運営者 Bitlet 姉妹サービス
2507件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号 センサーが冠水を感知した際に、その情報が街路灯の無線通信から瞬時に通知されて、水防活動の迅速化に効果があるかどうかを実験する予定でございます。 ◆渡辺富士雄 委員  この実証実験が成功すれば、うまくすれば、より迅速な浸水被害への対応が可能になるというふうに考えます。  こうした冠水センサーを設置する場所は、ほかにもあるのか、伺います。 もっと読む
2019-03-13 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月13日-08号 GHP、ガスヒートポンプの略でございますけれども、エアコンには圧縮、コンプレッサーというものが冷暖房をする際必要になってくるわけですが、この圧縮を駆動させるための動力源としてガスを使っているもの、ガスエンジンですね、都市ガスなどになりますけれども、これがGHPというものでございます。 ◆小林ゆみ 委員  ガス式と電気式の違いは何でしょうか。 もっと読む
2019-03-12 港区議会 平成31年3月12日議会運営委員会−03月12日 音響式信号の増設、稼働時間の拡大を求める意見書(案)です。提出者は、全議員とし、提案理由の説明者は、自民党議員団の二島幹事長にお願いします。  以上の1件です。  本会議での取り扱いは、後ほどお諮りいたします。     ──────────────────────────────────────── ○委員長(土屋準君) 次に、「追加提出案件について」です。  区長から説明をお願いいたします。 もっと読む
2019-02-13 杉並区議会 平成31年第1回定例会-02月13日-02号 五輪をに区民のスポーツ参加の向上を図ることが求められているとき、スポーツ施設の条件整備では他区と比較しておくれている実態を区長はどう認識しているのか、確認します。  五輪を前にして区民のスポーツ参加を促進するため、スポーツ施設の整備を促進するべきではないのか、見解を求めます。   もっと読む
2019-01-28 港区議会 平成31年1月28日総務常任委員会-01月28日 ○危機管理・生活安全担当課長(滑川寛之君) まさに熊田委員のおっしゃるとおりで、現在もキャンペーン等でまちの方と一緒に消去活動を行っていますけれども、協力が得られればそこに子どもたちの絵などを設置して、再発防止、また、変電・配電盤の方で、東京電力等の事業者と協議しまして、そのようなポスターの掲示など、協力していただくことを進めていきたいと思います。 もっと読む
2019-01-23 港区議会 平成31年1月23日建設常任委員会-01月23日 一方で、緊急輸送道路である補助第10号線は、未整備で歩道が狭く、地下鉄六本木駅方面への歩行者経路の交差点には信号が設置されていないなど、歩行者の安全性の確保が課題となっております。また、沿道の建物の大半は耐震改修が行われていない旧耐震基準の建物であるとともに、緑や公園等のオープンスペースが不足しており、市街地環境や防災性の向上が課題となっております。 もっと読む
2018-12-06 杉並区議会 平成30年第4回定例会−12月06日-30号 同じように多数の子を養育している多子世帯でありながら、親の職業に基づく差別的対応が改善の兆しを見せないことに加え、2025年度を目標年度としている出生率の改善にも赤信号がともっている現状は、とりわけ政策的な配慮が求められている状態であることを強く指摘し、本議案への賛成意見といたします。 ○議長(大熊昌巳議員) 以上で意見の開陳を終了いたします。  それでは、議案ごとに採決いたします。   もっと読む
2018-12-04 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月04日-02号 補助第261号線は、周辺交通環境の整備が進んだことや、大型商業施設の開店により交通量が増加しており、ベルクス前の交差点への信号設置を望む声が多く、警視庁へ要望を行いましたが、すぐ近くに信号があることを理由に設置できないとしています。しかし、交差点が危険であることには変わりはありません。区として信号設置を関係機関に働き掛けるべきだがどうか。   もっと読む
2018-11-26 北区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月26日−14号 さらに、旧岩槻街道の拡幅に伴う歩道の整備もこれからで、新たに信号などが設置されます。こうしたことから、改めて通学路の点検とともに、学校統合に伴って実施されてきた対策が権利の主体である児童の視点から見てどうだったのか、その検証を行い、新年度以降もさらに通学路の安全対策を強めていただくことを求めます。お答えください。   もっと読む
2018-11-22 北区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月22日−13号 この法改正をに、自治体での公文書管理条例の制定、公文書館の建設が自治体の重要な課題になってきました。近隣の自治体でも、板橋区は公文書館を平成十二年に建設しています。   もっと読む
