615件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-09-17 令和元年第 3回定例会(第2号 9月17日)

いろんな形、いろんな人、そういったものを想定し、いろんな立場の人が参加し、いろんな方法で満足できるバリアフリー化、ユニバーサルデザイン化を柔軟に対応していかなければいけないのではないかというふうに思います。  実際、国会議員の議事上の中で、まずされたこと、それはバリアフリー化なんです。車いす、あるいは重度の障がいのある方が国会に入るということが想定されてなかった。

別府市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号 9月13日)

あの亀陽泉なら、前の道路もきれいになって、温泉もきれいになって、本当にバリアフリー化してきれいになっています。  それから、四の湯2区の公民館。これはあすなろ館・児童館に一緒になれないのかな。  それともう1点。児童館だけで狭くて間に合わないなら、四の湯2区は、局長、広いのですよ、面積が。亀川でも恐らく四の湯2区が一番広いでしょう。できれば上人小学校とあすなろ館に分散できないかな。

大分市議会 2019-09-11 令和元年厚生常任委員会( 9月11日)

また、国では障害者基本計画において情報提供や意思疎通支援の充実、行政情報バリアフリー化等の施策を実施することとしています。今回の陳情においてどのような条例の制定を求めているのかというと、本文の中に、日常生活、職場、教育の場で手話を使った情報の提供、コミュニケーション保障された社会を目指す手話言語条例をつくってほしいとあります。趣旨はほとんど一緒です。

大分市議会 2019-09-11 令和元年文教常任委員会( 9月11日)

次に、課題の部分ですが、施設長寿命化、バリアフリー化への対応、大型望遠鏡の老朽化、周辺の景色を堪能するだけで施設へ入館しない利用者が入館者数の1割から2割存在する点や、周辺道路の整備、来館者数が天候に左右されやすいことなどを挙げております。  以上の特性や課題を踏まえて、4、関崎海星館に求められる機能をまとめております。  

大分市議会 2019-09-11 令和元年建設常任委員会( 9月11日)

それでは、番号1、質問内容は、市の中心部では歩道橋の撤去が進んでいるが、通学路として利用されている歩道橋については出来る限り維持してほしいとの内容で、その後の経過ですが、「今後の定期点検の結果により対策が必要とされた歩道橋については、バリアフリー化や安全な歩行空間の確保、維持管理等の観点と、地元自治会学校関係者、警察等との十分な協議を行う上で、修繕又は撤去などの方向性を判断していきます」。

宇佐市議会 2019-09-11 2019年09月11日 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

宇佐市子育て高齢者世帯リフォーム支援事業は、子育て支援型、三世代同居支援型及び高齢者バリアフリー型があり、それぞれ目的に沿ったリフォームを行うことで、三世代同居支援型は補助率二分の一、上限七十五万円、子育て支援型及び高齢者バリアフリー型では補助率五分の一、上限三十万円となっております。  

宇佐市議会 2019-09-10 2019年09月10日 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

│      ┃ ┃      │六、バリアフリーについて         │      ┃ ┃      │  高齢者、障がい者等の移動等の円滑化  │      ┃ ┃      │ の促進に関する法律バリアフリー新   │      ┃ ┃      │ 法)施行後十二年が経過したが、本市で  │      ┃ ┃      │ はバリアフリー化が進んでいるのか。

大分市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第3号 9月 9日)

もちろん、障害者への対応としてバリアフリー化や、投票用紙の記入台、投票箱の複数設置などなど、さまざまあり、大型化しますし、さらに、人員の確保など課題は多くありますが、選挙人名簿などのデータ通信が確保できれば、可能ではないかと考えます。  今回は、法的な要素を含め、移動式の投票所について、実現可能かどうか見解をお聞かせください。 ○議長(野尻哲雄) 佐藤総務部長。

大分市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第2号 9月 6日)

このなはMAPは、これまで各課別々に所管していた防災マップ、都市計画情報提供システム文化財マップ、バリアフリーマップ、病院情報ネットなどのシステムを統合して、一つのアプリで全て閲覧できるようにしたものです。大分市のおおいたマップに相当する地図情報と言えます。  しかし、なはMAPは基本となる白地図にグーグルマップを採用しているため汎用性が高く、スマホとの親和性など使い勝手がよいことも特色です。

別府市議会 2019-08-30 令和元年第3回定例会(第2号 8月30日)

○10番(森山義治君) ポイントを決めて乗降していくというようでございますが、やむを得ず現在の地域性という中で、別府市道の中で乗降する際にバリアフリーなんかを考えたときに段差や傾斜の激しいところがあると思うのですね。そういうところは早目に把握しておいて補修を対応していただきたい。お願いをひとつしておきます。  

大分市議会 2019-08-26 令和元年経済環境常任委員会( 8月26日)

森林セラピーの活用は、福祉の面においても大変重要と考えており、写真⑧のように、車椅子の方も利用できるよう、霊山にはバリアフリー型のバイオトイレを設置いたしました。補助者は必要ですけれども、市街地が一望できる中腹付近までは行くことができます。今後は、まだ計画段階ですけれども、盲学校や聾学校老人ホーム等、福祉団体とも連携をとりながら、広く市民の方が利用できるよう取り組みを考えております。  

大分市議会 2019-08-26 令和元年建設常任委員会( 8月26日)

子育て環境の整備や高齢者のためのバリアフリー工事等、また、三世代が同居するために必要な設備の整備に要する費用の一部を補助するものでございます。補助額等についてですが、子育て支援型及び高齢者バリアフリー型につきましては補助対象工事費の20%、限度額が30万円、3世代同居支援型につきましては補助対象工事の50%、補助限度額75万円となっており、昨年度は全体で56件の補助を行ったところでございます。

大分市議会 2019-07-11 令和元年総合交通対策特別委員会( 7月11日)

〔「なし」の声〕 ○大石委員長   次に、大在駅バリアフリー化について報告を受けます。 ○橋本都市交通対策課長   大在駅のバリアフリー化について御報告させていただきます。  資料の2の事業概要をごらんください。  国では、1日当たりの平均利用者数が3,000人以上である鉄道駅につきまして、令和2年度までに可能な限りバリアフリー化を実施することとしております。

大分市議会 2019-07-11 令和元年建設常任委員会( 7月11日)

2019について    ⑦ 大在駅バリアフリー化について    ⑧ その他                 会議の概要                              令和元年7月11日                              午前10時0分開議 ○藤田委員長   皆さん、おはようございます。ただいまより建設常任委員会を開会いたします。  

大分市議会 2019-07-10 令和元年文教常任委員会( 7月10日)

こうした中、バリアフリー化の推進等、これからも長く活用できる施設としての施設整備が望まれており、また、平成29年度の市議会事務事業評価での拡充の評価を受け、施設の機能強化もあわせて実施する必要がありますことから、昨年度は、機能強化に向けた有効な方策についての調査をいたしたところでございます。