844件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江戸川区議会 2021-07-16 令和3年 7月 災害対策・街づくり推進特別委員会−07月16日-03号

それから、水閘門の改築や雨水流出抑制として、貯留施設や、それから江戸川区でおかれては、透水性舗装なんかも、こういった大きい中では、非常に意味のある施策でございます。  それから、被害対象を減少させるための対策として、今現在取り組んでおります高台まちづくり、それから施設耐水化です。これは、下水ポンプなんかの耐水化を図ってくれというふうにお願いします。

大田区議会 2021-06-16 令和 3年 6月  地域産業委員会−06月16日-01号

そのずさんさの一つに、これ聞いたことで調べたわけではないのですけれど、雨が降るところのたまるのに6本の配水を切っちゃったというね、こんなこと何でやるのかということで、これは承知でやったのですかね、知っていて。それともうっかりですか。必要でないと分かった結果、毎回水たまりができる。これはどう受け止めたらいいですか。

板橋区議会 2021-06-04 令和3年6月4日企画総務委員会-06月04日-01号

竹内愛   報告の中身を見ますと、設計図に予見できなかった在来が残置されていたということなんですけれども、予見できなかった理由について、どのような状況なのか、確認をお願いします。 ◎施設経営課長   予見できなかった理由でございますが、現在、この旧向原中学校の敷地の真ん中には、既に下水道、本管がまず設置されてございます。

江戸川区議会 2021-03-05 令和3年予算特別委員会(第6日)-03月05日-06号

室井邦昭 都市開発部参事都市計画課長事務取扱〕 建築物のその水害対策に関する誘導といいましょうか、取組みといたしましては、今お尋ねの住宅整備条例、この中で一定規模以上の建物になりますけれども、例えばその防災貯水槽設置ですとか、それから災害対応用の備蓄倉庫設置、また仮設用マンホールトイレですとか、雨水貯留施設設置するとかですね、そういったような水害に関わる対策ということで誘導を図っているところでございます

江東区議会 2021-03-05 2021-03-05 令和3年予算審査特別委員会 本文

65 ◯土木部長  私から、第6款土木費のうち、土木部所予算の概要について御説明いたします。  恐れ入ります、資料1の368ページをお開き願います。  第6款土木費予算額は129億1,364万6,000円であり、都市整備部所管分を除く土木部所予算額は104億4,837万2,000円で、対前年度比10.0%の減であります。  

港区議会 2021-03-01 令和3年度予算特別委員会−03月01日

下水は、生活排水をきれいにするためだけではなくて、雨水を抜くための機能もあるのです。2つの目的の1つは洪水対策が、もともと下水ですから、本当は下水山手線の内側の雨水が全部集まる、芝浦というのは、とんでもない大洪水に見舞われてもおかしくない場所なのに、きれいだ、どうしてだろうと言って、調べましたら、高浜水門に、運河にはどーっと水を流してしまいます、集まってくるから。

葛飾区議会 2021-01-21 令和 3年建設環境委員会( 1月21日)

これを受けまして、これまで、南北自由通路工事施行者であり、駅施設管理者でもあるJR東日本と協議を進めてきたところでございますが、分岐新設や既設増径などにより、今回と同じ降雨強度の雨にも対応できるよう、排水施設処理能力の向上を行うことで合意に至ったものでございます。  恐れ入りますが、2枚おめくりいただき資料2をお開きください。  こちらは、今回実施する冠水対策の図面でございます。  

世田谷区議会 2020-12-01 令和 2年 12月 都市整備常任委員会-12月01日-01号

◎笠原 みどり33推進担当部長 私からは、みどり33推進担当部所補正予算案について御説明いたします。  初めに、三四ページ、三五ページをお開きください。繰入金基金繰入金みどりトラスト基金繰入金、右のページのみどりトラスト基金一億三千二十万円の増額でございます。これは公園新設及び緑道整備基金を充当するために増額するものでございます。  次に、歳出について御説明いたします。  

江東区議会 2020-11-27 2020-11-27 令和2年第4回定例会(第13号) 本文

本区の雨水対策推進について、下水道幹線整備ポンプ所整備のほか、浸水被害が多い場所については、先行して再構築を行い、余力のある下水道に暫定貯留する対策が行われているとのことですが、実績があったならば、実績と効果について伺います。  また、台風19号等の本区を襲った大規模水害被害の備えとして、本区の内水氾濫及び雨水流出抑制対策は極めて重要であると考えます。  

杉並区議会 2020-11-16 令和 2年第4回定例会−11月16日-26号

今後も、都の河川改修下水道整備、区の雨水流出抑制対策などのハード整備ハザードマップを活用したソフト対策など、ハードソフト両面から水害対策推進し、安全・安心なまちづくりに取り組んでまいります。 ○議長(井口かづ子議員) 都市整備部長。       〔都市整備部長有坂幹朗)登壇〕 ◎都市整備部長有坂幹朗) 私からは、外環道に関する一連の御質問のうち、所管事項についてお答えいたします。  

豊島区議会 2020-10-13 令和 2年決算特別委員会(10月13日)

松田道路整備課長  今の大塚貯留構築工事につきましては、委員指摘のとおり、今回直近で、東京都下水道局に確認したら文京区まではシールドマシンか何かで進んでいるということで、ただ、非常に礫層が多いということで特殊工法を採用しているので、全体的に遅れぎみだということは聞いてございます。  

大田区議会 2020-10-01 令和 2年 9月  決算特別委員会−10月01日-01号

現在、内川水質は、下水の普及、水質浄化施設設置により、以前より改善されてきておりますが、雨天時には生活排水の一部が雨水と共に放流され、内川、そして大森ふるさと浜辺公園の海へ、水質悪化原因ともなっており、簡単な整備ではないと存じておりますが、下水整備を進めていただき、内川生活排水が放流されないよう、整備をしていただくことを求めますが、区の見解をお答え願います。

豊島区議会 2020-09-29 令和 2年総務委員会( 9月29日)

また、例えば、ちょっと専門的な話になってしまうんですけれども、お水のほうは、受水槽とか、ポンプとかを設けるのではなくて、直結給水と申しまして、水道から直接引くことによって、受水槽とかポンプとかそういった、余計と言ったら怒られちゃうんですけれども、そういった経費をかからないようにする。要は設備的にシンプルな構造にしていく。

世田谷区議会 2020-09-23 令和 2年  9月 都市整備常任委員会-09月23日-01号

畝目 都市整備政策部長 私からは、都市整備政策部所について御説明申し上げます。  初めに、歳入についてでございます。五六ページをお開きください。款項目でございますが、国庫支出金国庫補助金土木費補助金でございます。補正額は五億八千四百十九万四千円でございます。