運営者 Bitlet 姉妹サービス
14129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-11 港区議会 平成31年3月11日保健福祉常任委員会-03月11日 平成28年10月に社会保険の加入基準が緩和されてございます。それ以降、社会保険に移られる方も結構多くなってらっしゃいます。また、後期高齢者医療制度に移行される方もおりますので、減少傾向が続くものと考えてございます。 ○委員(清原和幸君) 所得割額についてですが、平成30年度予算では約41億円、平成31年度の予算額では42億6,000万円でよろしいでしょうか。 もっと読む
2019-02-21 港区議会 平成31年2月21日総務常任委員会−02月21日 また、給与や社会保障、税などに関しては、旧姓ではなく戸籍姓を使う必要があるため、2つの名前を管理するコストというもので、役所も企業も非常に多くの混乱を招いています。稲田朋美さんという自民党の国会議員が、この間、賛成ですと、私は反対でしたけれども賛成ですとおっしゃったのは、2つの名前を持つことによる社会的混乱を防ぐためと明言されました。  また、15ページの右側です。 もっと読む
2018-12-21 足立区議会 平成30年 第4回 定例会−12月21日-05号 」実施後も、児童福祉法第24条1項を守り、すべての子どもの権利を等しく保障することを求める陳情       27受理番号26 大規模開発、マンション建設などで、子育て世帯が集中している地域に認可保育園のすみやかな増設を求める陳情       27受理番号42 外国人の扶養控除制度の見直しを求める意見書の採択を求める陳情       27受理番号43 安心して暮らせる高齢者福祉施策の充実を求める陳情 もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 混乱を招く複数税率や中小零細業者などに新たな消費税納税の義務と手間のかかる事務負担を負わせる「インボイス制度」も大問題。わざわざ戻すぐらいなら増税などしなければいいのです。  「社会保障のため」と言いますが、消費税は社会保障拡充に使われてきませんでした。安倍自公政権が削減し続けてきた社会保障費は少なくとも3.9兆円。医療、介護、年金を削りに削ってきました。 もっと読む
2018-12-06 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第1日目) 本文 2018-12-06 豊島区では昨年、司法書士、行政書士、税理士、社会保険労務士の4士業の豊島支部と「災害時における特別総合相談に関する協定」を締結しました。また、台東区では、東日本大震災の翌年には、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、建築士、社会保険労務士、税理士、行政書士の7士業と同種の協定を結び、災害時に区が専用相談窓口を開設し、7士業からなる専門家チームを派遣し、住民の相談に無料で応じることになっています。 もっと読む
2018-12-06 足立区議会 平成30年12月 6日総務委員会−12月06日-01号 実際、国のほうの条件でいきますと、リース等では補助金が出ないというケースもございますので、その辺は当然、今後、補助制度を確認しながら進めていきたいというのは思っております。  年度につきましては、何カ年というか、今回、検証しまして、今後、全校配置を念頭に入れながら考えていきたいというふうに思っています。 もっと読む
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 国は、昨年2月に閣議決定されたユニバーサルデザイン2020行動計画の中で、政府が掲げる共生社会の推進や、一億総活躍社会の実現に向けて全国のバリアフリー水準の更なる底上げを示しました。   もっと読む
2018-12-05 港区議会 平成30年12月5日保健福祉常任委員会-12月05日 ○委員(風見利男君) きのうも少し話題になっていましたけれども、今回、指定管理事業者になる社会福祉法人春和会は、第1次審査も第2次審査も第2位なのです。それで、第1次審査ではC事業者が第1位で、B事業者が第3位と。第2次審査の結果では、B事業者が第1位でC事業者が第3位と。点数を合計したら社会福祉法人春和会が第1位という結果が出ているのです。 もっと読む
2018-12-04 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月04日-02号 しかし、日米地位協定により米軍には国内法は適用されないため、東京スカイツリーより低い高度で爆弾を積んだオスプレイが飛行しない保障はありません。  全国知事会は「米軍基地負担に関する提言」で、日米地位協定を抜本的に見直し、航空機の安全航行など日本の国内法を米軍に原則適用することや、事件・事故時の自治体職員の迅速・円滑な立入りの保障などを求めています。   もっと読む
