運営者 Bitlet 姉妹サービス
296件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-20 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第5日 9月20日) その後、この検診は大きく全国に広まっていきまして、今ではピロリ菌、胃がんの主たる原因はピロリ菌でございますが、ピロリ菌の除菌については保険適用にもなるというふうになってきております。  そういった成果もありまして、その後、国のがん検診の指針が改正されて内視鏡検診もできるようになりました。 もっと読む
2018-06-13 新宿区議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−06号 がん予防重点健康教育の胃がん予防健康教育については、食生活の改善、禁煙、ヘリコバクター・ピロリの除菌等の一次予防と二次予防(検診)とがともに重要な役割を担うことから、胃がん検診の密接な連携が確保された実施体制を整備するなど、その効果的・効率的な実施に配慮することとしています。 もっと読む
2018-06-12 葛飾区議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月12日) さらに、内視鏡検査の導入は、早期発見や受診率の向上にとどまらず、ピロリ菌検査と連動させることで胃がんリスクの高い人を優先的に内視鏡検査につなぎ、早期治療のルートを確立して医療費の抑制を図る考えです。  そこでお聞きいたします。 もっと読む
2018-04-19 足立区議会 平成30年 4月19日厚生委員会−04月19日-01号 ◎データヘルス推進課長 胃がんハイリスク検診の中でA、B、C階層化をした中では、B、C、Dが保険適用ですので、ピロリ菌の除菌については保険のところでというところで当初、制度設計はさせていただいておりました。   もっと読む
2018-03-09 杉並区議会 平成30年予算特別委員会−03月09日-07号 ◎健康推進課長 胃がんについては、喫煙、食生活の生活習慣、ヘリコバクター・ピロリ菌の持続的感染などが胃がん発生のリスクを高めるとされているところでございます。 ◆吉田あい 委員  ピロリ菌とは一体どういったものなんでしょうか。 もっと読む
2018-03-07 練馬区議会 平成30年  3月 7日 予算特別委員会-03月07日−01号 更に、血液検査によるピロリ菌感染等の胃がんリスク検査も検討されたい。  8、禁煙再チャレンジ者にも、禁煙治療費の補助を受け付けられたい。また、禁煙支援事業を今後も続けられたい。  9、スポットビジョンスクリーナーの導入時には、視能訓練士との併用によりスクリーニングの効果を向上されたい。また、家庭用視力検査を継続されたい。   もっと読む
2018-03-06 豊島区議会 平成30年予算特別委員会( 3月 6日) ○中島義春委員  胃がんリスクということ、ピロリ菌検査、あるいはABC検査なんかも、これも非常に要精密という、対象率、対象者、割合が非常に高いものがありますんで、これなんかもぜひ、やはり早期発見につながる大きな検診だなというふうに思いますんで、ぜひしっかりと取り組んでいただければなというふうに思います。   もっと読む
2018-02-27 足立区議会 平成30年 2月27日厚生委員会−02月27日-01号 ◎データヘルス推進課長 白石委員おっしゃるように、胃がんハイリスク検診でやった場合のAという方は、ピロリ菌等の胃がんの発生リスクが低いということですので、あえて内視鏡を受けるという判断には結びつかない方もいるとは思います。 ◆白石正輝 委員  そこなんだよ、問題は。内視鏡検査をしそうもない人、する必要もなさそうな人にだけ補助金を出して、危険な人には出さないという考え方、一体どこから生まれたのか。 もっと読む
2018-02-22 品川区議会 平成30年_第1回定例会(第2日目) 本文 2018-02-22 また、日本人のピロリ菌感染者は3,500万人とも言われ、人口1億2,680万人の約30%がピロリ菌の感染者と推定されています。 もっと読む
2018-02-22 練馬区議会 平成30年  2月22日 予算特別委員会-02月22日−01号 この胃がんリスク検査は、血液検査によりピロリ菌感染の有無や萎縮度を判定することで、胃がんなどが発生しやすい状態であるかどうかを検査するものです。血液検査ですので、簡易で、また体の負担も少なく、胃がんの原因の95%と言われるピロリ菌の発見も容易になると考えます。  来年度より始まる胃内視鏡検査とともに、ぜひとも胃がんリスク検査もご検討いただきたいと思います。いかがでしょうか。 もっと読む
