運営者 Bitlet 姉妹サービス
68件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-02-22 足立区議会 平成30年 第1回 定例会-02月22日-02号 初めに、草津白根山噴火により、訓練中に殉職された自衛官に心から哀悼の意を表すとともに、けがをされた方々にお見舞いを申し上げます。  そして、過日の大地震で被災された台湾の皆様に心からお見舞い申し上げ、一日も早い復旧をご祈念申し上げます。   もっと読む
2017-12-05 足立区議会 平成29年 第4回 定例会−12月05日-03号 東日本大震災の教訓と遠藤美希さんの使命感と強い思いを足立区行政も共有し、足立区職員の誰一人も殉職せずに、足立68万人の区民の命を守る最善を尽くさねばならないと、災害地にて救援活動を続けた一人として、強くお訴えさせていただきます。  本年の第3回定例会本会議にて、米山やすし議員の質問の中で、情報伝達手段の一つとして、FM放送の認識についてがありました。   もっと読む
2017-11-14 大田区議会 平成29年11月  防災安全対策特別委員会−11月14日-01号 ただ、今、広川委員のほうからあったように、スキルを見ながら無理のない範囲でということと、やはり大きな災害のときに、特に消防団員が殉職を出しているのは、この間の東日本のときの多くは水門閉鎖、これを消防団の任務、消防業務の一環としてあって、多くの消防団員が水門を閉鎖しに行って殉職したということがあって、これはこの後の見直しで、水門の廃止を含めて、もしくは自動化とか、それから場合によっては水門を閉鎖しないで もっと読む
2017-11-14 大田区議会 平成29年11月  防災安全対策特別委員会−11月14日-01号 ただ、今、広川委員のほうからあったように、スキルを見ながら無理のない範囲でということと、やはり大きな災害のときに、特に消防団員が殉職を出しているのは、この間の東日本のときの多くは水門閉鎖、これを消防団の任務、消防業務の一環としてあって、多くの消防団員が水門を閉鎖しに行って殉職したということがあって、これはこの後の見直しで、水門の廃止を含めて、もしくは自動化とか、それから場合によっては水門を閉鎖しないで もっと読む
2016-11-08 板橋区議会 2016.11.08 平成28年 企画総務委員会 本文 れますけれども、この陳情要旨全てを見ていくと、もし仮に戦争が起きたとして、犠牲になった方にきちっと保障を求めよという法律ですので、そういうことがないように運用してもらわなきゃいけないわけですけれども、これを今の段階で法律化することというのは非常に非現実的かなと思っておりますし、また、自衛隊の方々については国家公務員災害補償法の適用が認められるということで、別にこれは自衛隊だけでなく警察も同様でしょうし、殉職 もっと読む
2016-08-23 板橋区議会 2016.08.23 平成28年 企画総務委員会 本文 ◯大田ひろし  そういった警察等も含めてなんですけれども、例えば殉職というか、職に殉じて亡くなってしまったという場合、過去でもいいんですけれども、わかる範囲でいいですが、例えば最大限どのぐらい出たとかということも、何かインターネットを見ると、いろいろ書いてあるんです。 もっと読む
2015-10-13 板橋区議会 2015.10.13 平成27年第3回定例会(第3日) 本文 その中で、自衛隊発足以来、1800人以上の自衛   官が様々な任務において殉職をしている。    そのような覚悟や行動、責任感に対して、私たちはこれまであまりにも頼るばかり   だったのではないかと考えている。よって、そういった行動に応える意味からも、安   保法制によって日本を他の国の脅威から遠ざける、「抑止力」を高める必要がある。     もっと読む
2015-09-28 板橋区議会 2015.09.28 平成27年 企画総務委員会 本文 まるで、他会派から報道等、マスコミ等が取り上げて、まるで殉職した自衛官が今までいなかったように報道されていますが、自衛隊発足以来1,800名以上の方が任務等で殉職されております。 もっと読む
2015-03-06 北区議会 平成27年  防災対策特別委員会-03月06日−01号 じておりますけれども、やはり年末年始のパブコメだったので、意見の数は少なかったですが、内容には結構専門的なXRAINの話とか複合災害についてもどうだということで、こちらのパブコメのとおりであるということと、回答もやはり鋭意これをまた検討していくという内容であれだったんですが、特にやはり先ほどご紹介あった21ページの園部警部補の狩野川台風での秘話、一家4人を救出して、なおかつまた女の子が流されている中で殉職 もっと読む
