15384件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-28 葛飾区議会 平成31年第1回定例会(第4日 3月28日) 土地開発公社が取得した土地は、貴重な区民の財産であるので、有効活用することを望みます。ふるさと葛飾盆まつり事業については、真に本区の盆踊りの集大成となる工夫を求めます。  次に、福祉費について申し上げます。  相談支援事業所の運営支援につながる実効性のある助成制度の構築を強く要望いたします。マタニティパスについて、当初の目的達成に向けての大きな軌道修正を求めます。 もっと読む
2019-03-27 世田谷区議会 平成31年  3月 定例会-03月27日-05号 ここではまず、誰もが安心して快適に暮らすことができる町の実現に向け、農地と住居の共存による良好な住環境の保護を目的として新設された用途地域である「田園住居地域」に対する区の認識が問われるとともに、畦畔等、国から移管された土地の積極的な活用による道路整備の推進など、地域特性を踏まえたまちづくりのさらなる展開が望まれました。 もっと読む
2019-03-27 豊島区議会 平成31年公共施設・公共用地有効活用対策調査特別委員会( 3月27日) ○森とおる委員  最後に説明がありました12ページの延べ床面積の状況という、ここの欄を新たに加えたというお話なんですけれども、これはもう文字どおり、建物の延べ床面積ということで、土地であるとか、ここには、ほかに公園、児童遊園なんていうことも掲載があるわけなんですけれども、そういったものは入っていないということでいいんでしょうか。 ○木村施設計画担当課長  説明がわかりにくくて済みませんでした。 もっと読む
2019-03-25 葛飾区議会 平成31年都市基盤整備特別委員会( 3月25日) 1ページ目には、都市計画・土地利用計画についての考え方が示されております。左側が現在の土地利用の状況、右側が再開発を行うに当たりましての土地利用の考え方が示されております。  恐れ入りますが、1枚おめくりいただきまして2ページ目をごらんください。   もっと読む
2019-03-22 板橋区議会 平成31年第1回定例会−03月22日-04号 史跡公園については、板橋区として、なぜ財務省と直接交渉し、直接購入をすることができなかったのか、公益財団法人である野口研究所から旭化成レジデンスに借地権が譲渡された経緯、財務省から旭化成レジデンスに当該土地が売却された経緯や方法について、再度事実を検証する必要があります。また、野口研究所と国との間で借地契約・借家契約があったかどうか不明確であり、これらについても事実関係を検証すべきものと考えます。 もっと読む
2019-03-22 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月22日-08号 この土地所有をしている事業者から、長期間で賃貸で利用していく事業スキームについての費用対効果の問題や、議会における慎重論に耳を傾け、整備に関する交渉を中途で取りやめた経緯がございます。それぞれ課題認識と政策目的を持って検討を進めてきたものでありますが、コストや事業の効果を総合的に勘案し、判断をさせていただいたものと考えております。   もっと読む
2019-03-19 葛飾区議会 平成31年地域活性化対策特別委員会( 3月19日) ○(政策企画課長) 当該土地の使用、東京都と交渉している中で、実は東京都側からも、今お話をいただいた加用水については、今、処理の変更を検討していると。 もっと読む
2019-03-19 江東区議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 一つ、不燃化特区推進事業について、取得用地が狭い土地、小規模な空間でも防災上効果はあるのか。 との質疑があり、理事者から、  延焼防止効果は上がると考えられているため、防災上の効果があると判断した用地は、URと調整の上、取得することを検討している。 旨の答弁がありました。  一つ、お部屋探しサポート事業について、31年度に拡充するサービスの内容は。 もっと読む
2019-03-19 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月19日-07号 今予算がないからと言うんですけれども、ふじみ荘でも民間利用をして、ちょっと小さくなるけれども、土地を貸してふじみ荘を建てかえようという案も出てきています。それから、民間でもそういうようなものを検討してもいいという会社も出てきていますよ。 もっと読む
2019-03-18 板橋区議会 平成31年3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号 何とか70億ということでできないかということで、土地を借りる。地権者の方々から土地を借りる。なので、地権者の方々は土地を持ったままということです。地権者の権利をしっかり守る定期借地権ということで行っていきました。A街区はたしか100%、全ての地権者の方々が合意をしての開発になっていました。   もっと読む
