運営者 Bitlet 姉妹サービス
80件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 区は、2年後に迫る2020年東京オリンピック・パラリンピック大会後のレガシーについて、未来を担う子どもの育成、安全で安心なくらし、やさしさにあふれるまち、まちの活力のための行財政の4つに分類し、具体的に取りまとめていきたいとしていますが、障害者権利条約の批准以来、世界ではSDGs、日本では地域共生社会の構築やインクルーシブ教育などの理念が大きく求められている中で、今こそユニバーサルデザインをもとにした もっと読む
2018-12-04 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月04日-02号 特に国連で採択された2030年までの行動目標であるSDGsを、足立区の基本計画などに取り入れるべきと思うが、見解をお伺いいたします。  2050年に向け、世帯数、そして各世帯の人数も減少していきます。高齢のひとり世帯の増加と社会保障費の伸びは関係すると言われております。  そこで伺いますが、区営住宅を改修して三世代同居を可能とする間取りをつくることはどうか、お伺いいたします。   もっと読む
2018-11-30 千代田区議会 平成30年企画総務委員会 本文 開催日: 2018-11-30 それでまた、私、今回の定例会でもSDGsについて質問させていただきましたけれども、こちらも、やはり経済と社会、そして環境という、どれ一つ、これ全部三つをまとめて相関関係にしながら進めていくことによって持続可能な社会をつくる、そういう考え方になっています。 もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 初めに、SDGsと区の役割についてお伺いいたします。  二〇一五年九月、国連サミットにおいて先進国を含む国際社会全体の持続可能な開発目標、いわゆるSDGsが二〇三〇年アジェンダとして採択されました。持続可能な開発の促進は、今日避けることのできない義務となっています。 もっと読む
2018-11-09 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第4日目) 本文 2018-11-09 国連のSDGsのゴール12に「つくる責任つかう責任」、これとまさに一致する取組みであります。 もっと読む
2018-06-21 荒川区議会 平成30年度定例会・6月会議-06月21日−02号 一項目めとしまして、持続可能な開発目標「SDGs」における区のさらなる取り組みについてお伺いいたします。  SDGsとは、「サステナブル・デベロップメント・ゴールズ」の略称で、持続可能な開発目標という意味です。国連の全加盟国である百九十三カ国が二〇三〇年を目指して解決すべき課題を明らかにした十七の目標のことです。 もっと読む
2018-06-19 大田区議会 平成30年 6月  総務財政委員会-06月19日-01号 期待する効果でございますが、公民連携によりまして地域課題を解決していくことは、通じて国際都市としての区としての魅力の発信、また、地域力のさらなる向上ということを経まして、最終的には、今、国連、国のほうでも勧めておりますSDGsを踏まえました持続可能な大田区政につなげてまいりたいと考えているところでございます。 もっと読む
2018-06-13 港区議会 平成30年第2回定例会−06月13日-07号 具体的には、食品ロス問題について、国連の持続可能な開発目標、SDGsで食料廃棄の半減が定められていることを踏まえ、自治体や事業者、消費者が一体となって削減を推進するため基本方針を策定し、この方針をもとに都道府県と区市町村は削減推進計画を定め、対策を実施すること。 もっと読む
2018-06-12 足立区議会 平成30年 第2回 定例会-06月12日-01号 2015年に国連サミットで採択された持続可能な開発目標SDGsの「誰一人取り残さない」という理念は、公明党が長年掲げてきた生命・生活・生存を最大に尊重する人間主義の理念と合致しています。  今後はSDGsが掲げる17のゴールと169のターゲットや国連で採択された背景を踏まえた上で、持続可能な社会づくりのため、自治体として具体的に取り組むことが重要です。そこで伺います。   もっと読む
2018-06-11 品川区議会 建設委員会_06/11 本文 2018-06-11 今回、この4月の終わりにOECDがSDGs、持続可能な開発目標という、このSDGsのモデル都市に選ばれたばかりだというところで、その前提として環境という視点で2008年には政府から環境モデル都市と、2011年には環境未来都市というところで選出をされていて、それが認められてOECDから今回モデル都市ということで、アジアで初となる都市として選定をされたということがありましたので、環境という視点で視察ということで もっと読む
