運営者 Bitlet 姉妹サービス
109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 港区は、産業の国際競争力や国際的な経済活動の拠点形成の促進を目的とした東京圏の国家戦略特別区域に全域が指定されているほか、羽田空港の国際化の進展やリニア中央新幹線などの広域交通の整備、JR・地下鉄の新駅構想、BRT計画等が進行するなど交通結節点としての役割も高まっています。 もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 当初の計画では、東京二〇二〇大会の選手村からBRTを使うなどして選手の移動計画も考えられていたと聞いておりますが、それが間に合わない以上、別の方法を考えなければなりません。もちろん、この問題は東京都が中心となって対応するべき問題ではありますが、大会期間中、区内にもバス等の暫定的な駐車場を用意しなければならないなどの問題が発生しており、決して人ごとでは済まされません。 もっと読む
2018-06-13 港区議会 平成30年第2回定例会−06月13日-07号 また、都心の交通インフラに関して、BRTの運行開始、東京メトロ日比谷線新駅やJR山手線新駅の開業、加えてリニア中央新幹線の品川駅・名古屋駅間の開通など、同時並行的にさまざまな開発が進行していることから、当然これに付随した新たな交通需要も発生してくるはずです。   もっと読む
2018-05-25 大田区議会 平成30年 第1回 臨時会−05月25日-01号 神戸市では、神戸市塩屋地域で運行されている塩屋コミュニティバス「しおかぜ」の取り組みや次世代型路面電車を用いたLRT及び連節バスなどを用いたBRTなどの新たな公共交通の導入に関する取り組みを視察した。  塩屋地域においては、地域が主体となって新たな交通手段の導入を検討し、一定期間の試行運行を経て、定時定路線型のコミュニティバス「しおかぜ」の本格運行を開始している。 もっと読む
2018-03-23 江戸川区議会 平成30年 第1回 定例会−03月23日-04号 次に、第三目、まちづくり調整費に関連して、区内南北交通網の更なる充実に向け、メトロセブン構想については、次世代型路面電車LRTや高速輸送バスBRTの導入など新しい発想で促進していくよう望まれました。   もっと読む
2018-03-22 港区議会 平成30年3月22日交通・環境等対策特別委員会−03月22日 ただ、環状第二号線の開通が延期になってしまったこともあって、またBRTが通るという計画もありますので、その調整もあることから、もうしばらく時間がかかるのではないかと考えております。 ○委員長(杉本とよひろ君) 先ほどのいのくま委員の質問の中で、芝ルートの話が出て、その中で神明いきいきプラザの利用者数の把握というお話も出ていましたけれども、その辺の答弁はどうでしょうか。 もっと読む
2018-03-20 台東区議会 平成30年 予算特別委員会−03月20日-01号 その中で、外国人観光客などが多く訪れていることから、新たな交通手段として、三ノ輪から都電ライトレール、2両編成のバス、BRT、そして銀座線の延伸についての話をされました。しかし、新たな交通手段の需要地域では、顔となる場の創出と回遊性が課題であるとの調査結果であり、今後も北部地区のまちづくりをさらに検討していくという報告でありました。 もっと読む
2018-03-12 江戸川区議会 平成30年予算特別委員会(第8日)-03月12日-08号 メトロセブンに関しては、LRTやBRT、優先地域整備など新しい発想で促進していくよう要望いたします。  次に、土木費について申し上げます。  防災・景観の観点からも、無電柱化に向けて、さらなる取組みを要望いたします。  環境とユニバーサルデザインの視点から、歩道の樹木のあり方については、時代に適した指針を作成することを要望いたします。   もっと読む
2018-03-08 台東区議会 平成30年 予算特別委員会−03月08日-01号 ライトレールだとかBRTとか、銀座線とかね。ただ、今、私、きょう、聞きたいのは、東京都が臨海副都心に新ターミナルを建設して、オリンピックにそれこそ世界最大級の客船が、2艘泊まることができるということで、実際にその規模からすると、高級なそういう客船が泊まれるということで、乗客の収容人数は6,360人、最大で言えば。それが2隻泊まることができるということです。 もっと読む
2018-03-06 江戸川区議会 平成30年予算特別委員会(第6日)−03月06日-06号 今後の取り組みとしまして、この答申に挙げられました課題を検討するために、都区連絡会の中でも、長期計画の計画を作成してまいりたいというふうに考えておりまして、現在、沿線交通の現況把握、沿線地域の公共交通サービスの実態把握、また中量軌道等の例えばLRTとかBRTとかございますけども、こういったものも含めた導入候補システムの諸元等の整理を現在行っているという状況でございます。 もっと読む
