6988件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2020-10-13 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月13日-08号

そして、本年七月、全国知事会、全国市長会などは、新しい時代学び環境整備に向けた緊急提言において、少人数編制を可能とする教員確保要望しました。コロナ禍地方からの要請及び学校現場保護者の長年の要望が国を動かしています。  しかし、来年度、国によって義務教育標準法が改正されるか、予算がつくかは全く不透明な状況です。実現に向けての重要な局面であって、地方からのさらなる後押しが必要です。

世田谷区議会 2020-10-01 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月01日-03号

自治法の改正で、都道府県知事政令指定都市の長は内部統制方針を定めなければならないと義務化されています。また、市区町村長にも努力義務が課されています。職員事務処理ミスが少なくない区の状況と、世田谷区の規模などを考え合わせると、区としても、内部統制方針を定め、体制を整備したほうがよいと思いますが、区の見解をお聞きします。

世田谷区議会 2020-09-30 令和 2年  9月 決算特別委員会-09月30日-02号

もう区長も三期ですから、しっかりとこの組織の―さっき組織のガバナンスという観点での質疑も出ていましたが、自分がしゃべりたいことをテレビでべらべらしゃべって、ああ、大阪の知事みたいにばんばん取り上げられたいなとか、北海道の知事みたいにばんばん取り上げられたいなとか、そういうことがあって、こういう情報を発するような、そういうことはもうやめてもらいたいということですよ。

世田谷区議会 2020-09-28 令和 2年  9月 定例会−09月28日-04号

全国知事会は、一兆円の公費投入増により、国保料協会けんぽ保険料並みに引き下げることを求めています。二〇一八年度からの都道府県化により、二十三区統一保険料方式の当区でも、六年間の激変緩和保険料抑制のための法定外繰入金を毎年減らし、保険料が上昇しています。  国保の今年度の一人当たり保険料は十六万二千百五十二円、激変緩和がなければ約七千二百円もさらに保険料上乗せとなります。

江東区議会 2020-09-28 2020-09-28 令和2年第3回定例会(第10号) 本文

まず、HPVワクチン対象者への周知についてですが、子宮頸がん予防ワクチンは、現在も定期予防接種に位置づけられている一方で、接種後の副反応について懸念されることから、国は平成25年6月に、積極的勧奨差し控えについて都道府県知事宛てに勧告しております。この勧告に基づき、本区では、個別通知ではなく区のホームページ等において必要な情報提供を行っているところであります。  

江東区議会 2020-09-25 2020-09-25 令和2年第3回定例会(第9号) 本文

全国知事会長全国市長会長全国町村会長の三者連名緊急提言を出し、少人数編制を可能とする教員確保を国に要請しました。さらに、国の諮問機関である中央教育審議会も、新型コロナ感染を防ぐため、少人数学級を可能とする指導体制等を求めています。今こそ、少人数学級を進めるべきです。国と東京都に対し、教員教室等を増やす予算措置等を求めるべきです。伺います。  

板橋区議会 2020-09-24 令和2年第3回定例会-09月24日-02号

さらに、全国知事会、全国市長会全国町村会も7月2日、政府に対し、現在の40人学級では、感染症予防のために児童・生徒間の十分な距離を確保することが困難とし、少人数編制を可能とする職員確保などを求める緊急提言書を提出しています。新型コロナウイルス感染の教訓の一つは、感染症が発生しても学校を休校せずに、安心して授業を受けられる学校にすることです。

世田谷区議会 2020-09-17 令和 2年  9月 定例会−09月17日-03号

役職、組織規模は異なりますが、東京都は副知事ヤフー株式会社元代表の宮坂学氏を起用し、まさに爆速でデジタル化が進んでおり、また昨日首班指名された菅新総理からデジタル庁目玉政策として出され、マイナンバーカードがあれば、二十四時間三百六十五日役所に行かなくてもいいような方向にしたいとの発言もありました。国内の行政デジタル化も、既に研究段階から検討実行フェーズまで進んでいます。  

世田谷区議会 2020-09-16 令和 2年  9月 定例会-09月16日-02号

七月三日、全国知事会、全国市長会全国町村会の三団体が少人数編成を可能とする教員確保などを求める緊急提言書連名で提出しました。少人数学級実現は、自治体からの強い要望であり、我が党も賛同するものです。  国も、いわゆる骨太方針二〇二〇に少人数による指導体制検討を盛り込み、導入に向けての検討が進んでいます。早期実現に向け、区として積極的な対応が必要と考えます。