2018-12-04 港区議会 平成30年12月4日保健福祉常任委員会-12月04日 資金計画がしっかりしているかどうかの資金計画評価は、B事業者及びC事業者がC評価、社会福祉法人春和会はB評価となっております。  (2)でございます。各選考委員が基準に基づく採点を行いまして点数を合計した結果、C事業者は合計1,250点満点中874点、社会福祉法人春和会が872点、B事業者は791点でございました。  9ページをごらんください。(3)選考経過です。 もっと読む
2018-12-03 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月03日-01号 その結果、目視だけでは安全確認できないブロック塀が数多くあることが判明しましたので、現在、詳細調査が必要なブロック塀の所有者に対し、チェックリストによる自己点検や建築物等耐震アドバイザー派遣制度による改善方法の提案、助成制度のPRを行い、安全対策を進めていただけるよう、順次働き掛けております。   もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 国としても、家庭が労働力や社会保障の担い手である次世代の国民を産み育てるがゆえに優遇策を打ち出し、家庭を支援する政策を進めてきたと思われます。  一方、結婚は好きな人と一緒になることだと考え、その相手は同性であっても構わないという考えから、同性婚、あるいはそれに類する制度も認めるべきだという意見もあると思います。 もっと読む
2018-11-30 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−13号 少子高齢化の急速な進展や、国・地方ともに厳しい財政状況のもとで、国民が安心し、希望が持てる社会保障の実現が求められています。  こうした中、持続的な社会保障制度を構築し、その安定財源を確保する観点から、段階的に消費税率を引き上げることは必要であると考えています。   もっと読む
2018-11-29 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月29日−12号 日常生活に制限のある『不健康な期間』の拡大は、個人や家族の生活の質の低下を招くとともに、医療費や介護給付費等の社会保障費の増大にもつながる。国立社会保障・人口問題研究所の日本の将来推計人口(平成24年1月推計)によれば、今後も我が国の平均寿命はさらに延びることが予測されており、平均寿命の延び以上に健康寿命を延ばす(不健康な期間を短縮する)ことが重要となる」としております。   もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 消費税が八%から一〇%に上がると、国の税収は、試算によると五・六兆円増加し、当初の予定では、増税分の五分の一を社会保障の充実に使うとされておりましたが、借金の返済に充てる分を増税分の二分の一に減らし、残りの税収については、約一・七兆円を教育・子育てを充実させることとしております。   もっと読む
2018-11-29 目黒区議会 平成30年企画総務委員会(11月29日) 国が言うように、安定財源の確保や社会保障対策が増税の理由ですが、実態を見れば、増税のたびに消費が落ち込んで、景気の悪化を招いているのが事実です。 もっと読む
2018-11-28 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会(11月28日) それから、4点目ですけれども、別紙1の評価の点ですけれども、優良可と、要改善というような形で指定管理者の運営評価をしているんですけども、どうしても、指定管理者制度そのものの導入について、区民サービスの向上という側面ももちろんあるんですけれども、一方で経費の削減、それから効率化ということも、指定管理者制度を導入する上でのポイントになっていたと思うんですけれども、そういう面も含めたこの評価というのは、どういう もっと読む
2018-11-16 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第7日目) 本文 2018-11-16 そこで、自治体のパートナーシップ制度について、品川区がどのように検証されているのか伺います。  また、例えば渋谷区では、男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例をもとに、パートナーシップ制度を開始しました。品川区でも条例策定も視野に入れた検討委員会の立ち上げを提案いたします。   もっと読む
2018-11-14 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会(11月14日) 中央やや左側に、矢印とともに、法令上のいじめと社会通念上のいじめの範囲が示されております。 もっと読む
2018-11-13 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第6日目) 本文 2018-11-13 教育委員会といたしましては、あくまで区立学校の学習保障、そしてそれを補完するために、進路指導も含めまして、適応指導教室は学校復帰を目指すことを大前提として取り組んでいるところでございます。 もっと読む