153件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2019-05-23 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月23日-01号

◎市野 企画経営部長 効果的なシティプロモーションを実施し、成果を上げている自治体の一例といたしまして、佐賀市地域固有の資源である魚類を活用した地域経済活性化の取り組みや、北海道大樹町の「ロケットの町」としてのイメージ定着化など、ほかにはない地域の魅力を広く発信しております。

板橋区議会 2019-03-07 平成31年3月7日予算審査特別委員会 区民環境分科会−03月07日-01号

そのほかに、昨年の夏ごろに水生の魚類等が飼われている池があるんですけれども、そこが濁って一見水位が下がったような事件がございました。どうも配管が一部壊れたんではなかろうかというふうに予想されているんですけど、原因がまだ特定されていない状況でございます。これについては、調査をする予定でございます。  

板橋区議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会−03月01日-02号

植物魚類の宝庫である東南アジア熱帯雨林を室内で立体化に再現する技術を活用しながら、さまざまな企画展示を通じて自然を体験する機会を提供するとともに、自然環境保護についての知識を普及啓発する場として活用を図ってまいります。  赤塚植物園につきましては、子どもたちの農業体験の場となる農業園の増設整備にあわせて、管理棟の改築や園路改修、スロープの設置などを進め、施設の再整備を図ってまいります。

足立区議会 2018-12-21 平成30年12月21日建設委員会−12月21日-01号

公園管理課長 生物園の業務といたしまして昆虫の飼育、あと魚類、あと昆虫等、多岐にわたっている件がありまして、そこの飼育技術がたけていないと維持管理に不都合が出るものと、あと更にその施設資源を利用して、わかりやすく区民に伝えていく、そのノウハウがないとやっていけないということで応募業者が限られてしまったかと推測しております。

江戸川区議会 2018-10-04 平成30年決算特別委員会(第4日)-10月04日-04号

区としても、エコセンターに委託して、水辺の自然環境調査を行っておりますけれども、その中の魚類の捕獲状況で、捕獲数というのは出ているんですけれども、捕獲量というのは出ておりませんので、例えばそこに捕獲量みたいな形で、当然生き物ですから、数を網打ったところにどれだけ入るというのは、その日によって、時間によって、全く違いますので、計測するのは難しいところもあるかもしれませんけれども、そういったような工夫も

目黒区議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第4日 9月28日)

また、著名な魚類学者と協力してイベントを開催したり、区の魚、「区魚」を制定する等しながら、区内外の関心を高め、協力を得ながら進めていくことも必要です。  最後に、政府は幼児虐待死亡事件を受け、緊急総合対策を取りまとめ、情報共有安全確認について、一定の基準を設定しました。しかし共有案件の選別基準や、緊急度の設定、あるいは安全確認の行動基準や、現実に即した具体的な対応の構築はこれからです。

葛飾区議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第1日 9月13日)

水元小合溜では、昭和50年代に水質が悪化し、魚類の大量死やアオコの発生などの問題が発生しておりました。このため、区では平成元年度より水質浄化対策事業を実施し、現在、水元小合溜の水質は一定の改善が図られております。しかし、近年、ヒシ類の異常繁茂等、新たな水環境問題が発生しております。

江東区議会 2018-06-19 2018-06-19 平成30年建設委員会 本文

調査の結果、両生類爬虫類4種、鳥類20種、昆虫類206種、魚類・底生動物27種、植物344種を発見し、そのうち18種の重要種を確認いたしました。その重要種の一覧をお示ししておりますので、御確認ください。なお、そのほか詳しいデータはホームページに掲載しております。  それでは続きまして、継続陳情についてであります。

足立区議会 2018-06-12 平成30年 第2回 定例会-06月12日-01号

環境整備による水質悪化、魚類等への影響が心配されるが、河川環境への配慮について、区の見解を伺います。  次に、無電柱化の推進について伺います。  議員立法により「無電柱化推進法」が平成28年12月に施行され、無電柱化を進めるための法整備がなされました。  更に国は本年4月に、法に関する施策の迅速化を図るため、「無電柱化推進計画」を策定し、「脱・電柱社会」を目指すとされております。  

世田谷区議会 2018-04-24 平成30年  4月 都市整備常任委員会−04月24日-01号

先ほどの蛍という言葉も出ましたけれども、もともと等々力渓谷で考えておりましたのは、まず、谷沢川の水質の回復、そしてまた、植生もあちらの渓谷ならではの植生ではあるんですけれども、そちらをもっと昔ならではの、本当の谷筋の植生に変えていけないか、また、昔すんでいたさまざまな生き物、魚類も含めてそういったものも復活できないか。

