6824件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

品川区議会 2019-08-26 建設委員会_08/26 本文 2019-08-26

次に、行程と視察項目といたしましては、表面に戻りまして、初日、10月30日の午後に神戸市震災経験の継承と減災への取り組みについて、座学および兵庫県施設である人と防災未来センターの視察、2日目、31日は大阪市で、市より水都大阪の取り組みについてなど、一本松海運より大阪の舟運の現状と今後の展望について、座学および船上からの現地視察、そして最終日、11月1日の午前に、京都市にてごみ減量の取り組みについての

世田谷区議会 2019-07-30 令和 元年  7月 企画総務常任委員会−07月30日-01号

私は最終日に抜けさせていただいていますが、総じてといいますか、私が特に印象に残ったのは神戸市なんですけれども、震災復興から、ある意味置かれた状況が違う立場で多分あそこまでたどり着いたんだろうなという気がしていますが、今お話にもありましたように、トップダウンだったかボトムアップだったかわかりませんけれども、ただ、今回、管理職じゃなくて係長級の方に説明していただいただけに、逆に生の声が聞こえたかなというのはよかったかと

世田谷区議会 2019-07-30 令和 元年  7月 区民生活常任委員会−07月30日-01号

また、我々、たまたま自民党世田谷区議団とすると、熊本は昨年も視察に行っておりましたが、やはり震災復興という観点からは継続して行くことに意味があるのかなと。復興の進捗も拝見することができましたし、さまざまな部分で、市議会に対する支援もしっかりまた行っていかなきゃいけないなということも学ばせていただいた次第です。  

目黒区議会 2019-07-10 令和元年都市環境委員会( 7月10日)

本区では、木造住宅密集地域等を対象に、震災の発生等の復興の際に土地境界の復元等を迅速に行うことができるよう国及び東京都補助を活用し行っているものでございます。  作業内容でございますが、2年間にわたって実施してございます。  まず、最初の1年目でございますが、登記簿の確認や測量などの基礎調査、これが1年目に行います。  

足立区議会 2019-07-01 令和 元年 7月 1日災害・オウム対策調査特別委員会−07月01日-01号

震災のときにそれが使えるかというと、そうじゃない場面もあると思います。  キーボックスについてはいろんな形があるようで、震度幾つだと自動的にあきますとかそういったものもありますし、状況によって何が必要なのかというところについては、検討させていただきたいということで以前本会議でもご答弁させていただいております。  

港区議会 2019-06-28 令和元年6月28日建設常任委員会−06月28日

すなわち、1 震災対策も含めた都市基盤の整備について、2 定住人口確保対策について、3 住宅・居住環境中心のまちづくりについて、4 駅前広場の整備計画について、5 古川・運河親水化について、6 高層住宅の居住環境について、7 届出・許認可・確認に係る事務手順について、8 都市再生について、9 ユニバーサルデザインを踏まえたバリアフリーのまちづくりについての9項目であります。  

港区議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会−06月28日-09号

すなわち、一 震災対策も含めた都市基盤の整備について、二 定住人口確保対策について、三 住宅・居住環境中心のまちづくりについて、四 駅前広場の整備計画について、五 古川・運河親水化について、六 高層住宅の居住環境について、七 届出・許認可・確認に係る事務手順について、八 都市再生について、九 ユニバーサルデザインを踏まえたバリアフリーのまちづくりについての九項目であります。  

江東区議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

江東区事業継続計画震災編)は、平成24年3月に策定したものでありまして、震災発生時の体制や継続すべき事業の選択等と平常時の事前対策等を取りまとめまして、進行管理を行っているものでございます。  大きな2の(1)のとおり、進行管理はBCM委員会というものを設けておりまして、副区長を座長に全部長職員にて、年2回開催しております。  (2)は、昨年度の重点的な取り組みについてでございます。  

大田区議会 2019-06-24 令和 1年 第2回 定例会−06月24日-03号

震災や風水害など、災害はいつ発生するかわかりませんので、迅速な応急復旧を展開するため、防災対策基金を創設するなど防災対策を進めております。引き続き、73万区民の皆様の安全・安心をしっかりと守ってまいります。  先週金曜日、21日に「経済財政運営と改革の基本方針2019」、いわゆる「骨太の方針」が閣議決定されました。

世田谷区議会 2019-06-21 令和 元年  6月 定例会−06月21日-04号

大地震大津波の被害と原発の放射能の被害が複合、増幅し合い、救援と事故処理、そして住民避難がともに困難をきわめる原発震災となりました。  今なお、福島県を初め、多くの市民が、住みなれた地域から離れ、県外や県内の他市町村で生活を余儀なくされている状況です。また、遠隔操作によって行われている廃炉計画では、多くの困難さを抱えており、廃炉終了までの期間は延長されている状況です。

大田区議会 2019-06-20 令和 1年 6月  防災安全対策特別委員会−06月20日-01号

震災について、何か情報提供があれば、いただきたいと思います。 ◎長沼 防災危機管理課長 私のほうから、6月18日、22時22分に発生いたしました、山形県沖を震源とする地震に関しまして、けさ、午前7時に、消防庁が発生した情報等をもとに、口頭報告をさせていただきたいと思います。  まず、地震の概要でございます。震源でございますが、山形県沖。深さが、14キロメートル、暫定値でございます。  

港区議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会−06月20日-08号

港区マンション震災対策ハンドブック〜在宅避難のすすめ〜」は大変立派で充実しているマニュアルですが、量が多く、まだまだ周知されていないといったような課題があります。マンション防災に向けたさらなる充実に向けて、区の指針について伺います。  それから、離婚前後の母子・父子の支援について質問させていただきます。  子どもの貧困や子ども食堂という言葉、こちらは耳にする機会が増えました。

台東区議会 2019-06-20 令和 元年 6月産業建設委員会-06月20日-01号

震災復興小学校の校舎及び用地の有効活用に関する提言をどの部分をどの程度踏まえていくかといった必要性も含めて、課題を整理していく必要があると思っておりますので、今後も議会の皆様とご相談しつつ進めてまいりたいと考えてございます。 ○委員長 よろしいですね。  これより採決いたします。  本案については、原案どおり決定することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。           

江東区議会 2019-06-19 2019-06-19 令和元年文教委員会 本文

126 ◯赤羽目民雄委員  震災以降、区民の皆さんの不安の声に応えて、区が独自に検査していただいて、最近になって数値が低いから検査体制を見直すということなんですけども、確かに、この間の議事録を読み返してみましたら、平成28年に学校食材のタケノコからセシウム134が検出されて、心配になって専門機関で検査したところ、基準値未満だったので、ただ、やっぱりこどもたちの

港区議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会-06月19日-07号

さて、港区の歳入は、平成二十九年度決算では、財政調整基金からの震災復興基金への組みかえによる繰入金の増加により、一般財源の比率は他の自治体を下回りましたが、平成二十八年度、二十七年度の決算では上回っており、各種の行政需要に円滑にきめ細かく対応できる歳入構造となっています。  特別区税では、特別区民税収入人口の増加と比例して増収の傾向です。

杉並区議会 2019-06-18 令和 元年第2回定例会−06月18日-14号

また、労務費などの積算に関しては、適切に行われていることも確認した上で落札者として決定をしたとの答弁を、このほかにも、落札業者の工事実績について、総工事費と平米単価について、指定管理者制度について、改修期間中の震災救援所機能の代替措置について、保育所の運営についてなどの質問があり、それぞれ答弁を受けております。