2018-03-05 港区議会 平成30年度予算特別委員会−03月05日 この地区は平成26年に開通した環状第二号線の整備を契機に街並みが一変し、虎ノ門地区を中心に国際競争力を強固にする大規模な開発事業が進んでおり、今後も地下鉄新駅整備やBRTの導入が予定されるなど、公共交通ネットワークの強化と相まって、その周辺や環状第二号線沿道もまちづくりも進んでおります。 もっと読む
2018-02-28 港区議会 平成30年度予算特別委員会−02月28日 私は、平成29年第3回定例会の代表質問において、豊洲市場への移転延期による影響として、環状第二号線整備がおくれ、地下道部分が完成せずにBRTの計画も危ぶまれている旨の質問をいたしました。その際の武井区長の答弁は、東京都は環状第二号線については、予定どおりに整備されるとしているので、今後も東京都などの動向を注視してまいりますとのことでした。   もっと読む
2017-12-22 港区議会 平成29年12月22日建設常任委員会−12月22日 それで、7ページに、平成32年の港区のイメージが載っていて、新橋駅と浜松町駅の間にBRTが載っているのですけれども、今回の素案では、BRTのことについては一切触れていません。中央区や江東区から新橋駅に来て、東京駅や銀座方面に行ってしまうと聞いているのですが、東京都の事業とはいえ、やはり真っすぐ虎ノ門や赤坂まで行けるような方向性を持っておかなければいけないのではないかと思っております。 もっと読む
2017-12-19 台東区議会 平成29年第4回定例会-12月19日-付録    ③小中学校での日本語教育の充実を    ④区民である外国人の子どもに高校入学までの支援を  (3) 発達障害児への支援について    ①幼児療育の充実について    ②特別支援教育支援員の処遇改善を    ③特別支援教室の運営改善を 6.鈴 木   純 議員  (1) 江戸手描提灯などを活用した景観づくりについて  (2) 国が掲げる保育費無償化について  (3) バス高速輸送システム(BRT もっと読む
2017-12-15 港区議会 平成29年12月15日建設常任委員会−12月15日 また、環状二号線周辺地区まちづくりガイドラインにつきましては、平成24年3月に策定いたしましたが、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会や虎ノ門新駅、BRTや新橋駅東西の開発の機運などを捉えて、今、改定作業に取り組んでいるところでございます。   もっと読む
2017-12-01 台東区議会 平成29年第4回定例会−12月01日-02号 3点目の質問は、バス高速輸送システム(BRT)の導入について質問させていただきます。  まず、BRTとは、バス・ラピッド・トランジットの略で、日本語に訳すと、バス高速輸送システムとなります。世界的には専用道路を走行するバスによって、鉄道並みの大量輸送を可能にするシステムのことを指し、このシステムを生み出したのは、ブラジルのクリチバ市と言われています。   もっと読む
2017-10-13 江東区議会 2017.10.13 平成29年オリンピック・パラリンピック推進特別委員会 本文 あと、交通不便地域の解消ということで、私も今回の決算審査特別委員会の際に、BRTのお話ですとか、中央区の構想する地下鉄新線のお話ということもさせていただいた中で、以前からコミュニティバスの臨海部から結構要望をいただいていたので、ぜひということで質問等をさせていただいた経緯もあります。   もっと読む
2017-10-12 世田谷区議会 平成29年  9月 決算特別委員会-10月12日-06号 ということで、それまでの南北交通の不便解消という点でBRT、バス・ラピッド・トランジットが現実的ではないかというふうに考えますけれども、世田谷区の見解をお聞かせください。 ◎堂下 交通政策課長 BRTにつきましては、一般的には鉄道を導入するよりもはるかに建設費が抑えられるなどの利点があると言われております。 もっと読む
2017-10-12 世田谷区議会 平成29年  9月 決算特別委員会-10月12日-06号 ということで、それまでの南北交通の不便解消という点でBRT、バス・ラピッド・トランジットが現実的ではないかというふうに考えますけれども、世田谷区の見解をお聞かせください。 ◎堂下 交通政策課長 BRTにつきましては、一般的には鉄道を導入するよりもはるかに建設費が抑えられるなどの利点があると言われております。 もっと読む
2017-10-03 江東区議会 2017.10.03 平成29年決算審査特別委員会 本文 1点目は、臨海部のBRTについてです。  2020年のオリンピック・パラリンピックの開催に向け、東京都は、都心と臨海副都心を結ぶBRTの運行を計画し、2019年度以内に勝鬨ルート、晴海・豊洲ルートの運行開始を予定しておりました。 もっと読む