399件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-18 大分市議会 平成31年総務常任委員会( 3月18日) このとき交通輸送のテストも行われ、シャトルバスやパークアンドバスライドによってスムーズな輸送がなされました。  ③公認チームキャンプにつきましては、予選において、フィジー共和国とウルグアイ東方共和国の2カ国が本市でキャンプをすることとなりました。   もっと読む
2019-03-14 大分市議会 平成31年文教常任委員会( 3月14日) その結果、本年度の体力・運動能力テストは高体力層と認められる総合評価がC以上の割合が、小学校では85.5%、中学校では88.8%となり、いずれも過去最高となったところでございます。  今後とも引き続き、小中一貫教育を推進する中で、子供たち一人一人の能力や可能性を最大限に伸ばすことができるよう、知、徳、体のバランスのとれた生きる力の育成に努めてまいりたいと考えております。   もっと読む
2019-03-12 津久見市議会 平成31年第 1回定例会(第3号 3月12日) よその自治体は、いきなり面接から始まるというところも新聞などでは見ておるところですけれども、その辺も考慮しながら、1次はこのように少し内容が変わった試験内容としておりますので、やはり今の世の中がどういうふうになっているかとか、そういう社会的なものを知っているかどうかなどというのは適正ではなかろうかと考えておりますので、今の段階ではそういう試験をもとに知識、常識のテスト、または2次試験で人物のテストという もっと読む
2019-03-11 大分市議会 平成31年第1回定例会(第2号 3月11日) これまで各中学校において定期テスト等で評価していた、聞くこと、読むこと、書くことの3技能に加え、話すことの技能も加えた4技能全てを評価できる調査を各自治体の判断により実施することとなっており、本市といたしましては、この調査を実施することとしております。  本市教育委員会といたしましては、来年度行われるこの調査の実施状況や今後の方向性など、国の動向を注視してまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-12-12 大分市議会 平成30年経済環境常任委員会(12月12日) 社長が、IT企業の団体の副会長として、日本とベトナム両国のIT企業のマッチングなどにおける支援活動を行っている、主な事業はオフショア開発、ソフトウエアテスト、制作デザイン事業等があるとのことでございました。  ⑥エスハイ株式会社は、技能実習生などの送り出しを行う企業でございます。 もっと読む
2018-12-12 大分市議会 平成30年文教常任委員会(12月12日) 新体力テストは、握力、上体起こし、50メートル走など8項目を小学校1年生から中学校3年生までの全児童生徒を対象に、各学校が5月から7月に毎年実施をしております。2つの棒グラフがございますが、小学校及び中学校における総合評価の割合の推移を示したものであります。   もっと読む
2018-12-12 大分市議会 平成30年子ども育成・行政改革推進特別委員会(12月12日) 詳細につきましては、後ほど担当課長より御報告いたしますが、今後は関係法令や制度の変更に際しましては、これまで以上に職員に対し、制度の周知と知識の習得を促すとともに、関係課と連携の上、システム改修時の仕様確認やテスト実施におけるチェック体制に万全を期すことにより、再発防止に努めてまいる所存でございます。   もっと読む
2018-12-12 大分市議会 平成30年厚生常任委員会(12月12日) 詳細につきましては後ほど担当課長より御報告いたしますが、今後は、関係法令や制度の変更に際しましては、これまで以上に職員に対し制度の周知と知識の習得を促すとともに、関係課と連携の上、システム改修時の仕様確認やテスト実施時におけるチェック体制に万全を期すことにより再発防止に努めてまいる所存でございます。   もっと読む
2018-12-11 大分市議会 平成30年厚生常任委員会(12月11日) 2の原因ですが、特別児童扶養手当等の旧システム構築の際、プログラムの仕様確認やテストが不十分であったと考えられ、現行福祉総合システム構築時に旧システムのプログラムを踏襲したことにより現在まで誤った所得判定を行っていました。   もっと読む
2018-12-11 大分市議会 平成30年文教常任委員会(12月11日) 本市児童生徒の体力につきまして、大分市教育ビジョンでは、新体力テストにおいて高体力層と認められる総合評価がC以上の割合を高めることを目標としております。本年度のテスト結果といたしましては、総合評価C以上の割合が小学校では85.5%、中学校では88.8%となり、過去最高となったところでございます。   もっと読む
2018-12-11 津久見市議会 平成30年第 4回定例会(第2号12月11日) 私が言いたいのは、結果がいいからどう、悪いからどうという話ではなくて、先ほど答弁の中でもありましたように、やっぱりどうしてもテストを一番はじめに受けるのは小学校5年生の段階ですから、5年生の段階で悪かったのをなかなかじゃあその後、伸ばしていくというのは結果から見ると、非常に難しいのかなというふうに思っているんですが、その辺の認識について、再度お聞かせをください。 もっと読む
