運営者 Bitlet 姉妹サービス
406件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 東京都はこれまでも、試行的に若年層のコミュニケーション手段として、浸透しているLINEを利用して相談窓口を開設してきました。若年層にとっては、電話よりLINEのほうが相談の入り口として入りやすいだろうとの分析結果からの判断であります。   もっと読む
2018-11-29 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月29日−12号 第1点目は、千葉市におけるAIを活用した道路管理の省力化について、第2点目は、渋谷区におけるAIとLINEを活用した子育て支援に係る問い合わせ自動応答サービスについて、第3点目は、綾瀬市の外国語の自動翻訳システムの活用について、以上3点に関して研究すべきと考えますが、御見解を伺います。  また、最近のテクノロジーとして注目されているロボティック・プロセス・オートメーションについて伺います。   もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 次に、LINEを活用した情報発信についてお伺いいたします。  SNSの利用者は増加の一途をたどっていますが、本年十月時点での国内ユーザー数は、インスタグラム約二千万人、フェイスブック約二千八百万人、ツイッター約四千五百万人、そしてLINEが約七千六百万人で一位となっております。   もっと読む
2018-11-22 港区議会 平成30年11月22日保健福祉常任委員会-11月22日 区内で、自殺や死にたいなどのワード検索をした際に、検索連動広告を利用して区ホームページに誘導し、区の相談先をはじめ東京都や民間団体の電話やメール、LINEなどによる相談先につなげるものです。  次に、ゲートキーパー・リーダー養成とリーダーによる周知の実施です。資料№7-2本編では41ページの①です。重点的に取り組む視点の④ゲートキーパーの役割の周知の強化の視点からの事業です。 もっと読む
2018-11-20 新宿区議会 平成30年 11月 自治・議会・行財政改革等特別委員会-11月20日−10号 月額契約は360円と書いてあったんですけれども、スケジュール管理だったり、グループの、LINEは皆さんやっていらっしゃるかなと思ってはいるんですけれども、多分LINEをやっている方は特に問題なくできるのかなと思って、月360円だったら悪くないのかなというふうに思ったので、さっき言ったようにその他の機能でスケジュール管理、さっきメールで来て、どうかというのもあったんですけれども、みんなが共有できて、すぐに もっと読む
2018-11-16 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第7日目) 本文 2018-11-16 先日、行財政改革特別委員会で、渋谷区のAIとLINEを連携した自動応答サービスについての視察に行ってまいりました。渋谷区では、平成29年2月15日から、LINEによる情報配信を開始しており、渋谷区LINE公式アカウントでは、子育てに関するさまざまな情報を、お住まいの地域、あるいはお子様の年齢に合わせてお届けしております。 もっと読む
2018-11-14 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会(11月14日) なお、⑧パソコンや携帯電話に関するものとしては、中学校で2件ございますが、LINE上で当該生徒をどう思うかというようなアンケートを載せられたというもの。もう一つは、SNS上で無視をされたというものでございます。   もっと読む
2018-11-13 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第6日目) 本文 2018-11-13 それと、東京都でLINEを使った相談窓口を設置したところ、非常に30代以下の若年層に対して大きな広がりを見せ、一定の効果があるのではないかということで、東京都としてもこれは始めていくという報道がある中で、品川区としてはこのことについてどのように進めていくのか教えてください。   もっと読む
2018-11-12 足立区議会 平成30年11月12日総務委員会−11月12日-01号 あと、特に若い世代はスマートフォンで動画も、しかもワンセグでテレビも見たりということですし、また、いろいろなSNSなり動画配信サービスなんかを見ましても、今、利用者で言うと、圧倒的にLINEなのです、コミュニケーションツール。LINEって、年代別の利用率を見ると、若者はほとんど全てであるのと同時に、各年代、実は一番満遍なく利用されているツールなのです。 もっと読む
