運営者 Bitlet 姉妹サービス
327件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-19 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第4日 9月19日) この法律の中でも、部落差別は現在もなお存在すると明記されたところでござまして、自治体についてもより一層の取り組み、差別解消に向けた取り組みの推進というものが求められているところでございます。   もっと読む
2018-09-10 目黒区議会 平成30年企画総務委員会( 9月10日) それから、設問に入りますので今度は人権政策課の内容に入りますが、黒帯で大項目1番、2番てあって、3番から実際に子ども、高齢者、障害者、部落と始まってきますが、それぞれの黒帯の3、子どもの人権についての2つ下、14番に子どもの人権問題、特にひどいものは何か。 もっと読む
2018-03-23 大田区議会 平成30年 3月  予算特別委員会−03月23日-01号 大田区は、1976年から42年間、部落解放同盟という団体にいまだに毎年同和相談事業を委託しています。2002年3月に、政府は同和対策特別措置法を終結させましたが、終わる理由を「同和行政史」にまとめました。  理由の一つに「経済成長に伴う産業構造の変化、都市化等によって大きな人口移動が起こり、同和関係者に対象を限定した施策を継続することは事実上困難になってきている」としたことです。 もっと読む
2018-02-26 葛飾区議会 平成30年第1回定例会(第2日 2月26日) 特に、平成28年に人権にかかわる法律、障害者差別解消法、ヘイトスピーチ解消法、部落差別解消推進法が立て続けに施行され、人権意識の向上に大きな役割をもたらしていると感じています。  人権課題の意識づくりは、ユニバーサルデザインのまちづくりや福祉・教育・子育て・国際交流など多岐にわたり、持続可能な社会をつくっていくために欠かせません。 もっと読む
2018-02-23 港区議会 平成30年2月23日交通・環境等対策特別委員会−02月23日 国の方は、着陸しているときに落ちていることもあるから、全部落下ではありませんと言っているけれども、着脱物ということで見れば、落下している可能性ももちろんあるわけですから、落ちた物を見つけただけではなくて、その数字も示してもらいたい。 ○環境課長(湯川康生君) 失礼しました。 もっと読む
2018-02-17 台東区議会 平成30年第1回定例会-02月17日-02号 一方、ネット上で大きな差別問題が生じ、その対策としての部落差別解消推進法が平成28年12月に成立、施行され、部落差別は決して許されないとの強い意思が示されました。本区では、人権尊重教育推進校として現在小学校では5校、中学校では2校と推進をしていますが、児童・生徒は健やかに学んでおります。ぜひともこの人権教育を青年層にも広げるべきと強く要望いたします。   もっと読む
2017-11-29 杉並区議会 平成29年11月29日総務財政委員会−11月29日-01号 そうした中でも、区といたしましても、階高も全体で50センチ下げるとか、東側についても離隔を9メートルあけるとか、5階にありました東側の武道場についても全部落として、東側の階高については、現在あります校舎の4階建ての高さと同じということで、こちらも歩み寄れる範囲で努力をした形でございます。   もっと読む
2017-11-29 杉並区議会 平成29年11月29日総務財政委員会−11月29日-01号 そうした中でも、区といたしましても、階高も全体で50センチ下げるとか、東側についても離隔を9メートルあけるとか、5階にありました東側の武道場についても全部落として、東側の階高については、現在あります校舎の4階建ての高さと同じということで、こちらも歩み寄れる範囲で努力をした形でございます。   もっと読む
2017-10-05 台東区議会 平成29年 決算特別委員会-10月05日-01号 同和対策協議会連絡相談員ですけれども、この相談員に寄せられた相談総件数、そして、それがいわゆる被差別部落問題と推定される、そういう相談の件数について教えていただきたい。 ○委員長 人権・男女共同参画課長。 ◎古屋和世 人権・男女共同参画課長 同和対策協議会連絡相談員に寄せられた相談件数ですが、平成28年度は597件となっております。 もっと読む
2017-10-03 大田区議会 平成29年 9月  決算特別委員会−10月03日-01号 同和関連団体には、1、部落解放同盟、2、人権と生活運動連合会等、複数団体がありますが、大田区が相談事業を委託している団体は、1981年、昭和56年から36年間、各団体に公平に接すべきなのに、なぜか部落解放同盟のみという異常な不可解な関係を続けてきたという歴史があります。まず、そのことを指摘しておきます。   もっと読む
