運営者 Bitlet 姉妹サービス
934件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 また、現在は電気自動車のほかに水素自動車も実用化が進められております。水素自動車は、電気自動車と同じく災害時に発電機として利用が可能であり、発電量自体は電気自動車を上回っております。また、燃料としては充電ではなく水素の補給であり、停電時も燃料補給ができること、電気自動車よりも燃料補給が早く済むことという利点があります。実際に、札幌市役所では、水素自動車発電による携帯電話の充電がされていました。 もっと読む
2018-11-12 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第5日目) 本文 2018-11-12 また、電柱につきましては、水素などで劣化するものもあるのですが、品川区内にはそのような特別対策柱といわれるようなものはないというふうに区としても確認しております。 もっと読む
2018-10-22 港区議会 平成30年10月22日建設常任委員会-10月22日 ○委員(池田たけし君) さらに、社会システムがだんだん変化していく今、電気自動車が随分増えてまいりまして、まちなかにも充電できる場所をつくる、あるいは水素ステーションもつくっていくということによって、さらに低炭素化が前進していくと思うのです。 もっと読む
2018-09-04 豊島区議会 平成30年環境・清掃対策調査特別委員会( 9月 4日) 平成29年度現在、大気汚染防止法に基づき基準が定められているものは、表の上からばいじん、硫黄酸化物、窒素酸化物、塩化水素となっております。水銀につきましては、平成30年3月までは法律による規制はありませんでしたが、独自に自己規制値を定め管理しておりました。  調査結果でございますが、ばいじん、硫黄酸化物、塩化水素につきましては全て不検出でした。 もっと読む
2018-06-27 葛飾区議会 平成30年議会運営委員会理事会( 6月27日) 昨年の9月に強行された北朝鮮による大陸間弾道ミサイル装着用の水素爆弾実験に対しても、葛飾区議会は強く非難するとともに、国際社会が度重なる核実験や弾道ミサイルの放棄を求めてきた中で核実験を行った暴挙に対し、抗議文を送付したところであります。  一方、昨年7月、国連において核兵器禁止条約が採択されました。 もっと読む
2018-06-27 練馬区議会 平成30年 第2回定例会-06月27日−06号 更に、本委員会は、近年、省エネなどエネルギーの効率的利用を進めるとともに、太陽光や風力など地域の資源や特性を生かした、さまざまなエネルギーの導入によるエネルギー自給率の向上や災害時における地域のエネルギー源の確保、水素エネルギーを利活用した社会の実現に向けた活動を積極的に進めている福岡県を視察し、更なるエネルギー政策の充実について調査・研究を深めたところであります。   もっと読む
2018-06-19 大田区議会 平成30年 6月  総務財政委員会-06月19日-01号 水素ステーションを併設した店舗ということで、大田区池上に28年にオープンしてございます。これは、全国ではほかに1店しかなく、全国でも2店というふうになってございます。  また、右側のほうでございますが、地域の住民の方も利用可能となっている、従業員向けの保育園、こちらのほうが店舗の2階にあるものがございます。 もっと読む
2018-06-18 大田区議会 平成30年 6月  地域産業委員会-06月18日-01号 それで水素が噴き出たなんてあるので、あれさえも耐用年数を延ばしているわけです。危ないなと思うのですけれども、多分いろいろなことで乗り切ろうとしているのでしょう。本当はやってはいけないと思いますけど。そういうことをやれる、区の一級建築士の皆さんを含めて、技術者が少なくなっているのがわかるのですけれども、そういう区の弱体化が、維持しようとする様々なメンテナンスが薄くなってきているのではないか。 もっと読む
2018-06-15 台東区議会 平成30年 6月交通対策・地区整備特別委員会-06月15日-01号 ◆中澤史夫 委員 資料を見させていただいて気になった点が一つだけあるんですけれども、建築物の用途の制限の中で、ガソリンスタンド、これは多分、水素ステーションとか、電気自動車のEVステーションは含まれるんでしょうか。 ○委員長 まちづくり推進課長。 もっと読む
2018-05-28 世田谷区議会 平成30年  5月 オリンピック・パラリンピック・環境対策等特別委員会-05月28日-01号 3の水素社会の実現に向けた取り組みとしまして、燃料電池自動車の活用として、小学校での出前講座や避難所運営訓練等での外部給電機能の紹介、移動式水素ステーションの運用と水素エネルギーの紹介リーフレットを発行してまいります。   もっと読む