2018-05-24 世田谷区議会 平成30年  5月 企画総務常任委員会-05月24日-01号 また、教育ビジョンでも取り上げているような、そういった内容についてより深め、それから区民の方にも知っていただきたいというものでやってございますけれども、今年度につきましても、その部分で、まさに新学習指導要領等がございまして、学びの質の転換の部分での議論が必要だということ、それから、SDGsに関して後半やるわけですけれども、こちらもここ数年、その部分での対応が基礎自治体でも必要ではないかということもありますので もっと読む
2018-05-15 大田区議会 平成30年 5月  こども文教委員会−05月15日-01号 ◆清水 委員 ちょっと教えてもらいたい、この大森第六中学校のSDGsの達成に向けた学校教育の取り組み、ちょっと非常に勉強不足で恥ずかしいのですが、これについて少し教えてくれますか。 ◎増田 指導課長 大森第六中学校は、この研究にここ数年取り組んでおりまして、持続可能な社会の実現ということで。 もっと読む
2018-05-11 渋谷区議会 平成30年  5月 文教委員会-05月11日−13号 (2)持続可能な開発目標でありますSDGs−−これはエスディジーズと読むんですけれども−−を踏まえた利害関係者全体の社会計画とする視点でございます。  なお、SDGsとは、サスティナブル・ディベロップメント・ゴールズの頭文字で、2015年に国連サミットで採択されました、持続可能な開発のための2030アジェンダに記載された国際開発目標でございます。 もっと読む
2018-03-15 大田区議会 平成30年 3月  予算特別委員会−03月15日-01号 事業系の食品ロスの有効活用についてですが、自治体におけるSDGsの観点からも福祉的な活用を行う上で、子ども食堂など地域に根差した団体に対する支援は有効でありますが、どのような団体へ支援を想定されているのかも気になるところです。  質問します。消費する団体をどのように選択するのか。また、食品ロスを提供していただく業者をどのような形で募集されるのか、本区の考えをお聞かせください。 もっと読む
2018-03-15 世田谷区議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日-06号 さきの区民生活常任委員会において、世田谷区産業ビジョン素案及び世田谷区産業振興計画の素案が出てきましたけれども、これは、区内産業を取り巻く社会経済環境の変化を的確に捉えて、新たな時代のトレンドやニーズに対応していくことを目的として、平成三十年度から十一カ年を見通して策定しているものなんですけれども、例えばこういったところに国連が採択した持続可能な開発目標というSDGsの視点が入っていませんでした。 もっと読む
2018-03-14 北区議会 平成30年  予算特別委員会-03月14日−05号 国連では、二〇一五年九月に持続可能な開発のための二〇三〇アジェンダが発表され、持続可能な開発目標、SDGsとして十七分野の目標が採択されました。このアジェンダの前文には、あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせるとの文言とともに、全ての課題を貫く前提として、誰も置き去りにしないとの誓いが明記されています。 もっと読む
2018-03-13 北区議会 平成30年  予算特別委員会-03月13日−04号 続きまして、リサイクル啓発事業費ですね、平成二十八年度は三百四十八万円に対して三十年度は二百九十九万円余ということで約五十万円減りましたけれども、二年前の予算説明関係資料と三十年度の資料を比べてみると食品ロス削減対策経費というのが入っていて約三十三万円なんですけれども、SDGs、持続可能な開発目標では、二〇三〇年までに食料廃棄を半減させることが決められております。 もっと読む
2018-03-12 大田区議会 平成30年 3月  予算特別委員会−03月12日-01号 このZEBやZEHについては、昨年12月に政府のSDGs推進本部が策定した、SDGsアクションプラン2018で示した八つの優先課題のうちの一つ、省エネルギー・再生可能エネルギー、気候変動対策、循環型社会の中に盛り込まれました。  このZEBについて、環境清掃部はどのように捉えているのか、見解をお伺いいたします。 もっと読む
2018-03-09 杉並区議会 平成30年予算特別委員会−03月09日-07号 現在注目されるパリ協定やSDGsは、環境教育との関係性が高いと考えます。所管はどのように考えていますか。 もっと読む
2018-03-09 港区議会 平成30年度予算特別委員会−03月09日 平成27年9月に国連サミットで採択された持続可能な開発目標、SDGs推進に向けて、政府は昨年12月、SDGsアクションプラン2018を発表し、日本のSDGsモデルの具体化と世界に発信・展開のために8つの主要な取り組みを強化するとしています。その取り組みの1つとして、食品産業などの事業者における食品廃棄物の削減や活用が上げられています。   もっと読む