大分市議会 > 2020-04-06 >
令和 2年総務常任委員会( 4月 6日)

ツイート シェア
  1. 大分市議会 2020-04-06
    令和 2年総務常任委員会( 4月 6日)


    取得元: 大分市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-06-28
    令和 2年総務常任委員会( 4月 6日)                 総務常任委員会記録 1.開催日時   令和2年4月6日(月)午後0時58分開議~午後1時5分散会 2.場所    第1委員会室 3.出席委員    委員長 倉掛 賢裕         副委員長 髙野 博幸    委 員 二宮  博         委 員  板倉 永紀    委 員 高松 大樹         委 員  井手口 良一    委 員 甲斐 高之         委 員  衛藤 延洋    委 員 橋本 敬広 欠席委員   な し 4.事務局出席者
       書記 加藤 周一 5.審査案件等    ①市民意見交換会での意見等への対応について    ②その他                 会議の概要                              令和2年4月6日                              午後0時58分開議 ○倉掛委員長   お疲れさまです。ただいまより総務常任委員会を開会いたします。  本日の協議事項は、市民意見交換会での意見等への対応についてであります。  第1回定例会委員会において、市民意見交換会での意見・質問について、執行部から回答を受けましたが、本日は、執行部からの回答を踏まえ、委員会としての対応について協議したいと思います。  なお、本日の協議結果を受けまして、議会活性化推進会議で集約し、議会運営委員会への報告を経て、ホームページ等で公表することとなっておりますので、よろしくお願いします。  協議を円滑に進めるため、事前に正副委員長で、お手元の配付資料のとおり委員会としての意見・質問等に対する対応(案)を作成しておりますので、これを基に、委員の皆さん方で御協議をお願いしたいと思います。  それでは、協議に入ります。  お手元に配付しました資料右側の、意見・質問等への対応の下線部分が、正副委員長案でございます。  それでは、正副委員長案について、1ページずつ読み上げさせますので、よろしくお願いします。 ○書記   それでは、資料の表の右側、執行部からの回答を受けての、意見・質問等への対応といたしまして、正副委員長案の下線部分を読み上げます。  それでは、初めに1番、担当部局(総務部)から、との回答がありました。本委員会としても、地域の実情に応じて適切な避難が行えるよう、様々な状況を想定した避難体制づくりを求めていきます。  続いて2番です。担当部局(総務部)から、との回答がありました。本委員会としても、引き続き、防災情報が迅速かつ的確に伝達できる体制の構築を進めるとともにその周知に努めるよう求めていきます。  続いて3番です。担当部局(企画部)から、との回答がありました。本委員会としても、施設の多様な利用者に配慮し、洋式トイレへの改修を前倒しするなど、トイレの洋式化への一層の促進を求めていきます。 ○倉掛委員長   委員の皆さんから御意見等ありませんか。  〔「なし」の声〕 ○倉掛委員長   それでは、正副委員長案のとおりでよろしいでしょうか。  〔「異議なし」の声〕 ○倉掛委員長   そのようにいたします。  次の項目を書記に読み上げさせます。 ○書記   続いて4番です。担当部局(企画部)から、との回答がありました。本委員会としても、ラグビーワールドカップ開催のレガシーを生かし、キャンプ誘致の積極的な取組を求めるとともに、大会開催で得た貴重な経験が市政運営に生かされるよう、今後の取組を注視していきます。  続いて5番です。担当部局(市民部)から、との回答がありました。本委員会としても、安全・安心な地域社会づくりに向けた取組を注視していきます。  続いて6番です。担当部局(市民部)に確認し、との回答を受けました。 ○倉掛委員長   御意見等はありませんか。  〔「なし」の声〕 ○倉掛委員長   それでは、正副委員長案のとおりでよろしいでしょうか。  〔「異議なし」の声〕 ○倉掛委員長   それでは、そのようにいたします。  それでは、次のページを読み上げさせます。 ○書記   続いて7番です。担当部局(市民部)から、との回答がありました。本委員会としても、今後の施設の大規模改修を注視していくとともに、トイレの洋式化については、施設の多様な利用者に配慮し、計画的に改修を行うように求めていきます。  続いて8番です。担当部局(市民部)から、との回答がありました。本委員会としても、地域活動の担い手不足は喫緊の課題であると認識しており、新たな人材育成・確保に向けて、今後さらに取り組むよう求めていくとともに、自治委員の負担軽減についても、引き続き動向を注視していきます。  続いて9番です。担当部局(市民部)に確認し、との回答を受けました。 ○倉掛委員長   読み上げていただいて、随時意見等があればお願いします。 ○甲斐委員   3番のところに、「トイレの洋式化への一層の促進を」とあったけれど、7番はなくていいものですか。似たようなことで、エレベーターのことも入っていますけど、7番の回答がトイレのことだけ最後のほうに列挙していますので、同じように書かなくていいのかと思いました。 ○髙野副委員長   7番は、地区公民館の和式トイレを全て洋式トイレにすることは難しいので、こういう表現にしました。 ○甲斐委員   そうですね。若干違いますね。 ○倉掛委員長   よろしいですか。  〔「異議なし」の声〕 ○倉掛委員長   はい、そのようにいたします。  それでは、次のページを読み上げさせます。 ○書記   続いて、10番です。担当部局(市民部)に確認し、との回答を受けました。 ○倉掛委員長   御意見等ございませんか。  〔「なし」の声〕 ○倉掛委員長   それでは、正副委員長案のとおりでよろしいでしょうか。  〔「異議なし」の声〕 ○倉掛委員長   それでは、そのようにいたします。  それでは、以上で、委員会としての対応にかかる協議を終了します。  なお、委員の皆さんから出された意見に基づく文言整理につきましては特にありませんので、よろしいですね。  〔「異議なし」の声〕 ○倉掛委員長   それでは、委員の皆さんから、その他として何かありませんか。  〔「なし」の声〕  それでは、本日はこれにて散会いたします。                              午後1時5分散会...