中津市議会 > 2021-06-03 >
06月03日-01号

  • "������"(/)
ツイート シェア
  1. 中津市議会 2021-06-03
    06月03日-01号


    取得元: 中津市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-08-18
    令和 3年 6月定例会(第2回)令和3年6月3日 午前10時00分招集出席議員 (24名) 1番 小住利子    2番 恒賀愼太郎  3番 中村詔治    4番 荒木ひろ子 5番 川内八千代   6番 三上英範   7番 松葉民雄    8番 山影智一 9番 本田哲也   10番 相良卓紀  11番 木ノ下素信  12番 大内直樹13番 三重野玉江  14番 林秀明   15番 角祥臣    16番 髙野良信17番 藤野英司   18番 中西伸之  19番 吉村尚久   20番 大塚正俊21番 千木良孝之  22番 須賀要子  23番 古江信一   24番 草野修一欠席議員 (なし)地方自治法第121条による出席者(23名)市長         奥塚正典    副市長          前田良猛教育長        粟田英代    病院・診療所事業管理者  是永大輔参与         滝口定義    三光支所長        柳友彦耶馬溪支所長     髙田悟     山国支所長        松垣勇総務部長       榎本厚     企画観光部長       松尾邦洋福祉部長       上家しのぶ   生活保健部長       勝見明洋商工農林水産部長   大下洋志    建設部長         濱田光国上下水道部長     小川泰且    消防本部消防長      恵良嘉文市民病院事務部長   秋吉勝治    会計管理者        横尾律子教育委員会教育次長  黒永俊弘    秘書広報課長       藤田泰吉総務部総務課長    門脇隆二    財政課長         那須幸人総合政策課長     瀬戸口千佳出席した議会事務局職員(3名)局長         中野周幸    次長           神礼次郎議事係主幹(総括)  用松修平議事日程 本会議   第1.会議録署名議員の指名    (4番 荒木 ひろ子、23番 古江 信一) 第2.会期の決定(議事日程) 第3.諸報告    ア.議長報告    イ.市長行政報告 第4.議第 51号 令和3年度中津市一般会計補正予算(第2号)    議第 52号 令和3年度中津市病院事業会計補正予算(第1号)    議第 53号 中津市病院事業基金条例の制定について    議第 54号 中津市固定資産評価審査委員会条例の一部改正について    議第 55号 中津市税条例等の一部改正について    議第 56号 中津市税特別措置条例の一部改正について    議第 57号 中津市都市計画税条例の一部改正について    議第 58号 中津市移動通信用鉄塔施設の設置及び管理に関する条例及び中津市移動通信用鉄塔施設整備事業分担金徴収条例の一部改正について    議第 59号 中津市工業化促進条例及び中津市企業立地促進条例の一部改正について    議第 60号 中津市公民館条例の一部改正について    議第 61号 中津市国民健康保険条例の一部改正について    議第 62号 財産の取得について    議第 63号 財産の取得について    議第 64号 中津市監査委員の選任について    議第 65号 中津市教育委員会委員の任命について    議第 66号 中津市職員懲戒審査委員会委員の選任について    議第 67号 中津市職員懲戒審査委員会委員の選任について    議第 68号 中津市職員懲戒審査委員会委員の選任について    議第 69号 中津市職員懲戒審査委員会委員の選任について    議第 70号 中津市職員懲戒審査委員会委員の選任について    議第 71号 中津市固定資産評価審査委員会委員の選任について    議第 72号 人権擁護委員候補者の推薦について    議第 73号 人権擁護委員候補者の推薦について    議第 74号 人権擁護委員候補者の推薦について    議第 75号 人権擁護委員候補者の推薦について    報告第 5号 令和2年度中津市一般会計繰越明許費繰越計算書について    報告第 6号 令和2年度中津市一般会計事故繰越し繰越計算書について    報告第 7号 令和2年度中津市農業集落排水事業特別会計繰越明許費繰越計算書    報告第 8号 令和2年度中津市介護保険事業特別会計繰越明許費繰越計算書    報告第 9号 令和2年度中津市水道事業会計予算繰越計算書について    報告第10号 令和2年度中津市下水道事業会計予算繰越計算書について    報告第11号 専決処分報告について(令和3年度中津市一般会計補正予算(第1号))    報告第12号 専決処分報告について(中津市税条例の一部改正)    報告第13号 専決処分報告について(和解及び損害賠償の額の決定)    報告第14号 専決処分報告について(和解及び損害賠償の額の決定)    報告第15号 経営状況の報告について(令和2年度中津市土地開発公社)    報告第16号 経営状況の報告について(令和2年度有限会社はばたき)    報告第17号 令和3年度有限会社はばたき事業計画並びに収入支出予算の報告について    報告第18号 経営状況の報告について(令和2年度有限会社西谷温泉)    報告第19号 令和3年度有限会社西谷温泉事業計画並びに収入支出予算の報告について    報告第20号 経営状況の報告について(令和2年度公益社団法人農業公社やまくに)    報告第21号 令和3年度公益社団法人農業公社やまくに事業計画並びに収入支出予算の報告について    報告第22号 経営状況の報告について(令和2年度株式会社道駅なかつ)    報告第23号 令和3年度株式会社道駅なかつ事業計画並びに収入支出予算の報告について    報告第24号 経営状況の報告について(令和2年度株式会社農業生産法人やまくに)    報告第25号 令和3年度株式会社農業生産法人やまくに事業計画並びに収入支出予算の報告について    以上、46件一括上程~提案理由説明本日の会議に付した事件 議事日程に同じ ○議長(中西伸之)  これより、令和3年第2回中津市議会定例会を開会いたします。