74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

杉並区議会 2019-11-20 令和 元年第4回定例会−11月20日-24号

この注意喚起は、公益社団法人日本医師会会長宛てにも文書の発信がされています。  こうした注意喚起が医師の方に行われておりましたが、平成30年8月には、宮崎県において、小動物臨床を行う動物病院に勤務する医師動物看護師が猫からSFTSに感染した事例の報告があります。この事例は、SFTSに感染している猫に対し、皮下点滴の際に出血し、医師動物看護師が血液の拭き取りと止血を行いました。

杉並区議会 2019-10-07 令和 元年決算特別委員会−10月07日-06号

かつて東京都には公私格差是正補助金というものがありまして、これが人件費に充てられていたため、東京都保育士というのは全国一お給料が高いというので、大変待遇がよろしかったんですけれども、その後これが廃止されまして、私立園の経営は大変厳しくなっていると思います。その間支えてきたのが、これらの区の独自加算であったのではないかと思います。  

世田谷区議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会-06月13日-02号

また、これまでも医師会の先生方が保健所と連携して、ペットの同行避難についての御助言等の御協力をくださっており、今後、区が災害時に備えて各避難所運営においてペットの同行避難者の受け入れをイメージできる意識啓発の場づくりと、具体的な訓練を進めるための仕組みをつくり、その仕組みを活用して、一カ所でも多くの避難所ペットの同行避難に取り組むことができるよう推進すべきと考えます。区の見解を伺います。  

目黒区議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第5日 3月14日)

○手塚生活衛生課長  それでは、4点目の災害時のペット対策における放浪動物や被災動物保護所の設置や、それから医師会との連携等について、環境省ガイドラインに沿った検討しているかとの御質疑についてでございますけれども、河野委員が質疑でおっしゃるとおり、熊本地震を教訓に平成30年2月に環境省が改訂した人とペット災害対策ガイドラインの中では、自治体の役割として、都道府県対策例や市町村対策例及び地方医師

大田区議会 2019-02-21 平成31年 第1回 定例会−02月21日-02号

この人材のとり合いに勝つためには、一つは待遇改善がキーワードになります。例として、保育分野では既に実施されておりますが、職員施設近くの大田区内に住んでもらうことも待遇改善の一つになると考えます。これは待遇のみならず、防災の観点からも、いざというときにすぐ施設に駆けつけられる利点が生じます。

板橋区議会 2019-02-14 平成31年第1回定例会−02月14日-01号

集団生活が十分に可能という医師診断書があっても、窓口では居宅訪問型保育の利用を案内されています。  しかし、居宅訪問型保育では、呼吸器系の疾患を持つ子は受け入れてもらえません。さらに、その中でも知的、身体的な障がいとの重複がほとんどなく、自らの意思で移動ができる子については、障がい児が通う療育機関からも受け入れを拒否されている場合があります。全く行き場のない状態が続いております。

板橋区議会 2018-10-26 平成30年10月26日決算調査特別委員会−10月26日-01号

ご提案のように、狂犬病予防接種時を活用した啓発や、動物病院での案内等につきましては、板橋医師会とも協議をしてまいりたいと考えております。 ◆五十嵐やす子   ぜひ、ペット家族の一員と考えている方が多いと思いますけれども、自分の命、食べるものは置いてても、あら、ペットのがなかったわってならないように、ペット備蓄についても、呼びかけをお願いしたいと思います。  

世田谷区議会 2018-10-03 平成30年  9月 決算特別委員会-10月03日-03号

今年度は新たに三カ所の避難所で訓練を実施しますので、各避難所のスペースや運営体制等の課題もありますが、パンフレットの配布や避難所運営組織への説明、医師会との連携、同行避難訓練の実施などにおいて、各避難所での普及啓発に努め、同行避難可能な避難所がふえるよう担当部署と調整し、取り組んでまいります。

葛飾区議会 2018-03-06 平成30年予算審査特別委員会第2分科会( 3月 6日)

後半の委託社員待遇というのでしょうか、労働についてということでございますが、今お話のとおりで、確かに、もちろん正規職員委託事業者の正規職員も何人かは配属されます。それ以外の社員につきましては、基本的にパートタイマー対応になります。したがいまして、ある意味では自分の働きたい時間帯にシフトを組むということが可能になってきます。

世田谷区議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会-06月15日-03号

そこで、単に区が購入、買いかえをするのではなく、病院医師会及び薬剤師会等関係団体委託管理し、備蓄品を常に関係団体に流通させ、更新していくランニングストックとして備蓄することで、保管しているうちに医薬品が古くなって、いざというときに使えないという事態を避け、保管や管理に多大なコストを割くことなく備蓄が確保できると考えます。  

板橋区議会 2017-06-05 平成29年第2回定例会−06月05日-01号

地域医師の方々におかれましては、これまでのようにクリニックでの診療であれば、1時間に10人以上診察することができるかもしれません。しかし、訪問診療だと1時間に2人程度になってしまうと予測されます。診療する患者さんが減れば、当然収入も減るわけで、診療報酬などの見直しで医師の報酬を適切に保てるのかという懸念があります。  

港区議会 2017-02-28 平成29年度予算特別委員会−02月28日

移住支援をするにあたって税制面の支援や移住者に対する特別待遇のキャンペーンが各自治体で行われていますが、これらは移住希望者の最終的な判断材料にはなりにくいということが、実際に移住した人々の経験談から伺えます。移住希望者にとっては、自然に囲まれた住みやすい環境とその土地情報、何よりその土地の住民との関わり合いが重要な項目になってくるということです。

品川区議会 2017-02-23 平成29年_第1回定例会(第2日目) 本文 2017-02-23

区民の常識とかけ離れた待遇はやめるべきです。  質問します。区長、小池都知事は大勢の都民生活が厳しいことを認識した上で、給与などを半減し、自らが身を切りました。そして、都議会議員も20%の給与削減と政務活動費の約17%削減に同意しました。品川議会も区長も身を切るべきではありませんか。

港区議会 2016-07-14 平成28年第2回定例会−07月14日-07号

また、保護者児童にとっては、児童心理司医師等による心理発達相談、児童福祉司による養育相談などの専門相談をより身近に利用することが可能となり、日常の心配事から深刻・重篤な問題まで安心して相談できるようになります。  次に、専門性の高い職員育成・確保策についてのお尋ねです。児童相談所の設置には、児童福祉司や保健師、児童心理司弁護士医師看護師などの専門職の配置が必要となります。

江戸川区議会 2016-06-14 平成28年 第2回 定例会-06月14日-03号

また、江戸川区、行政だけではなくて、医師会のほうも、今までなかったんですが、今年度から区内に認知症の拠点病院ということで指定をしていただいた部分もございますし、様々な認知症施策、ご協力をいただいているところでございます。また、介護事業者につきましても、本来業務ということで、認知症については活躍をされています。  

江戸川区議会 2016-06-13 平成28年 第2回 定例会−06月13日-02号

なごみの家に欠かせない地域ネットワークについては、町会・自治会、くすのきクラブ代表者をはじめ、医師会、歯科医師会、ファミリーヘルス推進員など、地域の方々による運営委員会組織されました。  なごみの家では、熟年者に潤いと安心を提供し、子どもたちにとっては、勉強の場としての活用がなされ、今後、区内十二カ所に設置予定です。