3851件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-04-10 葛飾区議会 平成31年保健福祉委員会( 4月10日) このたび、障害福祉に関する相談のワンストップを目的に、障害福祉課の相談窓口を見直し、より区民が利用しやすい窓口とするものでございます。  1、経緯でございます。近年、障害福祉の相談窓口に寄せられる相談内容が、複雑かつ多様している現状がございまして、相談に対して、今まで以上に専門的かつ総合的な対応が求められているところでございます。   もっと読む
2019-03-28 葛飾区議会 平成31年第1回定例会(第4日 3月28日) 今定例会では金町駅周辺に学童保育クラブの増設を求める請願が1万7,580筆の署名を添えて提出されました。金町駅では1時間で400筆の署名が集まったと聞いています。来年度予算案には金町駅周辺に学童保育クラブの増設が1カ所もありませんが、区長はこの区民の切実な声が聞こえないのでしょうか。不足しているにもかかわらず新水元学童保育クラブを廃止することは、本末転倒です。   もっと読む
2019-03-27 世田谷区議会 平成31年  3月 定例会-03月27日-05号 ここではまず、地方法人税の一部国税やふるさと納税による減収要素の影響拡大に加え、幼児教育無償に伴う新たな財源負担の増加など、区財政が予断を許さない状況であるにもかかわらず、痛みを伴わない小手先ばかりの行政経営改革に終始し、過去最大規模の予算を編成した危機感のない区長の姿勢がただされました。   もっと読む
2019-03-22 板橋区議会 平成31年第1回定例会−03月22日-04号 しかし、区は待機児の解消を規制緩和と公立民営によって進めようとしています。新年度からの算定基準見直しでは、14園で保育士が1名削減となり、要支援児加算の正規保育士は必要数ではなく、保育士定数の上限によって決めています。区自身の要綱にも反する運用になっています。区内の企業型保育園では、2年連続保育士の大量退職という異常な事態が生まれています。 もっと読む
2019-03-22 板橋区議会 平成31年3月22日企画総務委員会−03月22日-01号 ◆荒川なお   このプレミアム商品券に関しては最後なんですが、3歳未満というふうに年齢が設定をされていて、保育無償との関係で、そういう年齢設定になっているというのをちょっといろいろ見たんですけれども、それで、これは結局受けられる期間が半年間ですよね。 もっと読む
2019-03-22 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月22日-08号 ◆板井斎 委員 初めに、幼児教育の無償における給食費の給食の取り扱いについてお伺いします。  幼児教育無償については、給食費を保護者から徴収するかどうかが大きな議論となっています。 もっと読む
2019-03-19 江東区議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 一つ、保育無償に伴い、国は副食費の実費徴収を検討しており、現在の保育料以上の負担を区民に強いてはならないが、見解は。 との質疑があり、理事者から、  一定の所得以下の方は実費負担が免除される制度を、国が検討している。 旨の答弁がありました。  一つ、魚釣場の使用料を徴収していない理由は。 もっと読む
2019-03-19 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月19日-07号 今回の給食停止期間における問題は福祉領域の観点からも非常に重要であると考えていますが、今回、給食費の無償というか、負担軽減という話も出ておりますが、私が今回テーマとして取り上げている若者の区政参加というような観点から見てみると、果たして教育政策にとって無償というのは子どもたちにとって魅力的なんだろうかと、決してそうではないというふうに思っています。 もっと読む
2019-03-18 板橋区議会 平成31年3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号 1階に入っていた保育園を、別のところに移して、民間保育園にしました。そういった方式でやっていくのだということですけれども、さてその38園、どのぐらいを予定しているのか、民営で。最終的に、どこまで持っていきたいのか、今の時点でのお考えを聞かせていただきたい。 ◎子ども家庭部長   区立保育園の民営についてのお尋ねでございます。   もっと読む
2019-03-18 杉並区議会 平成31年第1回定例会−03月18日-08号 超高齢社会に対する最大の課題は少子対策であり、就学前の保育等の支援、子育て支援をこれから一層強化して生産年齢人口の増加に努めることが大きな意味での区民サービスの向上につながるものと考えるため、賛成であるとの意見。  杉並区議会公明党の委員から、本条例改正による組織改編は、時代の変化や社会情勢、区の現状を踏まえた適切なものである。 もっと読む
