2382件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-27 世田谷区議会 平成31年  3月 定例会-03月27日-05号 DV被害者支援に関しては、配偶者暴力相談支援センター整備によるDV相談の増加に備え、子ども家庭支援センターにおける相談員のさらなる資質向上やDVと児童虐待の密接な関連性を前提とした関係機関との連携強化、さらには、DV被害者保護を最優先した支援措置制度の適切な運用が切に望まれました。   もっと読む
2019-03-19 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月19日-07号 いじめや暴力などに対しては、やはり弁護士も入った教育支援チームが存在して、現場をバックアップして重度化、深刻化を防ぐというふうに聞いているんですが、教育委員会や先生方にとっての問題の深刻化防止というのではなく、子どもの環境をきちんと守る、子どもたちの学ぶ権利を守るという視点で重度化防止をぜひ弁護士の先生の力も使って進めていきたいと思っています。   もっと読む
2019-03-18 板橋区議会 平成31年3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号 区は、DVの防止及び被害者の保護など、適切な支援を行うため、配偶者暴力相談支援センター、こちらを設置をいたしまして、板橋区配偶者暴力防止基本計画に基づいた施策を展開をしているところでございます。 もっと読む
2019-03-15 板橋区議会 平成31年3月15日予算審査特別委員会−03月15日-01号 今回、野田市の父親の場合、威圧的とか暴力的じゃなかったらしいんですね。相当理詰めっていうか、いわゆる理路整然と訴えてたらしいんです、資料をよこせということは。  ですから、どうも何か相当威圧的に言ったように感じますけども、そうではなくて理詰めで訴えたらしいんですね。ですから、現場の担当者が反応してしまって、思わず渡してしまったというのがどうも真相らしいんですね。 もっと読む
2019-03-15 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号 さらに、将来的な需要を見越して、学校2カ所ほかの整備予算を計上し、着実に学童クラブの受け入れ数の拡大に向けた取り組みの推進を図っていることの確認をいたしました。   もっと読む
2019-03-14 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号 上限時間等に関しては教育委員会の規則で規定することとなりましたが、改めて確認しますが、その規則の上限については、国のガイドラインの範囲なのかお示しください。 もっと読む
2019-03-14 大田区議会 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号 それは家庭暴力、子どもの虐待、失われた20年の陰で深刻化したひきこもり、日本語が困難な外国人労働者支援など、必死に生きてこられた区民の抱える課題です。それらはもちろん大田区が一番把握していることと思いますが、10月からの消費税増税など、生活の厳しさをひしひしと感じていく区民にとって、今こそ身近な政策を最優先すべきだと考えます。   もっと読む
2019-03-13 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月13日-08号 この通知を受けた者は、通知の中で定めた期間に、意見書を提出したりとか公開の場での意見聴取を行うことを請求することができます。  また、この期限に意見が提出されなかったりとか、意見が提出されたとしても、その内容が、今回の当該命令措置が不当でないということが認められた場合は、当該措置の命令をすることとなります。 もっと読む
2019-03-12 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月12日-07号 ◎子どもの居場所づくり担当課長 まずは、仮称永福三丁目複合施設や杉八小跡地につくる地域コミュニティー施設での新たな居場所、そういった状況を確認してから考えていくべきものと捉えてございます。 ◎子ども家庭担当部長 ちょっと補足させていただきます。  中高校生の新たな居場所づくりは、かねて懇談会等でも、実際の現役世代の意見を聞きながら、この間も検討を進めてきています。 もっと読む
2019-03-12 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月12日-05号 ◎松本 子ども家庭課長 世田谷版WEラブ赤ちゃんプロジェクトは、電車や飲食店で赤ちゃんが泣いているときなどに、赤ちゃんの泣き声を許容し、子育てを応援しているというメッセージを意思表示できるようにすることで、地域における子育てを応援する機運醸成を図る取り組みです。   もっと読む
