750件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-07-12 令和元年総務常任委員会( 7月12日)

右中段のサイクルイメージをごらんください。今回は10年目の節目のさらに中間での改訂となります。  左に戻りまして、対象施設ですがこれも白書と同様です。全体目標ですが、施設長寿命化や保有量の最適化、インフラ資産の効率的な維持・整備、公営企業会計の健全経営の維持の4つを挙げております。  

大分市議会 2019-07-11 令和元年建設常任委員会( 7月11日)

下段の表の右に想定される導入施設イメージの欄に記載をしております。情報発信施設として観光案内所や地域情報提供施設道路情報提供施設などを想定しておりまして、地域振興施設としては飲食施設、物販施設、多目的室などの整備を想定しております。さらに、24時間利用可能な駐車場、それからトイレ及び展望スペース、防災機能の整備等を想定しております。  次に、右側上段の表に導入施設の規模を記載しております。

大分市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第4号 7月 4日)

その上、バス事業者の負担についても、委託料積算の根拠が概算でしかなく、いわばつかみのイメージでの主張でしかありません。委託料積算のための正確な根拠に基づく資料を提出すべきところ、かえってバス事業者の文句があるならいつでもやめていいと言わんばかりの恫喝に屈していると感じるのは私ひとりでしょうか。  バス事業者が利用料金の差額を単純に逸失利益と考えていることにも大いに疑問を感じています。

宇佐市議会 2019-06-18 2019年06月18日 令和元年第3回定例会(第5号) 本文

地域包括ケアシステムをちょっと一言で言うと、ちょっと思い浮かびませんけども、地域包括支援センターそれからいろんな機関、人がかかわって、自分の地域のことを自分で解決できるような仕組みを作っていこうというような動きの中で、事業者も入っていくというようなイメージでございまして、丸ごと自分のこと、困ったことはなるべく地域の方で解決していく、地域の方でできないところは隣の地域の方の力をかりるというようなシステム

宇佐市議会 2019-06-17 2019年06月17日 令和元年第3回定例会(第4号) 本文

健康対策の一環  │      ┃ ┃      │  として、地元消費を前提にした、生産  │      ┃ ┃      │  者・生活改善・健康なまちづくりとい  │      ┃ ┃      │  う地域イメージ観光戦略)へと連携  │      ┃ ┃      │  した取り組みを考えられないか。    

宇佐市議会 2019-06-13 2019年06月13日 令和元年第3回定例会(第2号) 本文

こういう負担を多くの市民が抱えながら生活しているということをイメージしていただきたいんですけれども、余りにも負担が高過ぎて、重過ぎて、一旦滞るとなかなか追いつけません。  協会けんぽとの比較を今回したわけですけれども、同じ収入世帯構成の家族加入する保険が違うだけで二倍も負担を強いられるなど、本当に異常事態が起こっているというふうに思います。  

大分市議会 2019-04-16 平成31年建設常任委員会( 4月16日)

歩道橋というのは、基本的には更新はなく、要するに、バリアフリーというイメージで歩道橋を撤去しながら、歩者分離の信号をつけるとかいう形で、通学路に関してはかなりのところが歩者分離になっています。歩道橋についてはバリアフリーの観点からなくしていくということであれば、更新等と表現したときに、なんとなくまたやりかえるとか。新たに設置というのはないと思いますので、更新と表現としていいのかなと。

別府市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5号 3月18日)

そのイメージがありましたけれども、本当に今回見学させていただいて、非常に整っているな、広いところできれいに整理されている。ここで調理されている方が、私が行ったのは2時ごろでしたから、一応給食、つくったものがもう運び出されて、もう時間的には現場でも食べ終わって、あとは返ってくるのを待っているのかなという状況でありましたけれども、本当に整頓されていて清潔なイメージが非常にありました。  

大分市議会 2019-03-15 平成31年厚生常任委員会( 3月15日)

2枚目の別紙、幼児教育の無償化についての具体的なイメージとあわせてごらんいただきたいと思います。  このイメージ図では、中ほどに点線があります。その点線の上の部分が3歳から5歳で共働き家庭など保育の必要性の認定事由に該当する子供が対象であり、また、線から下の部分は上記以外で、専業主婦の家庭子供などが対象となっております。  

別府市議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第4号 3月15日)

正月が何か9日間連続で9日間来るみたいな、そんなイメージです。だから、大変ありがたいわけでいいのですけれども、そういうことなのですね。それぐらいの方が確実に来る。ほとんどがいわゆるイギリス連邦というか、ラグビーですから、そこの国々の方々が押し寄せてくるという、そういった状況になるので、別府の観光産業においても非常に恩恵が大きいのだろうなというふうに思っています。  

大分市議会 2019-03-15 平成31年総合交通対策特別委員会( 3月15日)

次に、資料の右側に移りまして、検索サイトのイメージでございます。  まず①でございますけれども、トップページの地図上の電車マークもしくは各駅名をクリックしていただきますと、②で示しました駅周辺の地図の状況が表示されます。  ここでPと表示しております駐車場マーク、または下の駐車場名をクリックしますと、③特定の駐車場が表示されまして、駐車場情報が確認できることとなっております。

大分市議会 2019-03-15 平成31年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 3月15日)

2枚目の別紙は幼児教育の無償化についての具体的なイメージとなっていますが、こちらもあわせてごらんいただきたいと思います。  このイメージ図では、中ほどの点線より上の部分が、3歳から5歳で共働き家庭など、保育の必要性の認定事由に該当する子供が対象であります。下の部分が、上記以外の専業主婦などの家庭子供が対象となっております。  

大分市議会 2019-03-14 平成31年厚生常任委員会( 3月14日)

障害者と民間企業の連携強化を図ること目的に、大分市障がい者就労応援企業認定制度を昨年10月に開始し、1年間に5万円以上の物品、役務を発注している、販売の場所を提供している、作業等についての技術的な助言を行っているといったことをしている民間事業者につきまして、認定証及び認定マークを交付して、企業イメージ等をよくするという制度でございます。

大分市議会 2019-03-14 平成31年建設常任委員会( 3月14日)

これは、本プログラムの構成と進捗管理のイメージになります。  このプログラムは、主に基本構想とアクションプログラムで構成されており、基本構想では、道路政策基本理念、基本方針、施策の体系を示し、アクションプログラムでは、基本構想に基づいた具体的な取り組みについて、5年先を見据え、毎年、事業の調整を行いながら進捗管理を行ってまいります。  次の2ページ目をごらんください。  

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

また、各公有地の利活用の方向性において、荷揚町小学校跡地では、歴史文化学びの場の充実などを、22街区、54街区では、複合的なにぎわいのたまり場の創出などを掲げており、さらに、それぞれの利活用イメージ例において、導入が望ましい機能として教育施設などを示しており、幅広い世代が集い、学べる場の創出につながる提案も可能と考えております。