運営者 Bitlet 姉妹サービス
6462件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-20 港区議会 平成31年2月20日総務常任委員会-02月20日 内容は、職員人件費及び大腸がん検診などを減額するものです。  44ページをごらんください。産業経済費の補正額は1億5,152万1,000円の減額です。項の1、商工費は1億5,152万1,000円の減額です。内容は、職員人件費、新製品・新技術開発支援及びシティプロモーション推進事業などをそれぞれ減額するものです。  46ページをごらんください。土木費の補正額は21億317万7,000円の減額です。 もっと読む
2018-12-21 足立区議会 平成30年 第4回 定例会−12月21日-05号   第27 28受理番号25 拉致された日本人の人権と帰国を求め東京朝鮮第四初中級学校の補助金を停止することを求める請願の撤回について         受理番号 3 足立区議会から東京都へ、受動喫煙防止対策に関する意見書提出を求める陳情の撤回について   第28 27受理番号12 看護師等の大幅増員と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める意見書提出を求める陳情       27受理番号13 全てのがん もっと読む
2018-12-17 足立区議会 平成30年12月17日災害・オウム対策調査特別委員会-12月17日-01号 これは本当にお金のかかる話じゃなくて、今までやっていた区民への放射能の空間線量の測定機器の貸出しにしても、学校給食の食材の検査にしても、そして、この区民の甲状腺がんや血液検査をやって欲しいというその検診の要望だね。ああいうものに応えると言っても、これは区の姿勢が見えるんですよ、区民にとっては。それに対して、区がどういう態度をとるのかというのを大きく見直していただきたいと。   もっと読む
2018-12-07 港区議会 平成30年第4回定例会−12月07日-17号 本年四月、がん在宅緩和ケア支援センター「ういケアみなと」を開設いたしました。九月には、地域包括ケアシステムの東部在宅療養相談窓口をみなとパーク芝浦内に開設し、区内全域を対象とした相談体制を確立いたしました。  また、区民の皆さんの港区への誇り、また愛着を深めてもらえる、港区立郷土歴史館も十一月に開設いたしました。 もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 次に、各種がん検診の充実について伺います。  日本では、がんに罹患する人が年々増加傾向にあり、がん対策は大きな課題の1つとなっています。  国立がん研究センターによれば、平成28年にがんで死亡した人は、品川区の人口にも匹敵する37万2,986人にも上り、死亡者数および死亡率の1位は肺がんで、品川区も同様の傾向となっています。   もっと読む
2018-12-06 足立区議会 平成30年12月 6日総務委員会−12月06日-01号 ◆針谷みきお 委員  議連でも議論していることであるんですが、ちょっと古い資料を見てみると、第118号議案の説明資料で、なぜか変わったなと思われるのが、病院機能の中のオのがん診察機能ということなんですが、これについては確か、かつての事前の話ではがん診察機能というよりがんセンターというような形で研究機能なんかも入っていたのかなというふうに、私はちょっと認識していたんで、この辺は事前の協議の中で、前の資料 もっと読む
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 次に、がん支援について質問、提案をいたします。  日本では、1年間に約100万人が新たにがんになると推定される時代です。  都内のがん患者数は、30年間で2倍に増加しています。政府は、がん対策基本法に基づき、がん対策推進基本計画を策定し、がん医療、がん予防、早期発見等に関わる各種対策を推進しています。 もっと読む
2018-12-04 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月04日-02号 23区で一番高い介護保険料や全てのがん検診に3割負担を導入、他の区が実施している介護保険の利用料減免も、近隣区で実施している補聴器の購入補助も拒否しています。  一方、人口の増えている日暮里・舎人ライナー沿線で、小規模校でもない高野小学校と江北小学校の統廃合を強行し、学校をつぶすために高野小学校の敷地よりも狭い別の土地をわざわざ購入する。   もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 例えば、自殺で親を亡くしたり、がんなどの病気や事故で親を亡くしたお子さんが、周囲の方に対して自分の親が亡くなったことを話せなかったり、受け入れられないといった精神状態になる子どももいるとのことで、成長段階においてしっかりと心のケアをする必要があると考えています。遺族支援として、子どものグリーフケアを行うNPOと連携した自殺対策が必要であると考えますが、区の見解をお伺いいたします。   もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 次に、区の健康診査・各種がん検診等についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-11-28 目黒区議会 平成30年企画総務委員会(11月28日) がんなどの疾病が8人、その他が8人となってございます。  下段の懲戒処分でございますけれども、免職が1人、減給が3人、戒告が6人でございまして、こちらにつきましては昨年12月の本委員会において御報告をさせていただいた事案1件のものでございます。  次に、項番5の職員の研修状況につきましては資料記載のとおりでございます。   もっと読む