2019-03-11 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会−03月11日-04号 マイナンバーを利用する課の職員は、既にこの仕組みに基づく運用を適切に行っているところではございますが、配偶者暴力相談支援センター機能整備を機に設置された庁連携会議においても関係所管に改めて周知し、情報共有を行いました。また、現在見直しを進めている区職員向けのDV被害者支援に関するハンドブックにおいても解説を掲載し、さらなる周知徹底を図っております。 もっと読む
2019-03-08 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月08日-06号 ◆そね文子 委員  予期しない妊娠の背景には、性暴力被害に遭った中学生や高校生などで、環境が整わない、若過ぎる、相手との関係が切れている、相手が誰だかわからないなど、さまざまな困難があるケースが多く、公的な機関には相談しにくい事情があります。 もっと読む
2019-03-08 板橋区議会 平成31年3月8日予算審査特別委員会 文教児童分科会−03月08日-01号 修正動議に対する質疑についても、委員の持ち時間で行うこと。再々質問以降の質疑については規制しないが、他の委員の質問時間を考慮して20分以内におさめること。分科会では表決は行わないことなどが2月27日の予算審査特別委員会理事会で決定されておりますので、ご確認を願います。 もっと読む
2019-03-07 板橋区議会 平成31年3月7日予算審査特別委員会 企画総務分科会−03月07日-01号 子ども家庭部の場合は、査定では7人ふえているので、区民文化部ほどプラマイは少し少ないわけなんですけれども、これは子ども家庭支援センターが大きいのかなって何となく想像できるんですけれども、ちょっとここも具体的にどういう人事なのかが大きいのかというのもお願いします。 ◎人事課長   子ども家庭部におきましては、今お話ありましたとおり、子ども家庭支援センターのところでは6名の要求がございました。 もっと読む
2019-03-07 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月07日-05号 現在、さまざまな防災用品があることとか、また日常備蓄も、家庭のローリングストックをするような方法などもあることから、機会を捉えてお知らせしていきたいと思っておりますが、委員御提案のありました、事業者の協力も得られないかということも検討してまいりたいと考えております。 ◆増田裕一 委員  区民が備蓄品を購入することが商売に直結しますので、積極的に協力していただけるのではないかと思います。 もっと読む
2019-03-06 板橋区議会 平成31年第1回定例会−03月06日-03号 新たに建設する板橋区子ども家庭総合支援センターに構えるのか、それとも検討が本格化し始めている本庁舎周辺に構えるのか、児童相談所の基本設計に当たり大きな前提と言えます。基本設計に向けて早目の判断をしないとならないと考えますが、区の見解を伺います。  介入と支援を分けた業務運営の検討について伺います。   もっと読む
2019-03-06 葛飾区議会 平成31年予算審査特別委員会第2分科会( 3月 6日) 今課長が言われたとおり、この趣旨としては、貧困家庭の負の連鎖を断ち切りたい、そういう部分の事業であるということもお聞きしました。やはり地域でご相談にいきますと、3世代で、おじいちゃん、おばあちゃん、孫で生活保護を受給しているとか、そういう家庭に行ったこともあります。 もっと読む
2019-03-06 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月06日-04号 それから、御自宅が地震による倒壊や焼失被害がなければ、震災救援所での生活を送らずに在宅避難という選択肢になるということから、御家庭におけるそれぞれの皆さんの自助を支援していくということも必要だろうと思っています。   もっと読む
2019-03-06 港区議会 平成31年度予算特別委員会−03月06日 が、心境によっては、相手に対し、ねたみ、そねみ等あらゆる感情が抱かれた後、怒りの度合いや状況によって、1人、さらには複数によって、からかい、無視、ひどいものでは物を隠す、暴力を振るうなど、結果、心の傷が深まり、最悪は自殺に追い込んでしまうこともあると思います。   もっと読む
2019-03-05 大田区議会 平成31年 3月  予算特別委員会−03月05日-01号 昨年、決算特別委員会で触れました義務化終了後の課長級職員18名と、義務化の部長級2名、課長級の10名がおります。以前の質問で触れておりますが、現役管理職も多くおり、充足している現状を見ますと、義務化はともかく、義務化終了後の管理職について、真に必要な管理職のみを残すべきと考えますがいかがでしょうか。 もっと読む