2018-02-15 大田区議会 平成30年 2月  健康福祉委員会−02月15日-01号 HPVと子宮頸がん、それからピロリ菌と胃がんについては、前回調査よりも上昇しております。  7、がんになっても今までどおり地域で暮らしていけると思うかについては、「わからない」、それから、暮らしていけると「思う」が半々でございました。   もっと読む
2018-02-05 練馬区議会 平成30年 第1回定例会-02月05日−02号 3点目に、中学生のピロリ菌検査についてです。  2014年から市内の中学校1年生にピロリ菌検査を開始した兵庫県篠山市では、2015年の陽性率は9.3%であったとの報告がありました。練馬区の中学生約1万3,000人に当てはめると、約1,209人がピロリ菌に感染していると推計されます。ピロリ菌感染者は、進行によって胃潰瘍などを発症し、萎縮性胃炎となり、胃がんの発症の危険性も高まってまいります。 もっと読む
2017-12-04 大田区議会 平成29年12月  総務財政委員会-12月04日-01号 全職員に対するピロリ菌検査をはじめ、胃・大腸の内視鏡検査、腹部超音波検査なども実施し、がんの早期発見及び予防に努めております。  要検査などの結果が出た職員に対して、受診勧奨を行うなどの対応をし、健康管理室での相談件数の増加にもつながっております。  以上が、主な動きから幾つか抜粋したものでございます。 もっと読む
2017-12-04 大田区議会 平成29年12月  総務財政委員会-12月04日-01号 全職員に対するピロリ菌検査をはじめ、胃・大腸の内視鏡検査、腹部超音波検査なども実施し、がんの早期発見及び予防に努めております。  要検査などの結果が出た職員に対して、受診勧奨を行うなどの対応をし、健康管理室での相談件数の増加にもつながっております。  以上が、主な動きから幾つか抜粋したものでございます。 もっと読む
2017-11-28 世田谷区議会 平成29年 12月 定例会-11月28日-02号 五十歳になりまして、胃内視鏡検診を受け、原因はピロリ菌とわかりました。ピロリ菌を駆除した後、今までの胃痛がなくなり、胃薬も必要なくなりました。胃がん予防ばかりでなく、日常生活でも快適に過ごすことができ、仕事の効率も上がり大変助かりました。  そのような経験を若いうちから解消させ、将来の胃がん予防の観点で、中学からのピロリ菌検査を導入する自治体がふえています。 もっと読む
2017-11-28 世田谷区議会 平成29年 12月 定例会-11月28日-02号 五十歳になりまして、胃内視鏡検診を受け、原因はピロリ菌とわかりました。ピロリ菌を駆除した後、今までの胃痛がなくなり、胃薬も必要なくなりました。胃がん予防ばかりでなく、日常生活でも快適に過ごすことができ、仕事の効率も上がり大変助かりました。  そのような経験を若いうちから解消させ、将来の胃がん予防の観点で、中学からのピロリ菌検査を導入する自治体がふえています。 もっと読む
2017-11-21 豊島区議会 平成29年第4回定例会(第16号11月21日) 次に、ピロリ菌検査について伺います。  20代への検査導入を初め区の取組みは高く評価しています。そこでまずこれまでの受診率の推移と受診率を上げるための取組みについて伺います。また来年度からは内視鏡検査も導入することが検討されていると伺っています。これは50代以上の方を対象とすると聞いていますが、これまでのバリウム検査とどう組み合わせていくのか、現在の検討状況と課題等があればお聞かせください。 もっと読む
2017-11-07 墨田区議会 平成29年  決算特別委員会-11月07日−01号 胃がん対策に大きな効果が期待できる中学生を対象にしたピロリ菌検査の実施を検討すること。  区民施設へのエレベーターの整備などバリアフリー化を促進すること。  町会会館に机や椅子を整備するための助成制度を拡充すること。  錦糸町駅周辺の治安対策では、リサイクルセンターの活用や街灯などの整備、対策員の増員や午後10時以降の見回りなど、一層の対策強化を図ること。   もっと読む
2017-11-01 墨田区議会 平成29年  決算特別委員会-11月01日−01号 衛生費のところでも伺いましたが、中学生を対象としたピロリ菌検査の実施についてです。今の時点で、まだ全然検討されていないでしょうから、是非、研究してほしいと思います。新聞報道を見ると、ピロリ菌は5歳までに感染することがほとんどで、胃に長い期間住み続けると、分泌する毒素が粘膜に炎症を起こし、胃がんや胃潰瘍の発生につながると。 もっと読む
2017-10-30 墨田区議会 平成29年  決算特別委員会-10月30日−01号 これも、この間議論されてきていますが、胃がんの原因になると言われているピロリ菌などのABC検診について、区はこの間実施をされてきていると思いますが、この決算年度、平成28年度の対象年齢と受診者数はどのようになっていますか。 もっと読む