2593件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2019-03-27 平成31年  3月 定例会-03月27日-05号

原発事故、子ども・被災者支援法は、国が住宅確保などの施策を講じると定めているにもかかわらず、具体化されていません。避難先での生活になじむのは容易ではなく、避難生活の質の向上が災害復興の課題ともされている一方で、被災者への住宅提供打ち切りは、避難指示が出ていた地域の避難者へも拡大されています。

板橋区議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会−03月22日-04号

さらに、原発ゼロを目指して、区としての姿勢を示していただきますようお願いいたします。  旧保健所につきましては、安全とされる耐震診断基準を大きく下回り、震災時に倒壊の危険がある建物として使用を見合わせています。一時、荷物置き場に使用されていたこともありますが、危険を指摘されていながら、10年以上にわたり放置され、非常に問題です。

世田谷区議会 2019-03-22 平成31年  3月 予算特別委員会-03月22日-08号

福島では、原発事故の影響で、いまだ約三万二千人の方が故郷に戻れず、避難生活を送っています。二十八年の決算特別委員会、二十九年の予算特別委員会でも、自主避難者への住宅支援打ち切りへの対応について質問しましたけれども、その後、避難指示が出ていた地域の避難者への拡大というものを言われている中で、現況の対応、そして今後の対応というのを聞かせてください。

板橋区議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号

我が会派、市民クラブは、平和、弱者として、脱原発、この3つの約束に掲げています。  まず、平和からお尋ねいたします。  毎年夏、庁舎イベントスペースで平和絵画展、原爆展が開催されています。昨年の夏の絵画展はいつもとは違うものでありました。それは、2017年12月にノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン、ICANの資料が板橋区が先駆けて展示が行われたということです。

杉並区議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会−03月18日-08号

陳情  29陳情第 7 号 杉並第一小学校等複合化整備計画に関する陳情  29陳情第11号 杉並区職員の定年制に関する陳情  29陳情第12号 北朝鮮のミサイルに備えた避難訓練等の実施に関する陳情  29陳情第14号 高円寺小中一貫校校舎予定地で再度のボーリング調査を求める陳情  29陳情第17号 国政・地方選挙における供託金制度の見直しを求める意見書の提出に関する陳情  30陳情第21号 東海第2原発

杉並区議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号

区立施設の改築に当たっては、建築物の省エネ性能を高めるとともに、太陽光発電機器の導入をさらに進め、原発に頼らない社会に向けた取り組みを求めます。  第11は、性的少数者施策の拡充についてです。  区内当事者の動きから拡充が行われ、新年度は、リーフレットを作成し、啓発活動を推進していくことを確認できました。

江東区議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年防災・まちづくり対策特別委員会 本文

こちらの一覧の一番上、いわき市から飯舘村までの10の市町村につきましては、東日本大震災における原子力発電所の事故による避難住民に関する特例法、原発避難者特例法に指定されている市町村でございます。265世帯、561人がこの特例法の対象となっているところでございます。  お手数ですが、1ページにお戻り願います。  項目の2、被災者への主な支援状況でございます。  

世田谷区議会 2019-03-11 平成31年  3月 予算特別委員会−03月11日-04号

予算特別委員会は開会されていなかったと思いますが、あっという間に八年が過ぎて、我々は日常的に余り意識をすることがもうなくなっている方が多いのかなと思いますけれども、やはりあのときの震災はしようがないにしても原発の事故があって、当時、結局福島でつくられた電気はほとんど東京都民が使っていたということを考えれば、我々は忘れずに、区長が脱原発で当選をされてちょうど八年になります。

杉並区議会 2019-03-06 平成31年予算特別委員会−03月06日-04号

◆新城せつこ 委員  財政削減だけではなく、原発電力でない新電力を拡大することが重要であると考えます。新年度の新たな取り組み、拡大方針がありましたら。 ◎環境課長 区有施設への新電力の導入につきましては、行革効果という点もございますけれども、環境面からも再生可能エネルギーの利用促進という点から進めているところでございます。

世田谷区議会 2019-03-06 平成31年  3月 予算特別委員会-03月06日-02号

二〇五〇年までに事業者が使うエネルギーを一〇〇%再生可能エネルギーにするんだということで、自治体版は定義がないというような話のやりとりをしていましたけれども、私が求めているのは、脱原発を掲げて当選した区長がさまざまなエネルギー政策に取り組んできた。でも、個々にやっていて、何のためなのかということが見えづらくなっているからこそ、これはもうきちんと目標設定、目標を掲げるべきだと。  

江東区議会 2019-03-06 2019-03-06 平成31年区民環境委員会 本文

そのうち、東京電力が1,900億円を支援するということですが、東京電力こそが福島第一原発の事故を起こして被害者に補償するべき立場にあるのに、東海第二発電所に1,900億円も支援する場合かと私は思っているのですけれども、それは置いておいて、一番の理由は、非常に老朽化した原発、ダメージを受けている原発であるということと、事故が起こったときに江東区も当事者になり得るおそれは非常に高いということから、私は、

大田区議会 2019-03-04 平成31年 3月  予算特別委員会-03月04日-01号

原発に頼らない、環境に優しい、安全性が高いなどを目指して、区内で町工場経営者が知恵を出し合って、例えば風力発電の研究開発についても、1、2年の期間では、なかなか見通しが立たない、そういうところには少なくても5年ぐらいの期間を援助する、さらにそれが販売できるようにするにはさらに援助する、そういうことを私はやっていただきたいと思っております。  

大田区議会 2019-03-01 平成31年 第1回 定例会−03月01日-03号

コストの面においては、原発に頼ってしまった結果、東京電力福島第一原発の事故の収束に係る国費投入はどれほどの額になるのか。天文学的な高コストになります。周辺住民はなりわいを奪われ、故郷をなくし、命、健康を脅かされ、3万人を超える方々がいまだ避難生活をされています。このような中、柏崎刈羽原発の地元の人々は再稼働に慎重です。

大田区議会 2019-03-01 平成31年 3月  議会運営委員会−03月01日-01号

(4)31第20号 国民健康保険の均等割をなくすよう国へ意見書をあげることを要望する陳情、31第4号 主要農作物種子法廃止に関する陳情、31第19号 介護予防事業を卒業した要支援1、2の人のケアを求める陳情、31第3号 電線、電柱、トランスの移設又は削減に関する陳情、31第6号 柏崎刈羽原発に頼らない脱炭素の東京再生可能エネルギー計画の要望書提出を求める陳情及び31第14号 新空港線に関わる多摩川線

杉並区議会 2019-02-25 平成31年 2月25日総務財政委員会−02月25日-01号

30年度杉並区一般会計補正予算(第4号) ………………37 報告聴取  (1) 平成31年度都区財政調整協議の結果について …………………………………37 請願・陳情の追加署名について  (1) 30請願第3号 国に対し「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求めることに関する請願     ………………………………………………………………………………………70  (2) 30陳情第21号 東海第2原発

大田区議会 2019-02-22 平成31年 2月  地域産業委員会−02月22日-01号

◆藤原 委員 福島原発の影響によって、このウイングハイツの何階かわからないけど、何世帯か入っていたこともありますけれども、もうそれは解決したんですかね。 ◎石川 工業振興担当課長 その件につきましては、総務課が総合的な窓口になっておりまして、福島県と協議をしながら必要なご支援はさせていただいているところでございます。まだ継続をしているところでございます。