2018-05-25 練馬区議会 平成30年  5月25日 清掃・エネルギー等特別委員会-05月25日−01号 現在のところ、電気自動車、水素自動車を含めて、今は4台ですけれども、近いうちに安全・安心パトロールカーの7台が電気自動車になりますので、当面は10台の電気自動車、水素自動車の確保ができます。  それに加えて、区民の協力の車が出てくれば、概ね10か所を二日間程度は何とか回せる範囲にならないかと考えています。 もっと読む
2018-05-09 目黒区議会 平成30年都市環境委員会( 5月 9日) これは、目黒川において臭気発生要因を把握するため、硫化水素連続調査、臭気調査、水質調査等を下記の表、項目、目的、期間によりまして多角的に検証することによりまして、悪臭を抑制するための実現可能な対策の検討に生かしたいというふうに考えております。   もっと読む
2018-04-10 豊島区議会 平成30年環境・清掃対策調査特別委員会( 4月10日) このうち大気汚染防止法に基づき基準が定められているものは、表の上からばいじん、硫黄酸化物、窒素酸化物、塩化水素でございます。水銀につきましては、平成30年3月までは、法律の規制はございません。清掃一組では、平成30年4月の法規制施行前から法規制に準じて、排ガス中の水銀を管理しているところでございます。 もっと読む
2018-03-20 台東区議会 平成30年 予算特別委員会−03月20日-01号 5点目に、水素を燃料とする燃料電池自動車の活用について2点お伺いいたします。  1点目に、水素エネルギーの普及啓発についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-03-12 大田区議会 平成30年 3月  予算特別委員会−03月12日-01号 水素自動車をほかの自治体に先駆けて導入し、子ども向けにはエコフェスタワンダーランドを開催するなど、本区は、環境啓発に力を入れてまいりました。  また、昨年、大田区立大森第六中学校がエネルギー教育モデル校に選定され、エネルギーについて幅広く学び、児童・生徒が将来のエネルギーに対する適切な判断と行動をするための基礎を構築することを目指しているとのことです。 もっと読む
2018-03-08 足立区議会 平成30年予算特別委員会-03月08日-05号 ◎環境政策課長 電気自動車等の購入費の補助でございますが、内容的には、電気自動車とプラグインハイブリッド車、それと水素自動車、この3種類で1台当たり10万円という補助制度でございます。  平成28年度から始めまして、平成28年度は18台だったのですが、今年度につきましては72台とかなり伸びが来てございます。 もっと読む
2018-03-07 練馬区議会 平成30年  3月 7日 予算特別委員会-03月07日−01号 一つ、電気自動車、プラグインハイブリッド車、水素燃料車の普及に努められたい。  一つ、公共駐車場にEV車の高速充電器の設置を試験的に導入されたい。  一つ、生活保護の不正受給に対する組織強化を図られたい。  一つ、ペットショップや猫カフェの衛生管理に十分対応されたい。  一つ、東京都と連携し、今後も犬、猫の殺処分ゼロに努められたい。   もっと読む
2018-03-07 台東区議会 平成30年 予算特別委員会-03月07日-01号 その成果というか、その調査結果でございますけれども、13項目、水素イオンの濃度、それから溶存酸素、生物化学的酸素要求量等、13項目調査しておりまして、その中で環境基準となります4つのもの、水素イオン濃度、溶存酸素、それから浮遊粒子状物質、それから生物化学的酸素要求量、4項目ありまして、そのうち溶存酸素、水の中の酸素量のみが基準は未達成でございますけれども、それ以外は基準を達成しておりまして、魚やカニ もっと読む
2018-03-02 江戸川区議会 平成30年予算特別委員会(第4日)-03月02日-04号 ◆佐々木勇一 委員 水素社会の実現というのも、東京都も音頭をとってやっていますし、いろいろな技術革新が進めば、この温暖化対策というのも進んでいくと思います。その上でしっかりとまた進めていくということですので、よろしくお願いいたします。  次に、区が一事業者として環境配慮を率先して行う計画である第五次の環境行動計画についてお尋ねをしてまいります。   もっと読む
2018-02-16 港区議会 平成30年第1回定例会−02月16日-03号 運河底の酸素不足は嫌気性バクテリアによる硫化水素の発生を促し、しばしば悪臭の原因となり、近隣の住民等を悩ませています。  港区に事務所を置くNPO地球環境共生ネットワークは、水質改善に取り組む団体や自治体へ、琉球大学の比嘉照夫名誉教授が開発したEM菌の導入を図り、水質浄化の実績を重ねています。 もっと読む