31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

練馬区議会 2021-12-04 12月04日-04号

区は人材確保について、練馬介護人材育成研修センターと連携した面接会の開催や、区独自の研修受講料助成を行うほか、定着支援として、今年度新たに、業務効率化のため、介護事業者に対するIC機器導入支援を行うなど、さまざまな取り組みを行っています。昨年度実施した介護障害福祉人材労働実態調査での離職率は12.1%と、全国平均の16.2%を下回っており、取り組みが不十分との指摘は当たりません。

品川区議会 2019-10-09 令和元年(平成30年度)決算特別委員会(第6日目) 本文 2019-10-09

ただ、そういったところでは、スキルを上げていただくこともいかに効率的にできるかというところを、私ども、学校教員に対しての研修という部分であっても、そのやり方も含めて検討するべきであるというふうには認識してございますので、今後、IC機器活用が進むよう、また、スキルアップ方法等につきましては、引き続き、検討し、学校指導してまいりたいと考えてございます。

杉並区議会 2019-10-03 令和 元年決算特別委員会−10月03日-04号

そして、設問の中に、世田谷区で既に行っているクラウドファンディングとして、馬事公苑かいわい魅力向上のためにであるとか、介護ロボットIC機器導入補助などに加えて、今後の新たな需要や要望をはかる項目として、子供たちが伸び伸びと育つ環境づくりのためにであるとか、児童養護施設等を巣立つ若者の進学を支えるためにといった新たな項目区民がどのように感じているか、そういったことを調査する意向調査も含まれています

練馬区議会 2019-02-05 02月05日-03号

今年度実施した福祉人材労働実態調査で、業務効率化に効果があるとの回答が最も多かったIC機器導入について、来年度から費用の一部助成を開始します。 次に、街かどケアカフェについてです。 現在、17か所で運営している街かどケアカフェを、来年度は新たに地域団体など6団体と協定を締結し、計23か所に増設します。 

練馬区議会 2019-02-04 02月04日-02号

第2次ビジョン素案戦略計画5にも、「介護人材確保育成定着に向け、高齢者外国人など、多様な人材の積極的な活用IC機器導入を促進します。」とあります。所信表明にも、充実に取り組むとありましたが、介護現場での高齢者の積極的な活用外国人定着支援が重要であります。高齢者施設整備とともに、高齢者施策のかなめの施策として取り組んでいただきたいと要望いたします。 

墨田区議会 2018-02-20 02月20日-03号

この方針には、新学習指導要領の実施を見据え、児童生徒情報活用能力育成などを目的に、今後の学習活動において優先的に整備すべきIC機器の設置の考え方や基準が示されています。学習者用コンピューターについても、事業展開に応じて必要なときに「1人1台環境」が実現できるよう、3クラスに1クラス分程度整備を目指すとしています。 

足立区議会 2017-12-05 平成29年 第4回 定例会−12月05日-03号

次に、教員指導力向上対策といたしましては、各学校情報化推進委員を任命し、教員研修企業と連携したIC機器活用事例研修等を実施してまいります。  また、プログラミング教育に対する予算に関しましては、研修に係る予算とともに、先行事例調査、研究した上で、必要な予算を精査し、遅れをとらないよう進めてまいります。  

渋谷区議会 2017-06-01 06月09日-07号

授業後のフォローの時間は、前回の定例会でもお答えしたとおり、現場教員が支障なくIC機器を使用できるよう、支援員ヘルプデスクなどを計画的に配置する予定です。 VDT症候群に関しては、目を大切にする指導として、昨年度検討された内容をもとに、子どもの視点でマニュアルづくりが進むよう現場教員を中心とした新たな体制を設け、取り組んでいきます。 

葛飾区議会 2017-02-23 平成29年第1回定例会(第2日 2月23日)

葛飾スタンダード葛飾学力伸び伸びプランIC機器による学習環境の改善を柱に、これらの教員を組織的・計画的に育成していきたいと考えております。そして、教員授業力向上を通して、子供たち学力向上を図っていきたいと考えております。  次に、葛飾スタンダードの今後についての質問にお答えいたします。  

杉並区議会 2015-11-30 平成27年11月30日文教委員会-11月30日-01号

資料の1枚目でお示しいたしました次世代型科学教育事業展開を実現するため、新たな拠点に求められる機能につきましては1から⑨まででございますが、これは2列目になりますけれども、従来の科学館における展示機能や実験・工作機能に加え、学校における理科教育支援機能区民団体等の交流、相談機能IC機器により最新の科学情報を提供するライブラリー機能のほか、出前型事業企画運営機能等を備えたものといたしまして

  • 1
  • 2