221件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

港区議会 2019-11-27 令和元年第4回定例会−11月27日-15号

一方で、近年の人工知能AIやモノのインターネットと呼ばれるIoTの進展により、データの流通、いわゆるデータトラフィックが増大しております。平成三十年版の情報通信白書によれば、二〇一七年から二〇二〇年にかけて世界のデータトラフィックは約一・九倍となり、特に携帯端末からのモバイルデータについては、同期間に三倍になるとされております。

台東区議会 2019-10-21 令和 元年 決算特別委員会-10月21日-01号

これからの社会情勢の変化は、高齢化の進展、少子化対策グローバル化、IT化、IoT化、AI化に対応、また、まちの再整備、共生社会の推進など、新たな行政需要にも積極的に対応していかなくてはなりません。区民サービスの維持、向上を図っていくため、中長期的視野に立ち、どのように財政運営を行っていくのか、区長のご所見をお聞かせください。 ○委員長 区長。

豊島区議会 2019-10-11 令和元年決算特別委員会(10月11日)

世間を取り巻く議論としてICT、IoT、またAIの導入による社会構造が変わっていくということが言われ始めたのが、ここ10年ほどであったかと思います。庁内LANであったり、区内のフリーWi−Fiであったり、このあたり、情報管理課の所管でしょうから、本日お伺いをいたします。  

杉並区議会 2019-10-11 令和 元年決算特別委員会−10月11日-10号

第4次産業革命と呼ばれる技術革新、すなわちIoTビッグデータ、AIの活用により、サービスのカスタマイズ、シェアリングエコノミー、ロボット、フィンテックといった財とサービスのあり方を大きく変え得る取り組みが生まれ続けています。これらの技術を用いて、政府が目指す超スマート社会は、高齢者への恩恵が相対的に大きいとも言われております。

大田区議会 2019-10-10 令和 1年 第3回 定例会−10月10日-04号

第4次産業革命であるAI、IoTロボットビッグデータと5G技術を網羅し、自動運転技術の開発や先進医療研究施設を置くことで、単に大田区の事業として臨海部の発展を期待するだけでなく、羽田が日本のビジネスの拠点となり、さらには世界のビジネスの拠点になっていくものと確信しております。  また、長年抱えていた中央防波堤の帰属問題が先般終結し、本年度は新たな時代の幕開けと言っても過言ではありません。  

大田区議会 2019-10-08 令和 1年 9月  決算特別委員会−10月08日-01号

これでは、AI、IoTの活用が経済成長につながるとはとても言えません。しかも、情報通信業界は雇用者数で73.5万人、15.9%の減少です。生産額が減少し、雇用数も減少している成長が危ぶまれる分野に、政府大田区一体で音頭を取り、羽田みらい開発株式会社が取り組むわけですが、この未来は決して明るくないとこがわかります。  

世田谷区議会 2019-10-07 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月07日-05号

今後は、ロボットと一口に言っても、これもいろんな場面で言ってきていますけれども、単に異常をサポートするような介護の機器だけではなくて、その人の生活リズムに合わせた形での進歩というんですか、IoTというんですか、物のICT化と言っていいのか、そのベッドに関しては、この方は何時ごろに排せつの時間があるとか、そのリズムですよね。

世田谷区議会 2019-10-02 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月02日-03号

松本 政策企画課長 今お話にありましたソサエティ五・〇は、国が策定しました第五期科学技術基本計画におきまして、日本が目指すべき未来社会のビジョンとして初めて提唱された言葉で、IoTやAI、ロボットなどの活用を推進することで、現在の情報社会が抱えるさまざまな課題や困難を克服し、一人一人が快適で活躍できる超スマート社会を実現することを目指しているということで認識しております。  

江東区議会 2019-09-20 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第10号) 本文

内閣府は、我が国が目指すべき未来の社会の姿を、IoTロボット、人工知能、ビッグデータ等の先進技術によって、新しい価値やサービスが創出され、人々に豊かさをもたらす社会をSociety5.0と提唱しています。このように、劇的に構造が変化する社会でこどもたちが豊かに生き、活躍する力を養うためには、先進技術効果的に活用した学習、すなわちICT教育の充実が極めて重要であります。  

江東区議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第9号) 本文

また、政府は、デジタル化を原動力としたSociety5.0の実現によって、AIやIoTなど、第4次産業革命の先端技術社会実装し、より高度な経済、より便利で豊かな生活を体現できると提言していますが、本区はSociety5.0の実現を次期長期計画の中でどのように捉えて取り組もうとしているのか、見解をお伺いします。  次に、新行財政改革計画についてお伺いします。  

世田谷区議会 2019-09-19 令和 元年  9月 定例会−09月19日-03号

東京都では、技術革新、AIやIoTなどデジタル化の波が大変な勢いで進んでいるという中で、元ヤフー会長の宮坂氏を六月に非常勤特別職参与として選任した上で、開会中の都議会にて四人目の副知事に起用する選任同意が行われたと伺っております。  世田谷区は人口九十一万人を擁する自治体であり、人口規模で考えますと、世田谷区よりも人口規模が少ない政令指定都市においても、副市長三人としている自治体もございます。

大田区議会 2019-09-12 令和 1年 第3回 定例会−09月12日-01号

また、この間の関連事業費は、スタートアップとの連携創出、海外人材連携構築、受発注主体構築検証建設モニタリング、IoT仲間まわしプロジェクト等、羽田空港跡地における産業交流拠点の形成で、委託料のみで2018年度では2億4498万7000円、2019年度は3億229万2000円と、産業経済費の約6%を使ってきました。

豊島区議会 2019-07-02 令和元年区民厚生委員会( 7月 2日)

3つ目は、IoT等を活用した在宅高齢者の支援でございます。こちらも今行っている訪問介護事業者に限らず、IoT機器を活用して、利用者の生活リズムを把握し、家族や関係する多職種での情報共有を行い、適切な生活リズムの維持、回復支援、適切なサポート体制の実現を図るという内容で応募をお願いしているところでございます。  

大田区議会 2019-06-24 令和 1年 第2回 定例会−06月24日-03号

羽田空港跡地第1ゾーンにつきましては、2020年のまち開きに向け事業を推進しているところでございますが、このたび、AIやIoTといった先端技術効果的に活用し、持続可能で分野横断的な取り組みをまちづくりに取り入れ、都市地域の課題解決を目指す国土交通省のスマートシティモデル事業の重点事業化促進プロジェクトに選定されました。

大田区議会 2019-06-17 令和 1年 6月  地域産業委員会-06月17日-01号

IoTを活用した仲間まわしによる中小企業の生産性向上プロジェクトについてでございます。  こちらの目的は1番に書いてございます。  大田区のものづくりの力を向上させるために、仲間まわしのネットワークを維持、発展させ、それにつきましてIoTなどを活用しようというものでございます。  事業概要は2番に記載してあるとおりでございます。