773件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2019-10-10 令和 元年  9月 決算特別委員会−10月10日-07号

◎桐山 学校健康推進課長 学校給食安全衛生管理につきましては、食中毒予防等のため、給食の調理作業に細心の注意を払うことはもちろんのことですが、教室での給食指導におきましても、学校が管理すべきであると考えております。教育委員会では、給食指導の時間は手洗いや身支度等をきちんと行うことを身につけさせるよい機会と捉えております。

葛飾区議会 2019-10-04 令和元年決算審査特別委員会第4分科会(10月 4日)

受けた行政処分は、食中毒という形でございます。このときの評価については食中毒で、学校以外のところは評価マイナス10点という形で、最終的にはマイナス10点をしたのですけれども、総合評価で最優秀提案者という形になってございます。  平成30年度は、このようなことがあって、評価全体をちょっと見直させていただきまして、総合評価点の合計点は477点でございます。

目黒区議会 2019-08-07 令和元年生活福祉委員会( 8月 7日)

不利益処分でございますけれども、上記の調査結果から保健所長は、当該施設が令和元年7月13日に加工販売いたしました「生カツオお造り」による食中毒と断定いたしまして、それを受けて区長が、食品衛生法第6条第4号及び第50条第3項違反によって、同法第54条第1項及び第55条第1項の規定に基づきまして、令和元年の7月24日の1日間、当該施設のうち魚介類販売業の許可を受けたコーナーの営業停止及び取り扱い改善命令

葛飾区議会 2019-07-22 令和元年総務委員会( 7月22日)

(3)事故等の発生時対応でございますが、天候の急変ですとか地震等の発災また食中毒の発生を初め、大小さまざまな事態に対応できるよう、情報連絡体制や指揮命令系統を構築し的確に対応してまいります。また、想定される危機事象を、区、警察消防の3者であらかじめ情報共有しまして、いざというときに対応できるように備えているところでございます。  

目黒区議会 2019-07-10 令和元年生活福祉委員会( 7月10日)

不利益処分でございますけれども、上記の調査結果及び患者を診察した医師からは食中毒患者届が提出されております。こういったことから食中毒と断定いたしまして、食品衛生法の第6条の3号及び50条の3項の基準違反があったということで、食品衛生法の54条の1項、それから55条の1項の規定に基づきまして、本日から令和元年7月15日まで6日間の営業停止及び食品の取扱改善命令を行ったところでございます。  

港区議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会-06月19日-07号

避難所運営においては、感染症食中毒予防のために定期的に避難所全体の消毒を実施するとともに、運営主体となる地域防災議会では、衛生管理に細心の注意を払うこととしております。引き続き避難者が安全で安心して生活を送れるよう、衛生環境の確保と感染症予防に取り組んでまいります。  次に、避難所のトイレの整備についてのお尋ねです。

江東区議会 2019-06-12 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第6号) 本文

昼食提供の要望は一部よりいただいておりますが、保護者間でのニーズが異なることに加え、アレルギー対応や食中毒等のリスクを鑑み、現時点では統一的対応を図ることは困難と考えております。  そのため、当面は父母会等を通じた仕出し弁当の利用など、保護者の判断に委ねていく考えですが、区としては、他区の動向も踏まえ、父母会等と十分に相談しながら、引き続き研究してまいります。  

杉並区議会 2019-06-06 令和 元年 6月 6日保健福祉委員会−06月06日-01号

医師法等に基づく免許申請経由事務や、動物適正飼育等に関する事務のほか、環境衛生及び住居衛生では、旅館住宅宿泊事業、公衆浴場、理美容所の許可等に関する事務、ビル等の建築物、飲用水の衛生等に関する事務食品衛生では、飲食店の営業等の許可を初め、食中毒を予防するための情報提供、食品に関する苦情、安全相談、衛生検査では、ゲルマニウム半導体検出器を使った学校給食等の放射性物質の検査、微生物等の検査による感染症

目黒区議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第5日 3月14日)

