運営者 Bitlet 姉妹サービス
1233件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-06 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月06日-04号 ◎防災課長 31年度においては、数年以内に大規模改修の予定のない井草、荻窪、永福和泉、高井戸地域区民センターで防災機能強化の工事を行うということで、主な内容としては、72時間対応の軽油燃料の非常用発電機を設置すること、また、避難者受け入れのスペースに非常用の照明とか非常用電源のコンセントを設置します。 ◆北明範 委員  非常用電源と照明とか、必要最低限のものということですよね。 もっと読む
2019-02-15 杉並区議会 平成31年第1回定例会−02月15日-04号 1997年に消費が3%から5%へ増税された翌年の1998年、それまで2万人台であった自殺者数は3万2,863人へと一気に急増、その後も自殺者はふえ続け、2003年には3万4,427人にまで達しました。そうした深刻な事態を受け、2006年に自殺対策基本法が議員立法により制定され、それまで個人の問題とされてきた自殺が社会の問題として広く認識されるようになりました。   もっと読む
2019-02-12 杉並区議会 平成31年第1回定例会−02月12日-01号 なお、平成30年度の税制改正大綱において、温室効果ガス排出削減目標の達成や、災害防止を図るために森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保する観点から、森林環境及び森林環境譲与の創設が決定されております。 もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 消費です。  社会保障のためと、必要だということですけれども、所得の再分配を行う社会保障の財源として、低所得者ほど負担の重い消費は最もふさわしくありません。逆進性の強い消費がなぜ社会保障のために必要なのか、伺います。  最後に、学校給食費です。   もっと読む
2018-11-30 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−13号 この状況下で消費を8%から10%へ値上げすることは、この国の経済と国民の暮らしを破綻させることになります。  私は、消費の値上げには反対です。生活者の視点からの区政、区民の平穏な生活を守ることを基本とする吉住区長は消費の値上げに反対すべきと思いますが、見解を最初にお聞きします。  次に、来年度予算の特別区の歳入見込みです。   もっと読む
2018-09-27 豊島区議会 平成30年第3回定例会(第12号 9月27日) 既存の公園を生まれ変わらせるために、公園の使い方についてのワークショップを開催し、区民の皆さんが過ごしやすく、地域のコミュニティのとなるような公園になるよう検討を行ってまいります。  豊島区は、23区で1人当たり公園面積が一番少ないのでありますが、公園の使いやすさでは23区1番を目指してまいりたいと思います。   もっと読む
2018-09-25 足立区議会 平成30年 第3回 定例会−09月25日-03号 これは、国による災害時の燃料備蓄の補助制度と緊急防災・減災事業債を活用したものと聞いています。体育館の空調設備の経費は、1校当たり小学校で3,300万円、中学校で4,700万円とのことです。LPガスにした理由は、イニシャルコストとランニングコストの両面で優位であったことと、災害発生時に燃料として安定した供給体制の確保ができることが決め手になったと伺っています。   もっと読む
2018-09-14 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第2日 9月14日) まず分母で申し上げますと、今後の課題というのは常に申し上げていますけれども、法人住民の一部国税化であったり、それから地方消費の清算基準の見直しであったり、ふるさと納税であったり、これで目黒区でも40億円ぐらい減になるということですので、分母に当たる経常一般財源はマイナス要因があろうかなというふうに思います。いわゆる経常収支比率を引き上げるという要因です。   もっと読む
2018-09-11 港区議会 平成30年第3回定例会−09月11日-10号 各部門の活動計画や推進計画、ビジョンやプランなど、名称は異なれど、類似した期間でさまざまな改定が行われ、港区基本計画のとなっています。見直しのための検証や調査も多く、着実に施策を実行していく前に、職員が疲弊しているのが手に取るように見えてしまっています。 もっと読む
2018-06-20 荒川区議会 平成30年度定例会・6月会議-06月20日−01号 西日暮里駅前地区では、再開発事業により駅前にふさわしい土地利用を図るとともに、文化交流拠点として公益施設をとした複合市街地の形成により、周辺地域を含めたにぎわいの創出を目指しております。あわせて、駅周辺の道路や駅前広場、オープンスペースなどの整備により、現在不足している交通結節機能の強化を計画しているところでございます。   もっと読む