葛飾区議会 2018-01-17 平成30年建設環境委員会( 1月17日)

水元小合溜におきましては、昭和50年代に水質が悪化し、魚類の大量死やアオコの発生など水環境問題が発生いたしました。そこで、平成元年度から、水質浄化対策事業、カムバックかわせみ作戦を実施してまいりまして、その結果、水質が改善し、魚の大量死が生じなくなるなど、一定の成果が得られたところでございます。  しかしながら現在、ヒシ類などの水生植物の異常繁茂という新たな水環境問題が発生してございます。

江東区議会 2017-12-04 2017-12-04 平成29年厚生委員会 本文

大きさは2センチから3センチくらいの線虫類で、サバ、カツオ、サンマ等の魚類に寄生しております。人の体内では成虫になりませんので、通常はそのまま排泄されますが、魚を生で食べたとき、まれに人の胃や腸壁に進入いたします。大体が8時間以内に、主に激しい腹痛が起こり、場合によっては吐き気、嘔吐などの症状を伴うこともございます。

目黒区議会 2017-09-13 平成29年都市環境委員会( 9月13日)

○森委員  私は目黒川の環境について、釣りのできる目黒川にという思いが非常に強いんですけれども、こっちの22ページの目黒川に見られる主な生き物の魚類の多さにはびっくりしているんですが、豪雨のときにどっと流れちゃって、この魚たちはどこに避難しているんですかね。  あと目黒川のすばらしさを例えば釣り大会を催すとか、何か粋なことをやって、アピールするという、そんな提案は目黒区からできないですかね。

江戸川区議会 2017-08-08 平成29年 8月 生活振興環境委員会-08月08日-04号

魚類、底生生物は140種類、それから鳥類は260種類が訪れるということで、絶滅危惧種と言われるような生物も見られる地域でございます。  実際に今、黄色のラインで葛西海浜公園のエリアを示してございますけれど、ここ全てがラムサール条約地として登録されるかというのは、それはまだ未定でございます。

大田区議会 2017-05-15 平成29年 5月  都市整備委員会-05月15日-01号

4ページでございますが、(11)河川環境でございますが、ボラなどの魚類やマガモなどの鳥類のほか、希少種であるニホンウナギなども確認されていることについて記載がされてございます。  次に5ページでございますが、第2章といたしまして、河川の総合的な保全と利用に関する基本方針といたしまして、現在の1時間あたり50ミリメートルの対応を、1時間100ミリメートルへの対応を目指していくとしてございます。  

大田区議会 2017-03-16 平成29年 3月  予算特別委員会−03月16日-01号

仕事のために食事が十分にとれないとか、費用をかけることができなくて、十分な野菜果物、それから魚類などを食べられない。空腹を満たすために炭水化物や糖質や脂肪分や塩分の多い食物をとることが多い。それが糖尿病の悪化につながるということはもう皆さんも周知だと思いますけれど、特に若い世代にそれが心配をされております。ぜひ、糖尿病腎症の指導については、きめ細かい対応をお願いしたいと思います。  

足立区議会 2017-03-15 平成29年 3月15日建設委員会-03月15日-01号

工事課長 基本的に、取水はポンプ等を考えておりますが、いわゆる水門等の併用等も今後考えていきたいと思っていますので、ある程度、ポンプでありましても、大型の魚類等はポンプから通って花畑川には行き来はできませんが、小さいものは通りますし、そういうことも含めて、改めてシステムを考えてまいりたいと思っております。

江東区議会 2016-10-05 2016-10-05 平成28年決算審査特別委員会 本文

一般的には、高齢者の身体機能が低下してやがて衰弱するという悪循環の原因となっている、たんぱく質とエネルギー不足にならないようにするための食事指導というものが中心となってございまして、具体的には、1日3回食事を摂取すること、また主食、主菜をしっかりとること、肉類、魚類のたんぱく質、また間食時には乳製品等のたんぱく質を摂取しましょうといった、好きなときに好きなだけとりましょうというような指導になってございます

大田区議会 2016-04-15 平成28年 4月  保健福祉委員会−04月15日-01号

この虫体の摘出日からさかのぼって3日間の間に、冷凍されていない魚類刺身は、このイワシの刺身以外にはなかったということ。それから検査の結果、患者から摘出された虫がアニサキスであるということが判明いたしました。また患者の症状及び潜伏期間が、アニサキスのものと一致しております。