午前9時58分 本日の会議を開きます。 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。 会議録署名議員は、中津市議会会議規則第124条の規定により、議長において、荒木ひろ子君及び古江信一君を指名いたします。 日程第2、会期の決定を議題といたします。 お諮りいたします。 今期定例会の会期は、本日から6月30日までの28日間といたしたいと思います。 これに、御異議ありませんか。(「異議なし」と言う声あり) 御異議なしと認め、会期は28日間と決定いたしました。 なお、会期中の議事日程については、お手元に配付しています案のとおりいたしたいと思います。 これに、御異議ありませんか。(「異議なし」と言う声あり) 御異議なしと認め、会期中の議事日程については、配付案のとおり決定いたしました。 △(別紙) 議事日程┌───────────────────────────────────────────────┐│会議月日   曜 開議時刻     会議に付する事件及び順序                 │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月 3日 木 午前10時00分 本会議 1.会議録署名議員の指名             ││                      2.会期の決定(議事日程)            ││                      3.諸報告                    ││                      4.議案並びに報告上程提案理由説明       │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月 4日 金                (考 案 日)                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月 5日 土 (休  会)                                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月 6日 日 (休  会)                                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月 7日 月                (考 案 日)                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月 8日 火                (考 案 日)                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月 9日 水                (考 案 日)                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月10日 木                (考 案 日)                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月11日 金 午前10時00分 本会議 1.一般質問                   │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月12日 土 (休  会)                                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月13日 日 (休  会)                                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月14日 月 午前10時00分 本会議 1.一般質問                   │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月15日 火 午前10時00分 本会議 1.一般質問                   │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月16日 水                (考 案 日)                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月17日 木                (考 案 日)                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月18日 金 午前10時00分 本会議 1.上程議案に対する質疑             ││                      2.上程議案委員会付託             ││                      3.