2019-03-18 葛飾区議会 平成31年総務委員会( 3月18日) まず1の廃止理由でございますが、葛飾区地区振興館条例に定めます、葛飾区鎌倉千代田通り地区振興館は、区が地元から無償で借りている土地に、区が建設した集会施設でございまして、その管理は地元の千代田通り商店会が行っているものでございます。  平成30年4月、土地所有者から原状回復して返還するよう求められたことから、本施設を廃止し、土地を返還する必要があるため、本条例を廃止するものでございます。   もっと読む
2019-03-15 板橋区議会 平成31年3月15日予算審査特別委員会−03月15日-01号 ◎資源環境部長   コンテナ型の設置に当たりましては、区有地、公共機関の用地や民間の協力を得ながら、土地の確保に努めてまいりたいと考えております。  また、民間施設の中に設置する屋内型公衆喫煙所につきましても、可能性を探りながら屋内、屋外両方の公衆喫煙所の設置について多角的に検討してまいります。 もっと読む
2019-03-15 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号 本件病院跡地は、加えて浸水地でもあり、地権者からすれば、売却には極めて不利な土地ということになります。これを区が駅前の一等地と交換してくれるとは、天の助けのような話です。  逆に、区は、不当に高い代価を払うことになり、地権者及び病院に対する不当な利益供与ということになります。公共財産の処分としては許されません。   もっと読む
2019-03-14 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号 この中で、建築物のルールあるいは緑の保全、創出などには地区計画制度を活用すること、それから道路の拡幅整備などには土地区画整理事業を活用することなどを盛り込んでございます。   もっと読む
2019-03-14 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月14日-06号 ◎佐々木 都市計画課長 大規模土地取引行為の届け出と建築構想の調整は、周辺への影響が大きい大規模な土地利用転換や建築に対し、適正な土地利用や良好な建築計画の誘導を図るため、平成二十二年の街づくり条例の改正により新たに導入した制度でございます。平成二十三年度から運用を開始しまして、大規模土地取引行為の届け出は七十四件、建築抗争の調整は百八十二件の届け出がございます。 もっと読む
2019-03-14 葛飾区議会 平成31年建設環境委員会( 3月14日) ○(道路管理課長) やはり土地の値段ということで、実際は平成25年のときに若干下がった傾向にあるようですが、そのときはそれほど下がり幅がなかったということでした。ただ、いろいろな資料を私のほうも確認しましたところ、ある程度、その土地の下落によって、収入についても少し減るであろうというような考察が書かれていた年はございました。 もっと読む
2019-03-14 江東区議会 2019-03-14 平成31年医療・介護保険制度特別委員会 本文 次に、30陳情第18号の2外1件についてでございますが、陳情の趣旨は、児童会館の敷地を活用した特別養護老人ホームの整備について、ほかに土地を求めることとしてございます。現在、整備事業者におきましては、基本設計作業を進めており、今後も平成34年4月の開設を目指して、区と事業者及び東京都とも必要な協議を行い、計画を推進していくところでございます。   もっと読む
2019-03-14 大田区議会 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号 企業のもうけ仕事に財政も土地もつぎ込むことは大田区民の利益にはなりません。今からでも計画は見直すべきではないでしょうか。区民の利便性よりゼネコン開発を優先する、不要不急の大型開発は中止を求めます。   もっと読む
2019-03-14 板橋区議会 平成31年3月14日予算審査特別委員会−03月14日-01号 それから、建物については無償で、土地は有償ということで把握をしています。土地代を払った上で修繕費まで民間が出すと、先ほど数十億という話もありましたが、民間で出すということをまず可能だと考えているかどうか、その見解を伺います。 もっと読む
2019-03-13 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月13日-08号 ◎事業調整担当課長(浅井) 東京都の開発許可では、建築の場合と、それから今回は土地区画整理事業を行うということで違いが生じております。共同住宅街の建築の場合には、緑を確保する面積は、開発許可の中では土地区画整理事業よりもかなり少なくなっておりまして、基本的には区域面積の5%という規定になっております。 もっと読む