2019-03-18 葛飾区議会 平成31年総務委員会( 3月18日) まず1の廃止理由でございますが、葛飾区地区振興館条例に定めます、葛飾区鎌倉千代田通り地区振興館は、区が地元から無償で借りている土地に、区が建設した集会施設でございまして、その管理は地元の千代田通り商店会が行っているものでございます。  平成30年4月、土地所有者から原状回復して返還するよう求められたことから、本施設を廃止し、土地を返還する必要があるため、本条例を廃止するものでございます。   もっと読む
2019-03-15 板橋区議会 平成31年3月15日予算審査特別委員会−03月15日-01号 区立保育園の民営の背景でございます。平成16年度以降、国の三位一体改革により公立保育所の保育運営費及び改築経費等に対する国庫支出金が廃止となり、区立保育園の運営経費は保育料収入と一般財源により賄われております。  一方、私立保育所の運営費及び施設整備費助成に対する国庫支出金は継続している状況にございます。 もっと読む
2019-03-15 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号 会派からは、杉並区の全ての子供への支援という視点から、保育所、幼稚園それぞれに人材確保を含めた支援の維持及び拡充、病児保育施設の整備、多様する学校の課題に対応したSSWや学校司書の拡充などを要望として申し述べておきます。  以上、目標1から5までを概括的に網羅して述べてまいりました。   もっと読む
2019-03-14 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号 だから、区は今保育をやっています、学童もつくっています、切れ目のないように子育てできる環境を整えている。やっていることは今やっていることでも構わないんだけれども、そこに定住という言葉を1つ放り込むことによって、つながりというのができてくるんじゃないかなというふうに思いますので、最後、もう一言あれば御答弁お願いいたします。 もっと読む
2019-03-14 大田区議会 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号 2017年4月からの施設使用料2000万円、小中学校給食費総額1億4000万円、学童保育料の値上げ、9月から保育料の総額1億7000万円値上げ、さらに2018年度は臨海斎場火葬料の値上げを押しつけ、これらの値上げは既定の事実として来年度の区民生活に大きく影響を及ぼすものです。ボディーブローのようにきいて、年々区民生活を脅かすことになりますので、値下げするよう求めておきます。   もっと読む
2019-03-14 板橋区議会 平成31年3月14日予算審査特別委員会−03月14日-01号 それから、建物については無償で、土地は有償ということで把握をしています。土地代を払った上で修繕費まで民間が出すと、先ほど数十億という話もありましたが、民間で出すということをまず可能だと考えているかどうか、その見解を伺います。 もっと読む
2019-03-13 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月13日-08号 ◎学校整備担当課長 リースの契約内容については、現在仕様書などを詰めている段階ですので、詳細の決定はこれからということになりますが、先行事例を調べたところでは、リース期間終了後は無償譲渡という形でやっているケースが多いようですので、杉並区においても、無償譲渡という形で区の所有にしていくという考えでございます。 もっと読む
2019-03-13 大田区議会 平成31年 3月  予算特別委員会−03月13日-01号 施設全体が老朽が進行していること、既存不適格建築物であること、公共施設適正方針により複合をすることで、閉館する三つの理由が挙げられていましたが、2年間放置しているなら、使えたのではないかとの声も近隣からあります。   もっと読む
2019-03-13 葛飾区議会 平成31年保健福祉委員会( 3月13日) 新たに保育所を整備する事業者に対し施設整備に必要な工事費等の補助を行い、保育所を設置するものでございます。  加えて、老朽した保育所の建て替え等を行う事業者に対して工事費等の補助を行い、良好な保育環境を整備してまいります。  2の認可保育所の設置は10カ所でございます。  まず、(1)の(仮称)青戸三丁目保育園の設置です。所在地は青戸三丁目33番で、10ページの上段に位置図がございます。 もっと読む
2019-03-12 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月12日-07号 関連して、10月に迫った幼児教育無償について簡潔に質問します。  同じ会派の今井委員による今定例会の一般質問の答弁では、区としては、幼児教育無償の全体像を把握しかねていることから、必要な諸経費については、当初予算ではなく、後に補正予算として計上する予定であるというふうに述べています。 もっと読む