議第64号について委員会付託省略~採決    │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月19日 土 (休  会)                                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月20日 日 (休  会)                                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月21日 月          常任委員会 (厚生環境)                 │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月22日 火          常任委員会 (総務企画消防)               │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月23日 水          常任委員会 (教育産業建設)               │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月24日 木                (事 務 整 理 日)            │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月25日 金                (事 務 整 理 日)            │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月26日 土 (休  会)                                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月27日 日 (休  会)                                │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月28日 月 午前10時00分 本会議 1.自由討議                   │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月29日 火                (事 務 整 理 日)            │├───────────────────────────────────────────────┤│ 6月30日 水 午前10時00分 本会議 1.委員長報告                  ││                      2.委員長報告に対する質疑            ││                      3.討論                     ││                      4.採決                     ││                      5.議第65号~議第75号について委員会付託省略~││                        採決                     ││                      6.追加議案上程提案理由説明~質疑~委員会付託省││                        略~討論~採決                │└───────────────────────────────────────────────┘ ○議長(中西伸之)  日程第3、諸報告に入ります。 まず、議長より報告いたします。 監査委員から、地方自治法第199条第9項及び第235条の2第3項の規定による報告がありましたので、その件名の一覧表をお手元に配付しています。 原本は事務局に保管していますので、御了承願います。 次に、市長より報告をお願いいたします。 市長。 ◎市長(奥塚正典)  皆さん、おはようございます。令和3年第2回定例市議会の開会にあたりまして、諸般の行政報告等を行います。 まず、新型コロナウイルス感染症への対応についてであります。 新型コロナウイルス感染症は新たな二つの局面を迎えました。 一つは、変異ウイルスによる第4波の到来であります。4月中旬以降の急速な感染拡大により、医療提供体制感染状況などの指標が深刻な状況にある都道府県に緊急事態宣言が出され、また、複数の県がまん延防止等重点措置実施区域となりました。大分県下でも複数のクラスター集団感染が確認されるなど感染者が急増し、県内の感染状況医療提供体制に支障を生じるステージⅢ相当となっております。こうした中、5月12日からお隣の福岡県が緊急事態宣言実施区域となることが発表され、飲食を目的として県境をまたぐ人の急増と感染拡大が懸念されたことから、実施に先立つ5月11日、同じように福岡県に隣接する日田市長とともに大分・別府に加え、中津・日田両市の飲食店も営業時間短縮要請の対象とするよう大分県知事に要望をいたしました。こうした要望と大分県内での感染状況を受けまして、5月14日から31日まで、県下全市町村の飲食店などを対象とした午後9時までの営業時間の短縮要請と県民に対する不要不急外出自粛要請が大分県から発出されました。さらに、5月27日には、時短要請を6月13日まで延長するとともに、追加の支援措置も発表されたところです。 中津市におきましても、5月に入ってから断続的に感染者が確認されており、クラスターも発生いたしました。変異ウイルスの特徴として、強い感染力と若い人でも重症化する可能性があることが挙げられることから、市民の皆様には、飛沫を防ぐ効果の高い不織布マスクの着用や、密になる場所での二重マスクなどの一歩進んだ対応で、引き続き感染防止に取組んでいただきますようお願いをしたところであります。 