運営者 Bitlet 姉妹サービス
1748件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号 そして、社会状況や経済状況の分析をされていますが、平成の時代を、少子高齢化の進展と人口減少社会の到来、経済のグローバル化やIC分野を初めとする技術革新などを背景に、先行き不透明な変化の激しい時代だった。そして、変化への対応が後手に回ってしまったことで、新たな時代に課題を持ち越すことになったとされています。   もっと読む
2019-03-14 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号 例えばICカードによる在校時間の把握につきましては2月から実施をしており、コミュニティ・スクールの導入につきましては平成33年度までに全校実施という流れ、それから学校閉庁日につきましては、来年度は1日拡大して4日間の実施、こういった取り組みをこれまでもしてきております。今後も、こういった東京都の事業も活用しながら働き方改革を進めてまいりたいと考えております。 もっと読む
2019-03-12 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月12日-07号 区としましても、これまで行ってきた支援に加えまして、介護従事者の負担軽減、作業効率の向上を図るといったことから、介護ロボットですとかIC機器の導入支援をしてまいりたいと考えております。今後、国や都の動向を注視しつつ、介護事業者の声も聞きながら、効果的な人材確保策について、支援充実に積極的に取り組んでまいりたいというふうに考えてございます。 ◆大泉やすまさ 委員  よろしくお願いいたします。   もっと読む
2019-03-08 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月08日-06号 それで、先ほどお答えしました支援に加えまして、介護従事者の負担軽減や作業効率の向上のために、介護ロボットの導入ですとか、IC機器の導入などもやっているところでございます。また、介護技術のスキルアップ研修等を行ってまいります。来年度、新たに外国人の介護従事者の研修を行うこととしております。   もっと読む
2019-03-06 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月06日-04号 業務の効率化ということでは、今IC技術等を活用しながらの業務の効率化、こういったことの取り組みということと、あと時差出勤の拡大など、働きやすい柔軟な勤務体制の整備を進めていく、こういったことで取り組んでまいりたいなと思っております。 ◆川原口宏之 委員  委員長、ちょっと資料の提示を。 ○大槻城一 副委員長  許可いたします。 もっと読む
2019-03-01 豊島区議会 平成31年予算特別委員会( 3月 1日) 1目庶務費につきましては、IC環境整備事業経費の増などによりまして、10.9%の増となる12億4,358万5,000円の計上でございます。  276ページをお開きください。2目学務費につきましては、小学校給食調理業務委託経費の増などによりまして、5.5%の増となる23億7,048万4,000円の計上でございます。  280ページをお開きください。 もっと読む
2019-02-25 杉並区議会 平成31年 2月25日総務財政委員会−02月25日-01号 管理職の皆さんの働き方も含めて、人間ですから、長時間労働がずっと続けば本当に厳しくなってきますので、そこはきちんとやっていっていただきたいと思うんですけれども、ICカードとかでピッというふうに今やられてはいないんでしょうか。 ◎人事課長 職員と全く同様で、勤怠管理というのは行っております。 もっと読む
2019-02-22 杉並区議会 平成31年 2月22日文教委員会−02月22日-01号 ICカードを教員が朝来たときにピッとやって、帰るときにピッとやる。いわゆる出勤時間と退勤時間が把握できるようなシステムを全校で導入しております。 ◆そね文子 委員  先ほどまでに入ってこなかったんですけれども、部活動というのも大変大きな負担になっているんじゃないかと思います。 もっと読む
2019-02-13 杉並区議会 平成31年第1回定例会-02月13日-02号 予算の編成方針でも述べましたとおり、平成の時代は、人口減少社会への突入、経済のグローバル化の進展、IC分野を初めとした技術革新、大規模災害の相次ぐ発生など、大きな変動のあった時代であったと認識しております。  新元号のもと始まる新たな時代においては、こうした変化はなお一層激しくなり、スピードを増していくことが十分考えられます。 もっと読む
2019-02-12 杉並区議会 平成31年第1回定例会−02月12日-01号 さて、平成の時代は、先ほど振り返ったとおり、少子高齢化の進展と人口減少社会の到来、経済のグローバル化やIC分野を初めとした技術革新などを背景に、先行き不透明な、変化の激しい時代でありました。 もっと読む
