1531件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

足立区議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日産業環境委員会−06月26日-01号

積極的に魅力ある産業資源発掘し、伸ばし、区内外に広めてまいります。  また、足立区の立地や地域特性を生かしつつ、新たな起業や創業、新たな製品開発が区内で進むよう支援してまいります。  交流会や勉強会等の機会を設け、既存の事業者に加え、起業・創業者、更にはまちぐるみのネットワークをつくり、拡大していくことで区内経済の活性化を図ってまいります。  

大田区議会 2019-06-18 令和 1年 6月  こども文教委員会-06月18日-01号

文部科学省平成18年度に実施をした教員の勤務実態調査地域教育力に関する実態調査調査結果をもとに開始となった学校支援地域本部事業は、私たち大田区では、学校支援地域本部(スクールサポートおおた)として平成21年に設置がスタートし、平成25年度内に全校設置がされております。  

世田谷区議会 2019-06-14 令和 元年  6月 定例会-06月14日-03号

今後は、さらに若手の人材発掘するため、区内大学に働きかけをするなど、事業者、関係機関とも連携しながら人材の確保育成に努めてまいります。  なお、介護人材の確保に向けては、職員の処遇や労働環境の改善などが必要と考えており、今後、国や都の動向を注視するとともに、他自治体の取り組みなども参考に研究を重ねてまいります。  次に、公務員ヘルパー廃止後の区の公的責任についてです。  

港区議会 2019-06-14 令和元年6月14日総務常任委員会-06月14日

の新設について  2 審議事項   (1) 区長報告第3号 専決処分について(平成31年度港区一般会計補正予算(第1号))   (2) 区長報告第4号 専決処分について(平成31年度港区介護保険会計補正予算(第1号))   (3) 区長報告第5号 専決処分について(気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区教育センター整備等事業に関する受託契約の変更)   (4) 発 案元第3号 地方行政制度財政問題の調査

大田区議会 2019-06-13 令和 1年 第2回 定例会−06月13日-01号

崖についても、平成22年度、23年度に区内6534か所の崖を調査し、改善につなげる取り組みに役立ててまいりました。ブロック塀と同様に、地域の崖の改善を進めるうえでも、区が率先して安全対策に取り組むと同時に、区民に対しても働きかける取り組みが必要と思いますが、これまでに区が行ってきた6534か所の実態調査の結果をどのように活かしてきたのか伺います。  

世田谷区議会 2019-06-12 令和 元年  6月 定例会-06月12日-01号

平成二十九年度に実施した世田谷区空き家等実態調査は、建物と敷地の状況を調査し、総合的に判定したもので、ブロック塀を含め建物に附属する門や塀の状態についても調査しております。実態調査では、空き家等の管理不全な状態を判断するという目的から、門や塀については、ひび割れや破損などが見られた場合のみ状態を把握しております。  

杉並区議会 2019-06-10 令和 元年 6月10日文教委員会−06月10日-01号

次に、管理職候補者の発掘育成強化でございます。研修を通して、管理職に求められる資質、能力育成し、次代の杉並の教育を支える人材を計画的に育成してまいります。  続けて、報告事項(2)、働き方改革推進プランの策定について御報告いたします。  まず、プラン策定の目的でございますが、これまでの本区の質の高い教育を維持発展させていくことを目指し、本プランを策定したものでございます。  

世田谷区議会 2019-05-29 令和 元年  5月 福祉保健常任委員会-05月29日-01号

(4)地区・地域での社会資源発掘・創出では、地域包括ケアの地区展開において、まちづくりセンター等の三者が連携をし、多様な主体参加のもと地域資源開発に取り組むとともに、社会福祉議会とNPOとの連携を強化し、生活支援サービスの提供体制の拡充を図り、地域資源開発の取り組みを支援してまいります。  

世田谷区議会 2019-05-28 令和 元年  5月 区民生活常任委員会-05月28日-01号

◎伊藤 書記 調査係の伊藤です。どうぞよろしくお願いいたします。 ○中村公太朗 委員長 以上で紹介を終わります。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○中村公太朗 委員長 それでは、1報告事項の聴取に入ります。  まず、(1)令和元年第二回区議会定例会提出予定案件について、諮問の①人権擁護委員候補者推薦の諮問について、理事者の説明を願います。

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  健康福祉委員会−05月27日-01号

続きまして、資料番号3番、シニアの健康長寿に向けた実態調査追跡調査結果についても、私のほうからご報告させていただきます。  資料3番をご覧ください。平成28年度から3年間の計画で、区と東京都健康長寿医療センターは共同研究事業として「大田区元気シニア・プロジェクト」に取り組みました。

世田谷区議会 2019-03-27 平成31年  3月 定例会-03月27日-05号

公園整備に関しては、雨水貯留浸透機能を有するレインガーデンの今後の整備方針が問われるとともに、ワークショップ等の手法を用いた区民参加による整備計画の策定やサウンディング型市場調査を活用した民間活力の導入など、区民や事業者との協働による魅力ある公園づくりに期待が寄せられました。  

世田谷区議会 2019-03-22 平成31年  3月 予算特別委員会-03月22日-08号

全壊、半壊にこの数字を足し合わせた全数が区の訪問調査対象となりますけれども、その合計数は、何と十四万六千棟以上に膨らみます。  現在のスキームでは、必ずこれら全てに二人以上の職員を同時に現地派遣して調査をするとしていますが、どれくらいの期間調査を終えられるのでしょうか。現実的に迅速発行可能なスキームと言えるのかどうか、確認をさせていただきます。