もう一つは、コロナ対策で現在最も有効とされ、急がれているワクチン接種の実施であります。中津市では、大分県下の他市町村に先駆けて開始をいたしました。75歳以上の高齢者については5月1日から、65歳以上74歳以下の高齢者については5月23日から、ダイハツ九州アリーナでの集団接種を行っております。また、医療機関での個別接種は、5月10日から開始いたしました。医師会をはじめとする関係機関の多大な御協力の下、順調に接種が進み、5月31日集計時点で延べ1万6,062件の接種を実施したところであります。16歳以上64歳以下の方につきましては、優先接種の対象に小中学校の教職員や幼稚園教諭、保育士など追加することが大分県から発表されたところですが、7月中の接種開始に向け、関係機関等と調整を行っています。接種を希望する市民が一日も早く接種できるよう全力で取組んでまいります。 こうした中、5月26日、中津市の全ての人が励まし合い、支え合い、一丸となってワクチン接種の推進や感染対策の徹底、地元消費拡大による経済活性化などに取組むことを再確認いたします「コロナに負けるな『なかつ励まし・支えあい宣言』2021」を、中津市医師会中津商工会議所、中津市しもげ商工会、そして中津市議会と中津市とで発しました。 一方これまで、長引くコロナ禍で経営に深刻な影響を受けた中小企業者等への事業継続支援、店舗や事業者等への賃料補助感染防止対策補助に加え、特別応援金の支給を行ってまいりました。申請受付件数は、県の特別融資に対する利子補給が190件、事業継続支援金が1,525件、賃料補助が1,372件、感染防止対策補助金が2,918件、特別応援金が1,651件となっています。 また、収入の減少等により経済的に苦しくなった方への生活福祉資金の貸付けの申請受付件数は、4月末日時点で1,412件となっています。 さらに、失業や収入減少となった低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金のうち、ひとり親家庭への給付金につきましては、4月28日に対象となる812世帯、児童1,263人分を支給いたしました。 今後とも感染状況の動向をしっかり把握し、保健所、医療機関、その他関係機関と緊密な連携を取り、感染拡大の防止に向けて適切な対応に努めるとともに、地域経済活性化等に引き続き取組んでまいります。 次に、災害に強いまちづくりに関する取組みについてであります。 耶馬溪金吉地区山地崩壊災害から3年が経過いたしました。4月11日は、この災害の記憶を風化させず、また、災害への備えの決意を新たにする「4.11中津市の防災を考える日」としております。当日は、現地に赴き、災害によりお亡くなりになった6名の方と復旧工事中の事故で亡くなられた1名の方に対して黙祷をささげました。被災地周辺では、大分県による土砂災害危険箇所調査が行われ、今後、危険度の高い箇所については対策工事が行われる予定です。翌12日には、市職員及び防災士協議会の方を対象とした防災研修会を開催したところであります。 また、4月6日、九州電力送配電株式会社中津配電事業所と「風倒木被害防止に向けた事前伐採協定」を締結いたしました。この協定は、一昨年、関東地方において台風による倒木で送電設備が被災し、大規模停電が発生したことを教訓に、被害をもたらす可能性のある立木を事前に伐採し、道路の寸断による集落の孤立防止と電力をはじめとしたライフラインの保全・早期復旧につなげることを目的といたしております。 また、今年は、平年よりも20日ほど早い梅雨入りとなりました。近年では、各地で大雨による被害も多発していることから、怠りなく警戒をしてまいります。市民の皆様におかれましても、非常持ち出し品避難ルート、市からの災害情報収集方法などの再確認をお願いいたします。 今後も、ハード・ソフトの両面から対策を講じ、これまで以上に市を挙げて自助・共助・公助の連携を強め、災害に強い、市民が安全、安心に暮らせるまちづくりに取組んでまいります。 次に、地域福祉の推進についであります。 今年度は、第3次中津市地域福祉計画・中津市地域福祉活動計画計画期間最終年度となっているため、令和4年度からの福祉政策の指針となる第4次の計画を策定する作業に着手いたします。地域ごとに住民が参加するワークショップを行い、集約された意見や方策等を踏まえて、実効性ある計画を策定してまいります。 また、4月から、小学校校長経験者放課後児童クラブアドバイザーとして登用しております。放課後の居場所づくりや支援の必要な児童や家庭へのサポートなど、放課後児童クラブ小学校における課題は共通する部分が多いため、放課後児童クラブサポートと併せて、小学校との連携を推進することを目的としております。 同じく4月から、中津市版エンディングノート「私のおもいちょっとだけシート」を高齢者相談支援センターなどで配布をしています。自らが希望する医療や介護について思いをまとめ、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう支援するものであります。 また、4月15日、本耶馬渓西谷地区公民館しゅん工式を行いました。生涯学習活動をはじめ、地域づくり活動拠点地域住民の交流の場として大いに活用されるだけでなく、災害が心配される季節を前に、避難所として地域の安全、安心づくりにもつながるものと考えています。 今後とも、子どもから高齢者まで、市民が住み慣れた地域で安心して自分らしく暮らせるように地域福祉の推進に取組んでまいります。 次に、中津日田地域高規格道路進捗状況等についてであります。 2月28日、地域高規格道路中津日田道路のうち、山移インターチェンジから下郷交差点までの耶馬溪道路が開通いたしました。3月30日には、未着手区間であります耶馬溪町大島から山国町守実までの耶馬溪山国道路新規事業として採択され、中津市から日田市までのほぼ全区間が整備区間となりました。