2018-12-10 別府市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月10日) 実際に申しますと、子育ての中で長期的に働けないお母さん、仕事をしたいのだけれども働けないお母さんで通所できない方、それから引きこもりぎみの方ですね、そういうふうな方にもこの仕事は本当にもってこいですよということをおっしゃっておりまして、今もらっている仕事の中では大手電気工事会社の総務が行っていた名刺づくりとか、また学校のテストの採点、また、これは大分市のホテルとおっしゃっていましたけれども、ホテルの もっと読む
2018-12-06 宇佐市議会 2018年12月06日 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 提言は、また、学力テストなど教職員の負担を増大させている業務の削減を、国・自治体と学校現場の双方から推進すること、公立教員を残業代ゼロとした法制度を改め残業代を払うなど教職員の働くルールを確立すること、非正規職員の正規化と待遇改善をすることを、提案しています。  安倍政権は、一年単位の変形労働時間制の導入を検討しています。 もっと読む
2018-09-20 大分市議会 平成30年決算審査特別委員会( 9月20日 文教分科会) あわせて、大分市は教員の多忙化ということで、13項目出して子供と向き合う時間をふやすと言っていますが、私はこの学力テストの準備なり負担が正規のカリキュラム以外に乗っかってくるわけですし、これに照準を合わせた準備を教職員はしなければいけないわけです。それはかなりの負担になっていると思います。 もっと読む
2018-09-13 宇佐市議会 2018年09月13日 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 ということは、普通学級の人と同じ中間テスト、期末テストを受けないと評価は出ないですよね、基本的には。ですので、まず、その辺の同じ中間テスト、期末テストを受けているのかどうかをお聞きします。 もっと読む
2018-09-13 大分市議会 平成30年建設常任委員会( 9月13日) 次に、5、安全対策についてですが、警察協議を行っておりまして、その結果を踏まえて、①自動走行運転中は必ずテストドライバーが運転席に搭乗し、緊急時等には手動走行に切りかえるなどの必要な操作を行えるように常に備える。②実験車両には、実証実験実施中であることを表示する。③市道大道金池線の歩道部には、実証実験実施中である旨の看板を設置する。④鉄道残存敷と市道との交差部には誘導員を配置する。 もっと読む
2018-09-12 臼杵市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−03号 さらに本市では、一人一人の児童・生徒が持つ心の問題に対する支援を明確にするのと同時に、学級という1つの集団に対する支援のあり方を明らかにすることができるQ-Uテストを実施しております。その結果を踏まえながら、心配となる児童・生徒や学級に対して、学級担任や養護教諭、管理職などがチーム学校として、声かけや個別相談を実施しております。 もっと読む
2018-06-22 大分市議会 平成30年総合交通対策特別委員会( 6月22日) ○宮下都市計画部次長兼都市交通対策課長   今回は大分きゃんバスを利用するということで、実際のところは代替のバスを用意するというのが通常でございますけれども、当日、ラグビーのテストマッチ、県としても事前の準備をするということで、2万6,000人の来場があったのですが、九州内各地からバスを要請して、200台、300台のバスを用意しておりました。 もっと読む
2018-06-22 大分市議会 平成30年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 6月22日) 書くときに、何かテストするみたいに配って、書かせて回収というものではないと思うんです。結局ね、みんなで一斉に書き出したとしても、それぞれが書いて、書いた人から出ていくなりなんなり、その余裕のあるところで記述ができて、それを集めるということがね、この調査にはやっぱりとっても重要な点だと思うんですよ。   もっと読む
2018-06-19 臼杵市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−02号 チャレンジショップとは、将来の起業を目指す方や起業して間もない方、また新しいサービス、商品のテストマーケティングを行いたい事業者が、一定期間、試験的に出店する店舗のことです。チャレンジショップ運営支援事業では、空き店舗を整備し、出店者に対し店舗のデザイン、商品のレイアウト、出店店舗のマッチングなど専門家の意見を取り入れながら運営支援を行ってまいります。   もっと読む