869件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-10-25 令和元年10月25日決算調査特別委員会-10月25日-01号

そういった中で、板橋区においても停電の対応どうなのかなということで、事前にお聞きしましたら、避難所にはガソリン燃料用の発電機が各2台設置されているということと、あと本庁舎及び赤塚庁舎にも発電設備を持っておられるというお話であったんですけれども、そういった発電の準備、当然されていると思うんですが、そういった中、ちょっと振り返ってみますと東日本大震災の後に、帰宅困難者ということで、歩いて埼玉方面に帰る方

杉並区議会 2019-10-11 令和 元年決算特別委員会−10月11日-10号

財政状況を見ますと、地方消費交付金の清算基準見直しによる減少等には引き続き注視を要するものの、国・都支出金の減少は、前年度が大幅増だったための反動と言える面もあり、前々年度との比較ではしっかりと上積みを確保。また、基幹的収入である特別区特別区財政交付金の合計額は、この5年で最大となりました。

世田谷区議会 2019-10-01 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月01日-02号

平成三十年度の一般会計当初予算額は、歳入面では、特別区はふるさと納税による大きな減収を見込みつつも、納税者数の増加等を踏まえ増収としたほか、特別区交付金は、財源である固定資産市町村法人分の増などにより増額となりました。一方、税制改正による配分方法の見直しにより、地方消費交付金が大幅な減額となったため、財政調整基金から必要最小限の繰り入れを見込みました。

板橋区議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会-09月26日-02号

次に、燃料不足についてです。  ガソリンがなく、自治体の車を動かすこともできない、電源がなくなり防災行政無線も流せないという報道がありました。非常用発電機の燃料が底をつき、手に入らない、停電で信号がとまると事故が多発するため、タンクローリーを動かせないと聞きます。板橋区はどのように対策を考えているのでしょうか。また、協定はどのようになっているのでしょうか。  

台東区議会 2019-06-25 令和 元年 6月企画総務委員会-06月25日-01号

そこで先ほど三つなんですよという話をなさっていたんですが、それはそのとおりだと思っているんですけれど、そこのほかに、やはり今、原発が停止されて、今、化石燃料がほぼ電源の主流になっているという状況の中で、もともと資源日本にはないですから、もし何かそこの供給に問題があったときにどうするのかという問題というのは、やはり考えていかなければいけないんだろうと。

世田谷区議会 2019-06-21 令和 元年  6月 定例会−06月21日-04号

    ──────────────────── 議事日程(令和元年六月二十一日(金)午後一時開議)  第 一 議案第五十七号 令和元年度世田谷区一般会計補正予算(第一次)  第 二 議案第四十六号 職員勤務時間休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例  第 三 議案第四十七号 幼稚園教育職員の勤務時間休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例  第 四 議案第四十八号 世田谷区特別区条例

足立区議会 2019-06-20 令和 元年 第2回 定例会−06月20日-01号

2、西側では既に、新たなとなる駅前広場と区画街路第14号線の用地取得が進められているが、現在の進捗状況と今後の整備予定について伺う。  3、東側ではUR、東武鉄道及び区の三者でまちづくりの検討会を設けていると聞く。この際、駅周辺にとどまらずにUR都市機構の大規模団地全体の更新、建て替えと合わせた思い切ったまちづくりが可能であると考える。

港区議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会-06月19日-07号

特別区では、特別区収入人口の増加と比例して増収の傾向です。特別区たばこ収入は減収の傾向で、今後の推移を見守らなければなりません。これらのことを念頭に置いて、過去の厳しい財政の経験を生かし、中・長期的視点に立って、次世代に過度な負担を残さないよう取り組んでいただきたいと思います。

世田谷区議会 2019-05-28 令和 元年  5月 区民生活常任委員会-05月28日-01号

水素社会に向けた取り組みといたしまして、燃料電池車FCVの活用といたしまして、学校での環境学習等での外部給電機能の紹介、移動式水素ステーションの運用等、水素エネルギー紹介リーフレットを活用し普及啓発をしてまいります。  五九ページをお開きください。区役所本庁舎への再生可能エネルギー一〇〇%電力の導入につきまして、本年四月より本庁舎に導入しております。

大田区議会 2019-05-23 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月23日-01号

さらには、池上長寿園との災害応急活動に対する協力に関する協定に基づく福祉避難所の開設図上訓練、東京都石油商業組合大田支部との石油燃料の安定供給等に関する協定に基づく給油訓練、大田区社会福祉議会及び地域パートナーシップ支援センターとの災害時におけるボランティア活動等に関する協定に基づく災害ボランティアセンター設置、また、運営訓練を実施してまいりました。  

世田谷区議会 2019-03-11 平成31年  3月 予算特別委員会−03月11日-04号

それが途中で倒産をして、これまで補給していた利子分が全て無になってしまっているのか、果たしてそのお金を入れることによって、その企業が世田谷区内で大きくなっていって、もっと言えば法人所得だとかで落としてくれて循環をしていくのか、そここそ分析をしていかないと、ただ単に結果はわからないけれども出し続けますというのでは産業政策ではないと思います。ぜひそこは分析をしていただきたいと思います。  

葛飾区議会 2019-03-07 平成31年予算審査特別委員会第3分科会( 3月 7日)

○(環境課長) ここの電気自動車普及促進経費の部分で、今後電気自動車が普及していくのか、燃料電池が普及していくのかといういろいろな議論もございます。ただ環境に優しい車の普及は、本区の務めだと思ってはいるのですが、例えば現在、これはエコ助成のほうにはなってしまうのですけれども、通常のハイブリッド車などは助成対象から外しております。