運営者 Bitlet 姉妹サービス
464件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-13 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第6日目) 本文 2018-11-13 ここ近年の残菜の数量の推移でございますけれども、若干増加傾向にはあるのですが、おおよそ年350トン前後の残菜が46校の学校で出ているというような状況でございます。 46 ◯松永委員  ぜひ取り組んで、残菜を減らしていただきたいと思います。   もっと読む
2018-10-09 新宿区議会 平成30年 10月 福祉健康委員会-10月09日−12号 この目は、都広域連合分として支出する葬祭費5万円の財源として、概算交付を受けた平成29年度の受託事業収入について、額の確定に伴う返納金を計上したものです。  以上で、第72号議案 平成30年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の説明を終わります。御審査のほど、よろしくお願いいたします。 ○豊島あつし委員長 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。   もっと読む
2018-09-12 新宿区議会 平成30年  9月 福祉健康委員会-09月12日−11号 予防接種の660件というのは、こちらのほうも風しん予防対策事業の実績としまして、大体、抗体検査を受けた3割程度の方が抗体価が低いということがわかっておりますので、そちらのほうで大体2,200件の3割ということで660件というふうに概算しております。   もっと読む
2018-06-08 港区議会 平成30年6月8日区民文教常任委員会-06月08日 続きまして、項番5、概算費用についてです。地中障害物撤去費用及びがれき混じりの残土処分費を含む5,683万円としてございます。  最後に、項番6、今後のスケジュールです。まず、本件に関しまして第2回定例会へ補正予算案を提出し、総務常任委員会でご審議いただきます。また、6月下旬には、赤坂中学校及び赤坂小学校の保護者向けの説明会を実施しまして、7月上旬には計画地の近隣説明会を実施してまいります。 もっと読む
2018-03-15 世田谷区議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日-06号 ◎佐藤 建築安全課長 二十一年度と二十二年度ということですが、二十二年度は三十工種に発注可能な最低限の予定数量を割り振りまして、その合計を設計金額とする方式でございます。今までそうです。二十一年度以前は、単純に全工種の設計単価の合計を設計金額といたしまして、見積もりにて入札を行っているという方式でございます。 もっと読む
2018-03-08 世田谷区議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月08日-03号 また、昨日も御答弁しておりますとおり、基本構想では六万八千六百平米で四百十億円ということで算定してございますが、今後、五月末にお示しいたします基本方針の案におきましても、概算ではございますが、事業費のほうも掲載いたしまして、そちらのほうも含めまして丁寧に御説明をしていきたいと考えております。 もっと読む
2018-03-08 大田区議会 平成30年 3月  予算特別委員会−03月08日-01号 それでは、都市鉄道利便増進事業費補助金で、現在の概算事業費1,260億円のうち、東京都と大田区の合わせて3分の1と言われてきた負担割合は、幾らになるのかお聞きします。 ◎黒澤 まちづくり推進部長 昨年の促進協議会で発表申し上げました1,260億円、これに対して整備スキームは、国、地方、整備主体がそれぞれ3分の1という法令になっておりますので、これの3分の1ということで、420億円となります。 もっと読む
2018-03-08 豊島区議会 平成30年予算特別委員会( 3月 8日) ○活田再開発担当課長  答えが返ってこないというか、個別の事情については、都市計画決定が終わって、ここのC地区の建物ボリュームがある程度決まってからではないと、正確、今、概算ですけれども、正確な数字が示せない。今の段階で、概算で出すと、それがひとり歩きになってしまって、なかなか事後の調整が難しいという準備組合の判断でございます。 もっと読む
2018-03-05 練馬区議会 平成30年  3月 5日 予算特別委員会-03月05日−01号 ◎計画課長 今後、100年を目途に概算で試算した場合です。  予防保全型で維持管理をした場合、以前までの事後保全型の維持管理費と比較すると、約50%の削減が見込まれるものでございます。 ◆光永勉委員 計画策定から3年が経過しておりますが、これまでどのくらいの費用がかかっているのか。  また、国からの補助等はどのぐらい入っているのか。お聞きします。 もっと読む
2018-02-28 港区議会 平成30年度予算特別委員会−02月28日 ○防災課長(佐藤博史君) 備蓄食料は、毎年賞味期限が迫っている数量をもとに必要数を算出して購入しているため、年度によって数量は若干異なりますが、平均で保存水は12万3,320本、乾パンは1万8,390食、アルファ米は5万3,490食、こまちがゆは1,800食、粉ミルクは56セット、毎年購入しております。 ○委員(阿部浩子君) ありがとうございます。 もっと読む