2018-11-20 杉並区議会 平成30年第4回定例会−11月20日-28号 また、平成29年、昨年ですが、航空自衛隊の戦闘が実施した緊急発進、スクランブルが904回に達したとの発表もありました。中国の500回が最多で、ロシアは390回だったとのことです。ちなみに、10年前の緊急発進は年に200回ほどでしたが、平成28年には1,168回あったとのことでした。   もっと読む
2018-11-16 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第7日目) 本文 2018-11-16 次に、大型台風や地震などで起きた大都市における突然の停電は、信号が使用不能になったため、車が大渋滞し道路上に滞留しました。その車を移動しようにも、交通整理はできないし、保管場所もありません。したがって、緊急車両や特定緊急輸送道路の交通網さえも確保はできなくなりませんか。また、車の滞留の解消策はありますか。教えてください。   もっと読む
2018-11-12 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第5日目) 本文 2018-11-12 特に交差点の信号が停電などにより長時間にわたって使用できなくなり、大渋滞を生み出しています。大渋滞により、警察、救急車、消防車、ライフラインの復旧のための救援車など、さまざまな緊急車両が動けなくなっていました。特に夜間などは、信号が消えただけで交差点が渡れなくなって、移動時間が5倍から10倍もかかったと聞いています。 もっと読む
2018-11-09 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第4日目) 本文 2018-11-09 しかし、商店街を見ても、生鮮三品のお店が減って、これをに、一気に商店街が厳しくなるという現状があります。商店街にとっての生鮮三品の大切さを、区はどのように考えているのか。 もっと読む
2018-10-29 豊島区議会 平成30年第3回定例会(第13号10月29日) さらには、財政健全化法における4つの健全化判断比率について、いずれの指標も財政状況の黄色信号を意味する早期健全化基準を大幅に下回っており、適正な水準であることを認識したところであります。 もっと読む
2018-10-10 杉並区議会 平成30年決算特別委員会−10月10日-07号 課題につきましては、正規な信号、音声式信号等をつける場合に、正規な位置への支障物がある、またアーケードの柱などがありまして、エスコートゾーンの位置が適当ではない、それらの解決をしていきながら実施に向けていくという回答を受けてございます。 ◆くすやま美紀 委員  ぜひ早く設置されるように求めたいと思います。   もっと読む
2018-09-27 豊島区議会 平成30年第3回定例会(第12号 9月27日) 調べてみたところ、エアコン以外にも扇風機や冷風なども対象となるようです。上限5万円とのことですが、荒川区の取組みについてお聞かせください。申請からエアコンの設置まで、夏の暑い期間中に間に合ったのかなど心配になるところではあります。荒川区の事業であり、他区の取組みでありますが、事業の概要やどの程度活用されたのかなどわかりましたら、あわせてお教えください。   もっと読む
2018-09-25 足立区議会 平成30年 第3回 定例会−09月25日-03号 今年10月から始まる奨学金返済支援助成開始をに、新制度の応募状況を見ながらとしていますが、廃止ではなく更に拡充こそすべきではないか。  足立区では、スクールカウンセラーだけでなく、平成27年度からスクールソーシャルワーカーを配置し、いじめや不登校、発達障がい等様々な課題を学校内だけでなく、地域や家庭をつなぎ問題解決に取り組んでいます。   もっと読む
2018-09-21 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第6日 9月21日) 車道を走る自転車の信号無視が本当に多いです。自分も通勤では自転車で駒沢通りを走ってくるんですけれども、車道も走りますし、道路状況によっては歩道のほうをゆっくり走っていますが、車道を走っていて赤信号でとまりますと、その後ろを走っていた自転車が追い越して、さらに赤信号を無視して交差点に進入して、そのままその先へ行ってしまうという場面が本当に多くあります。 もっと読む
2018-09-19 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第4日 9月19日) それから4点目、この発電の入れかえですが、全区的に満遍なく入れかえを行ったのか、それとも北部、西部などエリアごとに行っていくのか、これは平成31年までの計画のようですけれども、どのように行っているのか伺います。  それから最後5点目、自家発電について伺います。  以前、防災センターを見学した際に、センターには災害時の停電に備えて自家発電が整備されていると聞いたことがあります。 もっと読む