運営者 Bitlet 姉妹サービス
173件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-18 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−02号 さらに、無線LANスポットを整備することで、パソコンやスマートフォンなどを持ち込み、簡単かつ自由に情報が入手できる環境を整えることとしています。  なお、全ての図書室に司書資格を持った職員を配置することは困難なため、職員の研修機会の確保や図書館職員との情報共有を図りながら、サービスの向上に努めてまいります。   もっと読む
2018-06-18 竹田市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−04号 周遊観光案内板には、自分のスマートフォンを近づけ、かざせば情報が読み込めるようなシステムを埋め込み、行きたいスポットの詳細情報やマップ情報と連動したアクセス情報の入手、さらには周遊を促進するためのスタンプラリーといった仕掛けを組み込むことも検討中でございます。現在、登山者の数の把握については登山届の提出の数からの推計値であり、現実とは大きなずれがあると考えております。 もっと読む
2018-06-12 竹田市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−03号 これに加えまして、平成30年度からはスマートフォンや携帯電話などにメール配信できる「竹田市登録制メール配信システム」を、現在、準備中であります。災害の恐れがある場合や災害発生時には、関係機関の情報を集約し、事前に的確に状況判断を行い、情報提供を行うよう努めているところであります。 もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) そこで、長崎県の佐世保市では、スマートフォンとかタブレット端末で利用できる共有アプリの実証実験をやったようでございます。この共有アプリが「WheeLog!」という横文字なのですけれども、この「WheeLog!」という実証実験を行ったようでございます。建設部等と一緒にやったようでございますけれども、このバリアフリー情報の1つとしてこれは非常にいいのではないかなと思うのですね。 もっと読む
2018-03-16 別府市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日) 出費の57.2%、本当に6割近くがそれで占めているわけで、外国ではお土産、飲食に対する支払いは、スマートフォンを使っている方が多いと聞いておりますが、市内でのスマートフォン決済の状況はどのような状況なのか、現状をお聞きしたいと思います。 ○観光課長(松川幸路君) お答えいたします。  インバウンドの伸びとともにカード決済も含めたキャッシュレス化に対する環境整備の必要性は、確実に増しております。 もっと読む
2018-03-12 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号 具体的には、まだ本格的に婚活まで至らない独身者を含めて、スマートフォン等で気楽に情報を受け取ることができるように、今年の2月からフェイスブック等のSNSを活用して、情報発信を行うようにいたしました。ここで結婚を前向きに考える学びの機会の提供や、コミュニティデザインを考えるイベントへの紹介を始めたところです。 もっと読む
2018-02-01 大分市議会 平成30年建設常任委員会( 2月 1日) ○高瀬都市交通対策課長   昨日より各高校などに対しまして、電話での問い合わせを行いまして、担当の先生、それから学生から多くの意見をいただくよう、今、啓発しているところでございまして、入力用紙にはスマートフォンからも入力できるような工夫をしているところでございます。 ○小野委員   これまでJR九州のダイヤ改正について、市として何か意見を出したことは過去にあるのでしょうか。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 議員さんが言われたように、電子母子手帳につきましては、スマートフォン、タブレット等にアプリケーションをダウンロードして、乳幼児健診の情報、それから予防接種の時期、そういったものを管理したり、自治体から配信されるような子育ての情報、そういったものも把握ができるツールであると認識をしております。   もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 議員さんが言われたように、電子母子手帳につきましては、スマートフォン、タブレット等にアプリケーションをダウンロードして、乳幼児健診の情報、それから予防接種の時期、そういったものを管理したり、自治体から配信されるような子育ての情報、そういったものも把握ができるツールであると認識をしております。   もっと読む
2017-12-13 大分市議会 平成29年総務常任委員会(12月13日) 4点目に、英語、中国語、韓国語を含めた多言語対応、5点目に、情報を探しやすくするためのデザインやサイト構造の見直し、6点目に、スマートフォンへの対応などでございます。  リニューアル公開日は、来年1月20日土曜日を予定しております。  続きまして、資料5-2をごらんください。これはトップページデザインのイメージでございます。 もっと読む
