1517件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

練馬区議会 2025-09-04 09月04日-01号

また、介護職員の負担を軽減し、定着率向上につなげるためのIC機器導入補助について、現在、申請を受け付けており、年度内に交付決定します。 団塊の世代のすべてが後期高齢者となる令和7年に向けて、施設サービス在宅サービスをバランスよく提供してまいります。 次に、安心を支える福祉と医療のまちについてです。 

練馬区議会 2021-12-04 12月04日-04号

区は人材の確保について、練馬介護人材育成研修センターと連携した面接会開催や、区独自の研修受講料助成を行うほか、定着支援として、今年度新たに、業務の効率化のため、介護事業者に対するIC機器等導入支援を行うなど、さまざまな取り組みを行っています。昨年度実施した介護障害福祉人材労働実態調査での離職率は12.1%と、全国平均の16.2%を下回っており、取り組みが不十分との指摘は当たりません。

練馬区議会 2020-12-03 12月03日-03号

この法律は、国、地方公共団体民間事業者、国民その他の者が、あらゆる活動において情報通信技術の便宜を享受できる社会の実現を目指し、行政手続原則オンライン化や、民間手続におけるIC技術活用、促進を規定しました。この法律により、国の省庁において、行政手続原則デジタル化が義務づけられたところであります。 

杉並区議会 2020-07-21 令和 2年 7月21日総務財政委員会−07月21日-01号

例えば、小中学校タブレット配置校では、その活用モデルを実際に授業を実施してみたり、ICT公開授業を行ったり、また杉並教育ICフォーラム開催など、各学校や区全体の取組として、1人1台タブレット活用取組を進めてきたところです。そういったことも含めて、教員児童生徒ICT活用能力も向上してきたという現状がございます。

世田谷区議会 2020-07-01 令和 2年  7月 文教常任委員会−07月01日-01号

◎谷澤 中央図書館長 今、委員おっしゃるとおり、新しい図書館の在り方、そういった視察も踏まえながら、新しいIC機器も日々いろいろ出てきておりますので、区としてどこまで取り入れるか、そういったものも考えながら、御意見も伺いながら、検討はしていきたいと思っております。 ◆板井斎 委員 検討ではなくて結果を出してほしいという、コロナ禍における図書館という器は要らないよねと。

港区議会 2020-06-25 令和2年第2回定例会−06月25日-09号

IC環境整備に合わせ、個々に応じた質の高い教育環境学習プログラム充実により整えていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。教育長のお考えをお伺いします。  次に、新しい生活様式での高齢者健康維持についてです。  高齢者を支える社会基盤として、効果的な介護予防在宅介護充実特別養護老人ホームなどの施設整備を三位一体で進めていくことが大切だと思います。

目黒区議会 2020-06-24 令和 2年第2回定例会(第4日 6月24日)

次に、我が会派が要望した項目では、PCR検査体制充実複合災害に備えた避難所運営マニュアルの策定、地域避難所への感染予防のための資機材備蓄区内経済活性化生活支援につながるプレミアム商品券の発行、学校給食食材納入業者への支援、アルバイトの継続が困難になった学生を対象に非常勤で短期採用GIGAスクール構想に伴うIC環境整備小・中学校給食費の一部免除、自宅学習支援として児童生徒図書カード

目黒区議会 2020-06-18 令和 2年第2回定例会(第2日 6月18日)

これから高齢者になってくる人というのは、社会の中でいろいろなIT機器も触ってきた経験のある人が高齢者になってきますから、これからはぜひ高齢者向けIC利活用支援ということに積極的に取り組んでいただきたいと思いますが、いかがでしょうか。  それから、音楽芸術文化活動ですけど、ここはちょっと音楽に絞らせていただきます。  

世田谷区議会 2020-06-15 令和 2年  6月 文教常任委員会−06月15日-01号

まず、国庫支出金ですが、国のGIGAスクール構想に基づくIC環境整備について、区立小中学校児童生徒への一人一台タブレット型情報端末の配備及び校内通信ネットワーク環境整備のための補助について十七億五千八百五十三万六千円の歳入を見込んでおります。次に、都支出金でございます。先ほどと同様のGIGAスクール構想に基づくIC環境整備として一億七千百二十九万三千円を見込んでおります。

目黒区議会 2020-06-10 令和 2年議会運営委員会( 6月10日)

岩崎委員  まず、1番ですけれども、私どもは教育現場IC環境整備自体は重要だと思っていますし、個々子どもに合った学習をきちんと保障することは大切だと思っていますけれども、ただ、私たちの立場は、国のGIGAスクール構想については、先端技術活用で一人一人の子どもに個別最適化された学びを推進するなど、学校教育を大きく変える内容を盛り込んでいるということや、また、公教育の解体や集団的な学びがおろそかになり

杉並区議会 2020-06-09 令和 2年 6月 9日文教委員会−06月09日-01号

ここでお尋ねしたいのが、これら今申し上げた言わば従来からの、アナログ的と言ったらちょっと言い方がきついかもしれませんけれども、古くから育まれてきた伝統的な教育と申しましょうか、そういった部分とIC、つまり、ICT教育というのはあくまで、今申し上げたようなずっと紡ぎ上げられてきた従来の教育シーンを補完するものなのか、あるいはそういった従来のものに取って代わるものなのか、その点の認識について最後にお聞

杉並区議会 2020-06-02 令和 2年第2回定例会−06月02日-15号

これを円滑に進めるため、学校IC環境整備が必要とのこと。当区は、アクティブ・ラーニングをどのように評価し、教育現場活用していこうと考えているのか、見解を伺います。  新しい学習指導要領では、情報活用能力学習基盤となる資質・能力として位置づけていますが、教員側にはどのような課題があるのか、伺います。  

杉並区議会 2020-06-01 令和 2年第2回定例会−06月01日-14号

さて、今やネット環境社会生活を支える重要なインフラの1つとなりましたが、OECD調査によれば、児童生徒学校外の平日のデジタル機器利用状況において、日本は、ネット上でチャットをするのは87.4%と、OECD平均の67.3%を超えますが、コンピューターを使って宿題をするのはわずか3%、OECD平均の22.2%をはるかに下回っており、残念ながら、日本では教育分野へのIC技術の恩恵が広がらないのが

杉並区議会 2020-05-29 令和 2年第2回定例会−05月29日-13号

現在、区においては、区民から提出される書類に押印を求めているものもありますので、今後、このような国の動向を注視しつつ、IC環境活用した利便性の高い区民サービスを安全に提供できる環境整備について研究してまいりたいと存じます。  私からは以上です。 ○議長(井口かづ子議員) 総務部長。       

世田谷区議会 2020-05-26 令和 2年  5月 文教常任委員会−05月26日-01号

一四ページ右側、(4)学校におけるIC環境整備ですけれども、BYODを視野に入れたオープンなクラウド環境の検証を進め、児童生徒自宅での学習支援のための環境整備に早急に取り組みます。また、緊急対策事業として、区立小中学校臨時休業に伴い、自宅学習用タブレット型情報端末等臨時貸与を行います。