284件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-10-25 令和元年10月25日決算調査特別委員会-10月25日-01号

ご承知の方も多いと思いますが、うちには自閉症の長男と、それから5歳の次男がおりまして、そもそもこういう風雨の中で外に出ること自体リスクがあるという中で、まず避難準備発令が出ました。このときは、お年寄り等の方が避難してくださいということですけど、自分が行ったらご迷惑をかけるかもしれない。自閉症の子がいて、ほかの避難している方に迷惑をかけるかもしれないし、子どもも不安定になるかもしれない。  

世田谷区議会 2019-10-07 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月07日-05号

皆さん、まだ記憶に新しいと思いますが、川崎の無差別児童殺傷事件練馬の元農水次官による長男殺害事件が起き、改めてひきこもりの問題がクローズアップされました。ひきこもりイコール犯罪というわけではありませんが、こうした事件との関連で、ひきこもり、八〇五〇問題といったワードが耳目を集めたことは事実であります。  

板橋区議会 2019-09-27 令和元年9月27日区民環境委員会-09月27日-01号

現在の事務処理といたしましては、陳情書にございますように、平成16年11月以前嫡出でない子について続き柄については、男、女というふうに表記をしておりましたが、平成16年11月1日からは嫡出でない子の出生届を出された場合は、父母との続き柄には母が分娩した順番に長男、長女というような形で同じような記載がされております。

大田区議会 2019-09-12 令和 1年 第3回 定例会−09月12日-01号

先ほど申しました川崎市の殺傷事件や、東京都練馬区で発生した父親によるひきこもり長男の刺殺事件など、報道を通じたひきこもり当事者に対する偏見や差別が広がっています。こうした中、ひきこもり当事者やその家族は、多くの悩みを抱えながら、誰にも相談できずに、地域から孤立していく傾向にあります。

世田谷区議会 2019-07-31 令和 元年  7月 都市整備常任委員会-07月31日-01号

実際に長男の方と次男の方については、世帯を持たれていたり、就職されていて、補助を受ける状態にはございますが、実際には支払いも含め、分割の協議もやりまして、毎月滞納分に関しては払うよということもやっておりましたけれども、実質的には一円も払っていただけなく、連絡がとれない状況の中で、弁護士のほうから訴訟に持っていくべきだという御意見を三月にいただきまして、その手続を進めている状況にございます。  

豊島区議会 2019-06-28 令和元年区民厚生委員会( 6月28日)

○倉本総合窓口課長  戸籍の、先ほどの資料のほうにも抜粋をさせていただきました、嫡出子、嫡出でない子という欄の横に、括弧書きで男女というふうになっているんですけれども、こちらにつきましては、過去に、こちらが嫡出子の場合は、長男、次男といった書き方だったんですけれども、嫡出でない子の場合は、戸籍男女と、男、女というふうに書くというふうになっておりました。

大田区議会 2019-06-14 令和 1年 第2回 定例会−06月14日-02号

ところが、先般の元農水事務次官による長男刺殺事件では、原因となった被害者がひきこもり、新幹線車内刺殺事件川崎殺傷事件でも犯人がひきこもりなど、ひきこもりの結果が凶悪な事件につながるケースが相次いでいることは看過できません。いずれのケースでも幼少期からひきこもりの傾向があったと推測されます。

大田区議会 2019-05-24 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月24日-01号

先日、長男にそのときの模様を聞いたところ、「覚えているよ。先生がリアルに教えてくれたよ」と答えてくれ、今年で23歳になりますが、今後もたばこを吸う気はないそうです。教育による影響力は大きいと感じました。  現在、子どもへの受動喫煙対策として、本区では小学校6年生と中学校3年生で喫煙防止教育が行われております。

目黒区議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第7日 3月25日)

戦後の動乱の中、祖父と祖母は懸命に生活をしながら4兄弟を育てている中で、一時期長男である私のおじさんを近所の知り合いに預けていました。おじさんの頭は傷だらけです。親の気づかないところで子供が傷つけられていたことを知った祖父と祖母は、子どもを預けている以上、仕方がないと自分たちを責めていたと父親から聞かせてもらったことがあります。  

目黒区議会 2018-11-27 平成30年第4回定例会(第3日11月27日)

教育者だった両親が建てた家を引き継ぎ、長男も緑が丘の東京工大の脇に居を構えております。鹿児島から川崎に移り住んだ次男の妻は、神奈川県の高校教員をしています。  私は、4年間を通して、幼稚園、こども園、小学校中学校の多くの行事に参加するため、自宅から子どもたちの学びやまで、全行程を歩いて訪ねました。

江戸川区議会 2018-09-25 平成30年 第3回 定例会-09月25日-02号

女の子の両親は、結婚して後、継父と母親の間に長男が誕生してから、母親の連れ子である女の子に対する虐待が顕著となり、児童相談所が四カ月の間に一時保護を二回実施、警察傷害容疑で二回書類送検するも、保護解除され、傷害容疑も不起訴となりました。その後も病院であざが確認されるなど、虐待は継続していたと想像できますが、児童相談所も警察有効な手立てをとることができませんでした。

葛飾区議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第1日 9月13日)

○(筒井たかひさ議長) 次に、ご遺族を代表されまして、故倉沢よう次議員のご長男、倉澤慎吾様からご挨拶があります。  〔倉澤慎吾様 登壇〕 ○(倉澤慎吾様) 本日は、本会議の中、貴重なお時間をいただき、父倉沢よう次のためにこのように追悼の儀をとり行っていただきまして、まことにありがとうございます。