3016件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2019-06-20 令和元年生活福祉委員会( 6月20日)

それで、この返礼品に対しては、自治体によっては災害対応や福祉施策、文化財修復など使途への共感による寄附制度としている自治体もあると聞いています。そして区としては、このふるさと納税、その返礼品に対してどのように考えていらっしゃるのかどうかということが1点。  

大田区議会 2019-05-22 令和 1年 第1回 臨時会−05月22日-01号

さらに、全国初の勝海舟記念館を整備し、歴史的な文化財として広く発信するとともに、後世に継承してまいります。勝海舟記念館でございますが、今月15日に建物の増築及び改修工事を終え、現在内部で展示制作物の設置などを進めております。開館日は、本年9月7日を予定しております。本年は、勝海舟没後120年となりますが、今も海舟が眠る洗足池の地で、海舟の思いを伝える魅力ある記念館としてまいります。  

葛飾区議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第4日 3月28日)

文化財保護は、地域を調査し、VR等を活用しての公開の検討を求めます。地域で活動する日本人の外国語指導人材について、子供たちへのスピーキングを含めた英語学習補助の継続性を図るため有償化をすることと、人材バンクの設置を求めます。新たに始まる教職員対象の危機管理研修については、継続的な実施を求めます。  最後に、各特別会計予算はおおむね適正に編成されているものとし、これを了とします。  

港区議会 2019-03-27 平成31年3月27日区民文教常任委員会-03月27日

                             加 茂 信 行  教育推進部長                                     新 宮 弘 章  教育長室長                                      中 島 博 子  教育企画担当課長      藤 原 仙 昌  生涯学習スポーツ振興課長                               木 下 典 子  図書文化財課長

港区議会 2019-03-27 平成31年3月27日保健福祉常任委員会-03月27日

○保育・児童施設計画担当課長(西川杉菜君) 平成30年11月5日の当常任委員会におきましてご報告いたしました、「旧神応小学校の本格活用及び旧三光小学校の暫定活用並びに埋蔵文化財保管場所について(素案)」につきましては、平成30年11月以降、区民説明会を開催いたしまして、地元住民の方等からご意見をお伺いいたしました。  

豊島区議会 2019-03-27 平成31年公共施設・公共用地有効活用対策調査特別委員会( 3月27日)

旧第十中学校への野外スポーツ施設の整備に伴いまして、旧校舎内の文化財等の移転先となる保管施設を整備いたします。今年度から新規に掲載してございます。  ⑦スポーツ施設についてでございます。NO.18、西巣鴨体育場についてでございます。老朽化した既存施設の全面改修を検討してまいりますので、新規に掲載となってございます。NO.19、総合体育場についてでございます。

港区議会 2019-03-27 平成31年3月27日総務常任委員会−03月27日

平成30年10月29日の当常任委員会におきましてご報告いたしました、旧神応小学校の本格活用及び旧三光小学校の暫定活用並びに埋蔵文化財保管場所についての素案につきまして、平成30年11月以降、区民説明会を開催しまして、ご意見をお伺いしました。

港区議会 2019-03-26 平成31年3月26日交通・環境等対策特別委員会-03月26日

最後に、(9)史跡・文化財についてです。港区埋蔵文化財取扱要綱に基づく手続や試掘等の調査など、区の担当と協議を行うよう記載しております。区長意見の案は以上です。  今後は、本日の委員会でいただいたご意見などを踏まえまして区長意見を取りまとめ、事業者の方に送付してまいります。  説明は以上でございます。 ○委員長(杉本とよひろ君) 説明は終わりました。これより質疑に入ります。

板橋区議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会−03月22日-04号

2番目に、いきいきかがやく元気なまちについて、東京23区で初めて開館した区立美術館として大規模改修を実施し、国宝・重要文化財の公開許可が受けられる展示環境を整備したこと、文化の花かおる板橋として高く評価いたします。  

板橋区議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号

◎地域教育力担当部長   それでは、板橋区の登録文化財である加賀五四自治会文書には、昭和37年から42年にかけて、賃貸価格や土地・建物等の売り払いをめぐって、現在の五四自治会の前進となります五四団体と国との裁判に関する記録が含まれています。その中に、五四団体が国との間で取り交わすべく作成された覚書の下案というものがございます。

