1239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

杉並区議会 2021-03-10 令和 3年予算特別委員会-03月10日-03号

夫婦と子供2人の4人世帯の場合、年収400万円のうち、所得、住民、国保料年金保険料年間負担額は、2010年当時68万円余りでした。しかし、11年間で39万円以上の負担増となり、来年度年間負担額が107万円余りに増加、加えて消費増税も重なり、社会保険料負担額は128万円以上と、年収400万円のほぼ3分の1に上る大変重たい負担となっています。  

北区議会 2021-03-03 03月03日-01号

国政の中でも、もう既に所得とほぼ同じぐらいの税収に上っている状態だと思います。消費を廃止するということになると、所得だけで考えると、倍にしなければならないという、そういう現実が一面ではあると思います。 

練馬区議会 2020-11-30 11月30日-02号

既に歳入面では、令和年度財調交付金の当初算定額は、昨年度交付額に比べて約90億円の減となっており、その他、区民地方消費交付金なども、当初予算を大幅に下回ることが確実です。加えて、法人住民の一部国税化などの不合理な税制改正により、単年度で約140億円の減収が生じており、今後、かつて経験したことのない本格的な財政危機の到来を覚悟しなければなりません。 

江東区議会 2020-11-27 2020-11-27 令和2年第4回定例会(第13号) 本文

また、コロナ影響による区と特別区交付金見込みについてですが、まず、区は当初予算で542億円余を計上しております。令和年度はおおむね賦課決定済みであり、特別区の約75%を占める住民特別徴収給与天引き等により納税されるため、新型コロナウイルス感染症影響はほぼ顕在化しないものと考えております。  

足立区議会 2020-10-13 令和 2年決算特別委員会-10月13日-05号

分別には幾つかの方法が今、技術的にはあって、燃料ペレット化をする方法、鳥取県なんかはこれをやっております。破砕、発酵、乾燥、高熱殺菌脱臭処理、これを自動化して成形機で圧縮してペレット状燃料にする、こういうやり方。また、福岡市なんかでやっているやり方は粉砕、分離槽で水溶化処理して、パルププラスチック分離回収パルプ建材用プラスチックは固形燃料として利用。  

杉並区議会 2020-10-06 令和 2年決算特別委員会-10月06日-06号

環境課長 まず、そのときの水素自動車を取り巻く背景といたしまして、平成28年度の頃は、国交省ですとか環境省ですとか、そういった国のほうでの燃料電池自動車やバスの普及に向けた導入支援などを掲げていたことですとか、東京都のほうは、東京オリンピック・パラリンピックなどと絡めまして水素エネルギー普及を進めるなど、燃料電池を推進していこうという機運が高まった頃でございました。  

杉並区議会 2020-09-30 令和 2年決算特別委員会−09月30日-02号

将来、あの当時はコロナ禍でやむを得ず、皆我慢して遠慮したんだよなどと子供たちに決して語り継がれることのないよう、また、何といっても、この間、地域として長い間地域に愛された杉八小に思いをはせるといった意味においても、未来に責任を持って臨んでいただきたい、切に思いますが、最後この点をお伺いし、質問を終えます。

江戸川区議会 2020-09-24 令和2年 第3回 定例会-09月24日-03号

この組織が福祉、健康、子育て、教育、就労など、全庁的な対策としての機能を果たせることを期待しております。そこで、質問提案をいたします。  具体的な施策はこれからだと思いますが、調査結果にもあり、厚生労働省も発表しているように、まずは、本人や家族の支援として相談体制を強化していくことが必要ではないかと考えます。  

豊島区議会 2020-07-10 令和 2年総務委員会( 7月10日)

また、インフレ率2%を達成するまで消費を凍結するということでありますが、そもそもこの消費今回10%になったわけですけれども、これは様々な部分から、社会保障一体化ということで、大事な財源でもありますし、これを撤廃するという、または凍結するということになりますと、地方消費についても税収が減っていくということにつながりますので、地方独自の財源も失いかねないということにつながるというふうに思っています

足立区議会 2020-06-25 令和 2年 第2回 定例会−06月25日-03号

足立区は、特別区民による歳入は492億円なのに対し、特別区財政調整交付金による歳入は1,108億円と、特別区財政調整交付金に頼るところが比較的大きいわけですが、もとより法人住民の一部国税化拡大などによって、特別区長会事務局の試算によると、当区の減収見込みは、令和年度以降、年間149億円と深刻な影響があるとされております。  

台東区議会 2020-06-22 令和 2年 6月企画総務委員会-06月22日-01号

また、消費の改定なども要因として考えられるところでございます。以上です。 ○委員長 秋間委員。 ◆秋間洋 委員 消費は、恐らく三、四十万円ですよ、このぐらいの価格だったらね、上がっても、2%ですから。やはりちょっと気になるのは、もう固定的になっていて、今回、札を落としたところが大体とっているんですよ。

江東区議会 2020-06-11 2020-06-11 令和2年第2回定例会(第7号) 本文

3階建て以下、簡易な構造でしか建てられなかった建物の構造制限固定資産、都市計画軽減措置など、具体的にお聞かせください。  今後、都市計画道路見直しに向けて、地元住民への説明や調整が必要になってくると思いますが、どのように行っていくのでしょうか。また、この見直しには法定手続が必要と聞いておりますが、いつごろから始まるのでしょうか、見通しを伺います。