世田谷区議会 2020-09-10 令和 2年  9月 福祉保健常任委員会-09月10日-01号

現実には、先ほどちょっと保健所の話を分かりやすく言っていただいたと思うんですけれども、保健所という言い方をしたり、地域自治体の長にと言ったり、ここが実は感染症法は確かに行政機関的に書いてあるんですけれども、実際のこの感染症抑止に対しての責務は、都道府県知事にあり、都道府県知事のほうについては、今度は基礎自治体のほうにこれを求めてくるという構図は今動いています。

世田谷区議会 2020-09-01 令和 2年  9月 企画総務常任委員会-09月01日-01号

ただし、区長の言っている七月二十八日からテレビや雑誌に出ていろんなことをお話しされていますけれども、ニューヨーク州はすばらしいんだと、クオモ知事に見習うべきだというようなこともおっしゃっていますけれども、ニューヨーク州って人口が一千九百万人ぐらいいて、感染者が三十万人ぐらいこれまで出ていて、死者も二万人ぐらいいてという自治体で、それも厳しい外出制限、いわゆるロックダウンというものもやって、検査以外のことも

世田谷区議会 2020-09-01 令和 2年  9月 区民生活常任委員会-09月01日-01号

また、そういった表明を受けて、全国知事会、それから政令指定都市でつくる団体が、国に対しても、二酸化炭素排出ゼロを国としても取り組んでほしいという要望を出されたというふうに伺っております。各自治体取組、それから国の取組が相まって、こういう二酸化炭素排出ゼロに向けた取組再生可能エネルギー導入の推進が図られていくものと存じます。

板橋区議会 2020-08-25 令和2年8月25日健康福祉委員会-08月25日-01号

このあたりがきちっと知事のほうで踏まえて、公社病院独法にするんだというのが出されているのかどうなのかという点では、私は非常に疑問を感じています。大本、都立病院だったものを保健医療公社にしていったときに、地域医療に重きを移していくんだということで、豊島病院も含めて、地域医療の連携の中で非常に大きな役割を担って、今日まで歩んでこられているわけですよね。  

江東区議会 2020-08-05 2020-08-05 令和2年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

恐らく、JR東海と川勝知事の間でも絶対に、2人で話しても出てこないと思うんです。そのぐらいあれなんですけども、本区の場合、あえて言えば、地下鉄8号線はもう事実なんです。枝川、塩浜あるいは千田、千石というのが、もうこれ以上のところはないというような部分でございますので、やはりそこは、先ほど、一歩も譲らずにやりますということなので、引き続きやっていただきたいと思うんです。

江戸川区議会 2020-08-04 令和2年 8月 文教委員会−08月04日-05号

人数学級についてなんですけども、一つは7月の頭に全国知事会、それから全国市長会全国町村会地方団体連名で「新しい時代学び環境整備に向けた緊急提言」という提言を短い文章ですけども発表して、この中でも少人数学級感染予防感染症予防のために教員確保と合わせてこの少人数学級実現ということを提案しているんですけども、このことについて、これは国に要望するということになると思うんですけども、江戸川

世田谷区議会 2020-07-30 令和 2年  7月 企画総務常任委員会-07月30日-01号

都議会公明党のほうでも、小池知事のほうに、そこの部分で、高齢者施設、また携わる医療のほうのところで、しっかりPCR検査拡充をしていくべきだということを要望させていただいた中で、ここ数日、また今日の新聞報道でもありましたけれども、やっぱりクラスターになりやすい、重篤化しやすい、今回報告もいただいていますけれども、七十代、八十代、九十代の高齢者の方々の感染も発生しているわけです。

江戸川区議会 2020-07-27 令和2年 7月 災害対策・街づくり推進特別委員会−07月27日-03号

こちらの路線、昨年度末、3月10日付で東京知事より事業認可を取得してございます。このことについては、さきの4月21日の当委員会でご報告させていただいたところでございます。その中で、この個別相談会については、延期ということもお知らせさせていただいております。  

江戸川区議会 2020-07-21 令和2年 7月 新庁舎建設等検討特別委員会-07月21日-03号

船堀四丁目有地につきましては、これまで事務的に東京都と折衝しておりましたけれども、都からなかなか前向きな回答が頂けなくて、江戸川区としては進捗がない状況でありましたけれども、平成30年の11月になりまして、多田前区長小池都知事と面会する機会がございまして、船堀四丁目有地について江戸川区にお譲りいただきたい、そして庁舎を建てたい旨を知事に申し上げたところ、知事から前向きな回答を頂き、現在に至っているというところであります