744件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江戸川区議会 2020-07-14 令和2年 7月 総務委員会-07月14日-05号

総会の中で社長のほうから幾つか報告がございましたが、やはり今、コミュニティFM放送局というのは23区の中で7区ございます。特に、災害時のコミュニティFM必要性というのは、昨年の台風19号のときに如実に表れたかなというふうに思ってございます。エフエム側台風19号の際には生放送番組を拡大して、区の情報を大変タイムリーに多く出していただきました。

葛飾区議会 2020-07-07 令和 2年総務委員会( 7月 7日)

次に、指定管理者構成団体、吉本興業によります各事業でございますが、所属タレントのいわゆる闇営業問題の発覚に伴い、かつしかFMを通した産業施設・イベントのPRとして放送しておりました番組につきましては、6月後半から9月までの間、一時中断とし、10月から出演者を変更し、再開いたしましたので、34回の放送となってございます。  

江戸川区議会 2020-06-25 令和2年 第2回 定例会-06月25日-03号

ただ、そういっても利用できない方というのはまだまだおいでになると思いますので、こういった方につきましては、引き続き広報誌やJ:COMや、FMえどがわ、様々な媒体を通してしっかりと情報をお伝えしていきたいというふうに考えております。  以上です。 ○副議長(関根麻美子 君) 千葉教育長

葛飾区議会 2020-06-08 令和 2年保健福祉委員会( 6月 8日)

また、広報かつしかでは、5月15日号、6月5日号に掲載し、かつしかFMインフォメーションは5月18日から午前9時に暑さ指数をお伝えするとともに、ホームページフェイスブックでの啓発を5月1日から開始いたしました。  その他の啓発活動といたしましては、情報発信における資料掲示といたしまして、区役所、健康プラザかつしか、保健センターなどで準備しているところでございます。  

江戸川区議会 2020-03-25 令和2年 第1回 定例会−03月25日-04号

区民の希望する方々や自主防災組織消防団避難所開設職員区議会議員など、地域防災リーダーから、FMラジオ電波などを活用し、自動的に起動して聞き漏らすことのない、いわゆる防災ラジオの現実的な普及の提案に対し、「ラジオだけに公費を使うわけにはいかない」と拒否される姿勢は納得できません。  突然の巨大地震から命を守るためには耐震改修工事が必要です。

葛飾区議会 2020-03-23 令和 2年危機管理対策特別委員会( 3月23日)

そういった方については、かつしかFMにもう喉がかれるぐらいに流してもらったりをしていますので、テレビがないと、この間ちょっと説明会で言った方がいましたけれども、ラジオがあるよと言っている方がいらっしゃいましたので、ラジオを789につけていただきまして、台風が来たときには委員のほうからも、ラジオの789をつければ防災情報が言っているよということでお話をしていただけるとありがたいと思います。

品川区議会 2020-03-23 令和2年度予算特別委員会(第8日目) 本文 2020-03-23

このほか区有施設のデジタルサイネージを活用した受動喫煙防止の30秒コマーシャルがございまして、こちらの放映ですとか、3月31日には、FMしながわ、ほっとラジオしながわで、4月1日からの原則屋内全面禁煙についてお伝えする予定にしてございます。  次に、区内飲食店のステッカーの表示等についてでございます。  

葛飾区議会 2020-03-18 令和 2年地域活性化・区民サービス向上対策特別委員会( 3月18日)

4の周知方法としては、広報かつしか3月25日号、区公式のフェイスブック、ツイッター、ホームページ、また、かつしかFMさらには、今回委託しました先が運営するウェブメディアなどで周知をしてまいります。  私からの説明は以上です。よろしくお願いします。 ○(牛山正委員長) ありがとうございます。  これより質疑を行います。  本件について質疑はございますか。  鈴木委員

