6659件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2020-07-21 令和 2年 7月  総務財政委員会-07月21日-01号

庄嶋 委員 その答えはそのまま受け取りまして、ちょっと産業振興ではなくて、さっきのPCR検査を受けるというところで、介護事業者、それから保育学童保育事業者、それから学校教職員と挙がっているのですが、一応うちの会派でこれを拝見したときに、医療関係者とか医療従事者を入れていないのは何でなのだろうというのがあったのですけれど、その辺はいかがでしょうか。

杉並区議会 2020-07-21 令和 2年 7月21日総務財政委員会−07月21日-01号

また、商店街振興は区の重要な産業施策でございまして、委員の所属会派からの要望等も踏まえまして、商店街支援充実を図ることを重要な課題として受け止めております。これを総合的に考慮し、対象範囲と定めたものでございます。 ◆わたなべ友貴 委員  商店街支援という行政目的も併せての施策ということで理解しました。ありがとうございます。

葛飾区議会 2020-07-21 令和 2年総務委員会( 7月21日)

これが16億8,000万円ほどあるのですが、そこら辺も含めて、今後、一般財源も戻ってくるというのですかね、そういうこともありますので、そこら辺も決めながら、実は一番の山は来年度の当初予算編成だと思っています。そこに向けて、今年度の歳出見直しも含めまして、うまく年度間調整をして、この危機を財政破綻させることなく乗り切っていきたいというふうに考えております。 ○(池田ひさよし委員長) 会田委員

豊島区議会 2020-07-16 令和 2年行財政改革調査特別委員会( 7月16日)

下に表がございますが、財源の推移(調整後)と書いてございます。なお、令和2年度、表の一番下のところ、令和2年度は、これは当初フレームでございます。といいますのは、調整の数字というのは、大体年末にならないと出てまいりません。令和2年度は、まだ当初フレームですので、端的に申し上げますと、新型コロナウイルス感染症による減収益をまだほとんど反映できておりません。

江戸川区議会 2020-06-26 令和2年 6月 総務委員会-06月26日-03号

◆瀨端勇 委員 景気とか、財政の動向とかを見通しとして、毎年50億、これから特に来年とか来年とか、50億ずつ積んでいくことが可能な状況でしょうかというところも、まだ何とも言えないということになるのかも分からないけど、かなり厳しいんじゃないかなという、私は個人的にそういう実感がありますね。

江戸川区議会 2020-06-25 令和2年 第2回 定例会-06月25日-03号

平成三十年二定の我が会派同僚議員質問に対し、「くつろぎの家のあとの施設をどうするかは、東部地区公共施設可能性、ご承知のようにスポーツランド隣都営住宅の建て替え後に広大な用地が空くので、これを区がどう活用するのか、大型公共施設の再編とか整備可能性の中で、くつろぎの家の今後の在り方を考えるべき」と答弁されました。  

江戸川区議会 2020-06-24 令和2年 第2回 定例会-06月24日-02号

我が会派として、休校中の子どもたちへ少しでも食の支援となるように、また、毎日、昼食を用意する保護者への負担軽減となるよう、学校給食を活用した昼食の提供を要望しました。  週一回、希望者に、おにぎり弁当もしくはパック弁当無償配布が実施され、多くの子どもたち保護者から喜びの声を聞いているところです。  

目黒区議会 2020-06-24 令和 2年企画総務委員会( 6月24日)

そういうことを考えていくと、やはり全庁的に統括した組織が必要ではないかということを我が会派要望してきました。  さきの企画総務委員会の中で、区政構築検討会議、これを設置するという報告がありました。そこで、いろいろ質疑はやりましたけども、今後、この補正も含めて、この検討会議というのがどのように機能していくのか、これを伺います。  続いて、3問目は医療部分です。  

目黒区議会 2020-06-24 令和 2年第2回定例会(第4日 6月24日)

次に、無会派委員から、改正の中身や仕組みに関しては、本当に理解しづらいという側面があるのは事実である。今回の新型コロナウイルス感染症に関しては、こういった部分を、その影響を受ける方々に対し分かりやすく告知することを要望して、本案賛成する、との意見要望がありました。  以上の後、本案につきましては、原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。  報告を終わります。

目黒区議会 2020-06-22 令和 2年企画総務委員会( 6月22日)

裏面にまいりまして、次に(2)として、新しい時代に向けた区政構築検討会議の設置ということでございます。  こちらは中長期的視点で今後の社会変革長期計画策定を踏まえた区政運営構築というものを図っていくために、新しい時代に向けた区政構築検討会議を設置していくものでございます。  次に(3)として、全職員を対象とした事業改善提案の募集でございます。  

杉並区議会 2020-06-17 令和 2年第2回定例会−06月17日-18号

これらの支援について、今後国の第2次補正に対応して編成されるであろう補正予算で実現されるよう要望をいたします。  以上をもって賛成意見とします。  なお、委員会では、私の質疑に対して区長から、価値観の相違だから仕方ないという旨の答弁がありました。この言葉は議論を打ち切るときに言う言葉だと思います。

大田区議会 2020-06-16 令和 2年 6月  総務財政委員会-06月16日-01号

(「はい」と呼ぶ者あり) ○押見 委員長 それでは、各会派から本陳情の取扱いをお伺いいたします。  発言は大会派から順次お願いいたします。会派名は略称とさせていただきます。  では、自民からお願いします。 ◆渡司 委員 2第64号につきまして、陳情者は大田区から公認ブイチューバーを誕生させ、活動に十分な予算を基金から配分することを求めております。

大田区議会 2020-06-15 令和 2年 6月  総務財政委員会-06月15日-01号

まず、基本的な考え方でございますけれども、今回の補正予算案は、新型コロナウイルス感染症対策として、第2次補正予算案編成後に生じた状況の変化に速やかに対応するための予算として計上をいたしたものでございます。  次に、2の補正予算の規模でございますけれども、今回は3億2,742万7,000円となり、補正後の予算額は3,662億2,262万8,000円ということになります。  

世田谷区議会 2020-06-15 令和 2年  6月 企画総務常任委員会−06月15日-01号

ただ一点、この後、報告もありますけれども、特別定額給付金給付遅れだとか、あと我々会派でも要請していましたけれども、中小企業、また事業者個人事業者向けの国、都の様々支援策が出ていますけれども、非常に複雑であったりとか、またPC操作に慣れていない方が非常に多かったりとか、そういう事情もあるので、区独自でぜひ相談窓口をと要請もしておりましたけれども、そのあたりの開設遅れだとか、様々初めての経験でこなしているという

杉並区議会 2020-06-11 令和 2年 6月11日災害対策・防犯等特別委員会−06月11日-01号

富田たく 委員  その後、年が明けて、今年の第1回定例会では、他会派避難所増設を求める質疑に対して、「今後、地域防災計画見直しに合わせ、開設場所、それから既存指定施設配置も含めまして、検討を進めてまいりたいというふうに考えてございます。」と、増設を求める質問に対して、検討してまいりたいと考えておりますという答弁があって、私も安心した記憶があるんです。

大田区議会 2020-06-09 令和 2年 6月  議会運営委員会-06月09日-01号

なお、提出者には付託外となる旨を説明し、提出意向がないことを確認しております。  次に、2第21号 自衛隊の災害対応能力の向上を求める意見書を国に対して提出に関する陳情ですが、こちらも審査除外基準3の郵送分陳情に該当するため、付託外とする案でございます。  こちらも提出者に説明し、提出意向がないことを確認しております。