さらに、4月27日に、国直轄代行区間である三光本耶馬渓道路のうち、田口インターチェンジから青の洞門・羅漢寺インターチェンジまでの区間が令和5年度に開通するとの見通しが発表されました。この区間が供用されますと現在開通済みの区間と併せて、さらに利便性の高い道路となります。 これらの事業の進捗は、中津市議会をはじめ、関係する皆様方によるこれまでの御尽力によるものと深く感謝を申し上げます。今後も、中津日田道路の一日も早い全線開通に向け、しっかりと国や県に働きかけてまいります。 次に、企業誘致についてであります。 2月18日に、青木運輸倉庫株式会社から立地表明書が提出されました。さらなる受注拡大に備えた倉庫の新設で投資額3.2億円、6名の雇用を予定しています。3月22日には、大分県庁において葵機械工業株式会社の立地表明式が行われました。工場棟を増設し、設備の増強を図るもので、投資額は9.7億円、新規雇用15名を予定しております。また、4月14日には、ダイハツ九州株式会社から立地表明書が提出されました。新たに塗装工場の増設を行うもので、8.6億円の設備投資を予定しています。 今後も、集積が進む自動車関連企業の誘致を中心としつつ、サプライチェーンの地方分散などの新たなニーズにも対応しながら、しっかりと企業誘致を進めてまいります。 次に、産業振興についてであります。 3月25日、なかつ6次産業推奨品「YABASUCO」、「耶馬溪すっぽんのスープ」、「温州みかん100%ジュース」の3商品が新たに認証され、これにより推奨品は26商品となりました。この3商品の認証を記念して、4月1日から5月9日まで、「なかつ6次産業推奨品フェアin道の駅なかつ」を開催いたしました。4月24日・25日の道の駅なかつ7周年記念祭と相まって、多くの方に御来場いただき、推奨品をはじめとするなかつブランドを大いにPRすることができました。今後とも、市内農林水産物を活用した特色と魅力のある商品開発に取組むとともに、道の駅なかつをはじめ、市内の道の駅が中津市の農林水産品や特産品の情報発信基地となるよう、機能を充実し、さらなるサービス向上に取組んでまいります。 次に、観光振興についてであります。 3月20日から5月30日まで、中津・玖珠の春を自然・歴史とともに感じることができる体験型観光プログラム「2021日本遺産やばけい遊覧博覧会」、通称やばはくを開催し、多数の方に参加いただきました。また、4月25日、深耶馬で自然、グルメ、温泉を楽しめる新緑グリーングリーンウオークを大分大学の協力の下開催し、66名に参加いただきました。 また、屋外観光の情報発信として新たに2種類の広域観光パンフレットを作成しました。九州周防灘地域定住自立圏広域観光振興協議会による「豊前・豊後周遊花MAP」と一般社団法人豊の国千年ロマン観光圏による「中津広域サイクリングマップ」であります。「中津広域サイクリングマップ」は、別府から中津へとつながる広域ルートを紹介するとともに、食事処や観光スポットなども掲載しています。大分県内のサイクリストが中津へ訪れることを期待しております。 依然として域外との交流は厳しい状況にありますが、コロナ禍における新しい観光の在り方を意識し、例えば少人数を対象とした体験型プログラムを造成するなど、観光誘致に努めてまいります。 次に、低炭素社会の実現に向けた取組みについてであります。 4月1日から、中津終末処理場内において、月島機械株式会社による中津終末処理場消化ガス発電事業が開始されました。下水汚泥処理の過程で発生するバイオガスを有効活用して発電を行うもので、温室効果ガスの削減に貢献できる事業です。今後も、環境共生都市なかつとして、環境負荷の低減に取組んでまいります。 次に、自治体DX、デジタルトランスフォーメーションの推進についでであります。 今年度から行政のデジタル化を推進するため行政経営改革・デジタル推進課を設置したところですが、4月16日、そのけん引役を担うDX推進監として、総務省の地域情報化アドバイザーであり、民間企業でのデータ活用ビジネスに実績を持つ東富彦氏を任命しました。今後は、経験と知見が豊富な推進監の下、デジタル技術を活用して、市民サービスのさらなる向上と業務の効率化に努めてまいります。 最後に、あらゆる主体との連携についてであります。 3月25日、九州周防灘地域定住自立圏共生ビジョン懇談会を開催し、各地域の課題や今後の取組みなどについて話し合いました。今後も、中心市として市町村や県の枠組みを超えた取組みを積極的に進め、圏域全体の発展に努めてまいります。 また、4月22日、慶應義塾と連携に関する協定を締結しました。令和元年8月に共同研究機関である新中津市学校が開館したことを受け、これまで行ってきた人材育成や地域づくりの連携事業に加え、文化・教育・学術等の分野で相互に連携し、共同研究や学習交流、市民参加を一層推進するためのものであります。さらに、慶應義塾においては、福澤諭吉記念慶應義塾史展示館が完成し、随所で福澤先生と中津市との関係を紹介いただいております。こうした慶應義塾との連携の強化は、今後3年間で重点的に取組む「不滅の福澤プロジェクト」の推進にも大きな力になるものと期待しております。 また、事業者との連携では、3月30日に日本郵便株式会社と、5月14日に第一生命保険株式会社と、同月25日に大塚製薬株式会社と連携協定を締結いたしました。地域の安全、安心や市民の健康増進などのさまざまな分野で、それぞれの事業者が持つ強みを生かし、連携し、地域課題の解決に取組んでまいります。 今後も、限られたマンパワーや財源の中で施策の効果を最大限高めるため、あらゆる主体との連携と力の結集を進めてまいります。以上をもちまして、報告を終わります。議員の皆様方におかれましては、今後とも御指導、御協力を頂きますよう心からお願いを申し上げます。終わります。 ○議長(中西伸之)  日程第4、議案並びに報告上程に入ります。 議第51号から議第75号までの25件及び報告第5号から報告第25号までの21件、計46件を一括上程いたします。 市長から、提案理由の説明を求めます。 市長。 ◎市長(奥塚正典)  本日、ここに令和3年第2回定例市議会を開会し、提出いたしました諸議案の御審議をお願いするに先立ち、まず、予算関係議案の概要について御説明申し上げます。 議第51号 令和3年度中津市一般会計第2号補正予算につきましては、6億3,573万8,000円の増額となり、補正後の予算額は423億2,640万6,000円となります。 新型コロナウイルス感染症の状況につきましては、大分県下でも感染力が強く重症化リスクも高い変異株が主流となり、4月以降、複数の集団感染が発生しております。中津市におきましては感染が比較的抑えられている状況にありますが、さらに感染防止に取組んでいく必要があります。今回の補正予算では、引き続き、その新型コロナウイルスに関する諸問題に対して取組む施策の展開を図っております。 主な内容といたしましては、まず、新型コロナウイルスワクチン接種につきまして、中津市では、中津市医師会をはじめ関係機関の御協力を頂き、ワクチン接種体制を構築し、75歳以上の高齢者に対して5月1日から集団接種を、5月10日から市内の指定医療機関個別接種を開始しております。65歳以上74歳以下の高齢者については、5月23日からワクチン接種を開始いたしました。そのワクチン接種期間が当初の見込みより延長され、令和4年2月末まで行うことから、必要となる予算を追加計上しております。 また、生活に困窮する子育て世帯への給付金につきましては、新型コロナウイルス感染拡大による非正規雇用労働者等に対する国の緊急支援策に基づき、住民税非課税世帯を対象とする低所得のふたり親子育て世帯への特別給付金を計上しております。ひとり親子育て世帯への特別給付金につきましては、令和3年4月の国からの通知に基づく早期支給のため、地方自治法179条第1項の規定により4月15日付で専決処分を行い、今回、報告第11号として提出させていただいております。 教育では、小中学校の新型コロナウイルス感染症対策の強化を図りながら、児童、生徒の学習を保障するため、授業や学級担任の業務補助を行う学習指導員及び教師の業務負担軽減を図るために授業等の準備をサポートするスクールサポートスタッフを追加配置する予算を計上しております。 そのほか、安全で安心して暮らせるまちづくりのため、自主防犯活動に取組む地域団体等が行う防犯カメラ設置に対する補助金、中津市学校施設長寿命化計画に基づく南部小学校体育館及び三郷小学校校舎の長寿命化を図る予算を計上しております。 次に、予算外議案のうち主なものについて、その概要を御説明申し上げます。 議第53号 中津市病院事業基金条例の制定につきましては、中津市病院事業の健全な運営並びに人材の育成及び確保を図るための財源となる基金を設置するため、条例を制定するものです。なお、議第52号 令和3年度中津市病院事業会計第1号補正予算で基金積立金を計上いたしております。 議第60号 中津市公民館条例の一部改正につきましては、中津市三光公民館、中津市立三光図書館、中津市三光福祉保健センターを複合化するため、条例を一部改正するものであります。 なお、当日提出議案として、中津市監査委員の選任について、中津市教育委員会委員の任命について、中津市職員懲戒審査委員会委員の選任について、中津市固定資産評価審査委員会委員の選任について、人権擁護委員候補者の推薦についての人事案件をそれぞれ提出いたしております。 議員各位におかれましては、何とぞ慎重に御審議の上、御賛同賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。どうぞ、よろしくお願いします。 ○議長(中西伸之)  以上で、市長の提案理由の説明が終わりました。 次に、ただいま上程いたしました各議案について、詳細な説明を求めます。 財政課長。 ◎財政課長(那須幸人)  それでは、座ったままで説明させていただきます。 私のほうからは予算関係議案について、お手元に配付しています資料1に沿って説明させていただきます。 まず、議第51号 令和3年度中津市一般会計補正予算(第2号)の予算規模についてですが、今回の補正額は6億3,573万8,000円となっており、補正後の予算額は423億2,640万6,000円となります。当初予算額からの伸び率は1.7パーセントの増、現計予算額からは1.5パーセントの増となっております。 続きまして、その下の2、歳入の概要であります。 まず、15款 国庫支出金、16款 県支出金についてですが、主に新型コロナウイルス対策で今回の補正予算で計上しています歳出の事業の財源となっていることから2ページ以降の4、事業概要一覧表の中で財源として説明させていただきます。 次に、18款の寄附金についてですが、中小企業支援指定寄附金、創業支援指定寄附金、地域医療対策指定寄附金が各1件ずつありましたので、予算計上をしております。 次に、19款 繰入金につきましては、財源調整のための財政調整基金繰入金であります。 次に、22款 市債につきましては、学校長寿命化事業の市負担分の一部に充当する起債措置であります。 続きまして3、歳出の概要です。歳出の概要につきましても、2ページ以降の4、事業概要一覧表のほうで説明させていただきます。 それでは、2ページをお開きください。4の事業概要一覧表ですが、まずはソフト事業です。 1番のコミュニケーション支援事業についてです。これにつきましては、聴覚障がい者に対する支援としまして、遠隔で手話通訳等が行えるよう通信用タブレットを各支所に設置し、市役所の窓口体制を強化する事業であります。財源は国庫支出金であります障がい者総合支援事業費補助金で対応いたします。 