目黒区議会 2019-03-18 平成31年予算特別委員会(第7日 3月18日)

7、文化財保護の臨時経費は、埋蔵文化財試掘調査委託費等でございます。  8、放課後フリークラブの臨時経費は、「ランドセルひろば」における児童の保険加入に係る経費等でございます。  2目、説明欄1、目黒本町社会教育館運営の(1)一般運営の臨時経費は、トイレ換気扇設置工事費等でございます。  2、緑が丘文化会館運営の(4)一般運営の臨時経費は、電話交換機の更新工事費等でございます。  

目黒区議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会(第6日 3月15日)

(2)駒場公園文化財保存・修復整備の臨時経費は、旧前田家本邸和館の屋外だれでもトイレ新設工事等。  5目、説明欄1、みどりの推進の(1)保存樹木等の補助の臨時経費は、保存樹木等標識設置の委託経費。(2)自然環境調査の臨時経費は、区民による身近な生物調査の委託経費。(3)みどりの創出の臨時経費は、屋上・壁面緑化の助成経費等。

目黒区議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第3日 3月12日)

4節、説明欄1、文化財保存事業費は、駒場公園和館等保存修復関連経費の増に伴い7,100万円余の増でございます。  76ページにまいります。  3項国委託金、このページは説明欄記載のとおりでございまして、78ページにまいります。  14款都支出金、1項都負担金、2目3節、説明欄1、低所得者保険料軽減負担金は、保険料軽減強化の制度改正に伴い2,200万円余の増でございます。  

葛飾区議会 2019-03-12 平成31年予算審査特別委員会( 3月12日)

旧水元小学校木造校舎の耐震化を実施し、大切な文化財を守ります。区民、とりわけ子供たちの健康を守るための放射線対策として甲状腺健康診断への助成を実施するものであります。また、がん検診などの無料化を実施いたします。  第5に、区民の大切な足としての公共交通の充実です。不採算バス路線への事業者運行助成や高砂地域乗合バス運行補助を実施いたします。また、バス停などへの折り畳みベンチを設置するものです。  

港区議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会−03月12日-05号

主な内容は、事業者に対する区の現在までの指導内容について、本村町貝塚の文化財調査結果について、工事中の通学路の安全確保について等であります。本請願につきましては、今後もなお引き続き慎重審議の必要がありますので、閉会中の継続審査を申し出ることに決定いたしました。  次に、継続審査中の三請願についてであります。  

目黒区議会 2019-03-11 平成31年予算特別委員会(第2日 3月11日)

この自由が丘の1,000坪の敷地ですけれども、確かに私有地ではありますけども、良好な都市環境の保全という点からも、防災上の点からも、文化財の保護という点からも公共的な意味合いが大きいです。だからこそ、遺族は最初に東京都や目黒区に遺贈すると言われたんです。条件が厳しいというのはあるにしても、それを受けて、ジェイ・スピリット、町会、住区、商店街からも何とか保存できないかと要望が出されているんです。

港区議会 2019-03-11 平成31年3月11日区民文教常任委員会-03月11日

                            加 茂 信 行  教育推進部長                                    新 宮 弘 章  教育長室長                                     中 島 博 子  教育企画担当課長      藤 原 仙 昌  生涯学習スポーツ振興課長                              木 下 典 子  図書文化財課長

港区議会 2019-03-11 平成31年3月11日建設常任委員会−03月11日

主な内容は、事業者に対する区の現在までの指導内容について、本村町貝塚の文化財調査結果について、工事中の通学路の安全確保について等であります。本請願につきましては、今後もなお引き続き慎重審議の必要がありますので、閉会中の継続審査を申し出ることに決定いたしました。  次に、継続審査中の3請願についてであります。  

港区議会 2019-03-08 平成31年度予算特別委員会−03月08日

平成21年4月に東京都港湾局から建物の無償譲渡を受け、10月に港区指定有形文化財に指定、その間にも劣化は進みますので都度応急的な措置が行われながら、さまざまな調査を経て平成27年2月、保存・利活用に向けた整備計画の策定などのプロセスを経まして、いよいよ来年4月に港区立伝統文化交流館として新たなスタートを切ることになります。