運営者 Bitlet 姉妹サービス
797件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-20 別府市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月20日) 今回、あすなろ館につきましては、築13年ということで比較的新しくて、バリアフリーにも対応した施設となっております。 もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) どこに食事に行こうかとか、どこのお店がいいかなとか、そういうのがなかなかわかりにくい場合があるわけでございますけれども、そういう自分が出かける施設のバリアフリーの状況を確認する方法、すぐわかるような、確認できるような方法、これはないのか。 もっと読む
2018-03-06 別府市議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 6日) また第3に、御高齢の方や、あるいは障害をお持ちの方にも別府観光を楽しんでいただくため、観光施設や公共の場等のバリアフリー化事業への投資も求められるものと思っております。   もっと読む
2018-02-01 大分市議会 平成30年建設常任委員会( 2月 1日) 現在、平成32年度までにバリアフリー化を進めている高城駅、鶴崎駅、大在駅につきまして、利用者の利便性や安全性、駅機能の向上を図ろうとしている中で、駅員の配置を行わないことに対しては懸念が大きいことから、バリアフリー化が終了するまでは駅員の配置をとどめるべきとの要望を行ってきたところです。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 例えばバリアフリー・ユニバーサルデザインに配慮した設置等々についても、また交通対策、それからウォーターフロントの景観と調和する云々とか、そういったふうなものが、例えば地元商店街の利用者が利用する駐車場も、今、まさしくこの駐車場なんかをオープンにしていただいて利用されている方も多くいらっしゃるというふうにお聞きをしておりますし、そういった意味からいえば、10項目以上のものが列挙されております。   もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 例えばバリアフリー・ユニバーサルデザインに配慮した設置等々についても、また交通対策、それからウォーターフロントの景観と調和する云々とか、そういったふうなものが、例えば地元商店街の利用者が利用する駐車場も、今、まさしくこの駐車場なんかをオープンにしていただいて利用されている方も多くいらっしゃるというふうにお聞きをしておりますし、そういった意味からいえば、10項目以上のものが列挙されております。   もっと読む
2017-12-12 大分市議会 平成29年総合交通対策特別委員会(12月12日) 真ん中あたりでございますが、「バリアフリーにしてから導入をするべきではないか」。  その5つ下になりますが、「現在駅員に助けてもらっている。駅員がいなくなることは不安であり、バスにしないといけないと思っている」。  その4つ下になりますが、「視覚障がい者の人は放送で注意喚起と言われても、自分に言われているのか他人に言われているのか解らない」。  右側に移りまして、上から2番目です。 もっと読む
2017-12-12 大分市議会 平成29年建設常任委員会(12月12日) 〔「異議なし」の声〕 ○足立委員長   先ほど議会運営委員会で報告を受けた方もおられましょうが、駅のバリアフリー化は3,000人の乗降客があるところの3駅に話題が特化しておりましたが、大分市議会とすれば、8駅全てのバリアフリー化を求めるということで、そういう方向に議会運営委員会で取りまとめができたそうですので、そういった内容も議長はJR九州本社に、社長宛ての要望書を持っていくということになっておりますので もっと読む
2017-12-12 大分市議会 平成29年地域活性化対策特別委員会(12月12日) 御意見は、バリアフリー化や子供からお年寄りまで住みよいまちを目指し、安心安全でクリーンなまちづくりを進めてもらいたいとの内容でございます。  中心市街地のバリアフリー化につきましては、大分市バリアフリー基本構想に基づき計画的に取り組んでいることなど、そして、今後も安全・安心を身近に実感できるまちづくりを進めていくという回答をしております。   もっと読む
2017-12-11 大分市議会 平成29年建設常任委員会(12月11日) バリアフリーにしてから導入をするべきではないか。」「この導入について再考してほしい。」「駅員がいなくなることは不安である。」「駅員がいると助かる。」「インターネット予約で購入した切符を受け取るのに大分駅まで行くのは不便である。」「現在駅員に助けてもらっている。駅員がいなくなることは不安であり、バスにしないといけないと思っている。」「通勤時は学生が多く、マナーが悪い。」 もっと読む
2017-12-11 大分市議会 平成29年経済環境常任委員会(12月11日) 御意見は、バリアフリー化や子供からお年寄りまで住みよいまちを目指し、安心・安全でクリーンなまちづくりを進めてもらいたいとの内容でございます。  中心市街地のバリアフリー化につきましては、大分市バリアフリー基本構想に基づき、計画的に取り組んでいることなど、今後も安全・安心を身近に実感できるまちづくりを進めていくという回答としております。   もっと読む