続きまして2番、子育て世帯生活支援特別給付金給付事業(その他世帯分)につきましては、新型コロナ対策関連としまして、住民税非課税世帯を対象とする低所得のふたり親世帯等への給付金であります。これは、国の制度に基づくもので全額国庫支出金であります子育て世帯生活支援特別給付金給付事業(その他世帯分)交付金で対応いたします。 続きまして、3番から、3ページの8番までですが、これは子育て支援事業での新型コロナウイルス対策であります。これらの事業につきましては、国の令和2年度3号補正の対応事業としまして令和2年度7号補正、いわゆる昨年度の3月補正ですが、これに予算計上しており、本年度繰越事業として取組む予定でありました。しかしながら、本年度に入り、財源であります子ども・子育て支援交付金及び保育対策総合支援事業費補助金が令和3年度の国庫補助事業での採択となったため、本年度、令和3年度の予算に組替えを行い、再度、予算計上したところであります。よって、個別の説明は省略したいと思います。 9番の予防事業ですが、これは新型コロナウイルス予防接種に係る経費の補正であります。先ほど市長が説明しましたように、中津市では高齢者に対する集団接種及び市内指定医療機関での個別接種を既に開始しておりますが、ワクチンの接種期間について当初の見込みより延長されることとなったため、それに必要な予算を計上しております。財源は全額国庫支出金及び寄附金で対応いたします。 次に、10番の教育振興一般事業につきましては、コロナ禍において教師の業務負担軽減を図るため、授業等への準備やサポートを行うスクールサポートスタッフ及び感染対策の強化を図りながら児童、生徒の学習を保障するため、授業の補助等を行う学習指導員を追加配置いたします。財源は県支出金スクールサポートスタッフ活用事業補助金等を活用しております。 続きまして、4ページをお開きください。普通建設事業であります。 14番の諸費事業(市民安全課)につきましては、安全で安心して暮らせるまちづくり実現のため、地域の自主防犯活動を行う地域団体や自治会等に対し、防犯カメラ設置費用の一部を補助する事業であります。 15番、16番につきましては、南部小学校体育館及び三郷小学校校舎の長寿命化改良事業であります。この2件につきましても、昨年の3月補正において国の3号補正予算として計上していた事業で、繰越しで対応する予定でありましたが、本年度に入り令和3年度での補助金の採択となったため、改めて再度計上したものであります。 17番、小学校管理事業費につきましては、昨年度寄附がありました小中学校指定寄附金により小楠小学校に防犯カメラを設置するものであります。 続きまして、議第52号 令和3年度中津市病院事業会計補正予算(第1号)は、病院事業の健全な運営並びに人材の育成及び確保を図るため、基金積立金25億円を計上しております。 続きまして、5ページをお願いします。 報告第5号 令和2年度中津市一般会計繰越明許費繰越計算書につきましては、地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越したので同法施行令第146条第2項の規定により議会に報告するものであります。 報告第6号 令和2年度中津市一般会計事故繰越し繰越計算書につきましては、鶴居小学校と豊陽中学校の施設長寿命化事業につきまして、令和元年度から令和2年度に繰越しし、施行する予定でありました。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大による学校の臨時休校等で夏休みが短縮されるなど不測の事態が生じ、工期を確保できなかったため、地方自治法第220条第3項の規定により、翌年度に事故繰越ししたものであります。また、同法施行令第150条第3項の規定により議会に報告するものであります。 次に、報告第7号 令和2年度中津市農業集落排水事業特別会計繰越明許費繰越計算書及び、6ページになりますが、報告第8号 令和2年度中津市介護保険事業特別会計繰越明許費繰越計算書につきましては、一般会計同様、地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰越しを行い、同法施行令第146条第2項の規定により議会に報告するものであります。 報告第9号 令和2年度中津市水道事業会計予算繰越計算書及び報告第10号 令和2年度中津市下水道事業会計予算繰越計算書につきましては、地方公営企業法第26条第1項の規定により翌年度に繰越しを行い、同条第3項の規定により議会に報告するものであります。 次に、7ページをお願いします。 報告第11号 令和3年度中津市一般会計補正予算(第1号)につきまして、新型コロナウイルス感染拡大による非正規雇用労働者等に対する国の緊急支援策に基づき児童扶養手当を受給しているひとり親子育て世帯への特別給付金を計上しております。ひとり親子育て世帯への特別給付金につきましては、令和3年4月の国からの通知に基づく早期支給のため、地方自治法第179条第1項の規定により4月15日付で8,740万6,000円の増額補正を専決処分し、今回報告案件として提出しております。なお、財源は全額国庫補助金となっております。 次に、8ページですが、同じく1号補正予算での債務負担行為の追加であります。これは、大分県が行う新型コロナウイルス感染症緊急対策特別資金特別融資制度について、融資期間が6月30日まで延期されたため、それに伴う利子補給の債務負担行為の追加を4月15日付で専決処分し、今回報告案件として提出しております。以上で、私のほうから説明を終わらせていただきます。 ○議長(中西伸之)  総務部総務課長。 ◎総務部総務課長(門脇隆二)  それでは、引き続きまして私のほうから予算外議案につきまして、資料2に沿って御説明申し上げます。座ったまま説明をさせていただきます。 