2019-02-01 杉並区議会 平成31年 2月 1日議会運営委員会−02月01日-01号 今回の予算は平成最後の当初予算ということになりますが、平成の時代は、少子高齢化の進展と人口減少社会の到来、経済のグローバル化やIC分野を初めとした技術革新などを背景に、先行き不透明な時代でした。引き続き社会経済の見通しは難しく、新たな時代においては、これまで以上に大きな変化も想定されます。   もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 初めに、区のICT化推進と計画についてですが、区では、IC戦略としての単体の計画は定めておらず、現長期基本計画の基本政策として、電子区役所の推進を掲げ、ICT化の推進と行政サービスの充実を進めております。今後は、次期長期基本計画の策定に合わせ、区のICT化戦略全体のあり方について検討を進めてまいります。   もっと読む
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 特に、調査日の当日に支障を来たさないよう、各中学校のIC環境や各PCの性能、動作確認など、文科省の実施要領に基づいての準備が必要になると考えますが、教育委員会や各中学校においては、具体的にどのような対応をするのか、区の見解を伺います。   もっと読む
2018-12-04 豊島区議会 平成30年総務委員会(12月 4日) 2番の小学校IC環境整備事業経費追加額及び3番の中学校IC環境整備事業経費追加額は、いずれも学習用タブレットPCの再リースに伴うシステム構築に係る経費です。2目学務費に1,187万円を追加する。平成31年度、小・中学校入学者の入学準備支度金単価の増加に係る経費です。4目学校施設費に182万8,000円を追加する。5目指導費に139万3,000円を追加する。 もっと読む
2018-12-03 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月03日-01号 記 1 委任を解除した者  鈴 木 克 己  政策経営部副参事(IC戦略推進担当)                     外1名            ────────────  鈴木政策経営部副参事  (IC戦略推進担当)兼務  情報システム課長 2 新たに委任した者  勝田政策経営部長事務取扱  政策経営部副参事(IC戦略推進担当)                     外1名             もっと読む
2018-11-30 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−13号 小型のIC案件について政策面、財政面、人員面及び技術面の評価検討を行い、ICガバナンスを実践されてきました。CIOが可否を決定し、戦略本部会議に報告をすることで導入が可能となります。  新宿区では、パソコンを1台購入するにも新宿区情報化検討部会を通さなければなりません。 もっと読む
2018-11-28 杉並区議会 平成30年11月28日文教委員会−11月28日-01号 そして、今回の主題を、今後の推進計画等においても重要な課題である学校IC環境の整備・活用の充実というところにいたしました。  次に、2点目ですが、主題の絞り込みとともに、学び、組織と人材、施設・設備、行財政、こういった4つの領域の視点から一体的、構造的に捉え、課題や今後の取り組みの方向性を考察してまいりました。   もっと読む
2018-11-28 渋谷区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月28日−12号 新庁舎では、IC基盤を整備した新たなオフィス環境で職員のワークスタイル改革を実現し、区庁舎を訪れる皆様への一層のサービス向上を目指してまいります。  新庁舎移転と同時に刷新するIC基盤につきましては、構築に向けた作業もいよいよ最終段階を迎えています。 もっと読む
2018-11-20 渋谷区議会 平成30年 11月 庁舎問題特別委員会-11月20日−12号 先ほどお話ししたとおり、9階と同様に10階も執務室への出入口については自動扉を設置する予定でございまして、その自動扉の内側には左から会計管理室、契約課、システム運用課、IC戦略課、資産総合管理課、施設整備課、財政課が入所する予定です。また、このフロアは会計管理室に横並びで指定金融機関が入る予定でございます。 もっと読む
2018-11-19 杉並区議会 平成30年第4回定例会−11月19日-27号 杉並区教育委員会では、これまで、地域と連携して多様な学びを実現するとともに、計画的なIC環境の整備を進め、子供たちの学びの個別化、協働化、探求化を図る取り組みを進めてまいりました。 もっと読む