158件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津市議会 2020-12-02 12月02日-02号

排砂については、平成大堰は、洪水時のゲート操作により、おのずと下流へ排砂されます。耶馬溪ダムは、現時点で排砂計画はありません」というのが、国の回答でございました。 こういうこともあって、国、県としっかり連携しながら、保全に努めてまいりたいと思っています。 

大分市議会 2020-03-25 令和 2年建設常任委員会( 3月25日)

雨水幹線を中心に約66ヘクタール、ポンプにつきましてはゲート式ポンプで、能力は毎秒8.4立米の予定でございます。 ○藤田委員長   ただいま執行部より報告がありましたが、委員の皆さん方から質問等ありませんか。 ○高橋委員   このゲート式のポンプ、いろいろ種類があると思いますが。今、雨水排水ポンプの中で取り入れている箇所は何か所ですか。

大分市議会 2019-07-09 令和元年第2回定例会(第7号 7月 9日)

海外では、たばこやコカイン、大麻につながるゲートウエードラッグという認識があり、リトアニアでは18歳未満への販売が禁止され、昨年はイギリスのイングランド地域でも禁止となりました。韓国では2013年から学校内での販売が禁止されていますが、日本ではコンビニなどで手軽に購入でき、高校内の自販機にも置かれていることがあるそうです。

宇佐市議会 2019-06-13 2019年06月13日 令和元年第3回定例会(第2号) 本文

弁財川の末端部に設置されたゲートが潮位の上昇とともに海水逆流防止のために閉まることで、満潮時の大雨に際し、内水の水位上昇で道路等の一部が冠水する状況となっています。  また、渇水期では強風や潮流の変化によりゲートの前面に土砂が堆積し、ゲート閉塞することで冠水につながっていると分析しています。  

臼杵市議会 2018-12-11 12月11日-02号

市浜地区には狭間・新地ゲートポンプ場や新地雨水排水機場を整備しており、内水被害の対策としてこれらを活用し強制排除を行いましたが、2年連続で被害が発生しました。 次に、現計画についてですが、本市の浸水対策としましては、昭和53年度に最初の雨水事業計画を策定し、対策を図ってきました。

別府市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4号12月11日)

近年集客が激増している関西であったり、欧米豪に人気の宮島を抱える広島で、そこからサイクリングが人気のしまなみ海道みたいなところに今お客様が非常にふえてきているわけで、瀬戸内海という内海の多島海というのは、アジアに余りないわけで、別府がその瀬戸内ゲートウェイになり得るという情報が、ほとんどアジアの人は恐らく知らない。

杵築市議会 2018-12-10 12月10日-02号

杵築インターチェンジは、交通の結節点に位置しておりますので、市外からのお客様を呼び込むゲートウェイ型道の駅としての開設に向け大分県との一体型事業により、公衆トイレや休憩所、駐車場観光案内所、物産販売所など、多機能型交通結節点の基盤整備を行っていくことになります。 以上でございます。 ○議長(中山田昭徳君) 小春議員

大分市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第4号12月10日)

しかしながら、羽田1号雨水幹線の水位が上がると、これに接続する排水管に雨水が逆流し、その影響で道路の排水処理ができないことから、道路に埋設されている排水管と羽田1号雨水幹線の合流点に逆流を防止する装置、いわゆるフラップゲートなどの設置について関係機関と協議してまいります。 ○副議長(髙野博幸) 斉藤議員。 ○23番(斉藤由美子) ありがとうございます。  

別府市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第4号 9月21日)

また、希望する中学校の生徒に対しての心の健康づくり研修会や、市内の組織団体等に対してゲートキーパー研修、ゲートキーパーというのは、自殺のサインに気づき、見守り、声かけをして、必要なところにつないでいくというようなことに携わっていただく方でございますが、その研修を開催しております。

大分市議会 2018-09-20 平成30年決算審査特別委員会( 9月20日 経済環境分科会)

駐車場につきましては、このほかにも高崎山側の第3駐車場を自動ゲート化して利用を促したことで、大分市側から第1及び第2駐車場に向かう右折車両が減少し、渋滞緩和や交通事故の未然防止が図られたところでございます。  次に、成果指標についてですが、平成29年度までの指定管理業務委託におきましては、当該業務に対する成果指標は設けられておりません。  

臼杵市議会 2018-09-12 09月12日-03号

乙見ダムは、ゲート操作を人為的に行い、放流できるダムとなっており、大雨洪水警報などが発せられた場合は、ダム管理技士資格を持った職員を配置し、洪水警戒態勢に入ります。乙見ダムの操作は、放水管直径2,500ミリ2門と、調節放水管直径1,950ミリ2門、ダムの越流部に設置されているクレストゲート、9.6メートル掛ける4メートル2門の合わせて6つのゲートを開閉し、操作を行います。 

大分市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第4号 9月12日)

現在、本市が所管する施設のうち9カ所では、ゲート開閉時に原動機による動力を使用して操作しており、非常に大きな音が発生し、そのような環境の中で消防団員水門操作を行っていることは十分認識しておりますが、発生音の小さな電動式の動力設備交換するには多額な費用負担が伴うことなどから、すぐに電動化することは容易でない状況でございます。  

杵築市議会 2018-09-06 09月06日-03号

この要望の中身は2つありまして、1つは大分県管理の既存の樋門をフラップゲートに変更する改修の要望です。もう1つが杵築市が魚町周辺の、雨水浸水対策として平成15年3月に設置しました谷川雨水ポンプ場の改善の要望であります。 内容については、今議員がおっしゃられましたが、現在このポンプは魚町周辺の雨水をためて、それを一旦、谷川下水路に排出し、大分県管理の水門を通って八坂川に排出するようになっています。