2018-11-13 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第6日目) 本文 2018-11-13 次に教育指導費についてですが、AED教育、それからがん教育について伺いたいと思います。   もっと読む
2018-11-12 足立区議会 平成30年11月12日総務委員会−11月12日-01号 ◆針谷みきお 委員  エビデンスというのは凄く大事なのだけれども、数字の問題で言うと考え方によって、場合によっては非常に、例を挙げると大変申しわけないのですけれども、例えば、がん検診の衛生部がこの間、区の広報で出して、私も批判させていただきましたけれども、実際に3割負担強いているのに区の補助によって受けやすくなったという、私に言わすとプロパガンダ宣伝じゃないかなと思うような表現の仕方、これは改めなきゃいけないと もっと読む
2018-11-09 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第4日目) 本文 2018-11-09 それから、がん検診の受診率でございます。平成29年度、胃がんが、これはバリウムを飲むものですけれども、2.2%、前年度は2.5%、子宮頸がんが27.4%、前年度が27.2%、乳がんが27.2%、前年度が26.8%、肺がんが8.9%、前年度が9.2%、大腸がんが22.1%、前年度が23.1%ということです。   もっと読む
2018-10-29 港区議会 平成30年10月29日総務常任委員会−10月29日 例えばですけれども、港区政70周年記念事業では、森永製菓株式会社や芝パークホテルなどからご協力いただいたり、新橋SL広場では、富士通株式会社にデジタルサイネージを設置していただいたり、みなと保健所においては、がん治療に伴う外見変化の悩みをサポートする事業を民間の製薬会社等と協定を結んで行っているといった事例があります。   もっと読む
2018-10-19 足立区議会 平成30年 第3回 定例会-10月19日-05号 を東武鉄道株式会社に全額負担させることと、国に連続立体交差化事業に係る補助金制度の改正を求める意見書の提出を求める陳情   第26 29受理番号30 荒川の洪水を予防するために区内の荒川河川敷の樹木伐採を求める意見書の提出を求める陳情の撤回について   第27 27受理番号12 看護師等の大幅増員と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める意見書提出を求める陳情       27受理番号13 全てのがん もっと読む
2018-10-17 足立区議会 平成30年10月17日災害・オウム対策調査特別委員会-10月17日-01号 ◆山中ちえ子 委員  スクリーニング効果と言って、福島の、普段100万人に1人という甲状腺がんが60万人に1人というような形で、どんどんどんどんその割合が高くなっているということをスクリーニング効果と言いまして、そうではない原因のがんの方まで拾ってしまうということ、チェルノブイリの事故のときは15年後にピークを迎えたんだから、それと比べれば違うんだということを理由にして、中間取りまとめでは対策型検診 もっと読む
2018-09-28 目黒区議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月28日) 健康づくりについては、胃がん検診に内視鏡検査を導入し、従来の検査に比べて、がん発見率が大幅に向上いたしました。また、高齢者インフルエンザ予防接種の無料化について、我が会派が要望しておりました対象者の拡大を実施し、75歳以上から70歳以上へと対象者範囲を広げました。   もっと読む
2018-09-20 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第5日 9月20日) ○飯田委員  まず、若い世代の方のがんについてお尋ねします。  さきの一般質問では、働く世代の方々のがん罹患者の復職支援についてお尋ねをいたしましたが、2人に1人ががんになる昨今、若い世代の方でもがんになる方がふえているようです。  国立がん研究センターから、15歳から39歳の若い世代、いわゆるAYA世代のがん患者の数が年間推計約2万人に上るとした調査結果が発表されました。 もっと読む
2018-09-18 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第3日 9月18日) がん検診個別受診勧奨に係る補助対象年齢が拡大されたことなどのためでございます。  100ページにまいりまして、4目都市整備費補助金、1節都市計画費補助金は405万円余の減。助成対象事業の実績が見込みを下回ったことなどのためでございます。  102ページにまいりまして、3節緑化公園費補助金は278万円余の減。社会資本整備総合交付金の補助率が予定を下回ったことなどのためでございます。   もっと読む