1403件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江東区議会 2020-10-19 2020-10-19 令和2年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

消防団員もいらっしゃるんですけど、消防団員は、全く最初のこの避難所運営協力本部には協力できないということが団長通知でされているわけです。ですから、この中に名前がちゃんと入っているわけですね。その辺の問題点、これをね、もう少し的確につかんでほしい。そうしないと進んでいかないと思います。  

江東区議会 2020-10-13 2020-10-13 令和2年文教委員会 本文

課題と今後の方向性でございますが、4点掲げておりますが、このうち2点目に記載してございますが、新型コロナウイルス影響で開催が1年延期となったため、改めて江東区オリンピック・パラリンピック教育推進計画に基づく取組や、学習リーフレットの活用を充実させていくとともに、東京2020大会の際には、区内競技会場において、こどもたちが観戦したり、選手と交流したりすることができるよう、状況に応じながら準備を進めてまいります

世田谷区議会 2020-10-01 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月01日-03号

◎髙井 経営改革官民連携担当課長 区民目線課題解決してまいりますためには、目的を共有し、縦割りを超えて各所管部が連携する、いわゆるマッチングによりまして、最善の施策を組み立てていくことが重要と認識しておりまして、庁内横断的な課題解決のためにはプロジェクトチームを発足させるなどいたしまして、柔軟で迅速な課題解決を図っております。  

世田谷区議会 2020-09-30 令和 2年  9月 決算特別委員会-09月30日-02号

コロナ禍理由に、やむを得ずこの間、規模の縮小、延期あるいは中止になった事業は多分野にわたりまして、区民に対しましても、中止等決断に至った際には、区から丁寧な説明をしてきた中で、このコロナ禍における苦渋の決断であると、区民の方々にも泣く泣く御理解いただいていることが多くあると思います。  

世田谷区議会 2020-09-17 令和 2年  9月 定例会−09月17日-03号

初めに、六月八日月曜日の爆破予告ですが、六月五日の金曜日、三日前の午前六時に、世田谷区と渋谷区に各区区内学校爆破予告メール東京教育委員会が受信してから、世田谷区は三時間以内に渋谷区との方針を確認をし、警視庁本部区内警察署連絡対応し、区内消防署の連絡対応を済ませて危機の連絡会議を設置しました。

世田谷区議会 2020-09-16 令和 2年  9月 定例会-09月16日-02号

ということについて、まず今日の再質問を受けて、四警察署、それから消防署などで区内の直近の交通事故における歩きスマホ、あるいは自転車も含めたながらスマホ起因のものはどれだけあるのかと。そして、区の広報などを通して、これはまず世田谷からなくしていきましょうという強い訴えをして、同時に区民の意見も伺いながら、条例化ということも含めて検討を進めてまいりたいと思います。

世田谷区議会 2020-09-03 令和 2年  9月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会-09月03日-01号

都道だとか警察消防、様々あります。水道もそうですけれども、そういうときに世田谷区がどういうふうに関わっていくのか。  それからもう一つは、千代田みたく本社ビルがたくさんあるときには法人税や何かが入ってくるけれども、基本的には人口が多くて住宅地です。財源として、独立したときにそれが見込まれるわけですか。

江戸川区議会 2020-07-27 令和2年 7月 災害対策・街づくり推進特別委員会−07月27日-03号

本日のご報告と重ねて、先日頂きました台風19号の課題に関わる実施状況一覧、これに基づいて3点お聞きをしたいと思います。1点ずつお聞きします。  まず1点は、防災無線そのものについてです。本日の中にありませんでしたけども、この19号の課題に関わる実施状況の中にも防災無線そのものについては書かれていませんでした。

豊島区議会 2020-07-16 令和 2年行財政改革調査特別委員会( 7月16日)

それから、もう一つは、先ほど、ちょっと延期した理由のところで申し上げましたが、やはり、コロナ等でいわゆる明らかになった課題というのがございますので、そういったことも後期計画のほうにはどうにか反映していきたいというふうに考えてございますので、この辺の整理をやっていくというものでございます。その下が区民意識でございます。

目黒区議会 2020-07-08 令和 2年生活福祉委員会( 7月 8日)

吉田文化交流課長  1点目のコロナウイルス感染に関しての誤解や差別や偏見に対してどのような対処をしていくかということでございますけれども、国際交流協会との事業というよりは、やはり区全体の保健所なども含めて、それから広報であるとか、人権であるとか、そういったところ、全体で取り組んでいくべき課題だというふうに捉えておりますので、そういった形で、御指摘もございますので、改めてどういったことを行えるかということを