また、4点目の夏季休暇中のランドセルひろば拡充のほうのお弁当という御質問でございますが、今現在、我々このランドセルひろば拡充において昼食をとるというところは私どもまだ考えてございませんで、この理由としましては、やはりアレルギーの問題だとか、食中毒の問題、こういったものがまだ私どもとしては責任を持って運営できるかどうかという不安がございます。

江東区議会 2019-03-05 2019-03-05 平成31年厚生委員会 本文

このうち(1)食中毒対策事業、(2)違反食品、苦情食品輸入食品等に係る事業、裏面に行きまして、(3)適正な食品表示に関する事業の3つにつきましては、区民生活への影響が特に大きいため重点的に取り組む重点監視指導事業として実施いたします。  裏面に行きまして、次に、5、立ち入り検査及び食品等の検査でございます。  

目黒区議会 2019-02-27 平成31年生活福祉委員会( 2月27日)

次に、食中毒に関する調査の結果ですが、以下の調査結果から、当該保育園の給食を原因とする食中毒ではないと断定いたしました。  まず、保育園では1歳から5歳児まで共通のメニューで給食を供給していましたが、10月22日まで発症者は3から5歳児に限定されており、1から2歳児の発症は認められませんでした。  

目黒区議会 2019-02-27 平成31年企画総務委員会( 2月27日)

中ほどの(3)の食中毒に関する調査結果でございます。①、②にありますとおり、当該保育園の給食を原因とする食中毒ではないという断定がございました。また、②といたしましては、初発の患者、いわゆる最初の感染者の方については、飲食物が原因であるか否かの特定には至らないということ。  10ページにまいります。  (4)感染源、感染経路でございますけれども、(4)の②でございます。

目黒区議会 2019-02-27 平成31年文教・子ども委員会( 2月27日)

(3)は、食中毒の疑いに関する調査の結果についてでございますけれども、給食の検査、また調理職員の検便の結果などから、給食を原因とする食中毒ではないということが断定されております。ただ、初発患者の調査の結果、飲食物が原因であるか否かの特定はできてはおりません。  

目黒区議会 2019-02-26 平成31年議会運営委員会( 2月26日)

次に、9ページ(3)食中毒に関する調査の結果ですけれども、①にございますように、当該保育園の給食を原因とする食中毒ではないというふうに保健所として判断したところでございます。  その下、②初発患者調査。これは患者1についての調査ですけれども、飲食物が原因であるか否かということの特定には至らなかったということで、この間、都内保健所に飲食店等を原因とする細菌性赤痢という届け出もございませんでした。

目黒区議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第4日 2月25日)

平成30年3月に東京都保健福祉局で作成した避難所管理運営の指針では、避難所における避難者の健康を守るため、感染症食中毒、生活不活発病やエコノミー症候群などの二次被害を防ぐための取り組み例も掲げており、寝床の改善については避難者が必要な休養を十分にとれることが心身の健康のために重要であるとし、敷布としてブルーシートや段ボールを確保する等が掲げられているところでございます。

目黒区議会 2019-02-14 平成31年生活福祉委員会( 2月14日)

今回、アニサキスによる食中毒の処分でございます。  まず、資料の1の事件の探知についてですが、平成31年1月18日に、患者から目黒区保健所に通報がありました。それによりますと、平成31年1月16日19時から資料記載の飲食店で調理提供された刺身等を喫食したところ、翌日早朝に腹痛の症状を起こしたため、すぐに医療機関を受診したところ、内視鏡検査で胃からアニサキスが摘出されたというものです。

大田区議会 2019-01-15 平成31年 1月  健康福祉委員会−01月15日-01号

主な事業といたしまして、ノロウイルスカンピロバクター等による食中毒対策。2点目として、広域流通食品等の対策。羽田空港や蒲田駅等に立ち入りまして、広域流通食品期限表示確認等の検査を行うものでございます。そして、3番目として、情報提供及び普及啓発ということで、食の安全に関する健康危害情報をホームページなどにより迅速に提供しているものでございます。