197件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2019-05-29 令和 1年 第1回 臨時会-05月29日-02号

しかし、評価する主な事業は、防災対策基金の創設、胃がん検診として新成人ピロリ菌検査、暑さ対策用大型冷風機の設置、中学校体育館等空調設備などです。なお、24時間使用可能なAED設置拡大については評価しますが、補正予算には設置料のみです。研修費や講習費など、従業員に負担がかからないよう支援を求めます。  第34号議案 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例は賛成です。  

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  総務財政委員会-05月27日-01号

未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時特別給付金支給、児童相談所設置の整備、健康経営事業所認定・表彰事業、24時間使用可能なAED設置拡大、胃がん検診として新成人ピロリ菌検査、インターネットを活用した自殺防止相談事業、事業承継に関する相談支援事業、無電柱基本方針策定、全小学校ICT第2次環境整備、大型冷風機の設置、中学校造修による空調設備防災対策基金の創設、ハザードマップの増刷、自動ラップ式トイレ

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  健康福祉委員会−05月27日-01号

1点目は、新成人ピロリ菌検査に伴う委託費用及び事務費を新規に計上しています。今年度新成人となる19歳から20歳の区民の方を対象にピロリ菌検査を実施し、胃がんの要因となり得るピロリ菌感染の有無を調べることによって将来の病気リスクを把握し、自分の健康は自分で守るという意識向上を図るきっかけとしていただくことを目指しております。  

大田区議会 2019-05-23 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月23日-01号

4番、5番、胃がん検診、がん検診等事務費では、新成人ピロリ菌検査に係る経費等1,866万4,000円。6番、自殺総合対策では、インターネットを活用した自殺防止相談事業485万7,000円などを計上いたしました。  続きまして、第5款産業経済費でございます。補正予算額は9億5,294万円でございます。

大田区議会 2019-03-14 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号

人権一般事業にすること、高校生を対象とした給付型奨学金を創設すること、民立民営保育園建て替え計画を明らかにし、建て替えには大田区責任を持つこと、新空港線計画は中止し、積立基金は暮らし・福祉応援の財源として活用すること、深刻な長時間労働が問題になっている区内小中学校教員の勤務実態を把握するため実態調査を実施すること、アスベスト試行調査の検診は広く広報し多くの区民が受けられるようにすること、中学生のピロリ

江戸川区議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第8日)−03月12日-08号

加えて、ピロリ菌検査の導入を要望いたします。  また、がん検診の受診率の向上の取組みを要望します。  また、受動喫煙のない社会を目指し、あらゆる手段を講じていくことを要望します。  健康サービス費では、妊娠から出産、子育ての切れ目のない支援の充実を要望します。風疹予防接種においては、これまで取り組んできた事業の継続とともに、国の動向を踏まえ、拡充を要望します。  

大田区議会 2019-03-11 平成31年 3月  予算特別委員会-03月11日-01号

中学生のピロリ菌検査については、日本小児栄養消化器肝臓学会等、肯定的でない意見もあり、一定のコンセンサスが確立していないことから、教育委員会といたしましては、現時点で法定外のピロリ菌検査を導入する考えはございません。  今後も、学校における健康診断の実施にあたっては、健康政策部と調整を図りながら実施してまいります。

江戸川区議会 2019-03-04 平成31年予算特別委員会(第4日)-03月04日-04号

あと、私たちも内視鏡の導入とともに胃がんに関するピロリ菌の検査も以前から導入を目指して要望してきておりますので、この点に関しても要望という形でとどめておきたいと思いますが、よろしくお願いいたします。  それから次、2点目ですけれども、先ほども出ました口腔がんについてです。

大田区議会 2018-11-29 平成30年 第4回 定例会−11月29日-02号

胃がんリスク検診とは、胃がんを見つけるためのがん検診ではありませんが、採血などの簡単な手法でピロリ菌の有無と胃粘膜の萎縮の程度を調べ、胃がんのリスク判定をする検査です。ピロリ菌については、除菌することで胃がんの発生を大きく抑制することが可能であるとされ、医学的には世界の常識となっています。2013年からは、慢性胃炎に対するピロリ菌の除菌治療に対して保険が適用されることにもなっています。

渋谷区議会 2018-11-01 11月29日-13号

バリウム検査で放射線を浴びたくないという人など、「身体に優しい検診」と言われているのが胃がんリスク検診(ABC検診)で、ピロリ菌感染の有無、胃粘膜の萎縮度を採血で判断することで、胃がんになりやすいかどうかを判断する新しい検査です。既に荒川区では、検査項目に追加されています。 胃がん検診の検査項目に血液検査を加えるべきです。区長に伺います。 最後に、民泊についてです。 

江東区議会 2018-10-02 2018-10-02 平成30年決算審査特別委員会 本文

この検査は、ピロリ菌感染の有無と胃粘膜の萎縮状態について、A群、B群、C群の3層に総合判定するものでございます。A群は低リスク判定で、定期的な胃がん検診の受診をお勧めいたしまして、B、C群は高リスク判定ということで、精密検査の受診をお勧めしてございます。  平成29年度でございますけれども、受診者数が8,526人、受診率14.9%でございました。

目黒区議会 2018-09-20 平成30年決算特別委員会(第5日 9月20日)

その後、この検診は大きく全国に広まっていきまして、今ではピロリ菌、胃がんの主たる原因はピロリ菌でございますが、ピロリ菌の除菌については保険適用にもなるというふうになってきております。  そういった成果もありまして、その後、国のがん検診の指針が改正されて内視鏡検診もできるようになりました。

豊島区議会 2018-03-06 平成30年予算特別委員会( 3月 6日)

○中島義春委員  胃がんリスクということ、ピロリ菌検査、あるいはABC検査なんかも、これも非常に要精密という、対象率、対象者、割合が非常に高いものがありますんで、これなんかもぜひ、やはり早期発見につながる大きな検診だなというふうに思いますんで、ぜひしっかりと取り組んでいただければなというふうに思います。  

足立区議会 2018-02-27 平成30年 2月27日厚生委員会−02月27日-01号

データヘルス推進課長 白石委員おっしゃるように、胃がんハイリスク検診でやった場合のAという方は、ピロリ菌等の胃がんの発生リスクが低いということですので、あえて内視鏡を受けるという判断には結びつかない方もいるとは思います。 ◆白石正輝 委員  そこなんだよ、問題は。内視鏡検査をしそうもない人、する必要もなさそうな人にだけ補助金を出して、危険な人には出さないという考え方、一体どこから生まれたのか。