825件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

別府市議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第4号12月16日)

B-biz LⅠNKについては、平成27年に策定しましたべっぷ未来共創戦略の目標実現に向け、平成29年9月に別府市産業連携イノベーションネットワーク会議での検討を重ね、提言を受け、設立した法人であります。その法人目的としましては、別府市地域の振興に関する諸施策と連携した活動を行い、地域経済の持続的な発展と住民の生活向上に寄与することであります。

別府市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第3号12月13日)

大分都市広域圏における住民サービスに関する取り組みについてですが、徘徊高齢者SOSネットワーク事業として、道に迷うおそれのある認知症高齢者等が行方不明になった場合に連携し、早期発見・保護するための体制の構築を図る取り組みや、大分広域施設案内予約システム調達事業として、公共施設の相互利用を目的に住民が、インターネットを使い体育文化施設など公共施設の空き状況の確認や事前に利用者登録手続をすることでオンライン

中津市議会 2019-11-22 11月22日-01号

指名    (5番 川内 八千代、20番 大塚 正俊) 第2.会期の決定(議事日程) 第3.諸報告    ア.議長報告    イ.市長行政報告 第4.議第65号 令和元年度中津市一般会計補正予算(第4号)    議第66号 令和元年度中津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)    議第67号 令和元年度中津市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)    議第68号 令和元年度中津市ケーブルネットワーク

大分市議会 2019-10-11 令和元年建設常任委員会(10月11日)

○大城都市交通対策参事補   自転車走行空間の整備につきましては、現在、大分市自転車走行空間ネットワーク整備計画を定めて、それに基づいて進めているところです。現在の計画では、平成28年度から平成32年度、令和2年度までの5カ年で20キロメートルの整備をすることにしております。平成30年度末現在、10.6キロメートルの整備が終了しておりまして、進捗がおよそ50%になっております。  

別府市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第6号 9月20日)

委員より、セキュリティの問題及びタブレットの処理能力について質疑がなされ、職員専用の行政ネットワークで管理することや、タブレットの処理能力はネットの閲覧のみならず、スケジュール管理や、タブレットに直接ペンでメモ書きができる機能を有したものであるとの説明がなされた次第であります。  

津久見市議会 2019-09-18 令和元年第 3回定例会(第3号 9月18日)

また、グランドデザインの概略図の中にも課題として挙げているJRの利便性の向上及び交通ネットワーク再構築の検討では、明確に示していませんが、当然JR津久見駅にエレベーターを設置することも課題として考えております。  今年7月24日の新聞記事で「佐伯駅バリアフリー化」が掲載されていましたが、佐伯駅では、エレベーターを2基設置し、全てのホームが車椅子で行き来できるようにするとのことです。

別府市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5号 9月18日)

第3といたしまして、障がいのある方の団体福祉事業所が協力する安心ネットワークの構築を目指して、障がい当事者が事務局を担当する中で、障がい者団体福祉事務所のアンケート調査を実施し、みんなのネットワーク構築に向けて意見交換を持ちました。ことし1月にはネットワークの立ち上げ自体が行われ、今後その構築の活性化に努めるところであります。  第4に、研修会等を開催しております。

津久見市議会 2019-09-17 令和元年第 3回定例会(第2号 9月17日)

また、認知症高齢者だけでなく、日ごろから高齢者の見守り体制を強化する津久見市見守りネットワーク体制を構築し、地域の困りごとを丸ごと受けとめ、適切な支援へつなげていく「福祉まるごと支援体制」の構築を進めています。  学校教育においては、全ての小中学校の普通教室のエアコン整備が完了しました。

別府市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第4号 9月17日)

このほか、デジタルサイネージ回遊ルート検索システム保守業務フリーWi-Fiの周知及び増設、別府インターナショナルプラザ組織強化、駅前情報発信カフェ維持管理運営業務、海外旅行会社とのネットワーク構築事業、トイレ整備費及び除草作業等景観維持については、現在取り組んでいるところでございます。

宇佐市議会 2019-09-13 2019年09月13日 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

また、地域の見守り体制としまして、高齢者安心ネットワークの構築を推進しており、地域包括支援センターを中心に地域の区長や民生委員、老人クラブ、愛育班等の方々と見守りの必要な方の情報共有を行い、できる限り認知症の方や御家族の方が暮らしやすいような地域を作る努力をしております。  

大分市議会 2019-09-11 令和元年厚生常任委員会( 9月11日)

初めに、大分市地域医療情報ネットワークにつきましては、令和元年第2回定例会代表質問において、自由民主党の小野仁志議員からの御質問があり、大分市地域医療情報ネットワークは、ICTを活用し、医療機関などが所有する患者情報を一元管理することにより、情報連携の円滑化や診療の効率化を図り、子供から高齢者まで一人一人に合った、より質の高い医療の提供を実現するものであります、また、今年度は、大分市地域医療情報ネットワーク

大分市議会 2019-07-12 令和元年総務常任委員会( 7月12日)

このイベントは、市民主体のまちづくりに重要な役割を担うことが期待されるNPO法人市民活動団体等が、それぞれの活動を通して地域貢献できるよう地域と各団体、学生との連携を図るネットワークづくりの場となっております。  また、NPO法人市民活動団体ボランティア団体の活動を広く市民の皆さんに周知するとともに参画を促し、地域コミュニティーがさらに活性化することを目的に開催いたします。  

大分市議会 2019-07-11 令和元年厚生常任委員会( 7月11日)

〔「異議なし」の声〕 ○田島委員長   それから、5番目の高齢者等SOSネットワーク事業につきましては、書記に説明させます。 ○書記   5番に挙がっております高齢者等SOSネットワーク事業につきましては、平成30年度末に事業自体を県に移行しておりまして、こちらを選定して、評価してももう反映ができません。 ○宮邉委員   これは私の会派から出ているので、取り下げます。