2017-12-08 大分市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 8日) 今回説明会では、無人化にお金を使う前に、危険を回避するためのバリアフリー化を進めるべきではないのかとの要望も多数出されております。JRにおいては、やはり安全性を追求する姿勢、利便性を確保する姿勢を持ち続けていただきたいというふうに思っています。  私は、2013年第1回定例会で、滝尾駅のトイレと駐輪場の整備を求める質問をいたしました。 もっと読む
2017-12-07 大分市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月 7日) また次に、バリアフリー新法のことについて、同じく福祉保健部長にお尋ねをしてまいります。  御案内のとおり、平成18年に施行された高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律、いわゆるバリアフリー新法は、従来、建築物や交通施設についてのバリアフリー対策がそれぞれ別々に行われてきたことから、それらを一体的に整備する目的でつくられております。   もっと読む
2017-11-13 大分市議会 平成29年総合交通対策特別委員会(11月13日) それから、なぜバリアフリー化に対して人を配置しないのか、配置することをやめるのかということが、やはり市としては理解しにくいということで、再度説明を求めているところでございます。また、県からも、大きな地震時に旅客に対して、スマート・サポート・ステーションでの避難、誘導が可能なのかということ。 もっと読む
2017-11-09 大分市議会 平成29年建設常任委員会(11月 9日) 次に質問3、平成32年度までにバリアフリー化を行う鶴崎、大在、高城駅の駅員の配置を行わないことに対してどのように考えているのかについてでございます。駅によっては終日お客様に対応できない駅があります。スマートサポートステーションの導入により、お体の不自由なお客様に対して、始発から最終までの対応が可能となり、安全面においても向上しますとの説明でございました。  2ページをごらんください。   もっと読む
2017-09-26 別府市議会 平成29年第3回定例会(第4号 9月26日) 当路線は、鉄道南北1号線という別府市道でございますが、平成25年度から歩道のバリアフリー化、車道の舗装改修工事を行っており、全体施工延長は1,760メートルとなっております。平成32年度完成目標に施工中でございます。 ○13番(萩野忠好君) そのほか、何かほかの路線について整備される計画はありますか。 ○都市整備課長(橋本和久君) お答えいたします。   もっと読む
2017-09-26 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月26日 全体会) このうち、海星館管理運営事業につきましては、委員から、県外からの来館者の割合はどのくらいなのか、利用者のさらなる増加に向けてバリアフリー化など施設の整備充実に前向きに取り組むべきであり、そのための予算も措置してほしいなどの質疑、意見があり、評価区分は拡充との結論に達しました。  最後に、本分科会としては、次のとおり要望いたします。   もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) これは、耐用年数がまだ半分ぐらいしか来ていないということでありますから、私は、県が敷戸団地で5階建て住宅にエレベーターをつけて、横通路にして、いわゆるバリアフリー仕様にしたということを聞きまして、今はもう、5階まで上がったりするのがなかなか大変ですよね、そういう住宅が大分あるのだけれども、それにしたって、まだ取り壊して建てかえるというのは、ちょっと早過ぎるという住宅が、まだ別府にもありますよね。 もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) これは、耐用年数がまだ半分ぐらいしか来ていないということでありますから、私は、県が敷戸団地で5階建て住宅にエレベーターをつけて、横通路にして、いわゆるバリアフリー仕様にしたということを聞きまして、今はもう、5階まで上がったりするのがなかなか大変ですよね、そういう住宅が大分あるのだけれども、それにしたって、まだ取り壊して建てかえるというのは、ちょっと早過ぎるという住宅が、まだ別府にもありますよね。 もっと読む
2017-09-21 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月21日 文教分科会) 九州でも有数の大型反射天体望遠鏡を備えた貴重な施設であることから、利用者のさらなる増加に向けて、海星館の魅力を広く発信するとともに、バリアフリー化など施設の整備充実に努めることを求め、拡充とした」。 ○帆秋分科会長   いかがでしょうか。  天体望遠鏡は、九州でも余り数がなく、九州という表現にさせていただいています。 もっと読む