2018-10-10 目黒区議会 平成30年企画総務委員会(10月10日) 今回は今回の体制で、これからされるということなんですけれども、そういう意味で広く、ツイッターとかだけではなくって、それをやれっていうわけじゃないんですけど、例えば、社名を挙げていいのかわからないんです、LINE@みたいなの。ツイッターはやってないけれども、LINEはやってる。 もっと読む
2018-10-04 新宿区議会 平成30年  9月 決算特別委員会-10月04日−10号 これはお隣の渋谷区についての取り組みとなりますけれども、もう2年ほど前でしょうか、無料通信アプリを運営するLINEと協力協定を締結したとのことであります。私はLINEを使用しておりませんで、最近、「情弱」などというふうにも言われておりますけれども−−若干危機感を持っていますけどね。 もっと読む
2018-09-13 目黒区議会 平成30年目黒区総合戦略等調査特別委員会( 9月13日) 専らLINEしかしません。フェイスブックしかしません。だから、先ほどほかの委員がSNSに特化するべきじゃないかといったところも、やっぱりわかります。  今回やっぱりターゲットにしているのって、やっぱり入っていない人だから、結構年配の方でも入っていない方いらっしゃるんですけど、やっぱり私の世代なんかは、入り方がわからない。結構入りたいのに入り方がわからないという方もいらっしゃるんですね。 もっと読む
2018-09-12 目黒区議会 平成30年企画総務委員会( 9月12日) そういう中で、Wi-Fi設備が各避難所に整っていれば、電話ができなくてもメールはできる、LINE等のSNSもできる、ネットから情報もとれる、小さい機械を持っていればテレビも見れる。やはりWi-Fi設備の設置というのは、まさに、真に必要とされる緊急課題だというふうに考えますけれども、いかがでしょうか。それが災害対策。   もっと読む
2018-09-11 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会( 9月11日) 各小学校なんかでも、保護者たちのLINEのグループがあったり、LINEで一斉に回したりメールでやったりということでやってますよね。 もっと読む
2018-09-10 目黒区議会 平成30年企画総務委員会( 9月10日) ツイッターですと、自分で、メールニュース等は、ぽんとスマホに情報が入ったりする場合もありますけれども、ツイッター上では情報をみずから取得したい情報を打ち込んで、それに検索ワードでひっかかったものがぱっと出てきて、そこで情報を得るという形だと思うんですけれども、これも以前、一般質問の場で言ったかもしれないんですけども、目黒区の公式LINEですか、プッシュ式の情報ツールですと、登録していれば目黒区で災害情報 もっと読む
2018-06-29 品川区議会 平成30年_第2回定例会(第2日目) 本文 2018-06-29 被害者の年齢を見ると、16歳が447人で最も多く、次いで15歳が388人、14歳277人の順であり、被害が多いSNSツールは、ツイッターが695人、次いで学生限定の交流サイトひま部181人、LINE105人の順です。被害に遭った子が加害者と会った理由は、金品目的が29.9%、「優しかった、相談に乗ってくれた」が22.9%、交遊目的が17%と多くなっています。 もっと読む
2018-06-27 豊島区議会 平成30年第2回定例会(第8号 6月27日) 昨年9月、同物件入居者BさんにNPOからLINEが届きました。内容は、「マンションを2年後に取り壊す予定だったが、オーナーと契約更新できた。あと2年住むことができるので、更新するなら連絡ください」というもの。AさんもBさんも取壊しのことは初耳でびっくりした。今年5月には、留守時にAさん宅の玄関ドアにコンビニのビニール袋がかけられていました。 もっと読む
2018-06-18 大田区議会 平成30年 6月  健康福祉委員会-06月18日-01号 ◎佐々木 健康づくり課長 私からは、資料番号37番、大田区きずなメールのLINE配信についてご報告いたします。資料番号37番をご覧ください。  事業目的でございます。大田区きずなメールは従来、メール形式によりおなかの赤ちゃんや子どもの成長に応じたアドバイス及び区のサービス・イベント紹介等の子育て情報を配信してまいりました。 もっと読む
2018-06-13 港区議会 平成30年第2回定例会−06月13日-07号 一方、総務省の情報通信白書では、十代の若者は電話をほとんど使わず、LINEなどのSNSを常に利用している実態が明らかになっています。 もっと読む
2018-05-30 練馬区議会 平成30年  5月30日 医療・高齢者等特別委員会-05月30日−01号 LINEのようなものになっております。  例えば、一番下の看護師がその日の状況、それから医師が処置状況、そして、ヘルパーがそれを見て事前に患者の状況を把握したうえで訪問することができるようになります。このほか、動画や写真を添付することによりまして、その状況などがはっきりとわかるということもあります。  これらの情報は、登録している多職種で共有することができるものでございます。   もっと読む