428件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2020-03-02 令和 2年 3月  交通臨海部活性化特別委員会-03月02日-01号

2030ということを掲げて、次の2040にスタートするときには、そこをこれまでの到達をどうまとめて次につないでいくのかという、そこをきちんと示すことが必要だなということを申し上げていくのと、それからやはり今、こういう夢を描いてくださっているのだけど、実際経済の部分でも感染病が起こると、もう本当に先が見えなくなったり、それから消費税の影響などで今景気がこういう状況の中で、産業とか、そういったもの、医療

目黒区議会 2020-02-28 令和 2年企画総務委員会( 2月28日)

まず1点目でございますが、ICTの活用による業務改善、RPA、-OCR、チャットボットの実証実験についてでございます。  今年度実験しまして、無償提供があって減額になったということは、委員御指摘のとおりでございます。  なぜこの3つなのかということから、まずお答えいたしますと、この3つの業務が区の様々な事業に共通して活用の可能性がある。

大田区議会 2020-02-27 令和 2年 2月  総務財政委員会-02月27日-01号

こうした思考方法に色濃くあらわれているのは、AIがあれば何でもできるという、に対する異常なまでの過大な期待が見てとれます。それが、この昨日の説明の裏ページのところに書かれている、農耕社会からの内容のような気がいたします。  いわば、一種の崇拝論に陥ってはならないのではないかというのが一つあります。  ここに一番欠けているのは今、資本主義なんですね。

葛飾区議会 2020-02-21 令和 2年総務委員会( 2月21日)

資料1では、冒頭の2ページで、また5Gといわれるテクノロジー、IoT、ドローンといった今後主要となる基礎的な技術についてまとめてございます。  また、2ページおめくりいただきまして3ページを御覧ください。  3ページ以降のページでは、分野ごとに、先ほどお話ししました主要な技術を活用して発展が期待される項目などについて取りまとめたものでございます。  

世田谷区議会 2020-02-04 令和 2年  2月 福祉保健常任委員会-02月04日-01号

実を言うと、介護度がすごく軽い方とか、あとこういうふうに誰でもなるというふうに言ったら、ステッカーを持っていることがスティグマというか、つまりよくないことと考えないでいいように、例えば七十五歳になったら、今になったので、データは幾ら持っていても大丈夫だと思うんです。迷子になったときに、その方の持ち物検査をしないとその方の御自宅がわからないというようなことがよくあります。

世田谷区議会 2020-02-03 令和 2年  3月 区民生活常任委員会-02月03日-01号

これらを解決するために、他の自治体で既に実証実験を行っておりますが、の活用などをすることによって、そういうマッチングを高める機能を導入しておる自治体がございます。例えば有償ボランティア活動などの経験やスキルを生かして社会に貢献できる取り組みとのマッチングも加え、生きがいづくりまで幅広いニーズに応える支援を行っていきたいと考えております。  

港区議会 2020-01-31 令和2年1月31日総務常任委員会-01月31日

○委員(横尾俊成君) 、RPA、5G、この業界の中で若杉課長はとても有名です。実際にいろいろな先進的な取り組みをされているというので、ほかの自治体からも視察がたくさん訪れています。この間、委員会行政視察に行ったときも、若杉課長のお話を聞いて、実に港区はすごく進んでいるということを逆に教えられるということがありました。

板橋区議会 2020-01-23 令和2年1月23日文教児童委員会-01月23日-01号

それが、もう今の小学校、中学生の実力で、ICT教育とか、そういうことを一生懸命、今推進してるんだけれども、それを教えられる教職員がついていってるのかなというのがすごく心配なので、ぜひぜひ、このICT教育を上げるっていうことは、教職員のスキルも上がっていかなければいけないし、同じことを同じように教えるんだったら、のほうがうまくなってしまうかもしれないので、やっぱりそこら辺をしっかりと捉えて、学校のつくり

港区議会 2019-12-20 令和元年12月20日総務常任委員会-12月20日

○委員(横尾俊成君) 今回の改正は、現状や運用状況を見て、とてもリーズナブルというかわかりやすい改定だと思っておりますが、一方で、ここに書いてある問い合わせに対応するチャットボットなど、インターネットを使った広聴の充実が両輪になってくるかと思いますので、ぜひそこの検討を引き続きお願いします。  

江東区議会 2019-12-02 2019-12-02 令和元年企画総務委員会 本文

2点目が、、RPAを活用した業務の自動化となります。  指針2は、より質の高い行政サービスの提供です。  ICT技術を利活用し、区民が行政サービスの利便性向上を実感できるよう取り組みを進めてまいります。それを実現するために施策を3点定めています。  1点目がオープンガバメントの推進です。

品川区議会 2019-11-28 令和元年_第4回定例会(第1日目) 本文 2019-11-28

令和2年度予算編成の依命通達でも、、RPAなどの最新技術の活用の検討を積極的に図ることとあります。質問します。改めて導入の目的をお尋ねします。  昨年度テスト導入した3つの業務と導入の理由、そもそもこれらの業務は時間外労働が多かったのでしょうか。削減時間を含めた具体的な成果、また削減された業務は、その業務を含めた一連の業務全体のうちどれぐらいなのでしょうか。

板橋区議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会−11月28日-目次

……………………………151     (3)まちあるきコースとポイント交換……………………………………………152     4.環境・その他について……………………………………………………………152     (1)投票率向上に向けた取り組み…………………………………………………152     (2)高齢者が外出しやすい環境づくり……………………………………………152     (3)食料自給率

板橋区議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会-11月28日-01号

最近の技術向上は目覚ましいものがあります。スマートスピーカースピーカーとも言いますが、これはご存じのとおり、内蔵されているマイクで音声を認識して、スピーカーに話しかけると、私たちの手足となっていろいろな動作を代行してくれるものです。このスマートスピーカーを使った情報収集について検討できないでしょうか。

葛飾区議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第1日11月28日)

今後、の活用などによって、この分野の人材は区としてもますます重要性が増してくると思うのであります。こうした点から、情報システムに精通した人材育成にも着実に取り組んでいただくことを要望するものであります。  そこで質問いたします。  国民健康保険介護保険の自己負担額合算処理における過払いについて、区長は区民にどのように説明するのか。その回収は今後どうするのか、お示しください。  

世田谷区議会 2019-11-28 令和 元年 12月 定例会-11月28日-03号

最後に、運転手不足解消と交通不便地域解消に向けた運行バスの効率化の可能性について、区の見解を伺い、壇上からの質問を終わります。(拍手)    〔保坂区長登壇〕 ◎保坂 区長 あべ議員にお答えいたします。  議員お話しの住みよさランキングにおきまして六百九十九位と世田谷区が大変低い順位となっていることは残念であるというふうに受けとめています。これはよく分析をしてみたいと思います。

港区議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会-11月28日-16号

そのような中で、国は、二〇一六年十二月に官民データ活用推進基本法を制定し、行政データの活用やデジタル化、人工知能関連技術として、人工知能などの先端的な技術の活用を促進するとしました。  また、二〇一八年七月にはデジタル・ガバメント実行計画を閣議決定し、行政デジタル化や行政手続のオンライン化、ワンストップサービスの推進などを打ち出しました。