2392件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2020-12-03 令和 2年12月  羽田空港対策特別委員会−12月03日-01号

(1)は、外部機関等との連携について、2点ご報告をさせていただきます。一つ目は、都立産業技術研究センターとの連携協定を11月16日付で締結をさせていただいたというご報告でございます。  こちらは、城南支所産業プラザに入居されているという、もともとのご縁もありました。今回、羽田イノベーションシティの開設を機に、より連携強化しようということで締結させていただきました。  

世田谷区議会 2020-11-12 令和 2年 11月 公共交通機関対策等特別委員会-11月12日-01号

こちらは十一月十八日にトヨタモビリティ東京包括連携協定締結する予定となっておりますけれども、官民連携による取組一つとなります。トヨタモビリティ東京総合生活支援サービス一環として、オンデマンド交通等移動支援サービスのトライアルを検討しております。

世田谷区議会 2020-11-11 令和 2年 11月 都市整備常任委員会-11月11日-01号

都市再生整備計画とは、都市再生に必要な公共施設整備及び官民連携まちづくり取組市区町村策定するものですが、官民連携まちづくり取組として、都市再生推進法人による道路や河川、公園における占用許可特例制度を活用した事業計画に位置づけることができます。  本計画においては、まちづくり目標、その目標を達成するために必要な事業計画期間を裏面のように策定いたしました。

世田谷区議会 2020-11-10 令和 2年 11月 区民生活常任委員会-11月10日-01号

〔「なし」と呼ぶ者あり〕    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━中村公太朗 委員長 では、(6)十日町市との新たな電力連携について、理事者説明を求めます。 ◎池田 エネルギー施策推進課長 それでは、十日町市との新たな電力連携について御説明いたします。  なお、本件は、文教常任委員会との併せ報告でございます。  まず、1の趣旨でございます。

世田谷区議会 2020-11-10 令和 2年 11月 企画総務常任委員会-11月10日-01号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○加藤たいき 委員長 (3)トヨタモビリティ東京株式会社との包括連携協定締結について、理事者説明を願います。 ◎髙井 経営改革官民連携担当課長 それでは、トヨタモビリティ東京株式会社との包括連携協定締結について御報告させていただきます。  資料を御覧ください。1の主旨でございます。

目黒区議会 2020-11-10 令和 2年都市環境委員会(11月10日)

2点目の防災時、災害時のトイレのお話でございますけれども、基本的には大規模な公園等については、防災課のほうとも連携して、災害時の広域避難場所であれば、そういった御利用もあるということで、例えば中目黒公園であれば、埋設型の災害時用のトイレを設置するとか、そういった対応をしてきてございます。  

江東区議会 2020-10-19 2020-10-19 令和2年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

これを全庁的に、この分野でもっと深めていって、今後、江東区の中で地下鉄8号線だけじゃなくて関連をするネットワーク、連携、交通網全体がどうあるべきなのか、どう進んでいくのかと。これをやはりきちっと検討会の中でも、まずは対処のところからも検討して、その中で、コミュニティバスをどう位置づけていくかと。こういう考えで進めるべきだというふうに思います。  もう一度そういう点でのお考えですね。

豊島区議会 2020-10-16 令和 2年決算特別委員会(10月16日)

○木下広委員  体制を取っていただいているということと、あともう一つ大きいのは、やっぱり東京都との連携というのが、災害時では大きな要になるとは思うんですけども、この辺について東京都との連携といいますか、そういうのはどういうことになっているのか、ちょっとお教えいただければと思います。

江東区議会 2020-10-15 2020-10-15 令和2年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文

9 ◯港湾臨海部対策担当課長  東京ベイエリアビジョンについては、実際、昨年、IRの施設整備について、官民連携チームのほうから御提案がございました。ただ、それはあくまで材料集め一環でのものでございまして、東京ベイエリアビジョン策定に当たっては、庁内検討委員会という組織において検討することになってございます。

世田谷区議会 2020-10-13 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月13日-08号

特に、地域包括ケア地区展開における三者連携において、居場所づくりをこれまで進めてきたわけですが、御指摘のおしゃべり★カフェは、この取組から始まって、まちづくりセンターが町会・自治会商店街協力をしながら、三者連携の下、地域丸ごと居場所という形でこれを支えていると。こういった活動が他の地域でも生まれてきております。  

板橋区議会 2020-10-13 令和2年第3回定例会-10月13日-03号

記 1 事 件   陳情第44号 大山駅西地区周辺まちづくりに関する陳情           第3項 商店街クロスポイント地区との連携の件           第5項 地域コミュニティ活性化施設整備の件           第6項 都への地元要望働きかけの件 2 意見の要旨  陳情第44号第3項は、区に対してクロスポイント地区開発組合商店街連携強化のために区としてより積極的な関わりや支援をすることを

世田谷区議会 2020-10-08 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月08日-06号

この質問の最後に、喜多見での官民連携による新たな取組について伺います。  不便地域対策に、官民連携による新たな方策を一概に否定をするものではありません。一方、官民連携に関して、かねてより我が党は、区が担う役割と重要性を認識し、慎重な対応ルールづくりを求めてきました。なぜなら、民間活用にはリスクが伴うからです。

大田区議会 2020-10-08 令和 2年 第3回 定例会−10月08日-04号

しかしながら、新空港線の整備はあと一歩まで来ており、蒲田駅東口では、駅前の2街区で再開発準備組合が立ち上がっているほか、現在、国、都、鉄道事業者などの関係者蒲田周辺基盤整備方針策定検討するなど、関係者間の連携も強固になってきました。今こそ官民連携しながら、蒲田を大きく変える絶好の機会であると考えます。

世田谷区議会 2020-10-01 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月01日-03号

髙井 経営改革官民連携担当課長 区民目線課題を解決してまいりますためには、目的を共有し、縦割りを超えて各所管部連携する、いわゆるマッチングによりまして、最善の施策を組み立てていくことが重要と認識しておりまして、庁内横断的な課題解決のためにはプロジェクトチームを発足させるなどいたしまして、柔軟で迅速な課題解決を図っております。