123件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2020-10-09 令和 2年  9月 決算特別委員会−10月09日-07号

電磁波体調を崩す電磁波過敏―EHSというものがあります。私は、電磁波過敏の問題、電磁波と健康問題に取り組んでいる方からお話を伺いました。この方は過敏当事者ということで、様々な活動を行っている方です。学校無線LANの導入が進む諸外国では社会問題にもなっていると。欧州評議会では、学校には電磁波のないエリアを作ることなど、様々なことを二〇一一年に勧告しています。

世田谷区議会 2020-06-12 令和 2年  6月 定例会−06月12日-03号

ウイルス除去には、自然素材の石けんがどんな化学物質より有効だということは明らかです。ただ、学校によって置いてある手洗い用洗浄剤の種類は様々であるとのこと。子どもたちの中には、アレルギー化学物質過敏などの心配がある子もいます。強い香料の入ったものなどを使うと香り体調を崩す子どもは、手洗いができなくなります。

品川区議会 2020-03-27 令和2年_第1回定例会(第5日目) 本文 2020-03-27

理事者の説明の後に質疑を行い、委員より、柔軟仕上げ剤や消臭除菌剤による化学物質過敏に対する区の認識についてなどの質疑があり、理事者より、法的根拠がない香りの害については、現状では、品川区保健所として直接的な指導等ができない。しかし、区民の方から年に二、三件とはいえ相談が続いているため、何らかの対応が必要になっていくものと認識しているなどの答弁がありました。  

品川区議会 2020-03-23 令和2年度予算特別委員会(第8日目) 本文 2020-03-23

保育所学校における新型コロナウイルス感染対策は、集団生活する場が感染の増幅器になることを防ぐこと、無症状の元気なコロナウイルス感染感染した子どもからリスクの高い高齢者基礎疾患を持つ方に感染する危険を避けることにあると思われます。  保育課は、従来から保育所における感染対策ガイドラインに基づき、保育所感染対策を進めてきました。  そこでお尋ねいたします。

葛飾区議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第3日 2月27日)

香料に含まれる化学物質によって化学物質過敏発症アレルギー、ぜんそく、頭痛などの症状を誘発するとされています。  近年、いい香りを売りにして、宣伝された柔軟剤シャンプーなどの商品が多く流通し、数種類にわたり店頭に並びます。こうした状況の背景に、柔軟仕上剤洗濯洗剤などに含まれる香りによって頭痛や喉の痛みなどを訴える相談国民生活センターなどで増えているという実態があります。  

品川区議会 2020-02-25 厚生委員会_02/25 本文 2020-02-25

今回請願が出されたということで、いろいろ調べてみて、化学物質過敏というものが本当にこの請願に書かれているように頭痛ですとか吐き気ですとか、倦怠感筋肉痛、そういうところでかかった人が本当に普通に暮らせなくなるほどのつらい病気なのだなということを改めて認識をしたのですけれども、しかも、それが花粉のようにいつ誰がかかってもおかしくない。

練馬区議会 2019-12-05 12月05日-05号

認知施策として予防を重視することは、予防していなかったから認知になったのだと、当事者家族が社会から自己責任を問われる状況に追い込まれないかと懸念します。区内の認知対応型グループホームで働くある職員は、認知に対する偏見や差別がある限り、予防は恐れや不安を増長し、本人や家族を苦しめるだけと指摘します。 介護予防認知予防は違います。

足立区議会 2019-11-08 令和 元年11月 8日災害・オウム対策調査特別委員会−11月08日-01号

私のほう、会派として受けたのが、化学物質過敏の方とか、一緒にいるとシャンプー香りとかもだめだということで、しっかり一つ病気として、今、認知されてきているところなのですけれども、コンテナというか、完全に空気が隔離されたようなところでないと、避難できない、一緒にいられないというふうな方もおられたりします。

世田谷区議会 2019-10-18 令和 元年  9月 定例会−10月18日-05号

認知の方だけではなく、認知家族を介護する人たちへの支援、相談の場所など引き続き注力していただき、(仮称)世田谷区認知施策推進条例を検討するに当たっては、くれぐれも高齢者を大切にする、大事にしていくという誠意を持って進めていただきたいと要望して、賛成の意見といたします。(拍手) ○和田ひでとし 議長 以上で青空こうじ議員の意見は終わりました。     

世田谷区議会 2019-10-10 令和 元年  9月 決算特別委員会−10月10日-07号

たち生活は、多くの化学物質に取り囲まれており、化学物質過敏発症する人がふえ続けています。二〇〇九年には、厚生労働省がカルテや診療報酬明細書に記載する病名リスト化学物質過敏を登録しました。最近では、柔軟仕上げ剤や消臭除菌剤香料による健康被害の訴えが相次ぎ、新たな化学物質過敏として問題になっています。

江戸川区議会 2019-10-08 令和元年決算特別委員会(第7日)-10月08日-07号

原因香り成分に使われている化学物質である場合が多く、化学物質過敏の引き金になると言われています。NPO法人日本消費者連盟は、消臭剤を避けるために外出先のトイレを我慢したり、無臭の職場が見つからずに生活困窮に陥ったりする人もいるという報告をしています。街中にあふれる過剰のにおいのもとを香害だとして、消費者意識改革や規制を求める動きも出てきています。  

世田谷区議会 2019-09-19 令和 元年  9月 定例会−09月19日-03号

香りの害、香害は、柔軟剤や消臭・除菌剤の人工的な香りに含まれる化学物質により、目まいや吐き気頭痛などの症状を誘発するもので、化学物質過敏原因一つとされます。  昨年の七月と八月に、NPO法人日本消費者連盟が二日間限定で行った電話相談香害一一〇番では、二百十三件もの相談がありました。全国消費生活センターに寄せられる柔軟仕上げ剤等においに関する相談も年々増加しています。  

大田区議会 2019-09-18 令和 1年 9月  健康福祉委員会−09月18日-01号

昨日も陳情審査の中でお話をさせていただきましたとおり、化学物質過敏は誰しもがなり得るものであります。  本陳情では、区立学校における実態調査及び注意と配慮を呼びかける啓発活動を望むものでありますが、区立学校における実態調査については、毎年の保健調査票に基づき、ご家族からお子様の化学物質過敏についての情報提供をいただいており、各学校ではそれにあわせた対応を行っているとのこと。