初めに、議第53号 中津市病院事業基金条例の制定についてですが、こちら先ほど市長より説明がありましたとおり、中津市病院事業の健全な運営並びに人材の育成及び確保を図るための財源となる基金を設置するため、新たに条例を制定するものです。 続きまして、議第54号 中津市固定資産評価審査委員会条例の一部改正についてです。これは、固定資産評価審査委員会の手続における押印の見直しを行う等のため、条例を一部改正するものでございます。 続きまして、議第55号 中津市税条例等の一部改正についてですが、これは地方税法の一部改正に伴いまして、固定資産税、市民税及び軽自動車税に係る税負担軽減措置等の延長等を行うため条例を一部改正するものでございます。 続きまして、議第56号 中津市税特別措置条例の一部改正についてですが、こちらにつきましては、過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法第24条の地方税の課税免除または不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令の施行等に伴いまして、固定資産税の課税免除の適用期間の延長等を行うため、条例を一部改正するものでございます。 続きまして、議第57号 中津市都市計画税条例の一部改正についてですが、こちらは地方税法の一部改正に伴いまして、都市計画税に係る税負担軽減措置等の延長等を行うため条例を一部改正するものです。 続きまして、議第58号 中津市移動通信用鉄塔施設の設置及び管理に関する条例及び中津市移動通信用鉄塔施設整備事業分担金徴収条例の一部改正についてです。こちらは、過疎地域自立促進特別措置法、いわゆる旧過疎法の失効及び過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法、いわゆる新過疎法の施行に伴いまして、条例を一部改正するものでございます。 2ページ目をお願いいたします。 議第59号 中津市工業化促進条例及び中津市企業立地促進条例の一部改正についてです。こちらも先ほど説明した旧過疎法の失効及び新過疎法の施行に伴い、条例を一部改正するものでございます。 続きまして、議第60号 中津市公民館条例の一部改正についてですが、これは中津市三光公民館、中津市立三光図書館及び中津市三光福祉保健センターを複合化するため、条例の一部を改正するものでございます。 次に、議第61号 中津市国民健康保険条例の一部改正についてですが、これは、新型インフルエンザ等対策特別措置法の附則の一部が削除されたことに伴い、この附則の一部を引用している部分に関して条例を一部改正するものでございます。 次に、議第62号 財産の取得についてですが、こちらは消防本部の高規格救急車の取得についての議決を求めるものでございます。 次に、議第63号、同じく財産の取得についてですが、こちらも消防本部の消防団、消防ポンプ自動車の取得について議決を求めるものでございます。 次に、報告第12号 専決処分について、中津市税条例の一部改正についてでございますが、これは軽自動車税の環境性能割の税率適用区分について、2年ごとの見直し及び臨時的軽減の延長をするため、地方税法施行令の一部改正に伴いまして専決処分により条例を一部改正したことについて報告し、承認を求めるものでございます。 次に、報告第13号 専決処分報告についての和解及び損害賠償の額の決定についてですが、こちらは施設管理者としての和解及び損害賠償額の決定を行ったことについての報告をするものでございます。 続きまして、報告第14号 専決処分報告についての同じく和解及び損害賠償の額の決定についてですが、こちらは道路、市道の管理者としての和解及び損害賠償額の決定を行ったことについて報告をするものでございます。 3ページをお願いいたします。 報告第15号 経営状況の報告について、令和2年度中津市土地開発公社についてでございます。こちらは令和2年度中津市土地開発公社の事業報告並びに決算について報告するものでございます。 次に、報告第16号から報告第25号までについてでございますが、これは有限会社はばたき、有限会社西谷温泉公益社団法人農業公社やまくに、株式会社道駅なかつ株式会社農業生産法人やまくに、それぞれの令和2年度の事業報告並びに決算についての報告、また令和3年度の事業計画並びに予算について報告するものでございます。 5ページをお願いいたします。 本日、人事案件を提出しております。 初めに、議第64号 中津市監査委員の選任についてでございます。委員の任期満了に伴う新たな委員の選任ついて同意を求めるものでございます。 続きまして、議第65号 中津市教育委員会委員の任命についてですが、こちらも委員の任期満了に伴う新たな委員の任命について同意を求めるものでございます。 続きまして、議第66号から議第70号の中津市職員懲戒審査委員会委員の選任についてです。こちらにつきましては、委員の任期満了に伴う新たな委員の任命について同意を求めるものでございます。 続きまして、議第71号 中津市固定資産評価審査委員会委員の選任についてですが、これは委員の任期満了に伴う新たな委員の選任について同意を求めるものでございます。 議第72号から議第75号までの人権擁護委員候補者の推薦についてでございますが、こちらも委員の任期満了に伴う新たな委員の候補者の推薦について、議会の意見を求めるものでございます。以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○議長(中西伸之)  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。 本日は、これで散会いたします。 △議事終了 午前10時52分上記、会議の経過を記録して、事実と相違ないことを証するため、ここに署名する。 中津市議会議長  中 西 伸 之 署 名 議 員  荒 木 ひろ子 署 名 議 員  古 江 信 一...