2018-02-26 世田谷区議会 平成30年  2月 区民生活常任委員会-02月26日-01号 ですので、数量自体が若干減ってきているということで、上下変動があることから、そういう形をとっているところでございまして、二〇%ということにつきましては、今お話がございました適正な利用者負担の導入指針ということの中で、激変緩和を踏まえまして、二〇%という形をとらせていただいているところでございます。 もっと読む
2018-02-05 世田谷区議会 平成30年  2月 企画総務常任委員会-02月05日-01号 学校施設の維持管理等に係る概算経費につきましては約四千七百万円、地域利用等に係る概算経費につきましては約千四百万円となる見込みです。次に、(2)意見交換の継続についてです。三十年度につきましても、施設利用と将来の活用に向けた地域住民との意見交換を継続していく予定でございます。  次に、5の平成三十一年度以降の施設活用についてです。 もっと読む
2018-02-05 世田谷区議会 平成30年  2月 企画総務常任委員会-02月05日-01号 学校施設の維持管理等に係る概算経費につきましては約四千七百万円、地域利用等に係る概算経費につきましては約千四百万円となる見込みです。次に、(2)意見交換の継続についてです。三十年度につきましても、施設利用と将来の活用に向けた地域住民との意見交換を継続していく予定でございます。  次に、5の平成三十一年度以降の施設活用についてです。 もっと読む
2017-11-30 港区議会 平成29年第4回定例会−11月30日-15号 入庫年月日、数量、出庫年月日、新品の入れかえを含めた在庫の残数、有効期限、倉庫内の保管位置等、誰が取り扱ってもできるような共通性、一貫性をつくる方策が重要と考えます。また、区が保管する在庫の台帳とは別に、各倉庫の在庫の一覧表をつくり、防災組織に配付し周知することにより、災害時に区と地域住民が連携して避難活動等を行うことがとても重要です。 もっと読む
2017-11-13 世田谷区議会 平成29年 11月 福祉保健常任委員会-11月13日-01号 ◎宮崎 副区長 概算ですけれども、約三万、三万だったと思います。 ◆菅沼つとむ 委員 三万、三万、じゃ、ちょうどバランスよくなる。ありがとうございます。 ◆大庭正明 委員 希望ですけれども、この図面、書き方の様式が違うので、同じようにしてもらいたい。片方は建蔽率とか容積対象面積が載っているけれども、こっちは全然載っていなかった。 ◎宮崎 副区長 失礼しました。以後気をつけます。     もっと読む
2017-11-13 世田谷区議会 平成29年 11月 福祉保健常任委員会-11月13日-01号 ◎宮崎 副区長 概算ですけれども、約三万、三万だったと思います。 ◆菅沼つとむ 委員 三万、三万、じゃ、ちょうどバランスよくなる。ありがとうございます。 ◆大庭正明 委員 希望ですけれども、この図面、書き方の様式が違うので、同じようにしてもらいたい。片方は建蔽率とか容積対象面積が載っているけれども、こっちは全然載っていなかった。 ◎宮崎 副区長 失礼しました。以後気をつけます。     もっと読む
2017-11-08 新宿区議会 平成29年 11月 総務区民委員会-11月08日−20号 今も言ったように、分別の方法が変わって、特に資源ごみという形で、以前は燃えるごみ、燃えないごみと言っていたんですけども、今、基本的にはこの中継所で扱っているのは、ビニール系といいますか、そういう資源関係は基本的には入らないで、もちろん瓶、缶は別に収集しているということで、そういうふうになって、数量的にも少なくはなっています。   もっと読む
2017-10-16 大田区議会 平成29年 第3回 定例会−10月16日-04号 したがいまして、将来的に本財産の位置・数量が確定いたしまして、事業者が選定されて、具体的な施設が決まった後、改めて当審議会にお諮りをしたい」と、抽象的なまま了解をとる審議が行われました。その後、本年第258回審議会において「時価払い」という答申がなされました。 もっと読む
2017-10-16 大田区議会 平成29年 第3回 定例会−10月16日-04号 したがいまして、将来的に本財産の位置・数量が確定いたしまして、事業者が選定されて、具体的な施設が決まった後、改めて当審議会にお諮りをしたい」と、抽象的なまま了解をとる審議が行われました。その後、本年第258回審議会において「時価払い」という答申がなされました。 もっと読む
2017-10-04 世田谷区議会 平成29年  9月 決算特別委員会−10月04日-03号 これは区立と私立の保育園については、それぞれ区の負担が大きく違うということは議会でも表明されておりますし、福祉保健委員会でも、以前、概算ですけれども、ゼロ歳児に当てはめてみると、一カ月、区立では約四十万円、民間の私立では約十五万円ぐらいの経費の差があるというふうに聞いています。区立保育園を私立の保育園、民営化することによって、新たにどれぐらいの財源が確保されるのかということが一つ。   もっと読む