018-11-08 平成30年建設常任委員会(11月 8日)

国際大会となりました本大会の出場チームにつきましては、イタリアスイスオーストラリアマレーシアの4カ国、6チームの海外チーム、それから、14の国内チームを招聘することができました。  5ページ目をごらんください。10月13日のUCI公認おおいたいこいの道クリテリウムのレース結果を記載しております。

別府市議会 2017-03-17 平成29年第1回定例会(第5号 3月17日)

海外ですが、姉妹都市はいいのですが、シンガポールとどこだったかな、マレーシアか、シンガポールマレーシアに行かれた。これは、今まで別府市が友好とかないのですね。この行った目的は何ですか。 ○ONSENツーリズム部長(伊藤慶典君) お答えいたします。  東南アジア地域からの観光客の数は、近年飛躍的に、別府市にお越しいただく観光客の方は飛躍的に伸びております。

別府市議会 2015-12-16 平成27年第4回定例会(第5号12月16日)

一方、訪日外国人は、平成25年度に1,000万人を超え、26年は1,341万人、国別では1位が台湾の282万人、2位が韓国の275万人、3位が中国の240万人、4位が香港の92万人、5位がアメリカの89万人、次いでタイ、オーストラリアマレーシアシンガポールイギリスの順となっております。消費額も2兆300億円となりました。

大分市議会 2014-12-08 平成26年第4回定例会(第4号12月 8日)

それもほぼ同じ内容の行程となっておりまして、本年はマレーシアなどを訪問したとお伺いしましたので、この2回だけが異例であり、何らかの理由があったと推測されますが、そのことは触れません。  県下から、2010年は20名、2012年には21名が参加しておりまして、中には当時、大分市立の学校に勤務していた教員もおります。  

大分市議会 2014-03-20 平成26年経済常任委員会( 3月20日)

それで、今回見直した結果、特に、先ほど説明いたしましたが、ビザ緩和に伴いまして、東南アジア、タイ、マレーシアベトナムフィリピン等の各国の旅行者数がふえるのではないかという国の見込みがございます。今回、我々のインバウンドのほうも、それをきっかけとして、ビザが緩和された国からお客様が来るのではないかということですけれども、当面考えているのは、実は、大分県には台湾から多くの観光客が見えられます。

別府市議会 2013-06-17 平成25年第2回定例会(第5号 6月17日)

○4番(野上泰生君) 東南アジア、これからということで、実は私は数カ月前、イスラム圏の方が結構多いのです、インドネシアにしてもマレーシアにしても、その方々が、どうしても食べ物に制限があるということでハラールですね、それの勉強会に出て、その先生に、九州というのは、東南アジアというか、マレーシアから見たらどのような場所なのですかと聞いたら、正直、観光先ではないというふうに言われました。

大分市議会 2012-12-11 平成24年経済常任委員会(12月11日)

加えまして、ASEAN諸国のうち、我が国と既に経済連携が発効しておりますインドネシアフィリピン、タイ、シンガポールマレーシアベトナム、ブルネイの7カ国に、中国、韓国、オーストラリアニュージーランドを加えた東アジア包括的経済連携──RCEPの交渉に入ることも決まったと伝えられています。  

別府市議会 2012-09-14 平成24年第3回定例会(第5号 9月14日)

けれども将来的な別府を考えると、福岡空港から直行便が飛んでいるようなタイ、シンガポールベトナム、LCCとかこれからどんどん伸びてくるマレーシア、そういうふうなところに積極的にマーケティングをして別府ブランドをいち早く売り込んでおくというふうなことが必要だと思っています。  そこで、現在、韓国、中国以外の国にどのような誘致戦略をしていますか。お聞かせください。

大分市議会 2012-09-13 平成24年経済常任委員会( 9月13日)

これ以外に、ステークホルダー会合が開催されて、9カ国、米国、オーストラリア、ブルネイ、チリマレーシアニュージーランドペルーシンガポールベトナムから利害関係者150名以上が参加を求められ、首席交渉官や交渉担当者を前に、分野ごとにプレゼンテーションが行われたという報告がなされております。  

大分市議会 2012-03-21 平成24年経済常任委員会( 3月21日)

去る2月23日と3月1日に公表されました政府内閣府官房外務省財務省農林水産省経済産業省などの連名による発表によりますと、ことし1月17日からベトナムを皮切りに、ブルネイ、ペルーチリシンガポールマレーシアオーストラリアアメリカニュージーランドの9カ国と個別に担当者、実務者レベルで協議が行われたとのことでございます。

津久見市議会 2011-12-13 平成23年第 4回定例会(第2号12月13日)

TPPは御存じのとおり環太平洋戦略的経済連携協定のことでございまして、当初の結成国シンガポール、ブルネイ、チリニュージーランドに加えて、加盟交渉国としてアメリカオーストラリアマレーシアベトナムペルー、そして11月には日本参加の意向を表明したものです。実質的には米国が主導国であり、環太平洋に従来より大規模で例外のない自由経済圏を築くことを目標としております。

宇佐市議会 2011-12-12 2011年12月12日 平成23年第7回定例会(第2号) 本文

インドネシアとかタイとかインドとかマレーシアなんかは、日本のおかげで独立できたんだということをおっしゃっています。そのような談話もたくさんあります。私も調べました。例えばですね、タイの元首相はですね、先日ありました。十二月八日の開戦記念日のときに、私はこれを聞いて涙が出てきました。十二月八日は、日本のおかげで、まずアジア独立できたんだと。

大分市議会 2011-09-09 平成23年第3回定例会(第2号 9月 9日)

これは、私がなぜこういう質問をしたかといいますと、私は先々週、シンガポールマレーシア教育行政観光行政、それから都市計画行政について視察にお伺いをしました。  その際に、マレーシアでは、シンガポールとの国境近くに、30億リンギット――日本円で780億円を政府が投資して、そしてシンガポールに追いつくような都市計画を掲げています。

  • 1
  • 2