2018-06-12 練馬区議会 平成30年 第2回定例会-06月12日−02号 例えばドイツでは、1990年比80から90%の削減を目指し、電力はすべて再生可能エネルギーで賄い、運輸は電気自動車(EV)やバイオ燃料の利用で脱炭素化を図るとしています。アメリカでは、2005年比80%以上の削減のために技術革新を支援し、発電電力の9割以上は低炭素電源とし、二酸化炭素除去技術を導入するとしています。 もっと読む
2018-06-12 葛飾区議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月12日) 区では今年度から、妊娠から出産・育児、そしてその後の子育て期まで一貫した支援を推進するため、葛飾区版ネウボラ事業、いわゆるゆりかご葛飾のとなるゆりかご保健師を保健センターに配置しました。 もっと読む
2018-05-31 杉並区議会 平成30年第2回定例会−05月31日-12号 住民の動向がどうなっているのか、○○○の支出は無駄ではないかという手法です。これは住民にとって比較的わかりやすいものであります。  最近脚光を浴びておりますふるさと納税の矛盾点に関しては、田中区長は、その世論づくりにイニシアチブを果たしました。  私が非常に心配している、根本的に矛盾に満ちた森林環境の創設もくろみに関しては、23区として強力に反対していただきたいと思っております。   もっと読む
2018-03-22 世田谷区議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月22日-08号 大きな教習所では自前の燃料スタンドを持っていますし、地下には燃料タンクも多くあり、燃料も備蓄していると聞いております。三・一一の際には、東京でもガソリンの供給が不足し、ガソリンスタンドに車の列が並んだ記憶もあります。このように、車両、人材、燃料と三拍子そろった自動車教習所を災害時に活用しない手はないのではないかと思います。   もっと読む
2018-03-20 台東区議会 平成30年 予算特別委員会−03月20日-01号 国の不合理な地方財源の偏在是正措置により、法人住民の一部国税化、地方消費に係る配分比率の見直しなどです。台東区の歳入の減少の影響額は、平成30年度29億円、さらに消費10%段階では40億円となると見込まれています。これは台東区が一生懸命努力している地方との共存共栄も台なしにするものです。 もっと読む
2018-03-09 北区議会 平成30年  予算特別委員会-03月09日−03号 そこで、次に募集枠はあるが、保留者が出るということで、保育園の地域偏在についてですが、北区では滝野川西地域等、やはり土地の確保等の課題もあると思いますが、東京都では二〇二一年三月までに都心の保育園の土地の貸し付けについて、固定資産と都市計画を五年間免除するという発表もありましたけれども、こういった制度の周知や、また、新宿区では事務所空き物件など、保育園に転用可能な物件のマッチングを実施していると もっと読む
2018-03-08 大田区議会 平成30年 3月  予算特別委員会−03月08日-01号 成長を目指す区内製造業にとって非常に魅力的な制度ではないかと思いますが、固定資産は都であるなど、東京都との連携も重要になります。  そこでお伺いいたします。大田区はこのような中小企業に対する政府の支援策について、どのようにお考えでしょうか。 もっと読む
2018-03-07 世田谷区議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月07日-02号 平成三十年度における世田谷区の財政見通しといたしましては、特別区はふるさと納税の寄附額拡大に伴う著しい減収が見込まれつつも、人口増に伴う納税者数の増加を踏まえて一定の増収を見込んでおります。  また、特別区交付金は、財源である固定資産・市町村民法人分の増や基準財政需要額の増を見込み、前年度比で増額と見込んでおります。   もっと読む
2018-03-07 葛飾区議会 平成30年予算審査特別委員会第3分科会( 3月 7日) 次のページの燃料電池自動車購入等、等というのはこれはどのような予算になっているのですか。 ○(うてな英明会長) 環境課長。 ○(環境課長) こちらは燃料電池自動車だけではなくて、燃料電池と一緒に、外部給電器という燃料電池車を使って、通常の良質な電気を取り出すための機械などの購入経費も含まれているため、等というふうにつけさせていただいております。 ○(うてな英明会長) 池田委員。 もっと読む
2018-03-06 足立区議会 平成30年予算特別委員会-03月06日-04号 しかし、学習指導要領の中学3年の理科、放射線のところには、放射線とは、燃料から発生する、自然界にも存在する、そして、等価性を持つことであり、医療でも製造業でもいろいろ利用されているというような、ごく当たり前のことが、書かれております。   もっと読む