品川区議会 2020-03-12 令和2年度予算特別委員会(第6日目) 本文 2020-03-12

4番目、ケーブルテレビ品川FMしながわにて割り込みで情報配信をする。  5点目、FMしながわをアプリで聴取できるようにしてほしいとの提案に対して、インターネットサイマルラジオでの配信を開始。ホームページ上から聴取可能になったことにより、ネット経由で聴取するという意味合いで、おおむね実現されました。  6点目、ホームページ、Twitter、Facebook、しなメール情報発信をする。  

目黒区議会 2020-03-11 令和 2年予算特別委員会(第4日 3月11日)

台風19号を教訓に、江東区では防災行政無線の欠点を補うために、災害情報コミュニティFMで受信する防災ラジオを全世帯無償で配付するということです。無償ではありませんが、港区では防災無線の聞こえにくい世帯聴覚障害者などへの防災ラジオを配付しています。聴覚障害者に対しては、防災ラジオは点滅したり、それなりの対応をすることができるということです。

江戸川区議会 2020-03-10 令和2年予算特別委員会(第8日)-03月10日-08号

防災危機管理費では、大規模水害時の広域避難について、江東5区大規模水害対策協議会でのさらなる協議事前避難意識定着を進めるとともに、防災行政無線の認知とFMラジオ等を活用した取組みを要望します。  地域防災費では、備蓄については昨年の台風19号での避難所の実態を踏まえた拡充を要望します。中でも、液体ミルク備蓄ではローリングストック方式子育て家庭に配布するよう要望します。  

杉並区議会 2020-03-09 令和 2年予算特別委員会−03月09日-05号

緊迫した状況での防災無線の在り方は本当に大変難しい取組であり、平時からの取組が必要と考える中で、私は、防災無線と併用して、誰にでも聞き取りやすいFM放送による防災情報周知を挙げたいと思います。  東日本大震災において東北地方FM局が活躍したことを御存じの方が多いと思います。取り組みやすい手段と思いますので、御所見をお示しいただければと存じます。

大田区議会 2020-03-06 令和 2年 3月  予算特別委員会−03月06日-01号

ぜひ、この情報発信について、FM局の開設を重ねて要望します。  次に、民間との連携について質問いたします。日本共産党は、全ての民間との連携を否定しているのではありません。行政のあり方をゆがめる公共の産業化公民連携について伺います。  まず初めに、ブルートライアングルプロジェクトについて伺いたいと思います。

葛飾区議会 2020-03-05 令和 2年予算審査特別委員会第2分科会( 3月 5日)

○(福祉管理課長) 今までも広報紙ですとか、かつしかFMですとか、後は商店会のほうとかで御説明させていただきました。こちらにつきましては、引き続き広報かつしかなどでやっていくとともに、いろいろな団体の方とか、つながりがありましたら積極的にPRしてまいりたいと思います。 ○(木村秀子会長) むらまつ委員

品川区議会 2020-03-03 令和2年度予算特別委員会(第1日目) 本文 2020-03-03

そこで、ホームページと今初めて知ったのですけれども、災害アプリだったり、防災行政無線だったり、FMラジオ、電話、メール、全てのツールで可能な範囲で不安払拭に向けてのお知らせ、本当に防災行政無線とかを、こういうときに稼働されないのかという声をたくさん聞きましたので、その課題についてだけ、最後にお聞かせいただいて終わりたいと思います。

江東区議会 2020-02-28 2020-02-28 令和2年予算審査特別委員会 本文

ただ、区民の方からはうちはFMラジオ電波が入りづらくて聞こえないんだという声も寄せられているんです。そうなりますと、防災無線と同じような状況になってしまうと思います。情報伝達手段としては防災計画でもさまざまなツールを使って行っていくということで、私たちもう一つこの間、情報伝達提案してきたのが広報車の配備です。

葛飾区議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第3日 2月27日)

FMラジオがあれば、防災無線が聞こえなくても、インターネットを使いこなすことができない高齢者でも、正確な情報を得ることができます。江東区では来年度、防災ラジオを全世帯に配布すると発表しました。  本区でも区民防災ラジオを配布することを求めます。  災害の被害を減らす上で、地域コミュニティーが果たす役割は大切です。