2280件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-12-11 令和元年12月11日子ども家庭支援調査特別委員会-12月11日-01号

小児の初期救急平日夜間診療、それから休日医科診療などの小児医療に関する事業を実施するとともに、健康診査につきましては、乳幼児の健康診査に加えまして、4歳・5歳児健康診査、それから、部が異なりますが、子ども家庭部によります保育園児の健康診査、教育委員会事務局によります幼稚園児の健康診査、就学時の健康診断、児童・生徒の健康診断などを実施いたしまして、子どもの命と健康を守るための取組みを、横断的に実施をしてございます

港区議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会−12月06日-18号

委員会におきましては、理事者より、旧神応小学校本格活用に係る施設整備計画(素案)について、福祉総合システム用ソフトウェアの購入について、(仮称)高輪三丁目高齢者福祉施設等の整備スケジュール変更について、港区精神障害地域活動支援センターの管理運営について、生活困窮者を対象とした弁護士会による出張相談について、小児初期救急診療事業の拡充について、港区子ども・子育て支援事業計画(素案)について、令和二年度保育定員

港区議会 2019-11-27 令和元年第4回定例会−11月27日-15号

芝五丁目複合施設の活用可能床が二フロア、約千五百平方メートル予定されていますが、港区の地価を考えれば、民間に貸し付けて収益を得るより、あふれる行政需要の受け皿として活用するほうが、それをほかの民間の土地に求めたりするよりも合理的だと思います。まだまだ人口増に伴い、必要な行政需要があるのだから、そちらに活用するべきで、民間に貸し付ける余裕があるのだろうかと疑問に思います。  

港区議会 2019-11-22 令和元年11月22日総務常任委員会-11月22日

初めに、小児初期救急診療事業において、平日の夜間に実施をしております小児初期救急診療を、土曜日の夜間に拡大して実施するため、診療に要する経費として196万3,000円追加します。  次に、お口の健康診査において、お口の健診及び口腔がん検診の受診者数が当初の見込みを上回るため、健診などに要する経費として3,462万7,000円追加します。  次に、土木費です。

港区議会 2019-11-22 令和元年11月22日保健福祉常任委員会-11月22日

──────────────────────────────────────── ○委員長(なかまえ由紀君) 次に、報告事項(2)「小児初期救急診療事業の拡充について」、理事者の説明を求めます。 ○参事[保健予防課長事務取扱](松本加代君) 報告事項(2)「小児初期救急診療事業の拡充について」、資料№2を用いてご説明いたします。  1、目的でございます。

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 文教常任委員会-11月11日-01号

◆田中優子 委員 需要はわかるんですけれども、この一人に一年お願いしたら、交通費も込みとはいえ、主に手当の部分が大きいと思うんですけれども、一千三百万円というのは、例えばほかの自治体とか、そういう状況も勘案してというか、鑑みて、全く適正な価格だというように判断されているんですか。 ◎加藤 副参事 幾つかの実施している自治体の状況も視察、フォローしてこういう判断というふうに考えております。

板橋区議会 2019-10-24 令和元年10月24日決算調査特別委員会−10月24日-01号

同市では、医療介護の連携マニュアルを作成し、退院調整のルールの手引や救急の備えマニュアルなどにより運営をされておりました。退院調整ルールの手引には、病院と在宅の入退院における情報共有や連携方法についてまとめた手引となっており、退院時に必要な情報病院運用ルールなど退院調整に用いる基準などが記載をされております。  

港区議会 2019-10-18 令和元年10月18日保健福祉常任委員会-10月18日

現在、港区地域防災計画の中では、手段としましては、なかなか難しいところもありますが、救急車の要請、庁有車、雇い上げ車両や、ヘリ、船舶による搬送、フジエクスプレスが所有する「ちぃばす」等、と書かれています。ただし、災害の規模によってどれぐらいできるかもありますので、利用可能な資源を利用して最大限の対応を今後とも引き続き検討してまいる予定です。  

世田谷区議会 2019-10-15 令和 元年  9月 決算特別委員会−10月15日-08号

区民防災会議、あと社会福祉議会の運営委員であるとか地域福祉推進員など、こういった多くの地域の活動団体があるわけですけれども、それぞれの団体へ町会の会員の皆様に委員をお願いしているわけなんですが、そのほかにも交通安全のテントの設営、防犯パトロール、それから、本当に地域のために皆さん一生懸命活動されているんですけれども、そのほかにも区立の小中学校学校運営協議会、そして防災訓練避難所運営訓練、そして救命救急

板橋区議会 2019-10-15 令和元年10月15日決算調査特別委員会 健康福祉分科会-10月15日-01号

その結果、現場派遣員が来たりとか、場合によっては救急車要請とかということもございますし、あるいは、倒れてしまったような場合は、先ほどのセンサーが反応して、応答がない場合にやはり対応をとるというような仕組みになっております。  そのような形と、それから、日常的に通報機を使って健康上の相談ですとか、あるいはコールセンターからの問いかけなどを日常的にも行っているという仕組みも入っております。

世田谷区議会 2019-10-09 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月09日-06号

◎鎌田 防災街づくり課長 震災時に救命救急、消火活動、物資の輸送、復旧復興の大動脈となる重要な役割を果たす道路東京都が特定緊急輸送道路と指定しております。区では、過去に特定緊急輸送道路沿道の建築物や区内一部の分譲マンションにおいて、東京都と連携して直接訪問を行い、耐震化の重要性や助成制度の説明を行ってまいりました。  

杉並区議会 2019-10-04 令和 元年決算特別委員会−10月04日-05号

支援品に関しましては、都より、ブルーシート等の拠出可能な支援品の調査がございましたけれども、その後の需要調整により、拠出はいたしておりません。  それから、先ほどごみプレス車のお話がございましたけれども、第二弾の派遣といったこともこれから進めてまいります。 ◆わたなべ友貴 委員  区長会経由や国経由ということで、なかなかプッシュ型の支援というのは難しいということが、今の御答弁で理解できました。  

世田谷区議会 2019-10-04 令和 元年  9月 決算特別委員会−10月04日-04号

昭和五十三年から開催され、ことし四十二回目を開催いたしましたが、来年の令和二年度はオリンピックの開催期間と重なるため、警察消防の御協力を得ることが難しく、民間の警備員もオリンピック関連で需要が高まることが予想されるため、警備、救護の面で十分な体制を確保できるめどが立たないことから、本年二月に開かれた実行委員会にて休止することが決定されました。  

葛飾区議会 2019-10-03 令和元年決算審査特別委員会第3分科会(10月 3日)

踏切をおろされている間に、救急車だとかパトカーだとかが行った場合、助かる命も助からない方が出てくるわけだから、それを今まで私たちは、あなたたちの鉄道営業はしようがないという部分はあるけれども、災害が起きたときに、あなたたちは私どもに何の電話も来ないではないかと、ほかの自治体では、ほかの鉄道会社は必ず自治体電話が行っているのですよ。行って、踏切のお手伝いをしてもらっているところもあるわけですよ。

葛飾区議会 2019-10-02 令和元年決算審査特別委員会第2分科会(10月 2日)

特養ホームの整備には多額の費用がかかるわけでありますけれども、また介護保険料への影響もありますので、特養ホームの整備に関しては、今後の入所希望がどのように推移していくのかを、今後、しっかり需要を十分に検討する必要があると思います。  そこでお聞きさせていただきたいのですけれども、区は、今後、特養の需要をどう捉えているのか、お聞かせいただきたいと思います。 ○(中江秀夫会長) 福祉管理課長