2015-03-06 北区議会 平成27年  防災対策特別委員会-03月06日−01号 じておりますけれども、やはり年末年始のパブコメだったので、意見の数は少なかったですが、内容には結構専門的なXRAINの話とか複合災害についてもどうだということで、こちらのパブコメのとおりであるということと、回答もやはり鋭意これをまた検討していくという内容であれだったんですが、特にやはり先ほどご紹介あった21ページの園部警部補の狩野川台風での秘話、一家4人を救出して、なおかつまた女の子が流されている中で殉職 もっと読む
2015-02-09 墨田区議会 平成27年 第1回定例会(2月)-02月09日−02号 ご提案の慰霊碑や説明看板につきましては、昨年の第3回定例会のはら議員さんのご質問にもお答えいたしましたが、区内には、戦没者や勤務先での殉職者の霊を弔うために、地域の方々や事業所によって建立された慰霊碑や地蔵尊等がそれぞれ受け継がれてきていることや、関東大震災とともに東京大空襲の被災者の霊を弔う東京都慰霊堂が区内にあることから、改めて設置する考えはございませんが、いろいろな方法で平和の大切さを次世代に もっと読む
2014-09-10 墨田区議会 平成26年 第3回定例会(9月)-09月10日−01号 一方、区内には、戦没者の霊を弔うために、地域の皆様により建立された慰霊碑や地蔵尊等をはじめ、勤務先の殉職者の方々の慰霊碑などがございまして、絶えずお花やお水が供えられていると聞いております。   もっと読む
2014-09-10 杉並区議会 平成26年第3回定例会−09月10日-12号 災害直後の現場では、救助した小さな子どもの命を守ろうとした消防士が、子どもを抱きかかえたまま土石流にさらわれ、殉職をされております。亡くなられた犠牲者の方々に心よりご冥福をお祈り申し上げる次第です。  災害現場は、今も大変厳しい状況にありますが、全国からスコップを持ちボランティアが集結しているとの報道がありました。 もっと読む
2014-09-10 杉並区議会 平成26年第3回定例会−09月10日-12号 災害直後の現場では、救助した小さな子どもの命を守ろうとした消防士が、子どもを抱きかかえたまま土石流にさらわれ、殉職をされております。亡くなられた犠牲者の方々に心よりご冥福をお祈り申し上げる次第です。  災害現場は、今も大変厳しい状況にありますが、全国からスコップを持ちボランティアが集結しているとの報道がありました。 もっと読む
2014-03-07 杉並区議会 平成26年予算特別委員会−03月07日-06号 その一方で、住民の避難誘導や水門の閉鎖など、198人が殉職し、命がけの職務であることが、テレビを通じて全国的に知られました。  これまで区が重点的に取り組んできたこと、また26年度予算で重点的に取り組んでいくことについてお聞かせください。 もっと読む
2014-03-07 杉並区議会 平成26年予算特別委員会−03月07日-06号 その一方で、住民の避難誘導や水門の閉鎖など、198人が殉職し、命がけの職務であることが、テレビを通じて全国的に知られました。  これまで区が重点的に取り組んできたこと、また26年度予算で重点的に取り組んでいくことについてお聞かせください。 もっと読む
2014-02-28 墨田区議会 平成26年  予算特別委員会-02月28日−01号 あと、私がたまたま所属していた会社の電話局の石原ビルというところで、交換手の方が大勢殉職されたということで、やはり来年の3月の節目には何か行事を行おうということで、今、計画している最中でもあります。  東京大空襲があったときに生まれたばかりの赤ちゃんが、もう70歳になる年です。 もっと読む
2014-02-21 港区議会 平成26年第1回定例会−02月21日-03号 東日本大震災で救助活動等に奔走する中、多くの消防団員が殉職、行方不明になりました。殉職された方々には、公務災害補償の認定が行われました。保障されても命が戻るわけではないので、家族の皆さんのお気持ちはいかばかりか、お察しいたします。   もっと読む
2013-03-22 墨田区議会 平成25年  企画総務委員会-03月22日−01号 そしてまた、私は3月10日の慰霊祭のほうは参加しなかったんですけれども、私が勤めていた会社のほうに慰霊碑がありまして、殉職された方の慰霊法要を毎年行っています。  そういった中で、空襲のさまざまな悲劇の語り部の方のお話や、当時のビデオですとか、そういったものをさまざま見させていただきました。 もっと読む
2012-11-29 荒川区議会 平成24年 第4回定例会(11月)-11月29日−01号 地震発生直後の被災地では、先ほどお話がありましたように、水門を閉めなければいけない、いろいろな意味で危険を承知の上で、消防団員の方々が殉職をされた事実を私は涙なしには思い起こすことができません。また市長も亡くなられましたし、自治体職員が多く殉職をされた事実も重く受けとめなければいけないというふうに思います。   もっと読む