2017-12-11 大分市議会 平成29年建設常任委員会(12月11日) 「電話をかけることが簡単ではない人もいるので、パソコンやスマートフォンからも利用予約ができるようにしてほしい。」「今回のシステムでは機器の位置など十分に検討する必要があることから、関係団体から十分に意見を聞いてほしい。」「『スマートサポートステーション』導入後においては、駅に人がいて補助をしながら、利用状況に問題がないことを確認し、それから、無人化するのが本来の手順ではないか。」 もっと読む
2017-12-11 大分市議会 平成29年総務常任委員会(12月11日) 既に記者会見を行いましてマスコミ報道されておりますが、概要につきましては、消防局職員が職員ポータルシステムの上司のパスワードを無断で使用し、人事異動関連資料をスマートフォンで撮影の上、SNSを通じて同僚に転送いたしました。また、そのパスワードを他の職員に教えたために、当該職員も不正アクセスを行ったというものでございます。   もっと読む
2017-12-08 大分市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 8日) 本アプリを利用される県民の皆さんが、ウオーキング、健診受診、イベント参加などによって一定のポイントをためると、スマートフォン画面に、おおいた歩得カードが表示されます。そのカードを県内の協力店で提示されますと、お得な特典を受けられる仕組みです。  県との連携を含めて、今後の健康増進の取り組みについて、本市の見解をお聞かせください。 ○議長(野尻哲雄) 江藤福祉保健部長。 もっと読む
2017-12-07 大分市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月 7日) そして今日、スマートフォンの普及もあって情報発信するのにSNSというものはメーンツールになりつつあると感じております。県外の自治体もさまざまな手法でSNSを活用されていますし、本市でももちろん力を入れて取り組んでいるというふうにも聞いております。  そこで、大分県は他県とは異なり、県内には多くの外国人留学生が住んでおります。そこが他県とは違うよい点ではないかと思います。 もっと読む
2017-12-06 大分市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月 6日) 大切な情報がコンパクトに凝縮されている手帳ですが、持ち歩くのが大変、記入が面倒、情報共有が難しい、紙ゆえの不便さもあり、最近ではパソコンやスマートフォンで活用できる電子化の動きを進めている自治体がふえています。  宮崎県の都城市では、子育て支援の拡充だけではなく、マイナンバーカードの普及も目指して、スマートフォンのアプリを利用した電子母子健康手帳サービスを9月から開始しています。   もっと読む
2017-11-09 大分市議会 平成29年建設常任委員会(11月 9日) スマートフォンをかざしますと、城の横に天守が浮かび上がると、こういった状況でございます。  このイベントにつきましては、大分城址公園のイルミネーションやエンジン01文化戦略会議と期間を合わせまして、幾つかの内容を盛り込んで実施したいと考えております。  また、より効果的なにぎわいを創出するため、イベントの内容についてはプロポーザルにて提案を募集しております。 もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) 平成28年度中に中学校生徒を対象に実施いたしました調査では、自分専用のスマートフォン、または携帯電話を所持している生徒は50%でした。また、インターネットに接続できる機種を使用している生徒は93%となっております。  使用の状況でございますが、ほぼ毎日インターネットを利用している生徒は76%、年々増加する傾向にあります。 もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) 平成28年度中に中学校生徒を対象に実施いたしました調査では、自分専用のスマートフォン、または携帯電話を所持している生徒は50%でした。また、インターネットに接続できる機種を使用している生徒は93%となっております。  使用の状況でございますが、ほぼ毎日インターネットを利用している生徒は76%、年々増加する傾向にあります。 もっと読む
2017-09-20 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月20日 厚生分科会) 携帯電話やスマートフォンなら、防災に関しても、メールが届いたりとかの通知があります。そういった機能だってあるわけなので、当時の黒電話とかプッシュホンの固定電話を今さらつけようという人はいないと思います。   もっと読む
2017-09-12 大分市議会 平成29年第3回定例会(第4号 9月12日) アプリの活用についてですが、スマートフォン等で利用されるアプリとは、ルート案内、写真の加工、映像や音楽の視聴、ゲームなど特定の目的に利用するためのソフトウエアのことであり、画面上に表示してあるアイコンと呼ばれる画像を、指先でタッチすることにより、簡単に利用できるものとなっております。   もっと読む