60件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

○商工労働観光部長(戸田美和) 外国人技能実習機構では、ベトナム語、中国語など、8言語での電話、メール、手紙による母国語相談のほか、全国13カ所に地方事務所を設置し、技能実習生からの相談対応や監理団体及び実習実施者に対する実地検査などを行っており、九州には福岡事務所と熊本支所が設置され、大分県は福岡事務所が担当しております。  

別府市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第5号12月12日)

ただ、私が議員になって毎年ベトナムの友好会の方の集まりに行ったときに、福岡の領事館から大使の方が来られるのですけれども、そのお付き添いはAPUの卒業生です、毎年決まってですね。そうすると、大分市で開催されているときにはそれほどでもないのですが、別府市で開催されたときには、ああ、APUの学生さんなのだ。親近感が全然違うのですね。

別府市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4号12月11日)

また、平成26年度以降取り組みを始めた東南アジア地域では、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム等が著しい伸びを示しており、今後も継続してアプローチしてまいります。  このような情報発信と並行して観光案内所の充実を中心とする旅のストレスを解消する受け入れ環境整備を進めてまいります。

宇佐市議会 2018-12-07 2018年12月07日 平成30年第4回定例会(第5号) 本文

もちろん、私たちはこの劣悪な労働条件で人権侵害を放置して、労働力の調整面として外国人の雇用には反対で、そもそも外国人が、日本に来て技能を習得して母国に帰って生かすというのがこの制度ですから、それに反する内容になっているということを指摘して、三百六十五人のうち、ベトナムが二百三十四人、中国が八十四人、フィリピンが二十一人、ミャンマーが十一人、その他六人という数字は間違いありませんか。

大分市議会 2018-09-14 平成30年経済環境常任委員会( 9月14日)

〔「なし」の声〕 ○今山委員長   次に、大分市ベトナム経済ミッションの派遣について報告を受けます。 ○末綱創業経営支援課長   大分市ベトナム経済ミッションの派遣について御説明させていただきます。  まず、目的でございます。近年、人口減少による国内市場の縮小が予想される中、大分市中小企業振興基本条例等に基づきまして、これまでも海外での販路開拓にチャレンジする中小企業を支援してまいりました。  

別府市議会 2017-09-27 平成29年第3回定例会(第5号 9月27日)

マーケットの捕捉といたしましては、国・県の情報である訪日外国人観光客全体の動向や、福岡空港を中心としたエアライン、訪日滞在ビザ発給要件の緩和状況や市内大学等の留学生の動向、生活・文化等を勘案し、ベトナムやインドネシア等を加えた東アジアからと東南アジアがターゲットであると考えており、継続したプロモーションが必要であると認識しております。  

別府市議会 2017-03-17 平成29年第1回定例会(第5号 3月17日)

観光課としまして、平成28年度以降シンガポール、タイ、インドネシア、そしてベトナムということで観光宣伝隊を組んで商談会を行ってまいりましたが、現地校友会の協力はかけがえのないものでありまして、同時に別府の強みとなっているところであります。  これらの状況を踏まえ、ことし2月1日から5日間、シンガポール、マレーシアを訪問させていただいています。

宇佐市議会 2017-02-28 2017年02月28日 平成29年第1回定例会(第3号) 本文

◯十三番(用松律夫君)私の調査では、県内の在日外国人の約八割が韓国、中国系、そういうところですね、立命館アジア太平洋大学のほうに直接聞いたら、三千二百八十人の留学生のうち、八九%の二千九百四十人が中国、韓国、台湾、ベトナム、タイ等々が主流で、そういう点でですね、昨日、議論にもなりましたように、やっぱり多くの方に来館していただくというためにもですね、戦争の加害ですね、やっぱりアジアの人たちが宇佐に来て

宇佐市議会 2016-12-09 2016年12月09日 平成28年第5回定例会(第5号) 本文

日清・日露の戦争からベトナム戦争まで、トータルで、亡くなられた方が六千八百三十一万一千人となっております。もちろんこれはネットの情報ですので、かなりアバウトな数字かと思いますが、多くの方々が亡くなられたことに対して、平和の尊さ、それから戦争の悲惨さについて改めて考えたわけでございます。  

宇佐市議会 2016-12-07 2016年12月07日 平成28年第5回定例会(第3号) 本文

これは、事前に聞いたら中国籍の方だったというふうに聞いていますけれども、英語圏ならまだしもですね、地方に散在する外国籍の子供の母国語というのは、いろいろ調べてみますと、ポルトガル語があったりですね、ベトナム語があったり、さっきの中国語があったり、本当ね、それこそまだまだ普及していない言語、これが母国語であるというようなケースも多いというふうに聞いていますので、今後の課題といいますかね、少し研究をして

大分市議会 2016-09-14 平成28年厚生常任委員会( 9月14日)

○桑野環境部次長兼清掃管理課長   現在流通しておりますのは、平成26年度、平成27年度に作製したものが多いですが、その中には、海外製も含むということで、中国製、ベトナム製等が流通しております。  本年度分から国内製も製作しておりますので、現在は海外製と国内製が混じっているということでございます。 ○高橋委員   海外製のものが破れやすいなど、品質的な部分はどのように考えていますか。

宇佐市議会 2016-06-28 2016年06月28日 平成28年第2回定例会(第7号) 本文

アメリカがベトナム戦争やイラク戦争のような先制攻撃の戦争に乗り出したときに、言われるままに集団的自衛権を発動して、侵略国の仲間入りをする。ここにこそ集団的自衛権行使の最も危険な本質があります。  安保法制戦争法が施行されたことによって、戦後初めて日本の自衛隊が海外で外国人を殺し、戦死者を出す危険が現実のものとなっています。

津久見市議会 2016-03-22 平成28年第 1回定例会(第4号 3月22日)

普天間基地による危険を除去するために、辺野古移転が出てきたように聞いておりましたが、辺野古新基地はベトナム戦争時代からあったプランであり、普天間基地縮小どころか、沖縄の基地の拡充になってしまうものではないでしょうか。  民主主義とは民意を尊重することです。まず、沖縄県民の民意を尊重して、沖縄の基地をどうすれば減らせるのか、県民の負担が少なくなるかを考えるべきではないかと思います。  

竹田市議会 2015-09-10 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月10日−03号

それから、もう1社の方は、ベトナム市場を開拓して業務提携をしていくという、こういう話もまとまりまして、今月の17日に、その業務提携に私が立ち会わせていただくということも決定をしております。いずれにしても、アジアを中心にして求められている竹田市の産品が、この世界から糸口を見つけて、更に、その消費拡大、輸出拡大に広がっていくということを、これからも目指してまいりたいと、こういうふうに思っております。

津久見市議会 2015-06-18 平成27年第 2回定例会(第2号 6月18日)

こういう宣言をしてる津久見市でありますので、吉本市長もいろいろと考えはあると思いますけども、これまで、朝鮮戦争だとかベトナム戦争で、アメリカは核兵器の使用を検討したりだとか、そういうことを行っておりまして、いつの日かまた核爆弾を使うんではないかという可能性が常につきまとっております。私は一日も早く核兵器の脅威から解放されたいというふうに思っておりまして、核兵器の廃絶を願っております。