2017-09-28 江戸川区議会 平成29年決算特別委員会(第1日)-09月28日-01号 ◆渡部正明 委員 本当に私の村なんかは庄内の庄内町ですけども、どんどん、600個の部落がそれこそ3分の1も空き家になっていくような状況。 もっと読む
2017-09-28 江戸川区議会 平成29年決算特別委員会(第1日)-09月28日-01号 ◆渡部正明 委員 本当に私の村なんかは庄内の庄内町ですけども、どんどん、600個の部落がそれこそ3分の1も空き家になっていくような状況。 もっと読む
2017-09-25 葛飾区議会 平成29年決算審査特別委員会第1分科会( 9月25日) 次の質問ですけれども、95ページ、あるいは113ページにありますけれども、いわゆる部落解放同盟の同和問題ですね。私たちが追加資料請求をさせていただきまして、1番目の1ページにその内訳が出ておりますけれども、一つ、まず最初に確認のためお伺いしたいのですけれども、部落解放同盟が使っている仮奥戸集会所ですね、これについては使用についてはまだ使っているのでしょうか。 もっと読む
2017-06-15 大田区議会 平成29年 第2回 定例会-06月15日-01号 昨年、差別や偏見の解消に向けた障害者差別解消法、ヘイトスピーチ解消法、部落差別解消推進法の3法が施行されました。区は、従前からの法律に加え、これら法の趣旨を踏まえ、マイノリティーの方を含め、全ての人が互いの個性を認め、誰もが活躍できる社会を目指して、引き続き、区民、職員の啓発活動を展開してまいります。   もっと読む
2017-06-15 大田区議会 平成29年 第2回 定例会-06月15日-01号 昨年、差別や偏見の解消に向けた障害者差別解消法、ヘイトスピーチ解消法、部落差別解消推進法の3法が施行されました。区は、従前からの法律に加え、これら法の趣旨を踏まえ、マイノリティーの方を含め、全ての人が互いの個性を認め、誰もが活躍できる社会を目指して、引き続き、区民、職員の啓発活動を展開してまいります。   もっと読む
2017-05-31 杉並区議会 平成29年第2回定例会−05月31日-11号 次に、区民に対する啓発等のお尋ねですが、区では、日常の活動に加え、毎年12月の人権週間に合わせて取り組みを強化し、性的マイノリティーに対する差別や偏見、配偶者暴力、部落差別など、さまざまな人権問題についての相談窓口のPRやイベント等をお知らせするなど、区民の理解が深まるよう取り組んでおります。   もっと読む
2017-05-31 杉並区議会 平成29年第2回定例会−05月31日-11号 次に、区民に対する啓発等のお尋ねですが、区では、日常の活動に加え、毎年12月の人権週間に合わせて取り組みを強化し、性的マイノリティーに対する差別や偏見、配偶者暴力、部落差別など、さまざまな人権問題についての相談窓口のPRやイベント等をお知らせするなど、区民の理解が深まるよう取り組んでおります。   もっと読む
2017-03-10 港区議会 平成29年度予算特別委員会−03月10日 また、近年は、障害者差別解消法、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律、いわゆるヘイトスピーチ法、部落差別の解消の推進に関する法律等、個別の人権問題ごとの法整備が進んでおります。そこで伺います。社会の変化に伴い、人権問題もさまざまに変化しておりますが、区は、人権問題の変化にあわせて、職員や区民への意識啓発にどのように取り組んでおられるのかお聞かせください。   もっと読む
2017-03-09 大田区議会 平成29年 3月  予算特別委員会−03月09日-01号 ◎小澤 人権・男女平等推進課長 管理職全員に配付している冊子につきましては、月刊誌といたしまして、「部落解放」と「ヒューマンライツ」の2誌でございます。 ◆犬伏 委員 管理職の皆さんが、それぞれ人権について学ばれることは大切なのですけど、今おっしゃった冊子というのは、ある団体が発行している冊子であります。こういったものを税金で管理職全員に購入するということは、果たして必要なのでしょうか。 もっと読む
2017-03-09 大田区議会 平成29年 3月  予算特別委員会−03月09日-01号 ◎小澤 人権・男女平等推進課長 管理職全員に配付している冊子につきましては、月刊誌といたしまして、「部落解放」と「ヒューマンライツ」の2誌でございます。 ◆犬伏 委員 管理職の皆さんが、それぞれ人権について学ばれることは大切なのですけど、今おっしゃった冊子というのは、ある団体が発行している冊子であります。こういったものを税金で管理職全員に購入するということは、果たして必要なのでしょうか。 もっと読む